医学を学ぶ、生涯学習!

地域医療と医療系大学での教育に携わりながら、人と社会、教育と医療を考え、その軌跡を残していきます。(旧「医学教育でのひとりごと」「医は忍術?」「いやしのわざとこころ、サナトリウムから」「浄土の地から」「ひまわりのなかで」「suzukaの風に吹かれつつ‥」)

東海道を走る500系

エボラ出血熱ワクチンを開発か 弱毒化したウイルスによる生ワクチン

a5fd968c.png
弱毒化ウイルスを用いたワクチンの場合は、安全性が問題になる、と、思います。なにせ、エボラ出血熱ですから。
ただ、安全性をクリアした場合は、かなりの免疫力を得ることができる、効果的なワクチンとなる可能性も高い、と、思いますけれども。


NHKのニュースサイトから

エボラ出血熱 初めてワクチン開発 接種へ WHO

エボラ出血熱のワクチンについてWHO=世界保健機関は安全性や効果が基準を満たし、今後、感染の危険がある国々で接種が進められることになると発表しました。ワクチンが開発されたのは初めてで、専門家は「エボラ出血熱への対抗手段が得られた意義は大きい」としています。

エボラ出血熱は、患者の血液や体液に接触することで感染し、致死率が25%以上と高いウイルス性の感染症で、アフリカ中部のコンゴ民主共和国では、去年8月以降、2000人以上が死亡し、WHOは「公衆衛生上の緊急事態」を宣言しています。
WHOなどによりますと、アメリカの製薬会社が開発中の、ウイルスを弱毒化したワクチンをおよそ1万6000人に接種した結果、安全性に問題はなく、感染を防ぐ効果を示したということです。
これを受けて、ヨーロッパの規制当局は今週、ワクチンを承認し、WHOも安全性や効果が基準を満たしたとして、今後、感染の危険がある国々で接種が進められることになると発表しました
ワクチンが開発されたのは初めてで、WHOのテドロス事務局長は「エボラ出血熱はいまや、予防や治療が可能になってきている」とコメントしています。
国立感染症研究所ウイルス第一部の西條政幸部長は「対抗手段が得られた意義は大きい。今後は、備蓄を進めるなど、速やかに接種できる体制を整える必要がある」と話しています。

全体の改定率をマイナスに 診療報酬改定 本体部分は維持か

knode2また、診療報酬改定の時期になってきたようです。
全体では「マイナス」、「本体部分」は維持、という見通しだそうです。


東京新聞から

診療報酬マイナス改定へ 医師の技術料や人件費焦点

 政府は13日、医療機関にサービスの対価として支払う診療報酬に関し、医療費抑制のため2020年度の見直しで全体の改定率をマイナスにする方向で検討に入った。薬代などの「薬価部分」を引き下げる。今後は医師らの技術料や人件費に当たる「本体部分」への対応や具体的な数値が焦点。本体部分はプラスを維持するとの見方が強く、年末の政府予算編成での最終決定に向け、関係団体や政府、与党内の調整が本格化する。

 診療報酬は税金と保険料、患者の窓口負担が財源となっている。改定率がマイナスの場合は医療機関などの収入が減り、プラスになれば医療費が膨張し、国民の負担増にもつながる。


(引用終わり)


NHKのニュースサイトから


来年度の診療報酬 全体では引き下げで調整へ

来年度の診療報酬改定をめぐり、日本医師会は、医師の人件費に当たる「本体」部分の引き上げを求めていますが、膨らむ医療費を抑制するため、「薬価」と合わせた全体では引き下げる方向で政府・与党内の調整が進む見通しです。

医療機関に支払われる診療報酬は、医師の人件費や技術料などに当たる「本体」部分と、「薬価」部分で構成され、来年度、改定時期を迎えます。
今回の改定をめぐって日本医師会は、医師の働き方改革を進めるためにも医療機関に一定の手当が必要だとして、「本体」部分の引き上げを強く求めていて、平成20年度以降、引き上げが続いている「本体」部分が今回もプラスの改定となるかが焦点となります。
一方、「薬価」部分は、市場での取引価格が国が定めた価格を下回る傾向にあるため、引き下げとなる公算が大きくなっています。
政府・与党内では、膨らむ医療費を抑制する必要があるという意見が強く、「本体」部分と「薬価」を合わせた診療報酬全体では、引き下げる方向で調整が進む見通しです。
診療報酬の改定は、中医協=中央社会保険医療協議会で議論され、来月、具体的な改定率が決定されます。

BIKENがポリオウイルスを誤って下水に流出 香川県内の事業所

virus研究のため、また、医薬品製造のため、病原微生物を保有する必要があることは当然のことと思いますが、その管理は厳重に行わなければなりません。当然のことながら。


朝日新聞から


ポリオウイルス、下水に流出か 「人体への影響はない」

 一般財団法人阪大微生物病研究会(大阪府吹田市)は9日、子会社でワクチンを製造する「BIKEN(ビケン)」瀬戸事業所(香川県観音寺市)で、ポリオウイルスを含む培養液100リットルを下水に誤って流したと発表した。最大10兆個のウイルスが排水されたとみられるが、人への病原性が極めて小さいタイプのため、同研究会は「人体への影響はない」としている。

 研究会によると、流出したのはポリオやジフテリアなどを予防する混合ワクチンの原料。10月26、30日に廃棄した培養液にウイルスが混入していた。ウイルス混入時は加熱処理して廃棄する必要があったが、混入しているとは思わず、そのまま流したという。今月8日、残していた液からウイルスが見つかって発覚した。
 研究会は流出した培養液は海水で薄められ、ウイルスは数週間で死ぬことなどから「人や動物への影響はないと考えている」としている。

7対1病床の削減が議論に 医療費増大の要因か

images
全国に35万床もある、という7対1病床。
その削減が政治課題になってきているようです。単純計算で、5万人の看護師が、この病床で働いていることになるのかしら。

看護師数の削減になる、ということですけれど、看護協会などが強力に動きそうですが。


東京新聞から


<税を追う>過剰入院費最大2兆円 重症者病床導入 想定4万床が35万床に

 手厚い看護が必要な重症患者向けに厚生労働省が二〇〇六年度に導入した入院用ベッド(病床)が、当初の想定数を大きく超え、医療費増大の原因になっている。入院基本料が最も高いこの病床は一七年度、全国に約三十五万床あるが、導入時の厚労省の複数の幹部は取材に「当初の想定は三万〜四万床で、こんなに増えるとは思わなかった」と見通しの誤りを認めた。過剰に費やされた可能性のある入院費は十二年間の推計で最大二兆円を超える。

 この病床は、入院患者七人に看護師一人という最も手厚い配置をする「七対一病床」。手術が必要な人や食事が取れないような重症者が対象だが、実際には高齢化で慢性疾患の患者も多く入院している。
 導入時の目的は、看護師を診療報酬の高い七対一病床に増員するよう病院を誘導することで、全体のベッド数や長期の社会的入院を減らして医療費を節約することだった。同時に長期入院患者に早期退院やリハビリ病棟への転換、在宅医療を促そうとした。
 一日当たりの入院基本料は、看護師一人に対し患者十人の「十対一病床」より二千八百六十円高い一万五千五百五十円(後に消費税増税などで改定)。導入直後から多くの病院が高い診療報酬を得ようと、待遇改善などで退職者を含めて看護師をかき集め、七対一病床を増やした。スタート時点で想定を超える四万四千八百床に達し、五年後には早くも三十万床を突破した。
 制度の導入に携わった麦谷真里元厚労省医療課長(67)は「当時は看護師が少なく、病院が七対一病床へ転換するには、病床を減らす病院が出ると踏んでいた。診療報酬を高くしても全体の病床数が減るなら良いと思った」と証言。「後任に増加を止めてほしいと思っていた。引き継ぎが不十分で、ばかだと言われればその通りだ」と話した。
 麦谷氏の証言を踏まえ、当初想定した病床数を「三万五千床」として本紙が集計したところ、十対一病床より過剰に費やされた可能性のある入院費は、一七年度までの十二年間で約二兆一千八百億円となる。
 七対一病床は当初、看護師数を満たせばおおむね認められたが、病床数の急増への対応を迫られた厚労省は〇八年度から、入院患者に占める重症者の割合を最低10%とする要件を加えた。診療報酬改定のたびに議論されてきたが、現在も30%を超えていれば残りは重症者でなくても最高額の入院基本料が支払われる。

