September 06, 2012

富士登山

お久しぶりでーす!!
かなり空いてしまいました。。。
すんまそん。。。

今日こそは書こう書こうと思ってるんだけど、
ちょっと今日は疲れたから、、、とか
明日にしよう、、、とか
甘えまくってました。。。
すんまそん。。。

いろいろと書きたいことはあるんですが、
とりあえず、先月末に3度目の

295912_276189005829132_966267331_n[1]

『富士登頂』を果たしてきたので
その時のことを書こ〜かな!
いろんなドラマがあった

登山の当日は、みんなで15時まで
仕事をしてから富士の麓へ。
なので、けっこうハードな戦いを強いられました

前の記事でも書いたのですが、
ぎっくり腰のシーマンは、
言いだしっぺということで
たとえ登れなくてもとりあえず行く
と、気合を見せてくれました!!
腰にコルセットを巻いて、
接骨院の先生も言ってた「無謀な戦い」
に挑みました(笑)

富士登山もほぼ終盤戦ということで
登山者がすげーいたので、
一番メジャーな登り口の
「富士吉田」は、駐車場が満車とのことで、
須走という登り口に変更。

199149_3204636774625_974060709_n[1]

なんだかんだで、登り始めたのが深夜0時。
久々の登山で、行けるかなぁと思ってたんだけど
夜な夜な満点の星空の中の登山は
やっぱ気持ちーー
だんだん、クライマーズハイに(笑)

登山ってのは、おもしろくて
人生と一緒なんだなぁ
2回目の登頂のときに、人生を感じたんだけど、
今回もより深く感じた。
先が長くて、足も疲れて、きちーって思うんだけど
誰かのペースに合わせるでもなくて
自分の歩幅とペースで一歩一歩を
ちゃんと確かめながら登ると
気持ちよく登ってけるんだなぁ
気分によっては、誰かのペースに合わせて
一緒に登ると、これまた気持ちよかったり。

今回の登山にはすげードラマがあった。
今回初めてでノリノリだった、
プーケットにも遊びに来てくれたヒロと
ヒロの彼女、まいこの二人が
6合目を過ぎたあたりでリタイヤをすることになってしまった。
まいこが股関節の痛みをうったえて
けっこうきついから、俺ら下山するって。
一番下から一緒に登ってきたんだけど
途中で先に行っててください!ってことで
先に登ってったんだけど、
あの感動を一緒に味わうために
ここまでやってきたのに、
ちゃんと、付いて登ってやればよかったって
すごく悔しい思いをしてしまった。

みんなからも、しょうがない
いけるやつらで行こう!って励まされながら
テッペンに向かって一歩一歩。

夏とはいえ、富士の夜はちょー寒い。
登ってると汗をかくんだけど、
休憩すると一気に冷え込むから
温度調整がなかなか難しい。
そして、今回の俺らの登山は食糧難。。。
まーじみんな食料持ってきてなくて、
ちなみに俺も、最後のコンビニで水2本買っただけで
なんも買ってなくて、
おにぎりやら、お菓子やら
少しだけど持ってきてたやつのを
みんなで分け合ってた(笑)
不思議なことに、おにぎりとか
ほんの一口なんだけど、ぱくっと食べると
力が沸いてくるんだなぁ

そんなこんなで、メインイベントである
ご来光の時間にいた場所が8合目。
とりあえず、ここでご来光を拝むことに

304505_276190259162340_700924009_n[1]

やっぱご来光のパワーは半端じゃない。
暗闇を照らし、彩る『太陽』の恵みを感じることができる。
一日一日って尊いものなんだって思わされる。
圧倒的な存在に心が震えたね。

377341_147516288721701_1854613835_n[1]

この時、俺の中ではもう大満足
2回登ってたってのもあるんだけど、
他のみんなも前に登ってことがあるやつも多くて
「降りよーぜ!帰って温泉でも行こう!!」
って提案したら、思いのほかみんな賛成で
「じゃあ、帰ろう!!」って感じだったんだけど、

221827_3204631574495_1044247081_n[1]

この男「ひろし」
ご来光の最中は横にうずくまって
ほぼ就寝状態。
と思ったら、
「え?登らないの?俺登ったことないし行こうよ」

思いもよらない一発をぶち込んできた(笑)
みんな帰るモードだったのに一変
なに冗談言ってんだよ!帰るぞ!
みたいな感じだったんだけど、
「分かった、じゃあ1人でも行くよ、
帰りは電車で帰るからいいよ」ってな具合で、
ひろしのまなざしに意志のかたさを感じた。

じゃあ行くね、ってひろしが歩き出して
みんなが、じゃあね!って手を振ってる中、
俺は手を振ることができなかった。
今回のこの登山、ひろしを誘ったのは俺で、
どうしようかなって悩んでるとこを、
「俺はおまえと一緒に登りてぇ!それだけは言っとくよ」って。

あいつを1人で行かせるわけにはいかねー
「わりい、俺行って来るは!誘ったの俺だからさ」
ってひろしの後を追っかけてったら、
みんなも「だったら俺らも行くぜ!!」
ってことで、まさかの登頂を目指すことに

9合目からてっぺんまで、人の登頂渋滞とかなってて、
心が折れそうになったりしたんだけど、
今回、ひろしの半端じゃない熱い気持ちがあったり
仲間達との一体感を感じたり、
こみ上げてくるものがすごくあって、

感動した。




556522_3204633374540_463550566_n[1]

登頂した瞬間に「俺は寝る」って言って
爆睡だったけど(笑)



仲間達に感謝。


☆PEACE☆





By Nakaji

nakaji_island at 23:05│Comments(0)TrackBack(0) 日本 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: