【不貞慰謝料請求が専門】行政書士中田ただあき事務所のブログ

大阪の豊中市で行政書士をしています。 不貞慰謝料請求等の業務が専門ですが、相続手続き、各種許可申請等いろいろ解説していきます。

行政書士

息子が先に死亡してえらいことに。

 資産家の父と母の間には一人息子がいました。息子が結婚し、実家で新婚生活を始めました。やがて父が亡くなり、相続人である母と息子2人で遺産分割をすることになりました。

 しかし、母は、老後は息子夫婦に面倒を見てもらうのだからと、相続放棄をして息子に全財産をわたしました。それから数年後母よりも先に息子が亡くなりました。

 息子の嫁と姑である母とは折り合いが悪く、嫁は孫を連れて出て行きました。ところが、息子の四十九日の際に姑に向かってこう言い放ちました。「お義母さん。この家も財産も私と子どものもの。だから出て行ってください!」

 このような場合、親は相続人ではありません。「息子に老後の面倒を見てもらうのだから、全財産を子どもに渡す」という考え方は自体は自然なものですが、最悪の結果をもたらす場合もあります。

 この場合、息子に全部の財産を相続させることは避けておくべきです。いずれ自分が死亡すれば財産は息子にわたるわけですからね。

 この場合、不動産の名義は母名義にしておくか、名義変更はせずに、遺言もしくは死因贈与契約で息子に全財産を相続させる旨の意思表示を示すことです。

 また、息子にどうしても財産を渡しておきたいのであれば、父の生前に母の受取人で生命保険に加入するという方法が考えられます。生命保険は相続放棄をしても受け取ることができます。こうすることによって、息子
が先に死亡しても、母の生活資金を確保することができます。

よくある相続のトラブル

相続財産が持ち家の不動産のみであるケースが増えてきています。家を二つ以上に分けるのは難しいですから誰が家を相続するかでよくトラブルになります。

その場合は家を売ってお金に替え、相続人で平等に分ける方法、代償分割といって家を相続する人が相続しない相続人に対してお金を支払うことで解決する場合があります。

代償分割の場合は家の価格が安すぎるのではないかということで揉める場合があります。家を相続する人に代償分割の費用がないこともあるでしょう。この場合は被相続人が生命保険に加入することで解決することもあります。

他のブログをのぞいてみる。 

法律クイズ あなたはどっち?

 売買契約における売主は、代金の支払を受けていないときは、引渡をするまで目的物を自己のものと同一の注意をもって保存すれば足りるか?

  1、自己のものと同一の注意でよい。
  2、善良な管理者の注意が必要。



続きをみる前に、他のブログもみてみる。



続きを読む

穴は2つあるが。

びんかん
コンビニの前には大抵ゴミ箱がある。

一応、空きビンと空き缶の入れ口は分けてあるのだが、中のゴミ箱は大体ひとつなので、結局いっしょになる。

分けてある意味がさっぱりわからん。

 

 

 

ゴミは分別しましょう。今のランキングは?

街角よろず相談所

 

法律クイズ あなたはどっち?

 Aがその所有する動産をBに賃貸していたところ、CがBからその動産をだまし取り、その後、Aは、Cが占有していたその動産を発見し、Cに無断でこれを持ち去った。この場合Cは、Aに対し、占有回収の訴えを提起することができるか?

  1、できる。
  2、できない。

答えを見る前にブログを応援してね。


 

続きを読む
livedoor プロフィール
メルマガも読んで欲しいねん
老後の生活資金・ペイオフ対策に。

『行政書士中田匡亮の相続コラム』(ID:0000079223) 読者登録解除フォーム


メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。




登録フォーム







解除フォーム







>


『まぐまぐ!』から発行しています。

Archives
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