◆見直せば医療費大幅減
<内科医で厚労省社会保障審議会委員を務めた武久洋三さんの話> 七対一病床の当初の想定からして、今ある三十五万床にどれほど切迫した患者がいるか疑問だ。高額ベッドの一部が長年、療養に使われてきた可能性がある。長期入院で寝たきり状態にあるのは身体機能の低下を招いてよくない。見直せば医療費の大きな削減にもなる。

関節リウマチの原因は腸内細菌?大阪大などのチーム調査

virus腸内細菌という存在が、私たちの身体の免疫システムに様々な影響を与えていることがわかってきています。

長らく、自然免疫と言われていたABO血液型の抗体産生が、腸内細菌の関与による獲得免疫であることがわかってきています。

今回、大阪大学の研究チームが、関節リウマチの患者の腸内細菌の分布に特徴があることを発見したそうです。



朝日新聞から

関節リウマチの原因は腸内細菌?大阪大などのチーム調査

 関節リウマチ患者の腸内にいる微生物を調べたところ、健康な人よりも特定の細菌が多いことが大阪大などの研究で分かった。腸内の微生物は、体の免疫などに作用していると考えられている。こうした細菌がリウマチの発症につながっている可能性がある。研究成果をまとめた論文が、近く英リウマチ専門誌に掲載される。

 リウマチは、本来は外敵から自分の体を守るはずの免疫細胞が、自分の体を攻撃して炎症が起きる自己免疫疾患の一種。関節の骨や軟骨が破壊され、腫れて激しく痛むが、発症の詳しい仕組みはわかっていない。
 大阪大医学系研究科の岡田随象教授(遺伝統計学)らの研究チームは、発症初期を中心としたリウマチ患者82人と健康な42人の便に含まれる微生物を詳しく調べた。その結果、患者では9種類の細菌が健康な人よりも多かった。そのうち5種類は口の中などに多いプレボテラ属の細菌だった。研究チームは、これらの細菌がリウマチの発症に関係しているとみている。
 同研究科博士課程の岸川敏博さんは「研究が進み、病態の解明などに貢献することが期待される」と話している。

大学入学共通テスト 記述式導入は大丈夫なのか

graduated
英語の民間試験導入は、いったん延期となりました。
また、こちらの問題は残っているようです。

大学で教育担当の専任教官をしていたのですが、そのとき、一番優先したのが、入学試験選抜の公平性、客観性の確保、そして、説明責任でした。

いまは、入試の成績を開示することも、制度として行われていますので、不合格とされた受験者から、「なぜ、私は不合格と評価されたのか」という疑問に対する説明責任を担保する必要があることは、入試担当の仕事をしているときはプレッシャーでした。

先日も、ある大学の教員の先生と話したのですが、やはり、今回の記述式問題の導入については、大学内でも議論が続いているようで、受験生の側だけでなく、大学の側にも混乱があるようです。


東京新聞から


大学共通テスト 国数記述式 採点に民間アルバイト

 「大学入学共通テスト」を巡り、衆院文部科学委員会が五日開かれ、国語と数学で新たに出題される記述式問題の採点者に、民間業者が雇用するアルバイトも含まれることが明らかになった。「公平・公正性が保てない」として、教育関係者らから強い反対の声が上がった。

 記述式問題の採点は、受験者数が約五十万人と膨大なため、テストを実施する大学入試センターでは対応できないとして、民間の「ベネッセコーポレーション」の子会社に委託される。
 文科委に参考人として出席したベネッセの山崎昌樹・学校カンパニー長は、採点者としてアルバイトを雇用するかを尋ねた畑野君枝議員(共産)に対し、「恒常的に(採点を)やっている人もいるが、アルバイトも当然いる」と認めた。
 学生アルバイトも含まれるかは直接答えなかったが「学生か社会人か、国籍、私たちは問うてない。学力テストの採点者たり得る能力があるかを見させていただいている」と述べた。
 一方、「“入試改革”を考える予備校講師の会」は同日午後、立憲民主など野党共同会派の文部科学部会で、文部科学省に記述問題導入の中止を提言する緊急声明を提出した。
 部会には、大学教授や高校教職員、高校生も出席。マークシート方式ではなく、受験者が自由に文章などを書く記述式では、出題側の想定外の解答もあるのが常で、採点に時間がかかる上、採点者に出題者並みの能力が必要だと指摘。記述式は受験者が自己採点することが難しく、二次試験の出願先を正しく決められなくなる危ぐも訴えた。
 大学入学共通テストについては、文科省が二〇二〇年度からの英語の民間検定試験の導入を断念し、延期を決定した。五日の衆院文科委では、英語の入試問題に詳しい京都工芸繊維大の羽藤由美教授が「この制度が決まった時から破綻必至なことは多くの研究者が指摘してきた。民間ありきでなく、専門家の知恵を結集しゼロから考え直して」と訴えた。

救急救命士が病院内でも処置可能に 看護師の資格取得が増えるかも

Red Cross救急救命士が病院内で、処置ができるように法律の改正が行われる方向だそうです。

実際のところ、自治体の職員である消防士が、日常的に、病院内で処置をすることは考えにくい、ので、看護師で、この資格を持っているプロフェッションが勤務する病院内で活躍する、という状況を想像します。

救急の現場で活躍している看護師が、この資格を取る、ということが進むかもしれません。



読売新聞から


救命士、病院内でも処置可能に…勤務医の負担軽減へ厚労省方針

 厚生労働省は、事故現場や救急車内に限られている救急救命士(救命士)の活動について、病院内でも認める方針を固めた。救命士の資格を持ちながら、院内で救急救命処置に携われない病院職員などの活躍の場を広げ、医師の働き方改革の一環として、過重労働が常態化している救急医の負担を減らす狙いがある。

 厚労省は6日の有識者検討会に方針案を示す。早ければ2020年の通常国会で、救急救命士法改正案の提出を目指す。
 救命士の資格保持者は2016年に約5万4000人で、6割は消防職員だ。心肺停止状態などの患者を救うため、医師の指示の下、気道の確保や心拍の回復などの救急救命処置をすることが認められている。
 ただ、活動範囲は事故現場や救急車内に限られ、病院内での救急救命処置は認められていない。このため、救命士試験に合格しても消防職員にならず、病院などに勤務する人は、資格を十分に生かせない。
 法改正されれば、救命士の資格を持った病院職員らが、重症患者が最初に運ばれる部屋や救急外来で救急救命処置ができるようになる。

滋賀の病院で食中毒12人が発熱や下痢 1人が死亡 サルモネラか

hospital滋賀の病院で食中毒が発生し、患者さん一人が死亡したそうです。6人からサルモネラ菌が検出されたそうです。

病院の給食は、外部の業者に委託しているようで、大手の給食会社のグループ企業と思われる企業の名前がでています。
保健所は、病院の給食施設を運営している企業に、この病院の給食施設の営業停止処分をしたようです。

お亡くなりになった患者様のご冥福をお祈りしております。


朝日新聞から


滋賀の病院で集団食中毒、12人が下痢など訴え1人死亡

 滋賀県は30日、高島市マキノ町新保のマキノ病院で、入院患者ら12人(24〜95歳)が発熱や下痢などの食中毒症状を訴えたと発表した。11人は快方に向かったが、入院患者の男性(92)は死亡した。6人の便からサルモネラ菌が検出されたものの、男性の死亡との因果関係は不明という。

 生活衛生課によると、25日午前9時ごろ、病院から「入院患者に発熱や下痢の症状が出ている」と連絡があった。高島保健所が調べると、17日に病院の給食施設で調理された昼食を取った入院患者や職員ら94人のうち、患者と職員、調理員の計12人が20〜23日に食中毒を発症していたという。
 保健所は、東住吉マルタマフーズ(大阪市)が運営する病院の施設を31日と11月1日、営業停止にした。

病院再編と過剰な病床数の削減など指示 安倍首相

hospital経済財政諮問会議で、安倍首相が発言したそうです。

「過剰な病床数」は、誰もが削減すべき、と、思うでしょうか、この問題の本質は、どのように必要な病床数を決めるのか、また、過剰な病床数とは何か、ということだろう、と思います。


