プーケット ツアー

January 10, 2012

アウトドアアドベンチャーラフティング5km+象乗り+ATV

プーケットの北にあるパンガー県には大自然が広がります。
パンガーではラフティングを楽しむことができます。
今回は、ラフティング5km、象乗り、ATV1時間プログラムのご紹介!

各ホテルのピックアップ後に最初に向かうのは「スクナクハ寺院」
寺院のあるパンガーまでは、車で約1時間。

【スワナクハ寺院、モンキーケイブ】 
img_1339312_59936956_0


img_1339312_59936956_1

断崖絶壁の岩山の麓には、たくさんのサル達がいます。
バナナなどサルにあげる餌を売っているお店や、コーヒー、
アイスクリーム等売っている小さな屋台がいくつかあります。

奥に進んで行くと断崖絶壁の、岩山の下部に洞窟があり
そこがスワナクハ寺院となります。
この寺院を見学するのに、20バーツかかります。
洞窟の中には、金色に輝き寝そべった涅槃仏がいます。

ここでの時間は20−30分となります。

【ラフティング5km】
img_1339312_59936956_11

スクナクハ寺院より、さらに30分程車を走らせた、
自然の広がる中にこちらのツアーキャンプがあります。

img_1339312_59936956_12


img_1339312_59936956_13


img_1339312_59936956_14

キャンプに到着すると、ロッカーを案内され
ラフティングの準備に掛かります。
ライフジャケット、ヘルメット、パドルを渡されます。
装備を完了すると、陸にてラフティングの説明があります。
キャンプの目の前に川があり、そこがスタート地点となります。

img_1339312_59936956_15


img_1339312_59936956_16


img_1339312_59936956_17

4人1組、パドラー2名の計6人でボートは出発します。
川の流れは、速かったり、緩かったりと場所により、緩急があります。
コース取りは、パドラーが行なってくれます。
流れが速く、急になった場所では衝撃もあり、
吹き飛ばされそうになるのでパドルを置き
ボートには掴まるところがあるので、しっかりと掴まります。

緩やかな場所に差し掛かると多くのボートの休憩ゾーンとなるのですが、
みんなパドルを使って、他のボートとの水の掛け合いが始まり、
休む暇なく、パンガーラフティングを楽しみます!

岩と岩のボート1台分しか入れない隙間を通ったり、流れが
速く、岩にぶつかりボートが回転したり、急な場所では絶叫し、
自然のアトラクションを楽しむことができます

【エレファントトレッキング】
ラフティング終了後は象乗りへ向かいます。
象乗り場は、車で5分程の場所となります。
象乗りへ参加する場合は、ツアーガイドがサンダルを預かってくれ
現地まで持ってきてくれます。

img_1339312_59936956_18


img_1339312_59936956_2


img_1339312_59936956_3


img_1339312_59936956_4

象に乗り、森の中へと行きます。
緑が生い茂る中を、象が進んでいきます。
少し下ったところには川が流れ、象がゆっくりゆっくりと斜面を下っていき、
川の中へと入っていきます。
川は浅く、バシャバシャと象が歩くわけではありませんが
とても気持ちのいいロケーション!

約40分の象乗りが終了し、乗り場にはバナナが売ってますので
これを象に食べさせてあげることもできます。
ラフティングの後となりますので、お金を持ち合わせていません。
食べさせてあげたい場合には、ガイドが立て替えてくれます。

パンガーの自然の中での象乗りは、プーケットの象乗りに比べ、
よりナチュラルを感じさせます。

【ランチ】
象乗りが終了し、キャンプへと戻るとお待ちかねの
ランチタイムとなります。

img_1339312_59936956_5

トムヤンクン、ケーン・チュー(あっさりスープ)、卵焼き
天ぷら、フライドチキン、野菜炒め、フルーツ
こちらのメニューとなります。ご飯はスタッフが持ってくれます。
おかわり自由です。(メニューは変更になる場合あり)

食事を食べ終えた後は、しばしの休憩となります。

【ATVバギー】

img_1339312_59936956_6


img_1339312_59936956_7

食事を終えた後に、ATVバギーとなります。
ATVに行かない場合は、滝に遊びに行きます。
ATV会場は、車で5分程の場所となります。
到着後にヘルメット、足にサポーターを装着し、
スタッフより乗り方の説明があります。

ATVスタート!
ATVのコースには水溜りがあり、泥水がはねますので
汚れてもいい格好で参加することをお勧めします。

img_1339312_59936956_8


img_1339312_59936956_9


img_1339312_59936956_10

コースは大自然
会場の周りのコースを練習するように少し走り、
森の中へと入っていきます。
森の中のコースは、木々に挟まれた凸凹道を行きます。

途中には、バギー1台しか通れない急な岩場の坂を登ります。
登ったと思ったら、下り坂となっていて
下りはなかなかスリリング
こんな場所が何箇所かあります。
横目に小川が流れたコースやでっかい川の中も走ります。
とても気持ちがいいのですが、川にオイル垂れ流し。。。(泣)

1時間程のATV、最高
途中から、運転にも慣れてきてどんどん面白さが増してきます。
プーケットでは味わうことのできない
大自然でのATVです!

【プーケットへ】
ATV終了に合わせて、滝に遊びに行っていたお客さんも
ATV会場に来て合流します。
一息つき、ここからプーケットに向けて出発します。
ホテルまでは、ノンストップで向かいます。

パンガーの大自然でのアクティビティを、存分に楽しめるツアーです。
是非1度、パンガーの自然を体感してみて下さい!


