2013年01月08日

叶都の誕生。

DSC_0539_ed130106_185659


生まれましておめでとうございます。

2013年1月6日 13時18分 3174グラムで第1子となる男の子が生を受けました。


思い起こせばこの日に辿り着くまでほんとにいろんな事があったな〜

泣くのすらも忘れて、何もかも消え去るような異空間でした。


名前は叶都(かなと)に決めました。

都に集まる回りの人達に支えられつつ、自分の夢は自分で叶えるべし!

そんな意味を込めて。


これからは第二章の始まり。

母親としての第一歩を踏み出してくれたばあちゃん(奥さん)を尊敬しつつ…

父親として半人前な自分を戒めつつ…(特にアルコールか?)

新たな未来に向かい、叶都とかあちゃんと共に進んで行きます。


それにしても出産に立ち会ってまざまざと見せつけられた事。

・男の無力さ
→結果的には何の役にも立てず

・女の強さ
→母は強し!のひとこと

・生命の神秘さ
→まさに初体験の感動を超越した心動

ほんとに自分の弱さと甘さを痛感しました。。
(いざと言う時の無力さは致命的やな)

叶都に胸を張って「男論」を語れるように出直します。。


遅ればせながら…

明けましておめでとうございます。

2013年もよろしくお願いします!


・   ・   ・   ・   ・   ・   ・


ばあちゃん改めかあちゃんへ

誰よりも辛くて苦しい(最後は痛くて)日々だったと思うけど、ほんとにありがとう。

1分1秒を3人で噛み締めながら今まで以上に前向きに生きて行きましょう!

「人生はプラスのに周っている」

それを証明してくれたかあちゃんに感謝感謝です。。

nakamasr at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月02日

ナツの想い出2012。

ひまわり


昨年は精力的&アウトドア中心のナツだったけど・・・

今年は地味な感じで終わろうとしています。

完全に備忘録と化してしまったながらもナツの想い出をつらつらと。


花火


宝塚に引っ越して初めての花火大会。

古き良き田舎の花火大会!てな感じだけど大混雑も無く、
近くで観れるのは地元民ならではの楽しみ方かと。

奇跡的にハート型で撮れた花火でした。


甲子園


ナツと言えば熱闘甲子園!

今年は会社の面々と共にベスト8を賭けた4試合を観戦。

ホントに応援団を観ただけでも泣けてくる。
(済々黌の応援にはびっくり)

必死さとがむしゃらさは歳を取っても見習わなきゃです。

2時間の雨天中断時も呑んだくれてしまって・・・

結果をイマイチ覚えてないのは内緒の話しです。。


夜系


ナツの締めくくりは久しぶりの六甲山!

夕焼けから夜景に変わって行く瞬間は圧巻ですな。

家からは車で30分圏内なのでばあちゃんとのデートスポットになりそうです。


来年のナツは家族も増え、今までと違うナツになるけど今から楽しみです。

ちなみに仲正家の第一子は男子の予定です。

ブッチャー(通称)と名付けて無事に産まれて来る日を待つばかり!

英才教育?で甲子園を目指すべし!

nakamasr at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月29日

自給自足生活始めました。。

最終


♪キレイな指してたんだね〜知らなかったよ〜♪

的な感じで自給自足生活を再開しました〜

思い返せば・・・彼女を手放すような感じで別れた東京時代。
宝塚へと土地を変え、新たな農園生活のスタートです。


おしゃれスポットの南堀江に住んでみたり・・・

会社から徒歩圏内のマンションに住んでみたり・・・

そんな時代もあったけど、、、

忘れかけてた青春時代を思い出したような感覚でもあり

遠回りしたけど愛すべき元カノと再会したような感覚でもあります。。


徒歩圏マンションから引っ越すにあたり重視して点は下記の通り。

…輊佞一軒家!(賃貸)

近くに貸し農園がある!

とは言え通勤ラッシュには巻き込まれたくない!


4倍の抽選をくぐり抜け・・・全ての望みを叶えてくれた感じです。


最初


譲り受けた前任者は放置状態。

草むしりと草むしりを重ね普通の状態に。

山盛り


必死に耕し耕し耕し・・・天地返し!!