NHKのニュースサイトから

安倍首相 病院再編と過剰なベッド数の削減など指示

高齢化を踏まえた将来の医療体制をめぐり、安倍総理大臣は、経済財政諮問会議で、持続可能な地域医療体制を構築するため、都道府県ごとに策定された構想に基づいて、病院の再編とともに、過剰なベッド数の削減などを進めるよう関係閣僚に指示しました。

総理大臣官邸で開かれた、28日の経済財政諮問会議は社会保障制度改革が議題となり、民間議員は、都道府県ごとに作成され、2025年までに目指すべき医療体制の将来像を示した「地域医療構想」について、「実現に向けた進捗が十分ではない」と指摘しました。
そのうえで、厚生労働省が公立 公的病院の再編、統合をめぐり、診療実績が特に少ないなどの全国400余りの病院名を公表したことを踏まえ、「病院や過剰なベッドの再編は、公立 公的病院を手始めに、官民ともに着実に進めるべきだ」などと提言しました。
これを受けて、安倍総理大臣は、「限られた財源を賢く活用し、国民生活の質の向上を図ることが重要なポイントになる」と述べたうえで、持続可能な地域医療体制を構築するため、「地域医療構想」に基づき、病院の再編とともに、全国でおよそ13万床あるとされる過剰なベッド数の削減などを着実に進めるよう、加藤厚生労働大臣ら関係閣僚に指示しました。

大阪医大を家宅捜索 無届け再生医療容疑 大阪府警

laboratory大阪府警が大阪医大を家宅捜索したそうです。
容疑は、無届けの再生医療を行った容疑、再生医療安全性確保法違反容疑だそうです。

治療は、2019年春頃に行われたようです。
大学講師の医師が、アンチエイジングとして、脂肪幹細胞を採取して培養し、それを点滴で投与した、という。
大学にも無届けで行われていたそうですので、8月にはこの講師は諭旨解雇となっており、今は、元講師、と、呼ばれる立場になっています。
報酬の支払いもあっただろう、と、思いますが、それは、どうなっていたのかな。


東京新聞から


無届けで再生医療容疑 大阪医大を捜索 元講師、女性に投与

 大阪医大(大阪府高槻市)の元講師が在職中、無届けで脂肪幹細胞を人に投与する再生医療を行ったとして、大阪府警が九月に大阪医大を再生医療安全性確保法違反容疑で家宅捜索していたことが、捜査関係者への取材で分かった。大阪医大によると、厚生労働省は八月、同法に基づき大学を立ち入り検査した。厚労省は刑事告発を検討する。

 捜査関係者によると、元講師は五十代の男性医師。大阪医大の研究施設で今年春ごろ、四十代女性の脂肪幹細胞を採取して培養し、この女性に点滴で投与したとされる。老化防止(アンチエイジング)の効果があるとして投与したとみられる。
 大阪医大によると、五月に内部通報があり、事実関係を調査。女性を含む四十〜八十代の男女四人から必要な手続きを経ずに脂肪組織を採取して培養していたことが判明した。他にも五十代女性が投与を前提に局部麻酔を受けた。全て本人の希望だったといい、健康被害は確認されていない。大学は六月に厚労省に報告し、八月に元講師を諭旨解雇した。
 元講師は内部調査に対し「(患者側から)依頼を受けて、断り切れなかった。大学に伝えないといけないのは分かっていた」と説明している。
 同法では、再生医療で臨床研究などをする際、国が認定した専門家の委員会の審査を受け、計画を厚労相に提出することが定められている。無届けで実施したり、研究施設に許可がなかったりすれば罰則がある。
 専門家によると、脂肪幹細胞は、さまざまな細胞に分化する能力を持った体性幹細胞の一種。皮下脂肪組織から抽出でき、乳がんで失われた乳房の再建手術などで使われる。静脈に注射投与した場合、肺の血管が詰まる肺塞栓を起こすリスクがあり、国内でも過去に死亡例がある。

CT検査で動脈瘤指摘も主治医がスルー 患者死亡 横浜市立大病院

heart_love_computer
またまた、画像診断の放射線科医の診断レポートを無視したかのような医療過誤のニュース。

この手のニュースが毎日、報道されているように思います。
でも、今回のケースは、今までのと違い、少し、違和感を感じます。

検査を依頼したのは、腎臓内科医だそうです。
そして、検査の内容は、胸部から骨盤までのCT検査だったということで、これは、かなりの広範囲な検査です。目的はなんだったのでしょうか。

検査の目的が新聞記事からはわからないのですが、大動脈の動脈瘤を検索するために、そのようなCT検査を行うことがあります。
また、腎臓内科医が動脈瘤を重要視しなかった、というのも、疑問があります。

そして、横浜市立大学病院。

お亡くなりになった患者様のご冥福をお祈りしております。


毎日新聞から


横浜市立大病院 動脈瘤放置 70代男性、破裂し死亡 

 横浜市立大付属病院は24日、コンピューター断層撮影(CT)検査を受けた70代男性の動脈瘤を発見しながら放置し、適切な治療をしていなかったと発表した。男性はこの動脈瘤が破裂して9月に死亡した。

 病院によると、男性は一昨年6月に胸部から骨盤までのCT検査を受け、放射線科医が骨盤内部の内腸骨動脈に動脈瘤を認め「両側内腸骨動脈瘤」「いずれも増大」と報告書に記した。しかし主治医の腎臓内科医が記載を見落としたとされる。
 病院は「適切に治療すれば死亡を回避しうる状況だった」としている。主治医は「2年前で記憶がない」と述べ、遺族は「2年前に分かっていたことに対応してもらえず残念だ」と話しているという。

マダニ媒介の日本紅斑熱で73歳男性死亡 茨城

virus日本紅斑熱は、リケッチア(Rickettsia japonica)による感染症で、マダニが媒介します。
治療薬としては、第一選択薬はテトラサイクリンで、重症例ではニューキノロンとの併用が推奨されています。ペニシリン系やセフェム系などのβラクタム剤は無効です。
最近では、耐性菌の出現が心配されています。

患者さんのご冥福をお祈りしています。



NHKのニュースサイトから


マダニ媒介の感染症で男性死亡 茨城 土浦

茨城県土浦市で今月、73歳の男性がマダニが媒介する感染症にかかり、その後死亡していたことが分かりました。茨城県内でマダニが媒介する感染症で死者が出たのは初めてで、県は山林や草むらに入る場合十分に注意するよう呼びかけています。

茨城県によりますと土浦市の73歳の男性が今月12日、手足の発疹を訴えその後40度近い高熱となり、近くの病院に入院して治療を受けていましたが今週21日に死亡しました。
男性は腹部にマダニにかまれたとみられる傷があり、県の衛生研究所が検査した結果、マダニが媒介する感染症の1つ「日本紅斑熱」に感染していたことが分かりました。
茨城県内でマダニが媒介する感染症で死者が出たのは初めてです。
県によりますと亡くなった男性の親族が「男性が山林に入っていくのを見たことがある」と話しているということで、このときにマダニにかまれた可能性もあると見て、感染経路を詳しく調べています。
茨城県はマダニが多く生息する山林や草むらでは、長袖や長ズボン、それに帽子や手袋などを着用して肌の露出を少なくすることや、マダニを目視で確認できるよう、明るい色の服の着用を呼びかけています。
そして万が一マダニにかまれたら、無理に引き抜こうとせず、すぐに医療機関で受診するよう呼びかけています。

腰痛患者のMRI検査で、「直腸癌の疑い」結果を医師がスルー

heart_love_computer同様のケースが、次々と明らかになってきています。

進化する画像診断装置、そして、その普及が早い我が国の医療。

喜ばしいことですが、同時に進行しているのが、医療の細分化というか、分業化というか、いや、細切れ化 Fragmentation か。

今回は、整形外科で行った腰椎のMRI検査のようですが、同様のことは泌尿器科や婦人科などでも、起きています。
内科でも、細分化が進んでいて、内科同士でも同様の問題が起きています。消化器内科が肺のCT結果をスルーしたり、循環器内科が肝臓の画像診断をスルーしたり。

どうすべきなのかな。


東京新聞から


がん見落としで70代男性が死亡 名古屋市の医療センター

 名古屋市は23日、市立西部医療センター(同市北区)で、「直腸がんの可能性がある」との磁気共鳴画像装置(MRI)検査結果を主治医が見落とし、70代の男性患者が4月に死亡する医療ミスがあったと発表した。

