2021年04月12日

◇花粉症の薬、ムシ歯や歯周病・酸蝕症予防

5月の連休が終わる頃までは
ヒノキの花粉が飛んでいますから
花粉症の方は、つらい時期が
あとひと月ほど続きます。

今年は例年よりも
花粉の飛散量がかなり多いようで
患者さんの中にも苦労されている方が
少なくありません。

花粉症の方は
抗アレルギー薬を飲んでいる方が
多いと思いますが
抗コリン作用のあるものは
だ液の分泌も抑えられますから
それなりの注意が必要です。

だ液が少なくなると
酸を中和する能力が下がり、
粘膜の抵抗力が下がり、
歯垢が増えやすくなりますから
ムシ歯や歯周病、酸蝕症に対する予防に
いつもより気を使う必要があります。

研磨剤の入っていない歯磨き粉で
歯磨きをこまめに行い歯垢を残さないこと
粘膜の乾燥を防ぐために水やお茶など
甘くないもの、酸っぱくないもので
水分補給をすること。

口が渇くからと
ガムやアメ、トローチ、タブレットなどを
長時間口に含むことは
ムシ歯や歯周病、酸蝕症予防の観点から
お勧めしません。

スギ・ヒノキによる花粉症の時期は3〜4か月、
ムシ歯や歯周病、酸蝕症が発症・進行するのに
十分すぎる期間ですから、
予防に留意して乗り切りましょう。

ロゴ1


診療時間


TEL 0952531849
  
※完全予約制
なかはら歯科医院HP https://nakahara-dc.com
 
HISTORY VIEW(過去記事一覧)


nakahara_dc at 05:52|PermalinkComments(0)││予防 | 酸蝕症

2021年04月10日

◇新ごぼうの季節

4月〜5月は新ごぼうの季節。

今では野菜全般好きな私、
子供の頃は野菜全般嫌いでも
きんぴらごぼうは大好きでした。

今でもきんぴらごぼうは
好きな料理のひとつで、
なんといってもあの歯ごたえ、
そして噛むほどに口の中に広がり
鼻に抜けるごぼう特有の
土の香りはたまりません。

ごぼうのような
歯ごたえを楽しむ食べ物は
噛みしめ過ぎに注意して食べましょう。

必要以上の噛みしめは
歯や歯根膜、顎関節に様々な問題を
引き起こす恐れがあるからです。

力を込め過ぎないようにするには
意識してゆっくり咀嚼すること。

無意識にバリバリ食べてしまうと
どうしても噛む力が
入り過ぎる傾向になりますから
ゆっくりと咀嚼し、
噛む力を必要最小限にすると
歯や歯根膜、顎関節にかかるストレスは
かなり軽減されます。

1回の食事で600回咀嚼すると言われる現代人、
自分の歯を健全に長く使うため
ゆっくりと軽い力で回数を多く咀嚼してみましょう。

ロゴ1


診療時間


TEL 0952531849
  
※完全予約制
なかはら歯科医院HP https://nakahara-dc.com
 
HISTORY VIEW(過去記事一覧)


2021年04月09日

◇入学後も仕上げみがきは継続を

今日は西郷小学校の入学式。

入学するお子さん達の
今後の学校生活を示すような
快晴にも恵まれてよかったよかった。

幼稚園や保育園を卒園し
小学生になりますから
お子さんの自立心を育てようと
仕上げみがきを卒業される
保護者もいらっしゃるかと思います。

そのつもりだったという方は
ちょっと思いとどまってください。

小学生になったからと言って
お子さんは急に歯みがきに熱心になりませんし
運動能力も発達途上ですから
歯ブラシを細かく器用に動かせません。

外から直接歯を見て磨ける仕上げみがきは
歯垢を落とすのに大変効果的で
ムシ歯や歯周病予防効果を大きく高めます。

ですから、
仕上げみがきは
ぜひ継続して欲しいと思います。

理想は小学校卒業まで
続けることをお勧めします。



2021年04月08日

◇猫舌ならぬ猫指

熱いものが苦手な方を猫舌と表現しますが、
私は指先が熱いものが苦手な『猫指』です。

診療中は常にグローブを装着していて
自分の指汗で保湿はバッチリ。

しかも常にグローブで保護されていますから
こすれる刺激から常に守られて指紋もクッキリ。

手仕事をしているわりには
柔らかい指先と手のひらをしています。

手指の上皮がそういう状態なので
アツアツの食べ物、飲み物を持つのは苦手。
(アツアツを食べたり飲んだりするのは大丈夫。)

歯科治療は主に指先を使いますから
手荒れやケガには普段から用心していて
自宅で掃除などする時もグローブを着用して
作業に臨んでいます。

あ、『猫指』というのは
私が勝手に作った言葉で
一般的には
猫指=肉球
というイメージのようですね。



nakahara_dc at 05:54|PermalinkComments(0)││診療姿勢 

2021年04月07日

◇葉桜、虫葉、ムシ歯

儚く散ってしまった通勤途中の桜並木
今は、たっぷり青葉を湛えた
葉桜並木に変わりました。

桜は花をつけている時は
木に近づいたり触ったり、
木の下で長時間花見も出来ますが
葉が出てくるとちょっと用心が必要になります。

それは『毛虫』に対する用心。

夏が終わるころまで葉をつけている桜には
よく毛虫が発生します。

なので、
不用意に木に近づいたり触ったり
木のそばで長時間作業したりすると
痛い目というか、痒い目に遭う恐れがあります。

実際私自身、
桜の木の傍で除草作業をしていて
痒い目に遭ったことも。

一方、歯に着く虫は
強い痛みを発生させますから
こまめに歯みがきして
こすり落としておいて欲しいと
葉桜並木を通るたびに思うのでした。

ロゴ1


診療時間


TEL 0952531849
  
※完全予約制
なかはら歯科医院HP https://nakahara-dc.com
 
HISTORY VIEW(過去記事一覧)


