2009年02月28日

塗り替え塗装の費用・料金・価格


今回は『塗り替え塗装の費用・料金・価格』です。

外壁塗装や屋根塗装など家の塗り替えを業者に頼む場合気になる事は二点あるかと思います。

一つ目は安心できる施工(工程を仕様書通りに施工する・・・など)をしてくれるのか?
これは以前に『業者の選び方』でやりましたのでそちらを参考にしてください。

そして二つ目が工事費用だと思います。
幾らチャンとした施工をしたとしても余りにも標準的な価格からかけ離れていては良い業者を選んだとはいえません。では、標準的な価格とはどの様な価格なのかということです。
そこで、今回はどのようにして塗装価格が決まっているのかを説明していきたいとおもいます。
まず、塗り替えをする際に必ず見積書に含まれている項目を簡単に挙げてみたいと思います。
  1. 足場仮設費
  2. 飛散防止用シート費
  3. 下地調整・水洗い費
  4. 外壁塗装費
  5. 屋根塗装費
  6. 破風塗装費
  7. 軒裏塗装費
  8. 鉄部塗装費
  9. その他の塗装費
などなどがあるかと思いますが家を一軒丸ごと塗装すると以上のような項目が含まれているかと思います。
その中でも今回は外壁塗装と屋根塗装の費用についてご説明して行こうかと思います。
その他の項目に関してはまた、違う機会にご紹介したいと思います。
なんせ今回はチョット長くなりそうなので・・・




ではさっそく外壁の塗装費用についてご説明して行きたいと思います。

見積書の外壁塗装の欄には

項目     仕様      面積     単価       合計
外壁塗装  〇〇〇塗料  〇〇〇屐  ,〇〇〇円  〇〇,〇〇〇円

などと書かれているかと思いますが、これは外壁の塗装に 何の塗料を 何嵎 いくらで塗装します。 っと言う物です。
今回のテーマである費用の部分は、単価の価格がそれに当たります。
では単価はどの様にして決められているのかです。

まずはこちらをご覧下さい。→[塗料価格表]

当社でも塗り替えに良く使うオーデフレッシュSi100兇覆匹硫然壁修任后
メーカーのHPには親切にも塗料一缶分の価格がちゃんと表示されているのです。
更には材工価格表まで載せられています。
これは良く見ていれば分かるかと思いますがどの材料で施工した場合いくら掛かります。 っと言う物です。
材工価格(円/屐砲良分が見積書でいう単価に当たります。
そうです。これが一般にいうと希望小売価格(定価)にないます。
ですが、見て分かる通り余りにも高すぎます。なぜ高いと言えるのかと言うと
まずこれは全て定価価格で材料を計算しています。(当たり前か)
そして何よりも人件費の部分がかなり高い設定で決められているようです。
メーカーからすれば塗装業者から『安すぎてこんな価格で出来るか』
っと言われないようにしているのでしょうが余りにも参考にならない価格設定といえます。
では純粋に外壁を塗装するのにはいくら掛かるのかと言うと1屬△燭蠅虜猯疎紊反遊鑒颪判経費を出して決定します。
(経費などを別にして見積りを作る会社もあると思いますが 今回は単価に含んだ形でお話いたします。)

例えば

外壁塗装の標準的な仕様の場合

下塗に微弾性フィラーを一回塗り

上塗に水性のシリコン塗料を二回塗ります。


日本ペイントの材料で言うと

下塗が アンダーフィラー弾性エクセル

上塗が オーデフレッシュSi100



アンダーフィラー弾性エクセル(以後、微弾性と省略)の仕様書のところを見ると塗布量の部分に0.4〜0.8と0.8〜1.3となっています。
今回はウールローラーの場合で計算します。すると0.4〜0.8になります。
これは崚たり微弾性を0.4kgを塗りつけますということです。
微弾性は荷姿(容量)が16kgでそれに塗布量0.6(今回は真ん中を取りました)で割ります。すると1缶あたり、何崚匹譴襪里が分かります。
すると26.666・・・となり約27崚匹譴觧になります。

次に微弾性1缶が10.500円します。
この10,500円を塗布量の27屬燃笋襪硲鵜崚たり283.5(定価)円掛かることになります。
この計算で上塗(オーデフレッシュSi100)も計算すると1崚たり484(定価)円掛かります。
ここで気を付けなければならないのが上塗は2回塗りになるので倍になる事を忘れないようにします。すると上塗は968(定価)円になります。

下塗283.5円と上塗968円を足すと=1452円材料費がかかることになります。

※あくまでも定価価格での金額になります。
一般的には定価の30%〜80%引きくらいで施工店は仕入れていますが材料により上下がかなりあるため下塗は40〜80%を上塗は30〜60%位を目安にすると良いかと思います。
一番は業者の方に価格を聞いてしまうのが一番かと思います。
大体の価格くらいなら教えてもらえると思います。
(当社比)