 市によると、男性は腰痛を訴え2017年に同センターで腰のMRI検査を受診。報告書には直腸がんを疑う記載があったが、主治医は確認せず、2018年に別の検査で直腸がんが判明した。
 また市は、2016年に子宮頸がんで入院中に肺血栓塞栓症で死亡した60代女性患者について、女性が同月中に3回意識を失った際、肺血栓塞栓症の既往歴があったのに十分に対応しなかったと公表した。

ベルギーのパラリンピック陸上選手が安楽死 脊髄疾患の激痛で

heart新聞記事からは、どのような脊髄疾患なのかわかりませんが、パラリンピックの陸上の選手だったそうです。

安楽死の許可は、10年ぐらい前にもらっていた、という報道もありました。



河北新報から


ベルギーの元パラ選手が安楽死 リオ、ロンドンで金銀銅

 パラリンピックの車いす陸上女子メダリストで、脊髄疾患で痛みに苦しみ、安楽死の希望を公表していたベルギーのマリーケ・フェルフールトさん(40)が死を決断し、同国東部の自宅で22日、医師の投薬を受けて亡くなった。関係者が共同通信に明らかにした。

 2016年のリオデジャネイロ大会での記者会見では「(安楽死の)許可証がなければ自殺していた」「安楽死は殺人ではない。より長く生きるためのものだ」と訴え、タブーなき議論を呼び掛けていた。
 ロンドン大会で金と銀、リオ大会で銀と銅のメダルを獲得。症状は次第に悪化していた。

滋賀県東近江市の病院での人工呼吸器殺人 再審で無罪が確定へ

balanceまだ、裁判所の判決は出ていないのですが、検察側が有罪立証をしない、とのことです。
よかったと思います。

きちんと、救済されるべき、と、思っています。


毎日新聞から


再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、人工呼吸器を外して男性患者を殺害したとして殺人罪で服役後、再審での無罪が確実となった元看護助手、西山美香さん(39)=同県彦根市=が23日、大津市内で記者会見し「早く無罪が決まると両親が安心するので、ありがたい」と安堵の表情を浮かべた。再審公判で検察側は有罪立証しない方針を固めている。

 西山さんは2003年5月に男性患者(当時72歳)の人工呼吸器のチューブを外して殺害したとして、懲役12年が確定した。2012年に申し立てた第2次再審請求で大阪高裁は2017年12月、有罪の根拠とされた自白調書は誘導で作成された恐れがあると指摘し、男性は自然死の可能性があるとして再審開始を決定。今年3月に最高裁も支持して再審が決まった。大津地裁での再審の進め方について地裁、検察、弁護側の3者協議が続いていたが検察側が有罪立証を断念する方針を固め、無罪となることが確実になった。
 西山さんは、検察側が大阪高裁決定を不服として最高裁に特別抗告したことを念頭に「今まで抗告してきたのは何なんだと思う」と憤った。検察、弁護側双方が初公判での結審と今年度内の判決を求める書面を地裁に提出していることから、西山さんは「(検察側も)1回で終わらせることには驚いたが、うれしい」と笑顔を見せた。ただ、無罪が最終的に確定していないこともあり「裁判所の判断が不安だ」と明かした。
 再審公判を巡り、3者協議で検察側は当初、有罪立証をする考えを示していた。ところが、9月の協議で検察側は「新たな証拠立証をしない」と方針転換した。
 会見に同席した弁護団は、検察側が有罪立証を断念した理由について、検察側が提出した書面などから「殺害に関する西山さんの自白は信用性が足りないとした大阪高裁決定を覆す、新たな証拠の提出は困難と判断した」と説明。井戸謙一弁護団長は「無罪はほぼ確実になった。再審が申し立てられた段階で証拠を精査していれば、もっと早く結論が出たはずだ」と検察側を批判した。
 一方、大津地検は23日、「新たな立証はせず、(これまでの裁判で)取り調べられた証拠等に基づき、裁判所に適切な判断を求めることにした」とのコメントを出した。

滋賀・湖東記念病院事件
 湖東記念病院(滋賀県東近江市)で2003年5月、入院中の男性患者(当時72歳)が死亡。県警は2004年7月、任意聴取に対して「人工呼吸器のチューブを外した」と自白した看護助手の西山美香さんを殺人容疑で逮捕した。西山さんは公判で否認に転じたが、捜査段階の自白調書が決め手となり、2007年に最高裁で懲役12年が確定した。第1次再審請求は11年に棄却が確定。第2次再審請求は2015年に大津地裁で棄却されたが大阪高裁が再審開始を決定し、最高裁で確定した。西山さんは高裁決定前の2017年8月に和歌山刑務所を出所した。

「漢方医学」はレトロニムretronymかな

photo写真は、「薬膳料理」の例

篠山紀信さんがラジオ番組で言っておられたのですが、性能のいいデジタルカメラが発明されて、もう、フィルムカメラを使うことがなくなったのか、と言えば、そうでもなくても、今でも、大判カメラと呼ばれる「8×10」などのシートフィルムのカメラを使うことはあるそうです。

それで、インターネットで、「大判カメラ」を検索していたら、「シートフィルム」という言葉自体が、35mmフィルムなどのロールフィルムに対するレトロニムである、と、Wikipediaに書かれていました。

レトロニムretronymという言葉自体、初めて出会ったのですが、そこで思ったのが、あ、「漢方医学」は、レトロニムだな、ということ。

江戸時代に、オランダ医学が入ってくるまで、日本で医学といえば、経験的に行われ来た伝統療法による薬物治療法や理学療法の他、中国から伝わって来た書物による医学、東洋医学でした。
だから、それを行う医師たちが、自分たちのことを「漢方医」などと呼ぶ必要はなく、「医師」でよかったのです。
しかし、オランダを経由して、西洋医学の知見が入ってくると、それらの新たに輸入された医学を「蘭方」と呼び、今までの伝統的な医学を「漢方」と呼ぶようになった、という歴史があります。

*ちなみに、中国では、西洋医学に対して、自分たちの伝統的な医学を「中医学」と呼んでいます。
*「漢方」というのは、日本独自の医学で、中国の書物を参考にしつつも、日本で独自に発達したもの、です。

つまり、「漢方」という言葉はレトロニム、と思います。

レトロニムの例、たくさんありますね。
「サイレント映画」「アコースティックギター」とか。

多剤耐性アシネトバクター(MDRA)の院内感染 大阪

virus
結核を専門とする病院のようですので、感染症や院内感染に対する知識が豊富なスタッフが多い、と、思いますが、それでも、こんな結果になっていることにあらためて、脅威を感じています。

お亡くなりになった患者様のご冥福をお祈りしています。


毎日新聞から


耐性菌院内感染で18人死亡 大阪・大東の結核病院 7カ月報告せず

 国内で最多の結核病床を持つ阪奈病院(大阪府大東市)で今年8月までの2年間に、結核の入院患者19人が抗生物質がほとんど効かない細菌「薬剤耐性アシネトバクター」に院内感染し、18人が死亡していたことが判明した。うち1人は発症し、死亡との因果関係が極めて高い。感染症法は発症が確認された場合、医療機関に保健所への報告を義務付けているが、病院側は7カ月にわたり報告せず、地元の四條畷保健所は厳重注意した。

(引用終わり)

ノーベル医学生理学賞 低酸素誘導因子プロリンの3氏に

laboratory
今年のノーベル医学生理学賞は、ゲノムに関する遺伝子操作技術の確立に対して授与される、と、事前に大きく報道されていましたが、はずれ、でした。

HIF(Hypoxia-induced Proline)低酸素誘導因子プロリンの研究を行った3氏に与えられるそうです。この研究により、新たな新薬(エベレンゾ:ロキサデュスタット)が開発されています。


東京新聞から

細胞の酸素感知 ノーベル賞 医学生理学賞に米英3氏

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は七日、二〇一九年のノーベル医学生理学賞を、細胞が酸素量の変化を感じ取り、適応する仕組みを発見した米ハーバード大のウィリアム・ケリン教授(61)ら米英の三人に授与すると発表した。生命活動の基本にかかわる仕組みで、貧血やがんなどの新たな治療に道を開いた。