●スケジュール
7:30−8:30 ホテルへお迎え パンガー県へ
9:30      モンキーケイブ見学
10:30     キャンプ到着
         (ラフティングの準備、説明)
11:00     ラフティング
12:00     象乗り 
(象乗りをしない人は昼食)
13:00     ランチタイム
13:30     ATVまたは滝へ移動
15:30     プーケットへ
17:30     プーケット到着、各ホテルへ

*スケジュールは当日によって時間や順が変わる可能性も
ございます。

ラフティングツアーに含まれるもの、持参したほうが
良いものは以下になります。

ツアーに含まれるもの
ラフティング道具(ヘルメット、ジャケット、パドル)ホテル
からの往復送迎、タイ料理ランチ、英語ガイド、保険、ロッカー

持っていく物
水着、カメラ(ケースがあればよい)、タオル、日焼け
止め、サングラス、軽装で、など必要に応じて。


*5キロのラフティングは、7歳以上のお子様より参加可。
*9キロのラフティングは、13歳以上からの参加可。
*ラフティングなどのアドベンチャー系のツアーは、危険を
伴うため、安全が保証されているものではありません。もち
ろん、ツアースタッフは、事故がないよう、細心の注意を
はらって臨みますが、万が一の事故の場合、現地での医療費
の補助などは当社でございますが、最終的な責任は、参加者
ご自身に帰属いたしますので、ご了承ください。

●アウトドアアドベンチャーラフティング料金

・ラフティング5km
大人1600バーツ 
子供1200バーツ

・5km+象乗り付き
大人1950バーツ
子供1500バーツ

・5km+象乗り+ATVバギー1時間付き
大人3400バーツ
子供2800バーツ

・ラフティング9km
料金 2200バーツ


☆このツアーのお申し込み、お問い合わせはこちら☆
hkt@thailand-travelgateway.com

☆プーケットスパHPはこちら☆
http://www.phuket-spa-esthe.com/index.htm

☆プーケットのツアー、ホテル、スパ予約はブルーアイランド☆
http://www.blueisland-phuket.com/



By Nakaji

nakaji_island at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 04, 2012

日本語ガイド

当社では、島内観光や車のチャーター
離島ツアー、カヌーツアー、プーケットファンタシーなどなど
オプショナルツアーに「日本語ガイド」を
プライベートで付けることもできます。

年末&年始、ゴールデンウィーク、夏休みなど
日本が休みの時は特に、日本語ガイドの手配が大変です。
この3年間、どうにもならねー!っていう状況が何度とありましたが、
なんとか、ガイドさんの助けもあり乗り越えてきましたが、
今回初めて、どうにもならなくなり、
最終手段、『日本語ガイド ナカジ』が出動となりました

今回は、島内観光。
通常よりも少し早く、朝7時にホテルへお迎え。
お客様は、ご家族の方でした。
お父さん達は、ゴルフへ行くので、
おばあちゃんからお孫さんまでの女性6名様。

当日は、朝から雨が降っていて
残念な天気となっていました。
時間が時間だったために、お店がまだやっておらず
周ることのできる寺院へ。

プーケットタウンの近くのシレィ島にある
コ・シレィ寺院に行ったのですが、
ここは、高台にあり車で入っていけないため
途中から、歩いてのアクセス。

おばあちゃんは、80歳になるとのことだったのですが、
とても元気で、おばあちゃんの傘を自分がさして一緒に。
雨だけど、みんなの会話がすごく心地よくて、
ほのぼのとした気持ちになりました

今回の旅行は、20代のお姉ちゃんが
家族の先頭に立っていろいろと動いていました。
みんなお姉ちゃんを頼りにしていて、
お姉ちゃんの振る舞いがとてもナチュラルで、
妹さんやお母さん、親戚、みんなすごく仲が良くて。

今回、こういったことで、
急遽ガイドをすることになり、
半日ですが、皆さんと一緒にいさせてもらって、
やっぱ家族っていいなぁ〜、あったけ〜なぁって感じさせてもらいました。
こんな温度で生きてったら、幸せだな〜


2012年
『あったけ〜〜』
この感覚を大事に生きます




☆プーケットのツアー、ホテル、スパ予約はブルーアイランド☆
http://www.blueisland-phuket.com/

☆プーケットスパHPはこちら☆
http://www.phuket-spa-esthe.com/index.htm


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ブルーアイランド プーケット

Facebookページも宣伝



By Nakaji

nakaji_island at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 19, 2011

スピードボートで行く ピピ島&カイ島ツアー

先日は、久しぶりに「P.N.T」という催行会社の
『スピードボートで行く ピピ島&カイ島ツアー』に参加しました!

DSC06549


DSC06548

以前は、ASIA MARINAという円柱の建物が特徴の
綺麗な港からの出発だったのですが、
現在は、磯の香りがするローカル感のある
P.N.Tのオフィスがある港からの出発となります。

DSC06551

強烈なタイ人のおばさん3姉妹?(笑)を乗せたスピードボートが
ピピ島へ向けて出港します!

最初に目指すのは、
映画『ザ・ビーチ』の舞台となったビーチ、「マヤベイ」!

DSC06553


DSC06560


DSC06564


DSC06566


DSC06565


DSC06568


DSC06563


DSC06569

さすがハイシーズン、人が多い!
スピードボートがずらっと並び、ビーチには人人人
でも綺麗な海、ホワイトサンドの砂浜、岩山に囲まれたロケーションは最高ですね!
ピピ島に滞在して、ロングテールボートチャーターして
人が少ない時間帯に行って、ザ・ビーチに溶け込みたいですね(笑)

DSC06579


DSC06581


DSC06571


DSC06573


DSC06584

湖のようになったピレ・ラグーン、
昔は海賊が住み、今はツバメの巣が取れるバイキングケーブ
マヤベイの後は、このビーチがあるピピ・レ島を遊覧。
ピレ・ラグーンもロングテールボートで行くと
周りにはボートもなく、静寂の中で泳ぐことができます!
めちゃくちゃ気持ちよくて、贅沢な時間が過ごせます(笑)

野生のサル達のいるモンキービーチに寄った後は
シュノーケリングタイム!
DSC06597


DSC06596


DSC06599

ホテルなどあるピピ・ドン島とピピ・レ島の中間あたりのポイント
透きとおった海の中で、大小様々、色とりどりの魚たちが泳いでます!

DSC06624


DSC06601


DSC06605


DSC06606


DSC06617


DSC06619


DSC06610

シュノーケリングの後は、ランチタイム!
海からトンサイの港を正面に見て、右手
ビーチ沿いの通りが途切れるあたりの場所にある
「ボラボラ バー&レストラン」でのランチ
海の正面には、ピピ・レ島がのぞみ、
レゲエミュージックが掛かり、南国気分を満喫

DSC06609


DSC06621


DSC06622


DSC06623

食事の後はフリータイム!
トンサイの港あたりまで散歩する時間もあります。
ピピ島は、車もバイクも走っていないので
気持ちのいい景色が広がる、のんびりと海沿いの道を歩きながら
ピピの島タイムを満喫!