これのほかに人件費が掛かるわけですが職人の人件費の平均がどのくらいなのか、確かなことはいえませんが参考として求人情報誌・サイトなどや当社の人件費を比べてみた場合、14,000円〜18,000円位が多いかと思います。なので今回は真ん中の16,000を基準にしたいと思います。
まず外壁のみを塗装するのに何人の職人で何日掛かるのかです。
よほど大きなお宅でない限り養生を含めても6人から8人で終わらせることが出来ます。
これに職人の手間16,000円を掛けると96,000(6日分)〜128,000円(8日分)で出来ます。

仮に150屬△覲以匹両豺

総人件費の128,000円に150屬燃笋襪853.333・・・円となります。
これが1崚たり外壁塗装に掛かる人件費の価格となります。
これに定価で計算した材料費1,452円をたしても2,305.333・・・円 =2,300円になります。
メーカーの材工価格が3,450円ですのでその差が1,150円もあります。

更に通常施工店が仕入れる材料代で計算すると

下塗が97円(75%)

上塗が484円(50%)

合計581円

人件費を高く(8日×18,000)計算しても144,000円割る150屬任癸鵜屬△燭960円です。
材料費581円+人件費960円=1,541円で施工できるということです。
これが必ず施工店に掛かる費用です。
あとは何パーセント利益と経費を乗せるのかと言うことになります。
仮に利益25%と経費15%あわせて40%を乗せたとしても2,157.4円ということになります。

勘違いをしないようにして頂たいのが全ての業者に同じ事が言えるかというとそうではありません。

仕入れる材料の価格も業者により違います。
大きな施工店は仕入れる材料の量も多いので仕入れ価格は少ない業者よりも安く入手することが出来ます。
人件費にいたっては安いところでは8,000円(若い職人・見習い)や高いところでは20,000円以上払っている所もあります。
諸経費にしたって会社により随分違うと思います。
よく塗装業者さんのサイトなどで見かける中間マージンによっても大きく影響してくる部分になります。
(会社を運営する上で最低限必要とする利益、諸経費等は会社の 規模などにより違うと思いますので、その辺に関しては今回は一例 としてお考え下さい。)

なので今回の価格はあくまで参考(標準価格)として考えて頂き今後の塗り替えに役立てて頂けたらと思います。

また屋根塗装についても外壁とほぼ同じ計算方法なので応用してみて下さい。
それと今回省きましたがその他の塗装部位に関しては外壁と少し計算の仕方が違うためまた、違う機会にご説明したいと思います。
っが感の良い方でしたらお気付きかも知れませんが全てを塗装するのに掛かる材料費と人件費を出せば全部の費用が分かるのでは?
と思った方もいらっしゃるかと思いますが正にその通りなのです。
しかしそれ以外の部分も少しあります。
足場材の資材の価格はどうするの?メッシュシートなどは・・・
などなど一概に言えない部分もある為また次の機会にその辺りをご紹介していこうかと思います。

それとこの計算の仕方が分かっていると適切な材料の缶数も知ることが出来ます。

例えば

150屬粒以匹鯣弾性で下塗した場合は1缶で27屐幣綉計算例参照)塗布すると外壁の150屬鬘唄味横鍬屬燃笋譴仭澗里良要缶数が分かるわけです。
なのでチャンとした施工をするのには5.5缶必要となるわけです。
6缶目まで使っていれば既定通りの塗布量が施工されたことになります。
但し、外壁の状態や形状などにより多少上下します。
なので、メーカーの仕様書でも塗布量に幅を持たせてあります。
この様にして塗装業者は必要とする材料缶数をはじき出しています。
チョット話がそれてしまいましたが施工前と施工後に材料の確認をすればある程度は施工の状態が把握できます。
なので一式いくらや何坪でいくら掛かります。っと言う物は様々な意見や考え方があるかと思いますがしっかりとした施工(確認の出来る)をするには、やはり一番いい方法は屬任侶彁察文羝積)が一番いいかと思います。
この辺もまた違う機会に説明していきたいと思います。

随分、長々と書いてしまいましたm(‐_ー)m

少しでも参考にして頂けたら幸いです。


次回は『塗り替えをするのに適している時期』についての予定です。


トップページ



蠱羸酖描工業 

tel  04-2925-4250 
fax 04-2924-0975 
お問い合わせ

nakagawa_tosou at 11:26トラックバック(0)☆ 塗り替えって  

トラックバックURL

QRコード
QRコード
記事検索
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ

QLOOKアクセス解析