 他の二人は英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ教授(65)と、米ジョンズホプキンズ大のグレッグ・セメンザ教授(63)。
 三人は、酸素量の変化に応じて細胞内で起きる変化を分子レベルで研究。ラトクリフ氏とセメンザ氏は全身の細胞で働いていて、酸素量に反応するタンパク質HIFの働きを解明した。
 酸素が足りている状態では、HIFは別のタンパク質VHLと結びついて分解されてしまう。一方、酸素が足りないとHIFは細胞核の中に入り、さまざまな遺伝子に働き掛けて酸素を運ぶ赤血球を増やすなどし、体を守ろうとする。
 日本では、HIFの分解を抑えて赤血球を増やし、腎臓病患者の貧血を治療する薬「エベレンゾ」が九月に承認された。
 また、ケリン氏はVHLががんと関係していることを発見した。急速に増えるがん組織は、酸素を運ぶのに必要な血管を内部に引き込むのが間に合わず、低酸素状態になりやすい。そこでHIFを動員して酸素を確保し、生き延びようとしているらしい。この仕組みを標的にした治療薬の開発が進んでいる。
 昨年、医学生理学賞に決まった本庶佑京都大特別教授(77)に続く日本人の二年連続受賞はならなかった。
 授賞式は十二月十日にストックホルムで開かれ、賞金九百万クローナ(約九千七百万円)を三氏が等分する。

(引用終わり)


▽エベレンゾ錠20mg、同50咫同100mg(ロキサデュスタット、アステラス製薬)
「透析施行中の腎性貧血」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬と呼称する新クラスの薬剤で、同剤がファーストインクラスとなる。初の経口投与の腎性貧血薬。
慢性腎臓病(CKD)患者では、赤血球産生を促すホルモンであるエリスロポエチンが十分に産生されないため貧血がよくみられる。HIF-PH阻害薬は、低酸素(酸素欠乏)で生じる生理学的作用と同様に、骨髄での赤血球産生を促すことで腎性貧血に効果をもたらす。
赤血球造血刺激因子製剤での治療有無によって同剤の開始用量は異なる(未治療の場合は1回50mgで開始、切り替えの場合は1回70mgまたは100mgで開始)が、その後は週3回の経口投与で使用する。

電子タバコと関連した肺損傷の問題 NEJMに掲載

cigarette
New England Journal of Medicine誌に、CORRESPONDENCEという形式で、掲載されています。

Pathology of Vaping-Associated Lung Injury
(電子タバコ関連肺損傷の病理学)
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc1913069?query=featured_home

17人の患者の肺生検の結果をレビューしたまとめですが、そのうちの71%がマリファナやカナビスを吸入していたようですので、日本の状況とは少し違うかもしれません。
線維性肺臓炎、びまん性肺胞障害、器質化肺炎の病理像が認められた、とのことです。


NHKのニュースサイトから

電子たばこ使用し疾患と診断の肺 組織損傷の調査結果

アメリカやインドで電子たばこの販売を禁止する動きが出る中、電子たばこと関連がある呼吸器系の疾患と診断された患者の肺は、有毒な化学物質を吸い込んだときに似た状態になっているという調査結果がアメリカの医学誌に報告されました。

この調査結果は2日付けのアメリカの医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載されました。
それによりますとアメリカの医療機関が、電子たばこと関連がある呼吸器系の疾患と診断された患者17人の肺や呼吸器の組織を検査した結果、すべての症例で、有毒な化学物質を吸い込んだときに似た組織の損傷が見られたということです。ただどのような化学物質が原因かは分からないとしています。
CDC=アメリカ疾病対策センターによりますと今月1日の時点で、電子たばこが原因とみられる呼吸器疾患の患者の数は1080人、死者は18人にのぼっています。
アメリカの一部の州は香り付き電子たばこの販売を禁止したほかインドも電子たばこの販売や輸入を禁止するなど規制の動きが広がっています。

CT検査での放射線科医のレポートを無視? がんを見落とす 滋賀の県立病院

heart_love_computerまた、放射線科医の画像診断レポートに主治医がきちんと対応しなかった、という例がおきました。

お亡くなりになった患者様のご冥福をお祈りしております。

最近、放射線科医の画像診断レポートの記載内容が非常に充実してきた、と、感じています。ありがたく思っています。それだけに、こちらも注意が必要ですね。

いろいろ、医療界にも動きがあります。


NHKのニュースサイトから


県立総合病院で「がんの疑い」報告を見落とし 滋賀 守山

滋賀県守山市にある県立総合病院で、検査の結果、患者3人の報告書にがんの疑いがあると記載されていたにもかかわらず、主治医が見落とすなど適切な治療が行われなかったことが分かりました。

このうち1人が見落としから4年後にがんで死亡したということです。
滋賀県立総合病院によりますと、平成27年9月からおととし10月にかけて行われた50代から80代の男性患者3人へのCT検査で、いずれも「がんの疑いがある」と報告書に記載されました。
しかし、主治医が記載を見落としたり別の病気の治療を優先したりしたということです。
このうち、4年前の平成27年9月に肝臓がんの疑いを指摘されていた80代の患者は、ことし4月に肝臓のがんのため死亡したということです。
ほかの2人の患者は、ことしに入って別の医療機関の検査でがんの疑いを指摘され、現在、県立総合病院で治療を受けているということです。
病院は、主治医が別の病気の結果に注意を向けていたことや、連携不足などで適切な治療が行われなかったとして、死亡した患者の遺族と2人の患者に謝罪しました。
病院は、ほかの患者で見落としがないか調査するとしていて、一山智病院長は「医療への信頼を損ねる結果となり、深く反省しています。再発防止に努めます」と話しています。

「一ヶ月に一回でいい、という怖い薬は使いません」

capsule003骨粗鬆症の治療薬や糖尿病の注射薬など、一週間に一回とか、月に一回、あるいは、年に一回の注射でいい、というようなお薬も開発され、認可されるようになりました。

先日、外来で、こんな患者さんがおられました。
(複数の患者さんのエピソードを混ぜ合わせた、架空の患者さんのお話です)

高血圧や高脂血症で外来通院されている高齢女性の患者さん。

「先生、月に一回でいい、なんて、怖い薬は使いたくありません」

骨粗鬆症の治療薬のことかな、と、思いましたが、確か、この患者さんは、先月、自宅で転倒して、大腿骨を骨折したはず。入院して、手術を受け、今日、外来に来られたのでした。

「骨粗鬆症のお薬のことですか?先日、骨折して入院したときに、骨粗鬆症と言われたのですね?」

「はい、その骨の薬のことです。月に一回なんて、強い薬は、体に悪いから、使ってはいけない、と、言われたので」

誰かに言われたみたいです。間違った医学知識は、訂正しておかねば。投与間隔が長くなっているのは、医薬品としての作用が強いから、ではなくて、体内での薬物動態の工夫によるものだから。

でも、実際のところ、「強い薬」ということをどのようにとらえているのか、患者さんにとって、いろいろだから、誤解を解くのが難しいことも多い。
薬疹を起こした患者さんから、「こんな強い薬を処方して」というように怒りをぶつけられることもあります。しかし、アレルギー機序によるものは、本来の意味での副作用とは別と思うのです。かといって、「患者さんの体質によるものです」という説明も、身もふたもないし。
いつも、悩ましく思っています。

「誰かに言われたのですか?それは、誰ですか?」

「近くの健康食品のお店の店長さんです。ずっと、お世話になっています」

むむ。
ならば、健康食品を売りつけられたのかもしれない。

「その店長さんから、なにか、健康食品を買いましたか?」

「はい、月に一回の薬は強すぎるから、飲まないで、毎日3回飲めばいい、という健康食品を買いました。骨が弱くなっているから、飲まないといけないのです。」

あれあれ。
整形外科の医師の説明よりも、その健康食品の店長さんの言葉を信じているの?