nakahara_dc at 06:00|PermalinkComments(0)││むし歯 

2021年04月06日

◇1日の終わりに自分の歯に感謝

飲んで食べて、食べて飲んでまた食べて。

今日1日何を食べ何を飲んだか
思い出してみましょう。

朝昼晩の食事で食べた物、
おやつや夜食など間食で食べた物。

色々なものをおいしく食べれるのも
食べ物を咀嚼出来る歯の存在があってこそ。

そんな自分の歯に感謝しながら
寝る前の歯みがきに
じっくり時間をかけてみてはいかがでしょうか。

朝から食べた物を順番に思い出しながら
明日もおいしく食べれるよう歯を隅々まで磨き
最後は舌で歯のツルツルを確認して
サッパリした口の状態で眠りにつきましょう。



nakahara_dc at 06:03|PermalinkComments(0)││歯の素晴らしさ 

2021年04月05日

◇若いうちから歯周病のケアを

痛くもかゆくもないまま
進行する歯周病。

若いころからその傾向に気付いてもらい
対策を積み重ねておけば守れる歯、
いったい何本ぐらいあるのだろうか?
相当数あるだろうなぁ〜と
日々診療する中で思います。

患者さんが自分で異変に気付ける
“ハグキと歯の自覚症状”が
軽度の歯周病ではまず出ません。

ですから、
歯科検診で調べて初めて
軽度の歯周病が発覚する方がほとんどで
歯科検診を受けなければ
何らかの自覚症状が出る
中等度から重度に進行してしまうまで
歯周病は放置されてしまうのが現状です。

私が思う“若い頃”
というのは10代〜20代

痛みや不具合が無ければ
自分の歯やハグキの健康には
意識が向かない年代だと思います。

そういった若い世代に
歯周病に対するケアをはじめてもらうには
自覚症状が無くても
歯医者を受診してもらう必要があります。

歯医者は悪くなったところを
治療してもらう病院
という概念を少し変えてもらい
予防のために通う場所
と認識していただけるよう
スタッフ一同日々診療に取り組んでおります。

ロゴ1


診療時間


TEL 0952531849
  
※完全予約制
なかはら歯科医院HP https://nakahara-dc.com
 
HISTORY VIEW(過去記事一覧)




nakahara_dc at 06:01|PermalinkComments(0)││歯周病 | 予防

2021年04月03日

◇浴槽のヌルヌルと歯垢

お風呂に浸かって浴槽を指でなぞると
ヌルヌル・ガサガサしていることがあります。

念入りに風呂掃除をしたつもりでも
湯船につかりながらくまなく探ってみると
ヌルヌル、ガサガサの部位は
湯船のどこかしらに残っているものです。

このヌルヌル、ガサガサの正体は
細菌が増殖してこびりついているもの。

歯垢と同類で
時間の経過とともに増える性質を持っています。

水、温度、タンパク質
といった条件が揃えば細菌は増殖します。

浴槽をどんなにきれいに掃除しても
我々が入浴すれば細菌とタンパク質を
持ち込みますから
風呂場は、水・温度・タンパク質の条件が満たされ
細菌は増殖しヌルヌル・ガサガサを形成するのです。

細菌をゼロに保つことは不可能ですから
歯みがきと同じように
対策はこまめに掃除するしかありません。

歯の表面で増え続ける歯垢を
ハブラシでこすり落とすのと同じように
浴槽もこまめに掃除することが必要なのです。

ロゴ1


診療時間


TEL 0952531849
  
※完全予約制
なかはら歯科医院HP https://nakahara-dc.com
 
HISTORY VIEW(過去記事一覧)


nakahara_dc at 05:50|PermalinkComments(0)││歯みがき 

2021年04月02日

◇新年度開始

昨日は、私が歯科校医をしている
西郷小学校の校長先生自ら
赴任の挨拶に来ていただきました。

わざわざ当院まで出向いていただき
大変恐縮しております。

先生方の異動は
この時期の風物詩でもありますから
今年も新年度が始まったことを
意識することが出来、
気が引き締まる思いです。

本年度も西郷小学校の児童の
口の中の健康を通じて
子供たちの健やかな成長に
貢献できるようスタッフ一同邁進する所存です。



nakahara_dc at 05:50|PermalinkComments(0)││診療姿勢 | 学校歯科医

2021年04月01日

◇口寂しい時

口寂しい時、どんなものを利用しますか?

タバコ、アメ、ガム、キャラメル、
タブレット、チョコ、ドライフルーツ、
干し梅、酢こんぶ、コーヒー、お茶、水。

挙げればきりがありませんね〜。

口寂しいからと
口の中に食べ物を保持することは
ムシ歯や歯周病、酸蝕症の危険性が高まることを
憶えておきましょう。

また、ガムなど長時間咀嚼する物は
歯のすり減り、歯の破折、歯根膜の打撲
顎関節の不調和といった問題が起こる
可能性もあります。

タバコは歯周病を悪化させます。

以上のことから、
口寂しくても口に何も入れないことが
ムシ歯や歯周病予防には効果的です。

そして、口寂しい時には
歯ブラシをくわえて歯みがきをすれば
更に予防効果が高くなりますよ。



nakahara_dc at 06:06|PermalinkComments(0)││予防 | 酸蝕症
Profile

なかはら歯科医院

Archives