フリータイムを過ごした後は、
カイ島へ向けて出発します。

DSC06626


DSC06625


DSC06628


DSC06632

カイ島は、プーケットからボートで15分程の場所にある無人島。
といっても日中は、ビーチチェアーが並び、露店もあるので
軽食、ビールなんかも手に入ります!
海が綺麗で、白い砂浜のとても小さな島。
珊瑚に囲まれた島。なのですが、珊瑚は死んでしまっています。
昔は、亀が上陸する島でもあったらしく、
きっと人が訪れる前、それはそれは美しかったんでしょうね。

カイ島でのフリータイムは2時間程、
島やビーチは、何をするでもなく、そこでただ話してたり
ボケーっとするだけで気持ちがいいですね!

16時頃、プーケットへ


ハイシーズンは、やはり人は多いですが
波の影響があまりなく、空は青々、海は透きとおり
気持ちのいい時間を過ごすことができます!

プーケットに来たら、是非、ピピ島へ



【スピードボートで行くピピ島&カイ島 プログラム】

7:30−8:00 ホテルへのお迎え、船乗場へ
9:00  スピードボートでピピ島へ
      マヤビーチでの遊泳、リラックス
      ピレラグーン、バイキングケイブ、
      モンキービーチを観光
      シュノーケリングタイム
12:00 ランチタイム(ピピドン島にて)
13:30 カイ島へ出発
14:00 カイ島で遊泳、シュノーケリング、リラックス
16:00 カイ島を出発してプーケットへ
16:20 船着場から各ホテルへの送迎

*スケジュールは天候や波の状態により、順番が変更したり
上陸できない場所がある場合もございます。また発着時間が
変更になる場合もございますので、予めご了承ください。


料金:英語ガイド 大人1550バーツ 子供1000バーツ
    日本語ガイド付大人 2700バーツ 子供1800バーツ
料金に含まれるもの: 送迎・飲料水・昼食・船の保険
・ライフジャケット・シュノーケリングマスク・ソフトドリンク
・マヤベイ上陸料金


★ご注意★
スピードボート利用のツアーは、必ず後部座席にお座りく
ださい。脊椎や腰等に疾患がある方、妊娠中の方、高齢の方に
は、お勧めいたしません。



ピピ島へ行くツアーは他にもあるので、
下記HPをご参考下さい。

☆ピピ島ツアー
http://www.blueisland-phuket.com/bi3.html

ピピ島に滞在もお勧めですよ!

☆ピピ島ホテル
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2007/

☆プーケットのツアー、ホテル、スパ予約はブルーアイランド☆
http://www.blueisland-phuket.com/

☆プーケットスパHPはこちら☆
http://www.phuket-spa-esthe.com/index.htm


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ブルーアイランド プーケット

Facebookページも宣伝


By Nakaji




nakaji_island at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 11, 2011

ピピ島&マヤベイ&カイ島 ゆったりクルージングツアー

●スピードボートツアー
・ツアーは充実してるけど、揺れやスピード感が心配
・小さな子供やご年配の人は大丈夫?

●大型船ツアー
・ツアー時間がちょっと物足りない

こんな意見が多くあります。


今回、スピードボートでも、大型客船でもない
高速船で行く、
「ピピ島&マヤベイ&カイ島 ゆったりクルージングツアー」
こちらをご紹介します。

DSC02144
出発は、ピピ島への客船の船着場となる、
プーケットタウン「ラサダ港」となります。

船は、3階建てになっていて
約100名程乗れる大きさとなります。

DSC02150
・1階は、6名が座れるテーブル席が8席

DSC02146


DSC02147


DSC02148
・2階は、4名が座れるテーブル席が8席
*ロッカーは2階にあります。
2階の船の先端にある甲板には、ベンチもあり
リラックススペースとなっています。
*1階、2階ではドリンクのサービス、
また、ビールやドリンク、お菓子の販売もしています。

DSC02151

・3階は、船の屋上となり、完全オープンエアーとなります。
2名が座れるテーブル席が10席とベンチが2席。
テーブルもちゃんと固定され、ドリンク置きも付いています。

ツアーガイドによるインフォメーションは
スピーカーから流れてきます。

【カイノーク島】
DSC02155
9時になり、出航します。
船は早すぎず、遅すぎず、ちょうどいい速度で
ゆったりと進んでいきます。
最初に向かう場所は、「カイノーク島」。
ラサダ港からは、約30分程となります。

DSC02163


DSC02162


DSC02165
船はカイ島沖に停泊します。
するとロングテールボートが、やってきます。
カイ島には、ロングテールボートに乗り換えて、上陸をします。
*ロングテールボートに乗る際に、
スタッフよりライフジャケットを渡されますので、
しっかりと着用して、ボートに乗り込みます。

DSC02174
カイ島に到着すると、スタッフがシュノーケリングマスクを
配りますので、名前を書いて借ります。
*失くすと弁償となりますので、くれぐれも失くさないように!

DSC02169


DSC02173


DSC02172


DSC02179


DSC02177


DSC02175
カイ島でのリラックスタイムは、1時間となります。
シュノーケリングをするもよし、
ビーチでゆったりと寝そべるもよし、
カイ島には売店があるので、ビールやソフトドリンクをのみながら
まったりとするもよし、
自由にお過ごし頂きたいと思います。

【ランチタイム】
カイ島から、ロングテールボートに乗り、
再び船へ戻ります。
船は、11時頃にピピ島へ向けて出発します。

ピピ島までは、約1時間30分となります。
この間に、船上でのランチタイムとなります。
ランチは、2階にキッチンスペースがあり
ビュッフェ形式で、料理が並べられています。
食べる場所は、自由となります。

