【不貞慰謝料請求が専門】行政書士中田ただあき事務所のブログ

大阪の豊中市で行政書士をしています。 不貞慰謝料請求等の業務が専門ですが、相続手続き、各種許可申請等いろいろ解説していきます。

法律クイズ

法律クイズ あなたはどっち?

債権譲受人と債務者との間でその債権の金額についての争いが生じ、和解によって、その債権額が100万円である旨認められた後になって、債権譲渡が無効であったことが判明した場合、債務者は、和解契約について錯誤無効を主張することができるか?

 1、錯誤無効を主張することができる。
 2、錯誤無効を主張することができない。



続きを見る前にクリックお願いします。続きを読む

法律クイズ あなたはどっち

債権譲受人と債務者の間でその債権の金額について争いが生じ、和解によってその債権額が100万円である旨認められた後になって、それが80万円であったことの確証が出てきた場合には、債務者は、和解契約について錯誤無効を主張することができるか?

  1、錯誤無効を主張できる。
  2、錯誤無効を主張できない。


ブログのランキングをみる。




続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

Aは、その所有する甲建物をBに賃貸し、Bは、同居人Cとともに甲建物に居住していた。ところが、Cの失火により甲建物が全焼し、その延焼によってDの所有する乙建物も全焼し、さらに、その火災により乙建物内にあったDがEから無償で丙自転車を預かっていた場合、Dの善管注意義務違反による丙自転車の焼失について、DはEに対して弁償しなければならないか?

  1、弁償しなければならない。
  2、弁償しなくてよい



続きを見る前にブログランキングをチェック
続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

甲は乙から融資を受けようと思ったが、信用不足のため自己名義で借りる
ことが困難であったので、丙に対して乙からの借入れを委託したところ、丙は、これを承諾し、甲の委託の趣旨に従って、乙との間で借入れの合意をした。

そして、その借入金は丙の指図で、乙から甲に交付された。丙は、乙に弁済するために必要があるときは、弁済期の前であっても、甲に対し、乙への弁済資金の交付を求めることができるか?

1、求めることができる。
2、求めることができない。


答えを見る前にクリックお願いします。
続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

不動産仲介業者AはBに依頼されて、Bの土地の買い手を探していたところ、Cを見つけた。ところがCはその後直接Bに契約を持ちかけ、Bは同意し、Aとの契約を破棄してしまった。

この場合Aは仲介料を請求することができるか?

1、請求することができる。
2、請求することができない。


答えを見る前にクリックおねがいします。


続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

AがBに対する貸金債権を回収するため、BのCに対する金銭債権の取立
ての委任を受けた場合、委任者であるBは、取立委任をいつでも解除することができるか?

1、いつでも解除することができる。
2、いつでも解除することはできない。


答えを見る前にクリックで応援お願いします。

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?


甲が乙所有の不動産を取得するについて必要な事務を、報酬を受ける契約の下に甲から受任した丙は、その委任事務の処理のため、その不動産につき乙との間で買主を丙とする売買契約を締結した。乙から丙に所有権移転の登記がされたとき、甲は丙に対し、所有権移転の登記を請求することができるか?

1、請求することができる。
2、請求することができない。



答えを見る前にクリックお願いします。
続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

AはBに事務を委任したところ、Bは、Cにこの事務を復委任し、Cは受任した事務の過程で動産甲を第三者から買い受けた。AがBC間契約を
承認していた場合、AはCに対して動産甲の引渡しを請求することができ
るか?

1、請求することができる。
2、請求することができない。


続きを見る前にランキングを確認。

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

Aは、動産甲の作成をBに注文したところ、BはCにその製作を注文しCは、動産甲を製作し、完成した。動産甲がCの不注意で滅失した場合、Aの代金支払債務は消滅するか?

1、債務は消滅する。
2、債務は消滅しない。


続きを見る前にクリック


続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 甲は、その所有する傾斜地を宅地に造成した上、乙に対してその土地上に建物の建築を請負わせた。建物が完成し、引渡が行われる直前、軽度の地震があり、建築工事が不完全であったために壁の一部に亀裂が生じた場合には、甲は請負契約を解除できるか。

  
  1、解除できる。
  2、解除できない。


答えを見る前にこちらへ

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 請負人は建築中の建物が不可抗力によって損壊したために、予想外の費用を支出したときは、注文者に対してその費用を請求することができるか?

  
  1、請求することができる。
  2、請求することができない。


答えをみる前にクリック

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 賃貸人が賃貸借の目的物の修繕義務を履行しないために賃借人の使用収益が妨げられた場合には、賃借人は、その割合に応じて賃料の支払を拒むことができるか?

 1、拒むことができる。
 2、拒むことができない。


答えをみる前にクリック

続きを読む

法律クイズあなたはどっち?

 甲が乙からその所有の建物を賃貸して住居している。その建物の柱が白蟻に侵食されて崩壊の危険があるときは、甲は、乙に対し、修繕を求め、かつ、乙が修繕をしなかったことにより受けた損害の賠償を請求することができるか。

  1、請求できる。
  2、請求できない。


答えをみる前に寄り道

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 AはBに対し、一戸建ての甲建物を住居として使用するとの約定で賃貸している。Bは、甲建物の新の所有者Cから、甲建物の明渡しを要求された。

Bはそれ以降、Aに対し賃料の支払を拒むことができるか?

 

  1、拒むことができる。

  2、拒むことができない。

 


続きをみる前にクリック

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 AはB所有の建物を賃貸する契約をCとの間で締結したが、Aには、賃貸する権限がなかった。AがBから建物の返還を請求され、Cに建物の使用収益をさせることができなくなった場合には、Cは、Aに建物を賃貸する権限がないことを知っていたときでも、担保責任を追及して損害賠償を請求することができるか?

