前回の水流の記事で



分かりにくいとのコメントを頂けましたので

今回は記事の実験を兼ね備えて

丁寧に説明して行こうかと思います!

あと追記点を大量に....




自分で言うのもアレですが


正直

分かりにくかったとは思ってたりする!


firefoxは愛用してるぜ


⬆記事書いた後に遊んでる画像タイトル一覧





でわ今回の記事内容!

1.水流の流れとTTの仕組みについて

2.水流TTの作り方

3.おまけ知識





1.水流の流れとTTの仕組みについて



今回は勝手に水流の流れにレベルをつけて解説していきます


水源を水流と言っていいのだろうか.....



こちらが水流の流れの(勝手につけた)レベル一覧です


水は水源から流れ始め

ちょうど8ブロックで止まります



このレベルによって水流の速度(ただし8の水源は除く)が

変わるわけではありません


実はまだまだあるけど大変だからもーいーや!


水流にはこのような特徴があり

①同じレベルの水流がぶつかると水流が無くなる

②同じレベルの水流をLの字に流すと水流が斜めになる

といった特徴があります

ぶつかって流れが無くなっても

レベルは下がります


ただし特例としてれべる8同士(水源同士)がぶつかった場合は

レベルは下がりません

水源が増えます

前回の記事に載せた画像がその例です




2.水流TTの作り方


始めに

これはあくまで処理層のみの解説です

これはかなり小型な為、処理効率については全く触れてません

大型で似たようなシステムを作りたい方はコレを参考程度に何とか頑張ってください!





1,まず写真のような下準備をします

海を埋めてこんな感じにします(ただし外側の海は無視していいです)

この2箇所の水には流れができてないことを確認してください

それ以外は見たまんまで!

正直ここが一番分かりづらいんだが



2.次に松明の位置を基準に深さ2の穴を開けます

2ぶろっくね~


3.そして空けた穴の上にフェンスを設置します

フェンスの置く場所を広げれば処理がはかどるよ~!


4.続いて深さ4の穴を左のこの位置に空けます

手書き図の方がよかったかな?


5.左上の水源の下を2ブロック分掘ります(水源を含めれば3)

水源を含めたら3ブロック


6.以下の画像の通りに水を伸ばし、上から3ブロック目に穴を空けます

これ文字見えるかな....深さ4


ここの調整は自分の判断でやって頂ければ....


ちなみに長くしたい人はどんどん下に繋げてって!


7.この列を1ブロック分掘ります

これはあくまで確実に作るためのものでアレンジ推奨


8.この列も1ブロック分掘ります

ホントは撤去した部分の下にもフェンスあるといいんだけどね...


9.ここでちゃんと水が止まってるか確認します

繋がってしまうとアイテムが流れなくなってしまうので注意


10.赤四角の上に湧き層を作ります

でもたまーにこのフェンスの穴で助かるモンスターがいる


完成です!


あとは個人で処理効率を上げてみてください


ヒントとしては

右水源をもっと縦に伸ばしたりみぎにやったりと



......うん、何言ってんだか分からんからいいや





3.おまけ知識



えーっとこの画像を見てください

水流タイプ2式!前回の問題を解決!







.....はい、見てわかるとおり

使い回しです


この画像を見ると

左側から水が流れてます(フェンスゲートの下)

単純に横の海から水を引っ張ってきただけなんですが



多少アイテムの流れが早くなります

水をどんどん伸ばしていくと

下の図のような場所ができます

図が酷すぎる....こんなのあんまりだよ!


私はかってにレベル9の水流とか言ってますが



こうなると

アイテムの運搬速度が極端に低下します


一応動くのですが遅い......



そこで横から水を引いてやって


メインの水流がレベル1まで行ったら

横の水流にバトンタッチして

水流の速度を保つようにしました








ただコレ

TTの処理効率とかにはさほど影響でないので

無理してやる必要はないです

遊び程度の価値しかないので

使いたい人だけやってくださいね.....