土作り


土達の入れ替え戦を終え・・・落ち着いた状態に。。

※この期間は全身全霊の肉肉痛でした。。。。


そんな農園の第一陣は・・・

・サツマイモ(紅あずま)

・安納芋

・トウモロコシ

・空芯菜

・水菜

ですです。


ま、大量に出来たら産直ならぬ、一方的に送りつけるカタチになる事でしょう。。

こんな感じの人生も楽しいもんです!

nakamasr at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月30日

Peachで鹿児島で36!

ピーチ後ろ


全世界、100人余りのBlogファンの皆さん、お待たせしました。。

男、36。は・・・鹿児島で迎えて来ました。

何を隠そう、遅ればせながらの初Peach!貧乏人にはありがたいばかり。

何のストレスも無く無事に帰って来れました。


焼肉


鹿児島と言えば???

初日の夜は黒毛和牛!!

肉が甘い。甘い。

マッコリに殺られて就寝。


桜島


2日目は桜島!

天気が悪かったんで・・・指宿を断念し消化試合的に。。

火山灰に殺られて早々に退散。


ここからレンタカーで鹿児島ドライビング♪

霧島神宮でパワーを注入。


滝1


ラムネ温泉



鹿児島場所のメインイベントは・・・

秘湯を守る会「おりはし旅館」@妙見温泉。

想像以上にびっくりでこんな感じ。

ありはし露天


恐るべし・・・秘湯を守る会。。


滝2



交通費を削って、美味いモン喰って贅沢する。

こんなんがLCC旅行か?

・Peach(鹿児島往復)   @10,000
・宿泊(ホテル泊)       @5,000
・宿泊(おりはし旅館)    @10,000
・レンタカー           @5,000
・食費(アルコール含む)  @10,000


楽しい旅と共に36になる事ができました。。    



nakamasr at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月07日

「ぼくはお金を使わずに生きることにした」

ボイル


「ただいのるべし」

世の中の様々な噂には耳を貸さず、

徳を積み、控えめに過ごすのがよい。

「凶」と言うお告げと共に幕を開けた2012年。

ただただいのり続けます。


そんなボクにぴったりの本と出逢えた。

「ぼくはお金を使わずに生きることにした」
久しぶりに人生観・価値観を根底から覆されるようなコンテンツ。

「創造力の扉」以来かな。

一年間、お金を使わずに「生き延びること」ではなく「豊かに暮らせること」を実証実験する。

実況中継的な流れも読みやすく、具体的かつリアルな感じ。

生きるとは?

活きるとは?

幸せとは?

仕事とは?

価値観とは?

etc

活きる意味をまざまざと見せ付けられました。


些細なことに腹を立ててみたり・・・

何かあれば愚痴ってみたり・・・

言い訳や曖昧さでその場しのぎな言動をしてみたり・・・

いろんな情報に操作されて一喜一憂してみたり・・・

何となく雰囲気で物事を判断してみたり・・・

のらりくらり漠然とした毎日を過ごしてみたり・・・

人としての小ささと、ブレブレな軸の弱さが情けなく虚しい感覚さえ覚えました。


2012年。

「そもそも論」にこだわり「ぶれない軸」を創り上げて行きます。

1年の目標は立てるけど、1ヶ月・1週間・1日の目標を立てないのはなぜ?

何の為に働いてるの?

何が譲れなくて何が必要なの?

etc

「そもそも論=本質を探り出す」に集中してみます。

是非とも読んで感じて行動してもらいたい一冊です。


nakamasr at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月31日

2011年の締めくくり。

滝ね


いろんな事が起こり・・・

いろんな事を感じた2011。


全世界的にも分岐点になるような1年だったかと。

ひとことで言うと「人間力」が試される1年だったのかな。

個人的には公私共々?平均点以上の満足な1年でした。


男35。

折り返し地点を過ぎた今、今を素直に感じて、これから先に繋がる生き方をしていかねば。

出逢ってくれた人。

再会してくれた人。

ほんとにありがとうございました!

最後の望みは年末ジャンボに託しつつ・・・


今年の1枚は、天滝に打たれるおっさんに決定しました〜♪


nakamasr at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月05日

誰も知らないボルネオ旅行記〜ポンポンアイランドリゾート〜

離島


ジャングルから一転。ボルネオのメインイベント!離島へと移動するハーフタイム。

何を隠そう、ジャングルだけでは物足りず強引に離島プランを追加して実現したボルネオ旅行。

ポンポンアイランドと出逢ってなければボルネオ旅行も実現してなかったはず。。

タビンから車を走らせる事、3時間弱。

高速船で30分で辿り着いたポンポンアイランドの我が家。

コテージ


初体験の水上コテージ。

我が家からの眺めはこんな感じ。

IMG_4304


笑いが止まらない空間ですわ。

長旅に疲れてのんびりリゾーティーに過ごそうかと思ってた時、
ウミガメの赤ちゃんが孵化したとの知らせが。

感動的な放流シーンに立ち合える事に!

IMG_4181IMG_4197


自然を愛する気持ちは万国共通なんだと噛み締めつつ!


(中略)


同じ場所から見上げる虹空と夕焼け空。

虹夕焼け


同じ場所から見上げる夕陽と朝陽。

IMG_4248IMG_4340


おまけに中秋の名月。

IMG_4326


何もかもが素晴らしい自然な空間。

海の中にもウミガメが日常茶飯事状態!

P9150240P9150247


我が家からの素潜りでウミガメに遭遇できる海物語的な感じです。。


もちろんの事、多国籍的な郷土料理&アルコールも満喫し、ぢいちゃんもご満悦!

P9150185P9150263


本当に何もかもが素晴らしかったボルネオの旅。

ジャングルor離島リゾートのどちらかでも大満足なはず。

本当に感慨深く自然の奥ゆかしさを知る旅となりました!


最後の夜もシャングリラのおかげでセレブな1泊2日に。。

IMG_4445P9170312





nakamasr at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月01日

誰も知らないボルネオ旅行記〜タビンワイルドライフリゾート〜

IMG_4162


遅ればせながら足跡を残す意味も込めて綴っておきます。

ご存じの通り?秋休みはボルネオに行って来ました〜
プロローグはこんな感じです

まずは前半戦のジャングルライフ。

関空〜クアラルンプール〜コタキナバル(1泊)〜ダナンバレーと飛行機を乗り継ぐ。

到着後は専用車でタビンへと向かうわけだが・・・
約1時間は道なき道を突き進むパリダカ気分。。

タビンに到着する頃には尻がもげかけてました。

2泊する我が家@タビンワイルドライフリゾートはこんな感じ。

P9120007


ジャングルの中に突如あらわれた一軒家的な感じですな。

落ち着く暇もなく早速サファリドライビング!目指すはマッドボルケーノ!
(ジャングル内のオアシス?的な場所で動物たちの安らぎの場らしい)

温泉効果?があるとの事でジャングル泥パックで肌のお手入れを。。

IMG_3940


食後は真っ暗闇の中をナイトサファリ!

IMG_3950


IMG_4128


何がすごいって真っ暗闇の中、ライト一つで動物達を見付ける現地人の眼力は恐るべし!!


2日目の朝はサンライズサファリ。ジャングルの朝は早い〜を身を持って体感。

P9130040


IMG_3959


IMG_4108


夜とは正反対のジャングルの感覚。心底気持ちいいジャングルの朝でした。

朝食後、滝をめざしてのジャングルトレッキング。

P9130058


ジャングルをかき分け、泉を横切り、辿り着いた滝で修行中。

IMG_3983


外国人の冷たい目を尻目に、日本代表として打たれて来ました!笑

最終日のラストサファリでは・・・オオトカゲにも遭遇。

IMG_4118


ゾウやオランウータンには遭遇できなかったけど、大自然に囲まれて大満足!

何よりもご飯が美味かったのにはびっくりでした。

P9120037P9130101











【後半戦〜ポンポンアイランドリゾート〜へ続く】

nakamasr at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月22日

ナツの想い出。

甲子園の終わりと同時にナツが足跡を立てて去りゆく感じ。

方お浪


コブクロツアーと共に始まったナツの想い出をつらつらと。。


このナツのコンセプトは・・・マネーを浪費せず大自然を満喫する?だったかな。

そんなこんなで辿り着いた場所は但馬の天滝

滝マニ&渓流マニアを自負する仲正家にもってこいのスポット。

手ん滝(全体)


何よりもうれいしのが滝に打たれ放題!
海パン自賛だった自分を褒めたたえてあげたい気分。笑

滝ね


必ずや再訪すべきとっておきのスポットとなりました。


続いては岡山帰省時に訪れた犬島

岡山人でさえあまりピンと来なかったが岡山市内、唯一の離島らしい。離島マニアなわしらにゃ持ってこい!
(西部警察や鉄人28号のロケ地になったとか?)

海あり山ありアートあり、完全に沖縄離島気分でした。

犬島


砂浜を抜け、岩場を乗り越え見付けたマル秘スポット。海と精錬所跡が望めるのはここだけかと。


夜はたまたま立ち寄った後楽園のライトアップ。

披露宴会場となった想い出の廉池軒もこんな感じに。

れんち県


岡山が誇る年に1回のイベントにばあちゃん(嫁)も上機嫌。笑

後楽園



そして最後はアツかった甲子園!

横綱(日大三)に真っ向から向かって行った関西の戦いにはしばし感動。

甲子園


まさに熱闘甲子園じゃったのぉ〜


あっと言う間のナツの終わり。淋しいようなセツナイような。。


PS.仲正家のナツはカウントダウンを迎えたボルネオ旅行までもう少し続くみたいです。

nakamasr at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月11日

1泊2日二国の旅。

482c3e5f.jpg


フェイスブックに完全移行してからは完全放置気味の我がblog。

せちがらい世の中ながらも履歴として綴りたい内容はこっちにも遺していきます。

2年前は福岡まで飛んだコブクロツアー。

ばあちゃんをうまく丸め込んで今年は徳島まで行って来ました。

わしにとってコブクロはあくまでもおまけ。

久しぶりに足を踏み入れた徳島→高松→徳島の旅を満喫して来ました。


まずは我らの旅の定番となった市場での海鮮三昧。

2bebb028.jpg



劇二につき試行錯誤の中、北灘漁協で前浜海鮮丼をば。

1,000円とは思えない程に具だくさんでした。

今回の宿、グランドエクシブ鳴門にチェックイン。

海外リゾートを彷彿とさせる圧倒的なセレブ感。

エクシブ


寝に帰っただけなのがもったいなかったような。


ばあちゃんにとってのメインイベントであるコブクロライブ。

笑いあり涙あり盛り上がりあり・・・

やっぱり生はスゴイ!

人を引き付ける何があるのってほんとに羨ましい限り。

テンション上げ上げな中、じいちゃんのメインイベントである徳島ラーメンをば。

たまたま見付け割には白系徳島ラーメンが絶品。

ラーメン


玉子かけに焼豚を乗せて白スープをぶっかけると何とも言えぬ美味でした。


(中略)


2日目は早起きしてうどん屋を目指す。

これまた、たまたま見付けた「おおたに」に潜入。

うどん


有無を言わず美味い!!

酩店を見分ける選店眼は衰えてないみたいです。


ロメ男を走らせ大歩危へと急ぐ。

エメラルドグリーンの綺麗さと川の流れにしばし沈黙。

おおぼけ


最終目的地はかずら橋。

かずら橋


まさに秘境中の秘境ですな。

滝壺で冷たい真水に足をさらし妄想を。

滝


わざわざ遠くまで足を延ばしてほんとに良かった!

日帰り温泉でだく汗を流し帰路につく。


最後の最後は淡路島から最果ての夕陽を望む。

夕日


あんな事もこんな事も忘れさせてくれる空間でした。


1泊2日二国の旅。

グルメあり秘境あり絶景あり。

絵日記にできない程のよき2日となりました。


nakamasr at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)