 

  1、損害賠償を請求することができる。

  2、損害賠償を請求することができない。

 


続きをみる前にクリック

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 Aには、所有の建物を賃貸する契約をCとの間で締結したが、Aには賃貸する権限がなかった。Bは、Cに対して建物の返還を請求することができ、Cは、賃借権をもってBに対抗することはできないか。

 

  1、対抗することができる。

  2、対抗することができない。

 

 

答えをみる前にブログランキングへ

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 Aは、Bに対し、一戸建ての甲建物を住居として使用するとの約定で賃貸している。AはBが半年間賃料のの支払を怠っていたが、そのまま放置しておき、この事実を告げることなく、Cに対し甲建物を売却し、所有権移転登記手続をした。その直後、BがAに賃料を滞納していた事実を知ったCは、Bに対し、催告の上、賃料不払いを理由に賃貸借契約を解除することができるか?

 

  1、賃貸借契約を解除できる。

  2、賃貸借契約を解除できない。

 

 

答えをみる前にこっちを

 

 

 

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 契約を2年、一時使用の目的のための建物の賃貸借契約において、期間が満了したにもかかわらず、賃借人が引き続きその建物の使用をなし、賃貸人は、正当な事由がなくとも解約して3ヶ月以内の法定期間経過後、返還請求できるか?

 

  1、返還請求できる。

  2、返還請求できない。

 

 

 答えをみる前にクリックお願いします。

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 甲はその所有する家屋を乙に賃貸していたが、乙はその家屋を丙に転貸した。丙は賃料を乙名義で支払うとともに、自己の費用でその家屋につき必要な修繕をしたが、甲は当時転貸の事実を知らなかった。この場合、甲が甲乙間の賃貸借契約を解除したときは、乙は甲が家屋修繕費を支払わないことを理由として家屋の明渡しを拒むことができるか?

 

  1、拒むことができる。

  2、拒むことができない。

 

 

答えをみる前にクリックしてみて

 

 

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 甲は、その所有する家屋を乙に賃貸していたが、乙はその家屋を丙に転貸した。丙は賃料を乙名義で支払うとともに、自己の費用でその家屋につき必要な修繕をしたが、甲は当事転貸の事実を知らなかった。この場合、乙丙間の転貸借契約が解除されない限り、甲は、丙に対して家屋の明渡しを請求することができないか?

 

 1、明渡しを請求できる。

 2、明渡しを請求できない。

 



ブログのランキングをチェックする。

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 貸人は、賃料債権を、賃貸人たる地位と切り離して第三者に譲渡することができるか?

 

   1、譲渡できる。

   2、譲渡できない。

 


答えを見る前にこちら

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

賃借人は雨漏りを生じた屋根の修理に要した費用の全額の償還を請求することができるか?

 


  1、請求することができる。

  2、請求することができない

 



答えをみる前に他のブログもみてね。

続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 家屋の賃貸借において、特約のない限り、畳の入れ替えは賃貸人がすべきであるか。

 

   1、賃貸人がすべきである。

   2、賃借人がすべきである。

 

答えをみる前にこちらをクリック。


続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 Aは、居宅を所有しない弟Bの懇願に応じ、Bが他に住居を確保するまでとの約束で、Bに対しA所有の甲土地を無償で貸し渡し、Bは、甲土地上に乙建物を建築し、入居した。Bは、他にマンションを購入して転居し、乙建物をCに賃貸した。この場合、Aは、Bに対し、乙建物を収去して甲土地を明け渡すよう請求することができるか?

   1、請求することができる。
   2、請求することができない。


答えをみる前にクリック。
続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 共同不法行為の1人が被害者との間で、不法行為に基づく損害賠償債務全額につき準消費貸借契約を結んだ。他の共同不法行為者は、全ての関係につき責任を免れるか?


   

正解は応援クリック後に。



続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 売買契約における売主は、代金の支払を受けていないときは、引渡をするまで目的物を自己のものと同一の注意をもって保存すれば足りるか?

  1、自己のものと同一の注意でよい。
  2、善良な管理者の注意が必要。



続きをみる前に、他のブログもみてみる。



続きを読む

法律クイズ あなたはどっち

 時価より著しく低廉な代金額で売買契約が締結された場合でも、売主は特約がない限り、瑕疵担保責任を負わなければならないか?

  1、瑕疵担保責任を負う。
  2、瑕疵担保責任を負わない。


答えをみる前にお願いします。


続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 AB間で甲土地の売買契約が結ばれた。買主Bは売主Aに対して手付金を支払った。甲土地に工場を建設する予定であったが、公法的な規制によって工場を建設できないことを知らなかったBは、Aの瑕疵担保責任を理由に売
買契約を解除することができる。

  1、解除できる。
  2、解除できない。


答えをみる前にクリックお願いします!


続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 石炭10トンの売買契約が成立し、買主はその引渡を受けたが、数量が不足していた。買主は、この数量不足を知らなかった場合、代金減額請求はできるか?

   1、代金減額請求はできる。
   2、代金減額請求はできない。


答えを見る前に他のブログを見てみる。


続きを読む

法律クイズ あなたはどっち?

 甲は乙に「私が死んだら、私の所有するあの山林をやる」という約束をして、4年後に死んだ。甲乙間の契約が書面によらないものであれば、甲の相続人は、乙に対して履行しないでその契約を撤回することができるか?

   1、撤回することができる。
   2、撤回することができない


答えを見る前にクリックしてね。


続きを読む
livedoor プロフィール
メルマガも読んで欲しいねん
老後の生活資金・ペイオフ対策に。

『行政書士中田匡亮の相続コラム』(ID:0000079223) 読者登録解除フォーム


メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。




登録フォーム







解除フォーム







>


『まぐまぐ!』から発行しています。

Archives
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