「健康食品のほうはともかく、骨を強くする薬は使わないと、また、骨折したらいけないからね」

脅すような説明は、本来、好ましくないのですが、すでに、同様の説明をきちんと受けているはずなので、もっとも大切なポイントを強調して、説得を試みました。

しかし、その店長さんもひどいものだと思います。健康食品を売りつけるのはまだしも、医薬品の使用を否定するなどとは、詐欺まがい、と、思います。

患者さんは、
「いえ、先生の処方する内科のくすりは飲みますが、月に一回のきつい薬は体に悪いので、使いません」

なんども、「月に一回」を持ち出して、かたくなに否定される。
では、毎日の薬ならいいかな。

「月に一回が怖い、ということから、毎日飲む、という薬はどうですか?」

「でも、先生、もう、骨を強くする健康食品を買ってしまったから、もう、病院からは要りません」

あれあれ

「ところで、その健康食品は、おいくらしたの?」

「一年分、先払いしました。」

「ええ!いくら払ったの?」

「本当は12万円だけど、1万円も値下げしてくれて11万円にしてくれました」

「まさか、一括の先払い?」

「はい、先払いということで、1万円値下げしてくれたんですよ」

うーむ。これは、詐欺ではないか。

「先生、夫には、内緒にしておいてください。」

たしか、この患者さんの夫も、私の外来に通院してもらっています。通院日は別々になっていますが。

「もちろん、診察室でお聞きしたことは無断で話すことはありませんよ。ちなみに、ご主人にはおいくらと話したの?」

「一年分で5万円した、と、話しました。」

とりあえず、整形外科の主治医に相談してもらうことにしました。

「再編・統合が必要な公立・公的病院の一覧 全国424病院

hospital厚生労働省が発表した、公立病院や公的病院のうち、再編や統合が必要な病院のリストを読売新聞が載せていました。

私が働いている病院はリストにあがっていませんでしたが、それぞれの病院で、日々、責務にあたっている医師や看護師のみなさまのお気持ちを察したい、と、思います。患者さんや住民の方々の健康を守る、というすばらしい責務への崇高なモチベーションを落とさないよう、がんばってください。


読売新聞から


「再編・統合の検討が必要」全424病院の一覧

 再編統合の検討が必要とされた公立・公的病院は以下の通り。(病院名は2017年の診療実績に基づくもので、現在は閉院したり、近隣の病院と診療科を再編したりしている場合がある)

【北海道】
▽社会福祉法人北海道社会事業協会函館病院▽木古内町国民健康保険病院▽独立行政法人国立病院機構函館病院▽市立函館南茅部病院▽函館赤十字病院▽函館市医師会病院▽森町国民健康保険病院▽松前町立松前病院▽厚沢部町国民健康保険病院▽奥尻町国民健康保険病院▽長万部町立病院▽八雲町熊石国民健康保険病院▽せたな町立国保病院▽今金町国保病院▽社会福祉法人北海道社会事業協会岩内病院▽国民健康保険由仁町立病院▽市立三笠総合病院▽国民健康保険町立南幌病院▽国民健康保険月形町立病院▽市立美唄病院▽栗山赤十字病院▽市立芦別病院▽社会福祉法人北海道社会事業協会洞爺病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構登別病院▽白老町立国民健康保険病院▽日高町立門別国民健康保険病院▽新ひだか町立三石国民健康保険病院▽新ひだか町立静内病院▽市立旭川病院▽国民健康保険町立和寒病院▽JA北海道厚生連美深厚生病院▽町立下川病院▽上富良野町立病院▽猿払村国民健康保険病院▽豊富町国民健康保険病院▽利尻島国保中央病院▽中頓別町国民健康保険病院▽斜里町国民健康保険病院▽小清水赤十字病院▽JA北海道厚生連常呂厚生病院▽滝上町国民健康保険病院▽雄武町国民健康保険病院▽興部町国民健康保険病院▽広尾町国民健康保険病院▽鹿追町国民健康保険病院▽公立芽室病院▽本別町国民健康保険病院▽十勝いけだ地域医療センター▽清水赤十字病院▽町立厚岸病院▽JA北海道厚生連摩周厚生病院▽標茶町立病院▽標津町国民健康保険標津病院▽町立別海病院

【青森】
▽国民健康保険板柳中央病院▽黒石市国民健康保険黒石病院▽町立大鰐病院▽国民健康保険おいらせ病院▽国民健康保険南部町医療センター▽国民健康保険五戸総合病院▽三戸町国民健康保険三戸中央病院▽青森市立浪岡病院▽平内町国民健康保険平内中央病院▽つがる西北五広域連合かなぎ病院

【岩手】
▽独立行政法人国立病院機構盛岡病院▽盛岡市立病院▽岩手県立東和病院▽岩手県立江刺病院▽奥州市国民健康保険まごころ病院▽奥州市総合水沢病院▽一関市国民健康保険藤沢病院▽洋野町国民健康保険種市病院▽岩手県立一戸病院▽岩手県立軽米病院

【宮城】
▽蔵王町国民健康保険蔵王病院▽丸森町国民健康保険丸森病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構仙台南病院▽独立行政法人国立病院機構仙台西多賀病院▽独立行政法人国立病院機構宮城病院▽塩竈市立病院▽宮城県立循環器・呼吸器病センター▽栗原市立若柳病院▽大崎市民病院岩出山分院▽公立加美病院▽栗原市立栗駒病院▽大崎市民病院鳴子温泉分院▽美里町立南郷病院▽涌谷町国民健康保険病院▽石巻市立牡鹿病院▽登米市立米谷病院▽登米市立豊里病院▽石巻市立病院▽南三陸病院

【秋田】
▽大館市立扇田病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構秋田病院▽湖東厚生病院▽市立大森病院▽羽後町立羽後病院

【山形】
▽天童市民病院▽朝日町立病院▽山形県立河北病院▽寒河江市立病院▽町立真室川病院▽公立高畠病院▽酒田市立八幡病院

【福島】
▽済生会福島総合病院▽済生会川俣病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構二本松病院▽三春町立三春病院▽公立岩瀬病院▽福島県厚生農業協同組合連合会鹿島厚生病院▽福島県厚生農業協同組合連合会高田厚生病院▽福島県厚生農業協同組合連合会坂下厚生総合病院

【茨城】
▽笠間市立病院▽小美玉市医療センター▽国家公務員共済組合連合会水府病院▽村立東海病院▽独立行政法人国立病院機構霞ケ浦医療センター▽筑西市民病院

【栃木】
▽独立行政法人地域医療機能推進機構うつのみや病院▽独立行政法人国立病院機構宇都宮病院

【群馬】
▽群馬県済生会前橋病院▽一般社団法人伊勢崎佐波医師会病院▽公立碓氷病院▽下仁田厚生病院

【埼玉】
▽蕨市立病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構埼玉北部医療センター▽北里大学メディカルセンター▽東松山市立市民病院▽東松山医師会病院▽所沢市市民医療センター▽独立行政法人国立病院機構東埼玉病院

【千葉】
▽千葉県千葉リハビリテーションセンター▽独立行政法人国立病院機構千葉東病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構千葉病院▽千葉市立青葉病院▽銚子市立病院▽国保多古中央病院▽東陽病院▽南房総市立富山国保病院▽鴨川市立国保病院▽国保直営君津中央病院大佐和分院

【東京】
▽国家公務員共済組合連合会九段坂病院▽東京都台東区立台東病院▽社会福祉法人恩賜財団済生会支部東京都済生会中央病院▽東京大学医科学研究所附属病院▽社会福祉法人恩賜財団東京都済生会向島病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構東京城東病院▽奥多摩町国民健康保険奥多摩病院▽独立行政法人国立病院機構村山医療センター▽東京都立神経病院▽国民健康保険町立八丈病院

【神奈川】
▽川崎市立井田病院▽三浦市立病院▽横須賀市立市民病院▽社会福祉法人恩賜財団済生会平塚病院▽秦野赤十字病院▽独立行政法人国立病院機構神奈川病院▽相模原赤十字病院▽東芝林間病院▽社会福祉法人恩賜財団済生会神奈川県病院▽社会福祉法人恩賜財団済生会若草病院

【新潟】
▽新潟県立坂町病院▽新潟県立リウマチセンター▽新潟県厚生農業協同組合連合会新潟医療センター▽独立行政法人国立病院機構西新潟中央病院▽豊栄病院▽あがの市民病院▽新潟県立吉田病院▽三条総合病院▽新潟県立加茂病院▽見附市立病院▽独立行政法人国立病院機構新潟病院▽厚生連小千谷総合病院▽魚沼市立小出病院▽南魚沼市立ゆきぐに大和病院▽町立湯沢病院▽新潟県立松代病院▽新潟県立妙高病院▽上越地域医療センター病院▽独立行政法人労働者健康福祉機構新潟労災病院▽新潟県立柿崎病院▽新潟県厚生農業協同組合連合会けいなん総合病院▽佐渡市立両津病院

【富山】
▽あさひ総合病院▽富山県厚生農業協同組合連合会滑川病院▽富山県リハビリテーション・こども支援センター▽かみいち総合病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構高岡ふしき病院

【石川】
▽国民健康保険能美市立病院▽国家公務員共済組合連合会北陸病院▽公立つるぎ病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構金沢病院▽津幡町国民健康保険直営河北中央病院▽町立富来病院▽町立宝達志水病院

【福井】
▽独立行政法人国立病院機構あわら病院▽坂井市立三国病院▽越前町国民健康保険織田病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構若狭高浜病院

【山梨】
▽独立行政法人地域医療機能推進機構山梨病院▽北杜市立塩川病院▽韮崎市国民健康保険韮崎市立病院▽北杜市立甲陽病院▽山梨市立牧丘病院▽甲州市立勝沼病院▽身延町早川町国民健康保険病院一部事務組合立飯富病院

【長野】
▽川西赤十字病院▽佐久穂町立千曲病院▽長野県厚生農業協同組合連合会佐久総合病院小海分院▽東御市民病院▽国民健康保険依田窪病院▽長野県厚生農業協同組合連合会鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿教湯病院▽長野県厚生農業協同組合連合会下伊那厚生病院▽下伊那赤十字病院▽独立行政法人国立病院機構まつもと医療センター松本病院▽独立行政法人国立病院機構まつもと医療センター中信松本病院▽安曇野赤十字病院▽飯綱町立飯綱病院▽長野県立総合リハビリテーションセンター▽信越病院▽飯山赤十字病院

【岐阜】
▽岐阜県厚生農業協同組合連合会岐北厚生病院▽羽島市民病院▽岐阜県厚生農業協同組合連合会西美濃厚生病院▽県北西部地域医療センター国保白鳥病院▽国民健康保険坂下病院▽社会医療法人厚生会多治見市民病院▽市立恵那病院▽岐阜県厚生農業協同組合連合会東濃厚生病院▽国民健康保険飛騨市民病院

【静岡】
▽JA静岡厚生連リハビリテーション中伊豆温泉病院▽伊豆赤十字病院▽共立蒲原総合病院▽独立行政法人国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター▽JA静岡厚生連清水厚生病院▽JA静岡厚生連静岡厚生病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構桜ヶ丘病院▽菊川市立総合病院▽市立御前崎総合病院▽公立森町病院▽浜松赤十字病院▽市立湖西病院▽JA静岡厚生連遠州病院▽独立行政法人労働者健康福祉機構浜松労災病院

【愛知】
▽津島市民病院▽あま市民病院▽一宮市立木曽川市民病院▽愛知県心身障害者コロニー中央病院▽みよし市民病院▽碧南市民病院▽中日病院▽独立行政法人国立病院機構東名古屋病院▽ブラザー記念病院

【三重】
▽桑名南医療センター▽三重県厚生農業協同組合連合会三重北医療センター菰野厚生病院▽亀山市立医療センター▽三重県厚生農業協同組合連合会大台厚生病院▽恩賜財団済生会明和病院▽町立南伊勢病院▽市立伊勢総合病院

【滋賀】
▽独立行政法人地域医療機能推進機構滋賀病院▽大津赤十字志賀病院▽守山市民病院▽東近江市立能登川病院▽長浜市立湖北病院

【京都】
▽市立福知山市民病院大江分院▽舞鶴赤十字病院▽国保京丹波町病院▽独立行政法人国立病院機構宇多野病院

【大阪】
▽大阪市立弘済院附属病院▽高槻赤十字病院▽社会医療法人仙養会北摂総合病院▽市立柏原病院▽市立藤井寺市民病院▽富田林病院▽社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会新泉南病院▽和泉市立病院▽社会医療法人生長会阪南市民病院▽健康保険組合連合会大阪中央病院

【兵庫】
▽兵庫県立リハビリテーション中央病院▽国家公務員共済組合連合会六甲病院▽高砂市民病院▽明石市立市民病院▽多可赤十字病院▽加東市民病院▽公立豊岡病院組合立豊岡病院出石医療センター▽公立香住病院▽公立豊岡病院組合立豊岡病院日高医療センター▽公立村岡病院▽柏原赤十字病院▽独立行政法人国立病院機構兵庫中央病院▽兵庫県立姫路循環器病センター▽相生市民病院▽たつの市民病院

【奈良】
▽社会福祉法人恩賜財団済生会奈良病院▽社会福祉法人恩賜財団済生会中和病院▽奈良県総合リハビリテーションセンター▽社会福祉法人恩賜財団済生会御所病院▽南和広域医療企業団吉野病院

【和歌山】
▽海南医療センター▽国保野上厚生総合病院▽済生会和歌山病院▽国保すさみ病院▽那智勝浦町立温泉病院

【鳥取】
▽岩美町国民健康保険岩美病院▽日南町国民健康保険日南病院▽鳥取県済生会境港総合病院▽南部町国民健康保険西伯病院

【島根】
▽独立行政法人国立病院機構松江医療センター▽独立行政法人地域医療機能推進機構玉造病院▽出雲市立総合医療センター▽津和野共存病院

【岡山】
▽備前市国民健康保険市立備前病院▽岡山市久米南町組合立国民健康保険福渡病院▽総合病院玉野市立玉野市民病院▽せのお病院▽備前市国民健康保険市立吉永病院▽独立行政法人労働者健康安全機構吉備高原医療リハビリテーションセンター▽瀬戸内市立瀬戸内市民病院▽赤磐医師会病院▽笠岡市立市民病院▽矢掛町国民健康保険病院▽独立行政法人国立病院機構南岡山医療センター▽井原市立井原市民病院▽鏡野町国民健康保険病院

【広島】
▽北広島町豊平病院▽国家公務員共済組合連合会吉島病院▽広島市医師会運営・安芸市民病院▽独立行政法人国立病院機構広島西医療センター▽社会福祉法人恩賜財団広島県済生会済生会呉病院▽呉市医師会病院▽国家公務員共済組合連合会呉共済病院忠海分院▽日立造船健康保険組合因島総合病院▽総合病院三原赤十字病院▽三原市医師会病院▽府中市民病院▽府中北市民病院▽総合病院庄原赤十字病院

【山口】
▽岩国市立錦中央病院▽岩国市立美和病院▽岩国市医療センター医師会病院▽光市立大和総合病院▽周南市立新南陽市民病院▽地域医療支援病院オープンシステム徳山医師会病院▽光市立光総合病院▽厚生農業協同組合連合会小郡第一総合病院▽独立行政法人国立病院機構山口宇部医療センター▽美祢市立美東病院▽美祢市立病院▽山陽小野田市民病院▽小野田赤十字病院▽下関市立豊田中央病院

【徳島】
▽独立行政法人国立病院機構東徳島医療センター▽徳島県鳴門病院▽阿波病院▽阿南医師会中央病院▽海陽町国民健康保険海南病院▽国民健康保険勝浦病院

【香川】
▽さぬき市民病院▽独立行政法人国立病院機構高松医療センター▽社会福祉法人恩賜財団済生会支部香川県済生会病院▽香川県厚生農業協同組合連合会滝宮総合病院

【愛媛】
▽西条市立周桑病院▽独立行政法人国立病院機構愛媛医療センター▽鬼北町立北宇和病院▽宇和島市立吉田病院▽愛媛県立南宇和病院▽宇和島市立津島病院

【高知】
▽JA高知病院▽佐川町立高北国民健康保険病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構高知西病院▽いの町立国民健康保険仁淀病院▽土佐市立土佐市民病院

【福岡】
▽福岡県立粕屋新光園▽宗像医師会病院▽嶋田病院▽独立行政法人国立病院機構大牟田病院▽飯塚市立病院▽嘉麻赤十字病院▽飯塚嘉穂病院▽独立行政法人労働者健康安全機構総合せき損センター▽地方独立行政法人川崎町立病院▽中間市立病院▽遠賀中間医師会おんが病院▽北九州市立総合療育センター▽独立行政法人芦屋中央病院

【佐賀】
▽小城市民病院▽多久市立病院▽独立行政法人国立病院機構東佐賀病院▽独立行政法人地域医療機能推進機構伊万里松浦病院▽町立太良病院

【長崎】
▽日本赤十字社長崎原爆病院▽国民健康保険平戸市民病院▽地方独立行政法人北松中央病院▽平戸市立生月病院▽市立大村市民病院▽日本赤十字社長崎原爆諫早病院▽長崎県富江病院

【熊本】
▽国民健康保険宇城市民病院▽独立行政法人国立病院機構熊本南病院▽小国公立病院▽天草市立牛深市民病院▽一般社団法人熊本市医師会熊本地域医療センター▽熊本市立植木病院▽熊本市立熊本市民病院

【大分】
▽杵築市立山香病院▽臼杵市医師会立コスモス病院▽竹田医師会病院

【宮崎】
▽独立行政法人地域医療機能推進機構宮崎江南病院▽独立行政法人国立病院機構宮崎東病院▽五ケ瀬町国民健康保険病院▽日南市立中部病院▽えびの市立病院▽都農町国民健康保険病院▽独立行政法人国立病院機構宮崎病院

【鹿児島】
▽済生会鹿児島病院▽鹿児島市医師会病院▽鹿児島厚生連病院▽鹿児島赤十字病院▽枕崎市立病院▽南さつま市立坊津病院▽肝付町立病院▽公立種子島病院

アメリカFDAが電子タバコの使用を控えるよう推奨 530例の肺疾患が報告

cigaretteアメリカFDAの報告では、
ニコチン、テトラヒドロカンナビノール(THC)、カンナビノイド(CBD)が含まれているものに危険性があるのではないか、とのことです。

アメリカで、「E-Cigarette」とか、「 Vaping」と呼ばれているものですが、日本で「電子タバコ」として売られているものと全く同じものを言っているのかどうか、少し、疑問はあります。
ただし、日本で売られているもののほうが、タバコそのものに近く、ニコチンの含有量などからみれば、アメリカのニコチンが含まれていない「Vaping」よりタバコに近いので危険性はある、と、私は思っています。
また、テトラヒドロカンナビノール(THC)はカンナビノイドの一種だそうですが、多幸感を覚えるなどの作用がある向精神薬で、大麻に含まれているそうですし、カンナビノイド(CBD)は、大麻草に含まれる化学物質の総称ですので、いずれも、日本で売られている商品には入っていない、と、思います。

FDAは、

530例の肺疾患が38州以上から報告されており、そのうち7例が死亡例。
男性72%、18-34歳が67W%、18歳未満が16%、35歳以上が17%

いまのところ、原因メカニズムは不明

とのことで、いまのところ、FDAは、

電子タバコを使用している人は、購入をすべきではない
若年層や青年層はこれらの製品を使用すべきではない
妊娠している女性はこれらの製品を使用すべきではない
喫煙習慣のない成人は、電子タバコ製品の使用を開始すべきではない

と、推奨しています。かなり、厳しい表現と思います。

以下のサイトにあります。

Outbreak of Lung Injury Associated with E-Cigarette Use, or Vaping
https://www.cdc.gov/tobacco/basic_information/e-cigarettes/severe-lung-disease.html


What we know
There are 530 cases of lung injury reported from 38 states and 1 U.S. territory. Seven deaths have been confirmed in 6 states.
CDC has received complete sex and age data on 373 of 530 cases.
Nearly three fourths (72%) of cases are male
Two thirds (67%) of cases are 18 to 34 years old
16% of cases are under 18 years and 17% are 35 years or older
All reported cases have a history of e-cigarette product use or vaping.
Based on initial data from certain states we know: Most patients have reported a history of using e-cigarette products containing THC. Many patients have reported using THC and nicotine. Some have reported the use of e-cigarette products containing only nicotine.

What we don’t know
We do not yet know the specific cause of these lung injuries. The investigation has not identified any specific e-cigarette or vaping product (devices, liquids, refill pods, and/or cartridges) or substance that is linked to all cases.

What CDC recommends
CDC has released interim recommendations for healthcare providers, health departments, and the public.
Until we know more, if you are concerned about these specific health risks, CDC recommends that you consider refraining from using e-cigarette or vaping products.
If you are an adult who used e-cigarettes containing nicotine to quit cigarette smoking, do not return to smoking cigarettes.
If you have recently used an e-cigarette or vaping product and you have symptoms like those reported in this outbreak see a healthcare provider.

Regardless of the ongoing investigation:
Anyone who uses an e-cigarette or vaping product should not buy these products (e.g., e-cigarette or vaping products with THC or CBD oils) off the street, and should not modify or add any substances to these products that are not intended by the manufacturer.
Youth and young adults should not use e-cigarette products.
Women who are pregnant should not use e-cigarette products.
Adults who do not currently use tobacco products should not start using e-cigarette products.

マダニにかまれ、日本紅斑熱を発症、死亡 広島

virusマダニにかまれた女性が死亡したそうです。
日本紅斑熱だったそうです。

節足動物媒介感染症

有名なものには、マラリア、があるかと思います。マラリア原虫を体内に持つ蚊に刺されると発症することがある感染症です。

ダニが媒介する感染症には、いくつかあります。
ツツガムシ病が一番有名でしょうか。病原体はリケッチアと呼ばれる細菌です。日本紅斑熱は、同じリケッチアに分類される病原体によるものです。さらに、注目されているのは、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)と言われる感染症で、これは、病原体はウイルスです。

私も、看護大学などで感染症の話をするときには、このダニ媒介感染症の話をするようにしています。
そして、テストでは、こんな問題を出しています。
(問題)節足動物が媒介する感染症について、「病名」とその「病原体」を答えなさい

正解は、たとえば、「マラリア」「マラリア原虫」とか、「ツツガムシ病」「リケッチア」となります。
この問題の回答に、「マラリア」「蚊」、「日本紅斑熱」「ダニ」と答えている場合は、不正解になります。節足動物の役割は感染症の病原体を媒介、ですからね。

お亡くなりになった患者様のご冥福をお祈りしております。


朝日新聞から


マダニにかまれ感染か、広島で70代女性が死亡

 広島県福山市は18日、マダニにかまれることで感染する日本紅斑熱を発症した市内の70代の女性が死亡したと発表した。

 市保健予防課によると、女性は11日に全身のだるさを訴え、医療機関を受診。血液検査などで感染が確認され、13日に死亡した。
 女性は日常的に農作業をしており、作業中にマダニにかまれた可能性があるという。同課は、野外での農作業やレジャーなどの際、皮膚の露出を避けるように呼びかけている。

がんゲノム医療 中核拠点病院11カ所の他に拠点病院34カ所指定へ

laboratoryがんゲノム医療、厚生労働省は、すでに、全国11カ所に「中核拠点病院」を指定していますが、それに加えて、全国34カ所に「拠点病院」を指定するそうです。

がんゲノム医療中核拠点病院一覧

北海道大学病院
東北大学病院
国立がん研究センター東病院
国立がん研究センター中央病院
慶應義塾大学病院
東京大学医学部附属病院
名古屋大学医学部附属病院
京都大学医学部附属病院
大阪大学医学部附属病院
岡山大学病院
九州大学病院

だそうです。


NHKのニュースサイトから

「がんゲノム医療」拠点病院に全国34か所指定へ

がん患者の遺伝子を調べて最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」について、厚生労働省は全国34の医療機関を地域の拠点病院に指定し普及を図っていくことになりました。

がんの「ゲノム医療」は患者のがん細胞の遺伝情報を解析して、最適な治療薬を選ぶ新しい医療で、国のがん対策の基本計画で柱の一つに掲げられています。
厚生労働省の専門家会議はゲノム医療を普及させるため全国34の医療機関を地域の拠点病院に選びました。
拠点病院ではがん患者の遺伝子検査を行ってその結果を医学的に解釈し最適な治療薬は何かを検討します。また地域にある別の医療機関で実施された遺伝子検査の結果も集約して検討を行い、拠点病院の役割を担います。

選ばれたのは、
▼北海道で1か所、
▼東北では青森と山形でそれぞれ1か所、
▼関東信越では東京で4か所、神奈川で3か所、埼玉で2か所、茨城、千葉、新潟、長野でそれぞれ1か所、
▼東海北陸では富山、石川、静岡、愛知、三重でそれぞれ1か所、
▼近畿では大阪で3か所、兵庫で3か所、
▼中国・四国では広島、香川、愛媛でそれぞれ1か所、
▼九州では福岡で2か所、長崎と鹿児島でそれぞれ1か所となっています。

34の拠点病院は今月中に指定される見通しで、これによってすでに指定されている11の中核拠点病院と合わせて全国45か所で遺伝子検査を基にした治療薬の検討が可能になります。
コメント
月別記事履歴
livedoor プロフィール

ぷーさん

お訪ねいただいたみなさま

    コメントもいただければ、幸いです。

    QRコード
    QRコード
    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
    • ライブドアブログ