MATSUE NAKAISHU'S WATCH blog

ブライトリングSALES MASTERブログが無くなると言う事で、移行!! SALES MASTERが、ブライトリングだけじゃなく、色んな時計のアレコレを中心に、釣り、麻婆豆腐を独自の目線で書いていきます!!


ジジイには、変わっていく日本語の使い方はわからない。

この "何気に” というのも適当に省略されたような言葉だが、

何気に、よく使われてたりする俗語なんですね。

さて、何気に端正なお顔のクロノグラフ、

バーインデクスになって、一段とスッキリした表情になっております。

1495417037317

何気なく というのと 何気に というのは使い方がちがいます。

何気に分かりにくいのであります。 は、OK

何気なく分かりにくいのであります。 は、✖  ・・・こんな感じです。

スーパーオーシャンクロノグラフ42 。

何気にクールなクロノグラフでございます。

    ・・・   ・・・   しつこい・・・


少し、間が空きましたね。

きっと、イカ釣りが忙しくて投稿しなかったんだな。。。

そんなわけは、ありませんよ。

今や、私にとっては、アオリイカは幻なのかぁぁぁ

釣れないもんは、釣れないんだからしょーがないよね。

お休みだったので、今年初めて、暗い内からイカの餌のアジ釣りからスタート。

毎度のことながら、大変な人出なんですね。ベストの釣り座から、

おおよそ20mは離れた位置でないと竿が出せない。まぁ。それでも

餌アジのサビキ経験値の高い吾輩は、

回りの釣れないおじいちゃんたちを尻目にタイムトライアルとばかりに

釣りまくります。 明るくなる頃には20匹ほどのアジを確保。
1495070976037

イカもこんな簡単に釣れるといいのだが・・・ いや・・・

それでは、ツマラナイか。。。

近頃思ったりするのだけれど、こうやって餌のアジを確保して

満足しているところが、確かにある。 とくに今回のように

ちょうどいいサイズのものを15以上用意出来ると、

それだけで釣れた気になってしまう。  そんなんだから、きっと

イカが釣れなくなってしまうのかもね。  

半島に出発しようとすると、毎年いる常連のオジサンに声を掛けられる。

「アオリ、ダメらしいじゃないいか。。。」  え、えぇぇぇぇ。

いや、巷では、今年はいいらしいと聞いているが・・ と答えると

ここ数日、サッパリらしいとのこと。。。

まぁ、おいらは、こんな素晴らしい餌アジもってるからね。

そこらのチャレンジャーと一緒にしてもらってもね。。。

それから半島に移動してイカ釣り。

結局、オジサンの言うそのままの状況。。。

午後、風が向かいになったので場所移動しても、

状況は変わらず、結局最後まで、ったったの一回もアタリがない。

こんな素晴らしいアジ、竿二本分泳がせて、日がな一日、

一回も食べに来ない。。。   

これが幻なのか、アオリイカが幻なのか。 いったい。。。
1495070988580
何にもないので、兄弟ネコを眺めて暇つぶしをした釣行でした。


あいにくの空模様の松江でございます。

明日は、定休日なんですが、こんな感じじゃイカ釣りもなしだな。。。

え^~~と、模様のお話しですね。
9s86
時計のムーブを装飾する模様で 有名なのが、

コート ド ジュネーブ とか ペラルージュ というのがあります。

ローター部に斜めになった大きい縞の模様がありますが、

これがコートドジュネーブですね。

それとテンプの外側の地板に見られる半円形の連続した装飾が

ペラルージュという模様です。

これらは、何か必要になる理由があるわけではなく、

ただ、単に、装飾だということ。 ただの見た目であるわけですね。

このグランドセイコーのメカは、裏スケとなっておりますので、

これらの装飾は、とても魅力を向上させるものとなっているのですが、

BRとか、基本スケルトンを採用しないメーカーでも、結構これらの

装飾が施されたムーブメントになっているものなんですよね。

私が、この模様見て連想するのは、
2a487496
キュビスムのフェルナン・レジェ のタブローですね。

レジェね。  なんでブラックでも ピカソでもなくて レジェなのかね。。。

でも、そんな感じ。


連休もおわりましたね。 

釣具のポイント偏光グラス受注会も昨日の出雲で

今シーズンは終了いたしました。

話を聞いておりますと、今年は春イカが爆釣ということらしいですね。

とらちゃんは、とてもアマノジャクなので、人がたくさん釣れるというと

あんまり、ノラナクなってしまうんですね。

まぁ、でもそろそろね。 釣っとかないとね。。。

さて、今なお健在のナビタイマー縦目、ヘリテージでございます。

前回からの流れで、反希望的観測で考えると、もう独立系ではないわけですから、

2020以降グループ内のみのムーブ供給を言っている、この機械の

製造元からは、本当に納入されなくなるのではないか。。。

となると、この縦目のナビタイマーかつBR13のキャリバーの製品が、

いよいよリリースされなくなる流れなのではないか。。。

まぁ、そんなこと言ってみてもその時にならなきゃ分からないからね。

その話は、おいておいても このスペシャルエディション、

価格も抑え、デザインも飽きの来ない単色の文字盤、

メインの一本として、コレクションの1つとして、

お勧めのタイムピースでございます。
1494208684447
では、この辺で。


いろんな意味があるな。

これだけ歳をとるとね。 

情熱をもって事にあたることもなくなって行きますし、

食事を少な目にしてみても一向にお腹が引っ込まなくなるのも、

脂肪燃焼がされない体質になってしまっているからなんですよね。

あらゆる意味で節制を心掛けなければ  ということですな。

さて、どうやらホントに売っちゃったのね。シュナイダー。

少しゲンナリしたユーザー様もおられるのでしょうね。

ブライトリング家からシュナイダー家に渡されたときは、

内情は実際不明だが、少なからず好意的なストーリーが語られたのですが、

今回のは、いや全く。。。  何を言ってもコジツケになりそうですね。

またまた、どうなって行くのでしょうね。

妙な方向に舵を取らないよう祈ることしかないですね。

いやはや、 まったくもって燃えない話です。
main_photo_2
優れたブランドとして継続されることを祈っております。

では、また。


このページのトップヘ