DSC02164


DSC02183
この日のメニューは、
魚のフライ、野菜炒め、グリーンカレー、
焼き春雨、サラダ、フルーツ

食べ終わった食器は、スタッフが
回収しにきてくれます。

DSC02187
食事の後は、ピピ島までのクルーズを
お楽しみ頂きたいと思います。
スピーカーからは、音楽が流れ、
船での移動がとても快適に感じられます。

【ピピ・レ島 マヤベイ】
DSC02198


DSC02203


DSC02208
約1時間30分のクルーズ後に到着するのは、
映画の舞台となった、「マヤベイ」です。
ここでも船は、マヤベイ沖に停泊します。
滞在は、約1時間となります。

DSC02211
マヤベイ沖での
シュノーケリングを楽しみます。
今回は、ビーチへ行かずにシュノーケリングをしました。
また、シュノーケリングをしくても、船から眺める
マヤベイのロケーションの中で、のんびりと過ごすこともできます。

*船からマヤベイまで、泳いでいける!
と思って向かってみると、「ピッピッー!!」
と笛を吹かれて、止められます(笑)

DSC02220


DSC02216


DSC02219
マヤベイの海は、エメラルドグリーンの
とてもきれいな海です。
海の中は、色鮮やかな珊瑚!とまでは行かないのですが、
様々な魚を見ることができます。
真下を向きながら泳いでいて、ふと顔をあげると
魚群が目の前にいたりと、
心が和む時間となります。

【ピピ・ドン島 トンサイ港に上陸】
DSC02223


DSC02227


DSC02228


DSC02236


DSC02243


DSC02258
マヤベイでの気持ちのいい時間を過ごした後は
ピピ・レ島の観光スポットである
ロサマベイ、ピレラグーン、バイキングケイブを
ゆっくりと遊覧し、そして、ピピ・ドン島、トンサイの街に上陸します。

DSC02276


DSC02277


DSC02261


DSC02274


DSC07656
トンサイの街では、約1時間のフリータイムとなります。
食べ物、服、お土産物など、たくさんのお店があります。
港近くは、とても賑わっていますので
プーケットとは違う、ピピ島の雰囲気を
お楽しみ頂きたいと思います。

ピピ島のビーチで過ごす場合は、
・海から港を正面に見て、1番左手にあります
「ママビーチ」
DSC07664


・港から街をまっすぐ抜けていったところにある
「ローダラムビーチ」
DSC02266


このどちらかが、お勧めです。


DSC02278
*現在、ピピ島は入場料が1人20バーツ掛かります。

【プーケットへ】
DSC02280

15時30分に船に集合をし、プーケットへ向けて船が出発します。
プーケッとまでは、約2時間の船旅となります。

DSC02284

潮風に吹かれながら、ビールを飲んだり、
1日ツアーの疲れで眠っていたり、
それぞれの時間をお過ごし下さい。

DSC02288
デンマークからやってきた、陽気な2人と
飲んでは買ってきて、買ってきては飲んで!
他のグループも混ざって、乾杯が始まって、
船上飲み会になってました!
港に着いた時は、ベロンベロン(笑)

DSC02289
ツアースタッフも、みんな気持ちのいいやつらでした!

DSC02290

日が少し落ち始め、燦燦の太陽の光が
落ち着いてきた頃に、プーケットに到着します。
港に到着すると、スタッフが送迎車を
案内してくれます。

他のピピ島ツアーとは、一味違った
「ピピ島&マヤベイ&カイ島 ゆったりクルージングツアー」

ハイシーズンは特に、
お勧めです!!

家族や友達と、ピクニック気分で
お楽しみ頂きたいと思います(笑)


★このツアーのマル秘ポイント!
ツアースケジュール中に、ピピ・ドン島トンサイに
上陸をします。
この時に、そのままピピ島に滞在することもできます。
希望の日数を過ごした後に、
ピピ島発、15時30分の船で
プーケットに戻るという、裏技もあります!
ご希望の場合は、事前にお帰りの日を
ご連絡頂きたいと思います。



☆料金☆
大人 1200バーツ 子供 800バーツ
*料金に含まれるもの:送迎・飲料水・昼食・船の保険
・ライフジャケット・シュノーケリングマスク・ソフトドリンク・ランチ

☆ご注意☆
ロングテールボートに乗り換える際は
ライフジャケットをしっかり着て下さい。

【スケジュール】
7:30−8:00 ホテルお迎え
9:00 ラサダ港 出発
9:30 カイノーク島到着 ビーチでリラックス、シュノーケルをお楽しみ下さい。
11:00 ピピ島へ向けて出発 移動中にランチ
12:45 ピピ・レ島 マヤベイ到着    
*マヤベイ沖でのシュノーケリング
14:00 ロサマベイ・ピレラグーン・バイキングケイブ近くを
船で周遊しながら、ピピ・ドン島トンサイ港へ
14:30 ピピ・ドン島トンサイ港に到着 1時間のフリータイム
15:30 プーケットへ向けて出発
17:30 プケットのラサダ港に到着、各ホテルへ

*スケジュールは天候や波の状態により、順番が変更したり
上陸できない場所がある場合もございます。また発着時間が
変更になる場合もございますので、予めご了承ください。


☆ピピ島売れ筋人気ホテルはこちら☆
http://www.blueisland-phuket.com/hotelinfo.html

☆プーケットのホテル、ツアー予約は、ブルーアイランド☆
http://www.blueisland-phuket.com/


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



By Nakaji

nakaji_island at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 29, 2011

パトンボクシングスタジアム

タイの国技である『ムエタイ』。
立ち技最強と言われる格闘技であります。プーケットには、
いくつかのスタジアムがあります。
月曜、木曜日に試合が行なわれる
「パトンボクシングスタジアム」をご紹介します。

DSC01501


場所はパトンエリアの、サイナムエン通りにあります。
バンジージャンプ等の施設もある「パトンパーク」内にあります。
パトンボクシングスタジアムは、現在新しくできた、
バングラボクシングスタジアム(ジャンクセイロンの横にある)に比べて
ローカル感のあるスタジアムとなりますが
昨年にはK−1で日本でも一躍有名になった
「プアカーオ」も試合をしにやってきていました。

DSC01568
リングサイド席

DSC01505
スタジアム席
ちなみに、タイの国家が流れたので、みんな立っています。

席は、リングサイド席、スタジアム席とあります。
会場はそんな大きくないので、どちらに座っても
とても見やすく、試合観戦ができます。
リングサイド席の場合には、T−シャツがもらえます。

スタジアム席には、地元タイ人が多く座り、
賭けをしているタイ人が多くいて
「Bet,Bet!」と呼びかけをしています。
Betは200バーツからのようです。

21時頃より、試合が開始となります。
試合は全10試合、最初は小学生ぐらいの
子供の試合となります。


DSC01526


DSC01534


DSC01536


DSC01555


全ての試合の前には、『ワイクルー』と言われる
ムエタイならではの、踊りが行なわれます。
この踊りには、自分のトレーナーに感謝を捧げ、
神に勝利を願う意味があり、
試合前の闘争心を高める効果があるとされています。
ですので、ワイクルーが終わり、セコンドで頭に付けている
『モンコン』呼ばれる、闘いのお守りであるヘッドリングを外す時には
選手、トレーナーが向かい合い、『ワイ』をし、祈ります。
その後、トレーナーがゆっくりと外します。

DSC01564


DSC01556


DSC01532


DSC01540


DSC01542

試合は、子供、女性、外人、外人とタイ人といったように、
様々な試合が行なわれます。やはり間近でみると、おもろいです!

ムエタイの試合は、全5R。
1R目は、どの試合も、スロースタートとなります。
2R目に入ると、激しい攻防が繰り広げられます。
ムエタイの特徴と言えば、蹴り、肘打ち、そして首相撲。
接近戦が多く、至近距離からの肘打ちや、
首相撲での、ボディへの膝の打ち合い。
そして、離れた位置からの前蹴り、ミドルキック
パンチを絡めたコンビネーションと。
攻撃が当たる度に「オーイ!」と歓声があがり、
連続での攻撃が当たると「オーイ!オーイ!オーイ!」と
会場が盛り上がっていきます。
そしてやはり、1番盛り上がるのは、K.Oです!

見所が満載でした。
と言うのも、ムエタイジム見学に行ったこともあり、
また違った視点で楽しむことができました。

ちなみに、試合中ムエタイ独特の音楽が流れますが
DSC01570
スタジアムの隅の方で、生演奏でした(笑)
DSC01515
スタジアム内では、お酒やホットドックなどの軽食もあります。
席にいれば、売り子が持ってきてくれ
るのでお酒を飲みながらの観戦もできます。

格闘技観戦が好きな方は、充分に楽しむことができると思います。
また、タイの「国技」ということで、
ローカルな会場の雰囲気も、お楽しみ下さい!

プーケットへお越しの際は、
是非一度、ムエタイ観戦へ!



Patong Boxing Stadium
2/59 Sai Nam Yen Road, Patong Beach
Amphur Kathu, Phuket, 83150 Thailand



☆料金☆
リングサイド席
大人 1500バーツ 子供 1300バーツ

スタジアム席
大人 1300バーツ 子供 1100バーツ

*パトン、カロン、カタエリアにご宿泊のお客様は
送迎が含まれております。
その他のエリアのお客様も当社で送迎お手配可能です。

*開催は月曜、木曜日となります。


☆ムエタイトレーニングキャンプはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/60120087.html


☆当社HPはこちら
http://www.blueisland-phuket.com/



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



By Nakaji

nakaji_island at 12:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

December 31, 2010

マヤベイ&ピピ島&カイ島 スピードボートツアー

DSC01744
ピピ島でのシュノーケリングの後は
ボートで25分程にある、「カイ島」へ。

カイ島は、上陸できる島が
カイノーク島とカイ・ナイ島とあります。
英語ガイドで行くツアーの際は
カイノーク島へ行きます。
カイ島1日ツアーの際にも、こちらの島に行き
カイ島ツアーでは、カイノーク島が
スタンダードとなっています。

今回のツアーでは、
カイ・ナイ島へ上陸します。

*基本的には、カイ・ナイ島となりますが
こちらも、当日の海の状況や込み具合により
カイ・ノーク島に変更となる場合もあります。
カイ・ナイ島では、約1時間30分程の
リラックスタイムとなります。

今回、初めてカイ・ナイ島へ上陸したのですが
島の印象は、あまり変わらないのですが
カイノーク島よりも人は少なく
のんびりとした雰囲気で、いい感じです!

DSC01748


DSC01749


DSC01751


DSC01752


DSC01753


DSC01755


DSC01758


DSC01761


DSC01763

カイ・ナイ島は、とても小さい島ですが
レストランやバー、洋服屋など
木と藁葺き屋根でできたお店があり
とてもいい雰囲気です。

*ここでのビーチチェアー代は含まれませんので
利用する場合には、2席1パラソルで150バーツとなります。
トイレは20バーツとなります。

また、屋根のあるレストランもあるので
飲み物だけ頼んで、日差しを避けながら
ゆっくりとすることもできます。
太陽の日差しを大いに浴びたい方は
大きめのタオルを敷いて、
ビーチに寝そべるのもいいと思います。

シュノーケリングをしたり、波の音を聞きながら
眠りについたりと、自由に
カイ島の時間をお過ごし下さい!

DSC01765

16時頃、プーケットへ向けて出発します。
約20分程で、港に到着します。
ボートに乗る前にスタッフが、記念撮影をしてくれるのですが
港に到着すると、シンプルでかわいらしく、
持って帰りたくなるような写真立てに入れられたものを
200バーツで購入ができます。
是非、記念にどうぞ!

このツアーでは、日本人スタッフ、日本語の話せる
ツアーガイドが常駐しています。
英語が得意ではない方でも、安心して
ツアーにご参加いただけます。
是非、見所満載で充実した
ピピ島&カイ島ツアーを、
お楽しみ頂きたいと思います。



☆料金☆
大人 1800バーツ 子供 1400バーツ
*料金に含まれるもの: 送迎・飲料水・昼食・船の保険
・ライフジャケット・シュノーケリングマスク・ソフトドリンク
・マヤベイ上陸料金・ランチ

★ご注意★
スピードボート利用のツアーは、必ず後部座席にお座りく
ださい。脊椎や腰等に疾患がある方、妊娠中の方、高齢の方に
は、お勧めいたしません。


【スケジュール】
7:30−8:00 ホテルお迎え
9:00 ボートラグーンマリーナ港 出発
9:45 ピピ・レ島 マヤベイ上陸
     ピレラグーン、バイキングケイブ
     モンキービーチを観光
     シュノーケリング
12:30 ランチ、&リラックスタイム
14:00 ピピ島からカイ・ナイ島へ
14:30 カイ・ナイ島到着 
      スイミング、シュノーケリング、リラックスタイム
16:00 カイ・ナイ島出発
16:30 ボートラグーン到着 ホテルへ

*スケジュールは天候や波の状態により、順番が変更したり
上陸できない場所がある場合もございます。また発着時間が
変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
  

★スピードボートで行くピピ島&カイ島、英語ガイドツアーはこちら★
http://www.blueisland-phuket.com/phiphikhai.html

★プーケットのツアーとホテル予約はブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




By Nakaji

nakaji_island at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 30, 2010

マヤベイ&ピピ島&カイ島 スピードボートツアー 2

マヤベイのある島は、「ピピ・レ島」
マヤベイを出発すると、ピピ・レ島を周遊します。

DSC01678
「バイキングケーブ」
以前は、海賊の住処となり、
現在はツバメが住みついていて、
中華料理などで使われる高級食材
ツバメの巣が取れることで有名です。

DSC05627


DSC05628
次に「ピレ・ラグーン」
ここには、絶景が広がります。
湾になったこの場所は本当に美しいです。
ラグーンに行くまでは浅瀬なのですが、
ラグーンに入る辺りから深さをまし、
海が透き通っているので、海の色が変わったように見えます。
山々に囲まれたラグーン
ピピ島発で、人が少ない時間帯に
ロングテールボートにここに来ると
さらに最高です!

DSC01683


DSC01687


DSC01688
そして「モンキービーチ」
餌をもらい慣れた、野生のサル達がビーチに群がります。
*危険ですので、サルには触れないように!

ピピ・レ島周遊の後は、ランチタイムです!
DSC01696


DSC01698


DSC01702
ホテル、ゲストハウスが建ち並ぶ
ピピ・ドン島、トンサイの街。
この1番端の方のビーチにある
「アンダマンビーチリゾート」というホテルの、ビーチに面した
レストランでのランチとなります。
ランチはビュッフェとなります。
料理は、トムヤムスープ、野菜炒め、たまねぎとパイナップルの炒め物
パスタ、チキン、ライス、フルーツでした。
ちょっと、物足りない。。。

DSC01704
ランチタイムは、1時間30分程あるので
ビーチでまったりもよし
街へぶらぶらもよし
自由にお過ごし下さい。


ランチの後は、シュノーケリングです。
DSC01717
まずは、ピピ・ドン島ロングビーチ沖の
シャークポイントでのシュノーケリングです。
ボートから海へ。

海はとても綺麗で、海の中が
とてもクリアに見えます。
海の中では、小さい魚から、少し大きい魚まで
色とりどりの世界が広がっています。
泳いでいると、魚群にすれ違ったり、
外の音がかき消されて、非日常世界を味わえます。
シャークポイントには、小さいサメが
いるとのことだったのですが、
他のお客さんは、見た人もいたようですが
探し回りましたが、残念!会うことができませんでした。

40分程のシュノーケリングの後
次に向かったのが
DSC01724


DSC01721


DSC01736
次に向かったのは、「ヨンカセムベイ」という
ピピ・ドン島にある場所です。
ビーチに上陸はできませんが
岩場近くの、綺麗な海でのシュノーケリングです。
たっぷりとシュノーケリングを
お楽しみ下さい!!


*ピピ島でのスケジュールに関しまして
当日の天候や、人の込み具合などを見て
シュノーケリングポイントやタイムスケジュールが
変わる場合もあります。
その日、その日のガイドの案内を
どうぞお楽しみ頂きたいと思います。





☆料金☆
大人 1800バーツ 子供 1400バーツ
*料金に含まれるもの: 送迎・飲料水・昼食・船の保険
・ライフジャケット・シュノーケリングマスク・ソフトドリンク
・マヤベイ上陸料金・ランチ


★ご注意★
スピードボート利用のツアーは、必ず後部座席にお座りく
ださい。脊椎や腰等に疾患がある方、妊娠中の方、高齢の方に
は、お勧めいたしません。

【スケジュール】
7:30−8:00 ホテルお迎え
9:00 ボートラグーンマリーナ港 出発
9:45 ピピ・レ島 マヤベイ上陸
     ピレラグーン、バイキングケイブ
     モンキービーチを観光
     シュノーケリング
12:30 ランチ、&リラックスタイム
14:00 ピピ島からカイ・ナイ島へ
14:30 カイ・ナイ島到着 
      スイミング、シュノーケリング、リラックスタイム
16:00 カイ・ナイ島出発
16:30 ボートラグーン到着 ホテルへ

*スケジュールは天候や波の状態により、順番が変更したり
上陸できない場所がある場合もございます。また発着時間が
変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
  


★プーケットのツアーとホテル予約はブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




By Nakaji

nakaji_island at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

マヤベイ&ピピ島&カイ島 スピードボートツアー

DSC01629
プーケットタウンにある、ヨットハーバー
「ボートラグーンマリーナ」

ここから出発する、マヤビーチ&ピピ島&カイ島 スピードボートツアー
こちらを紹介します。

DSC01631


DSC01637
このツアーの特徴は、
現在、当社で取り扱いをしている
スピードボートで行く ピピ島&カイ島ツアー
http://blog.livedoor.jp/nakaji_island/archives/744526.html#comments

こちらのツアーは、英語ガイドのツアーとなりますが
今回紹介するツアーは、日本語のできるツアーガイドがいます。

DSC01638
マック
とても笑顔が素敵で、日本語、英語も上手な
グッドガイドです!

ボートラグーンマリーナを出発して
最初に目指すのは、「マヤベイ」

DSC01662


DSC01649


DSC01650


DSC01653


DSC01654


DSC01658
この日は天気があまり良くなく、
曇っていたのですが、天気が良ければ最高です!
現在は、ハイシーズンとなりますので
多くの観光客が、「The Beach」に上陸しています。

ここでは、1時間程のリラックスタイムとなります。

ビーチの奥には、緑豊かな景色があります。
DSC01660


DSC01663


DSC05650


トイレもビーチの奥に入って行ったところにあります。
さらに奥に行くと、
DSC01665


DSC01667
シュノーケリングポイントである
「ロサマベイ」に繋がります。
以前は、階段がなかったのですが
現在は階段ができ、観光スポットになっています。


プーケットに来たら、一度は行ってみたい
「マヤベイ」
素敵なロケーションを
どうぞ、ご堪能下さい!!




☆料金☆
大人 1800バーツ 子供 1400バーツ
*料金に含まれるもの: 送迎・飲料水・昼食・船の保険
・ライフジャケット・シュノーケリングマスク・ソフトドリンク
・マヤベイ上陸料金・ランチ


★ご注意★
スピードボート利用のツアーは、必ず後部座席にお座りく
ださい。脊椎や腰等に疾患がある方、妊娠中の方、高齢の方に
は、お勧めいたしません。

【スケジュール】
7:30−8:00 ホテルお迎え
9:00 ボートラグーンマリーナ港 出発
9:45 ピピ・レ島 マヤベイ上陸
     ピレラグーン、バイキングケイブ
     モンキービーチを観光
     シュノーケリング
12:30 ランチ、&リラックスタイム
14:00 ピピ島からカイ・ナイ島へ
14:30 カイ・ナイ島到着 
      スイミング、シュノーケリング、リラックスタイム
16:00 カイ・ナイ島出発
16:30 ボートラグーン到着 ホテルへ

*スケジュールは天候や波の状態により、順番が変更したり
上陸できない場所がある場合もございます。また発着時間が
変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
  


★プーケットのツアーとホテル予約はブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




By Nakaji

nakaji_island at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 27, 2010

プーケットパラダイスアドベンチャー

DSC08092
カタビーチからナイヤーン、ラワイビーチに向かう
山道の途中では、よく象を見かけます。
道路標識にも象注意!的なものがあります。
この辺は、とにかく自然が溢れていて
とても気持ちのいい道となります。

そんな山道の途中で
ATVバギー、象乗り、モンキーショー、スネークショーが
セットになったツアーを体験できる

「プーケットパラダイスアドベンチャー」

こちらの、ATV+サファリツアーを
ご紹介します。

【ATVバギー 30分】
DSC08091

*ATVは、バイクの技術を流用した
小型車体の四輪となります。
アクセルは右手側にあるセルを押すタイプとなります。
ジャリ道、凸凹道など、様々に地形に対応できます。

DSC08089

ATVに乗り込み、エンジンを掛けてスタート
まずは、山道に出て舗装された道を
カタビーチ方面に向けて進んでいきます。
しばらく行くと海側の山の中へと入ります。
道は凸凹とした土の道となり
広めの道から段々と細い道へと。
先にツアースタッフが進み、その後をついていきます。
ATVはバイクの感覚とは全然違うので
ただまっすぐ走るだけなら問題ないのですが
凸凹の道を進んで行く際、細やかな動きが
なかなかうまく行かず、コース取りに苦戦しました。

DSC08082
しばらく行くと木々に囲まれ
日陰となった場所に到着。
ここで、しばしの休憩となります。

DSC08083
ここは、隠れビューポイントになっていて
目の前に海が広がるのはもちろん
カタ、カロンビーチを上から見渡すことができます。

一息つき、来た道を戻ります。

●ご注意
ATVは山の自然を走ります。
途中、細くなった道もあり、過った運転をすると
危険が伴う場合もあります。
操作が難しい箇所等で思い通りに行かない場合は
止まってスタッフを呼んで下さい。
無理な運転はしないようにして下さい。



【スネークショー 30分】
DSC08184
ATV乗り場の隣の敷地には
象乗り、モンキーショー、スネークショーが楽しめる
サファリ施設になっています。

まずはスネークショーから
DSC08103


DSC08100
「おっさん」VS「キングコブラ」
おっさんが4種類のキングコブラと戦います。
蛇の動きはかなり、えぐいですね(笑)

DSC08115
戦いの末には口に入れちゃいました。

DSC08105
戦いの後は、サービスタイムとなります。
お客さんの足に蛇が巻かれています。

DSC08111
巻かれてみました。
巻かれた部分が、どんどん硬くなっていって
半端じゃない締め付けでした。

蛇を首に巻いての写真撮影もあり
蛇の気色悪さを存分に感じる時間となります(笑)


【象乗り 30分】
DSC08125


DSC08130


DSC08142
施設の裏手にある山道を進んでいきます。
景色は、高いところへ行くと施設が下に見え
遠目には、シャロン湾を望むことができます。
象乗り場のクオリティは決して高くありませんが
静かな、場所で象乗りを体験できます。


【モンキーショー 30分】
DSC08162
サワディ・カップ
ということで、2足歩行が上手な
おサル君達が愉快なショーを見せてくれます。

DSC08169
よっ!

DSC08168
フンガー!!

その他にも
・希望した数字をモンキー君が見つけて当てるゲーム
・手錠のように巻かれた縄をモンキー君に解いてもらう

などなど、いろんな芸を見せてくれます。

DSC08178
最後には自転車に乗ります。
かわいいなぁと見ていると
目の前にやってきて、止まります。
籠の中にはタイバーツが入っています。
無言のチップ請求にあいました(笑)


DSC08188
施設の中にはこんなかわいい小象もいます。


ほんの2,3時間で内容の充実した
ツアーを楽しむことができます。
ローカル感たっぷりな施設ですが
料金もリーズナブルですので
特に、カロン、カタエリアに宿泊の方は
近いので、時間を節約して遊べます!




☆料金☆

●ATV+サファリツアー
・パッケージ1 2時間
ATV30分+モンキーショー、スネークショー、象乗り(30分ずつ)
大人 1400バーツ 子供 1100バーツ

・パッケージ2 2時間30分
ATV30分+モンキーショー、スネークショー、象乗り(30分ずつ)
大人 1700バーツ 子供 1400バーツ

・パッケージ3 1時間30分
ATV30分+モンキーショー、象乗り(30分ずつ)
大人 1200バーツ 子供 1000バーツ

パッケージ5 2時間
ATV1時間+モンキーショー、象乗り(30分ずつ)
大人 1600バーツ 子供 1300バーツ

●サファリツアー
・サファリツアーA
象乗り30分、象ショー20分、スネークショー30分
モンキーショー30分、バードショー20分
大人 1000バーツ 子供 800バーツ

・サファリツアーB
象乗り15分、象ショー20分、スネークショー30分
モンキーショー30分、バードショー20分
大人 900バーツ 子供 700バーツ

・サファリツアーC
象乗り30分、象ショー20分、モンキーショー30分
大人 750バーツ 子供 550バーツ

・サファリツアーD
象乗り15分、象ショー20分、モンキーショー30分
大人 650バーツ 子供 450バーツ

・サファリツアーE
象乗り30分、スネークショー20分、モンキーショー30分
大人 750バーツ 子供 550バーツ

・サファリツアーF
象乗り15分、象ショー20分、モンキーショー30分
大人 650バーツ 子供 450バーツ


☆このツアーのお申し込み、お問い合わせはこちら☆
hkt@thailand-travelgateway.com

☆プーケットスパHPはこちら☆
http://www.phuket-spa-esthe.com/index.htm

☆プーケットのツアー、ホテル、スパ予約はブルーアイランド☆
http://www.blueisland-phuket.com/




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





By Nakaji




nakaji_island at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 26, 2010

ロングテールボートで行くパンガー湾1日観光 〜後篇〜

【ジェームスボンド島】
この島は「007 黄金の銃を持つ男」の
映画の舞台になったこともあり有名です。
このジェームスボンド島には
釘が刺さったような形をした岩があります。
海水が年月をかけて岩を削って削って。
このような不思議な形となったそうです。
パンガー湾にはこのような地球の営みにより
出来上がった不思議な岩がたくさんあります。
パンガー湾は国立公園に指定された場所となります。

DSC07218


DSC07212


DSC03613


DSC07220


DSC03621

「007 黄金の銃を持つ男」の映画の舞台になったことで
多くの観光客が訪れるようになり、パンガー湾では欠かせない
観光スポットの1つとなってます。
島には藁葺き屋根のお土産の露店が並び
観光客の受け入れ態勢は万全(笑)

きっかけは映画ですが、
そこには自然の営みを感じさせる
壮大な景色があります。

*記念写真のポイント
ジェームスボンド岩を手にひらに乗せて。
そんな感じで撮ってるタイ人がたくさんいました(笑)
なるほど!


【ムスリムヴィレッジ】
ジェームスボンド島を後にし
次に向かうのは「ムスリムヴィレッジ」
名前の通り、ムスリムの人たちが水上で生活をしている島となります。

DSC07227


DSC07245


DSC07231


DSC07230
ここにあるレストランでランチ。
食事はビュッフェではなく、食卓を案内され一緒にツアーに
参加した人達と運ばれてくる料理をシェアーします。

食事の後には、ヴィレッジ見学
DSC07234


DSC07237


DSC07238


DSC07242


DSC07236
洒落たカフェも

DSC07243
モスク

DSC07240
学校もあります。

レストランの奥には行くムスリムの人達の生活の場所があります。
海の上に浮かぶ街。
細い路地がいくつもあり、家が建ち、学校もあります。
お土産物屋さんを営んでいる家が多く並びますので買い物を楽しめます。
ムスリムのモスクもあります。
ローカルな生活が窺えるのはもちろんですが
路地の道はコンクリートででき
海の上にどのようにして造ったのだろうと
興味深く、異国に来たという雰囲気を多いに感じさせる場所です。
そして、ここにも人の生活がありました。

*ちなみに街は同じような造りになっていて
ちょっとした迷路になっていますので
道に迷わないように気をつけください(笑)


【プーケットへ】
ムスリムヴィレッジの後は港に戻り
プーケットへ。

プーケットに戻ると、そのまま帰宅はしません。
お土産屋に立ち寄りながら帰ります。

DSC07249
空港近くのカシューナッツ工場
カシューナッツを使った様々なお菓子があります。
どのお菓子も試食できますので
気にいったものがあればプーケットのお土産に。
試食だけでも楽しめます(笑)

DSC07257
ジェムズギャラリー
タイの各地にあるジュエリーショップです。
タイで採れた、真珠を使ったアクセサリーもあります。
興味がない場合は車で待っていても大丈夫です。
中では、小さなシアタールームでここで扱っている宝石に
ついての説明を兼ねた5分程の上映会や実際に職人達が指輪
などを作っている作業の見学もできます。
ショーウィンドウに並ぶアクセサリーの見学もできます。
たくさんのデザインがあるので女性の方は
見るだけでも楽しめるかと思います(笑)


マングローブの森をボートでのんびりと。
ジェームスボンド島、ムスリムヴィレッジと
パンガー湾の見所をおさえたツアーとなります。
シーカヌーに乗らなくていいから、パンガー湾観光へ行きたい
という人にはお勧めのツアーとなります。
料金もリーズナブルで、ホテル到着も16時30分頃と
ちょうどいい時間となります。

大自然の営みを感じるパンガー湾へ



ロングテールボートで行くパンガー湾1日観光

☆スケジュール☆
08:00 ホテル出発 
09:30 スワナクハ寺院、モンキーケーブ見学
10:15 パンガー湾、船着場到着
      クルーズにてパンガー湾の雄大な景色を見学 
11:00 ジェームスボンド島
12:00 水上レストランにて、シーフードの昼食 
      ムスリムヴィレッジ見学(自由時間)
13:00 クルーズで船着場へ  
14:30 カシューナッツ、宝石店にてショッピング 
16:30 ホテル到着


☆料金☆ 大人950バーツ 子供750バーツ



その他、パンガー湾のツアーには、カヌーに乗るツアーや
象乗りが含まれたツアーもあります。

☆シーカヌーに乗るパンガー湾ツアー☆
http://www.blueisland-phuket.com/canoetour.html

☆当社HP
http://blueisland-phuket.com/top.html

☆ご予約、お問い合わせはこちらへ
hkt@thailand-travelgateway.com



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
 ↑↓パンガー湾!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



By Nakaji




nakaji_island at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: