サムライスラム

PS2「ファイプロリターンズ」を題材とした仮想団体「プロレスリングBASARA」の情報ブログ。試合動画もYoutubeにて配信中!

 8月10日にスパイクドームにて開かれたB1クライマックス
決勝戦。 その前にまずは両ブロック上位による8人タッグマッチ。
Aブロックの武田、真柴(Impuct!)、千十(FC)、ケイト対、
Bブロックの玲央(FC) 、本多、鳳(AG)、軍鶏崎(UPW)。
試合は大乱戦の中、軍鶏崎がリキデイターで鉄人・真柴を
KO。決勝戦に出る同団体の鷲雄の追い風となった。

名称未設定-1
▲軍鶏崎のリキデイターはポストに当たるような危険な角度に。

 セミファイナルはA、B2位同士による対決。ジョー(FC)に対する
竜崎(AG)はAブロック2位決定戦で劇的なクリティカル丸め込みを
決めての勝利を収めてからの2試合目となるが、スタミナ面に
不安はない。しかし最初の接触で、ジョーのナックルにより
まさかの大流血。長期戦は不利と感じた竜崎は機転を利かして
B1で猛威を振るった丸め込みを連発するも仕留められず。
ハイフライフローで巻き上げるも、最後はジョーのジャイアント
チョークスラムで無念の3カウント。

名称未設定-2
▲ナックルパートで流血の瞬間。

名称未設定-4
▲東京一ダイナミックなジョーのチョークスラム。

 決勝戦はAブロック1位で通過した岩隈(Impuct)とBブロック
1位の鷲雄(UPW)の対決。ともにラリアットの使い手で
しられるが、 やはり今回もBブロックで猛威を振るった
ブレーキの壊れたダンプカーばりの猛ラッシュをみせる
鷲雄。開始3分でバーニングハンマーを決め、そこから
岩隈は防戦一方に。ネックロックやニードロップなので
地味に首攻めを攻める岩熊だが、鷲尾の暴走を
止めるにはいたらず。もうだめかと思われた時、
岩隈のサーモンハントが延髄式でさく裂。熊が
鷲を仕留めて、B1の頂点に君臨することになった。

名称未設定-3
▲セオリーを感じさせない強引な攻めが鷲雄の強さ。

名称未設定-5
▲場外であろうと問答無用で鷲雄の剛腕が襲いかかる。

名称未設定-6
▲岩隈のサーモンハントは必殺技の大切さを示してくれた。 
 
動画はコチラ  続きを読む

140726-223806-720x480i-500606

 過酷なB1のリーグ戦もいよいよ全日程が終了。
Aブロック1位はImpuct!の岩隈、Bブロック1位は
UPWの鷲雄が躍り出た。圧倒的な差をつけ
トップになった鷲雄とリーグ戦で覚醒した岩隈の
ラリアット対決はどんな結末となるのか…!?
3位決定戦は、武田と竜崎の勝者vsジョーの
対決となる。舞台はスパイクドームで、
来週あたりにyoutubeにて中継予定!

〜Aブロック結果発表〜
名称未設定-1

〜Bブロック結果発表〜
名称未設定-11
 

140726-223806-720x480i-265540

 Aブロックは千年に1人の秀才・竜崎とImpuct!のエース、
岩隈が2トップに躍り出て、それをゴールデンスター千住が
追いかける状態となった。竜崎は得意の丸め込みクリティカルで
しっかりと勝ち点を奪い、スタミナが不安視される岩隈は
波に乗っている模様だ。千住はどこからでもくりだせる
ラウンディングボディプレスが強力。我らがBASARAの
エース・ケイトとそのライバル、武田はお互い星を潰しあって
すこし出遅れる結果となった。しかし上位3名は、BASARAの
主力との対戦を控えているので、今後に注目だ。

 Bブロックは、破壊魔神・鷲雄が独走状態。ラフプレイによる
流血殺法や問答無用のラリアット地獄に隙はない。
続いて本多と鳳が追走。鳳のランドスライドや関節クリティカルは
リーグ戦でもやはり脅威。ボマイエがないのが今後どう出るか?
圧倒的な打たれ強さで上位に躍り出ると思われた徳川は、
鷲雄の雪崩式タイガードライバーでフォールを奪われて以来、
ペースダウン。盾と矛はこのB1では矛が勝った形となった。
これが影響してか、初出場の新人、島最高にも金星を
取られてしまいトップ争いから脱落。またファイトクラブの実力者、
玲央とジョーのコンビが鷲雄を止めれば今後の展開も変わってくる。

 Aブロック、Bブロックももう一度中間発表の後に、
結果発表、決勝大会配信となる。お楽しみに!


〜Aブロック勝ち点〜
140726-223806-720x480i-193030

〜Bブロック勝ち点〜
140726-223806-720x480i-193802


試合写真はコチラ続きを読む

 新日がG1に惜しみないカードを組んだので、
その熱にほだされて今年もB1をやってみる
ことにしました。出場選手も両ブロック21名ずつの
惜しみない、ほぼオールスター戦の模様です。
さすがにレコーダーがないので全試合録画
とはいきませんが、COMスキップにて集計。
A、Bブロック1位通過者による優勝決定戦、
および3位決定戦。成績上位者による
8人タッグマッチを動画で公開予定です。
お楽しみに!

〜Aブロック出場選手〜
ablock

〜Bブロック出場選手〜
bblock


 先日、久しぶりにPS2動かしたのでついでに
数試合興業形式で観戦しつつ録画していたら、
思わぬ好勝負の連発だったので、動画で上げることにしました。
全然いじってないけど、意外と動いてくれるもんやね。 

140413-075443-720x480i-143536
▲開始早々ダブルインパクト式シャイニングウィザードがさく裂。

140413-075443-720x480i-185127
▲猿飛のモンキーフライへのフィニッシュムーブを
スイングDDTで華麗に切り返す竹中。井伊が埋もれたかな?

140413-075443-720x480i-250349
▲雑賀が机を振りかざした瞬間、隠し技的なニールキックを
ドンピシャで合わせる一條。それはRVDのヴァンダミネーター
そのもの。圧倒的不利な流れから狂乱ドライバー一発で
逆転する勝負強さも見もの。

140413-075443-720x480i-320007
▲ボクサーの徳川がいる青コーナーが不利と思われたが、
本多が無双状態で勝利。軽量とはいえ前田がこんなに
早くブラックホールスラムで沈むとは思わなかった。

140413-075443-720x480i-454926
▲前田と豊臣のBASARA名勝負数え歌も中継。
最後は前田の隠し技・ドラゴンドライバー(ドラゴン
スリーパーからのみちのくドライバー)でピン。

140413-075443-720x480i-512157
▲メインはWWEを離脱したパンクをブッキングしたかのごとく
先住にオファー。かなりの強敵だがケイトはやってくれた。
新技の場外へのスワンダイブニールキックを披露。

140413-075443-720x480i-523032
▲さらにスワンダイブスリングブレイド(場内へのネック
ブリーカー)でペースを握り勝利をつかんだ。

動画中継はコチラ
 続きを読む

140406-080121-720x480i-582955

 3月29日にファイプロ生みの親である増田氏が亡くなられた。

■情報元:http://www.inside-games.jp/article/2014/04/04/75744.html

 そこでファイプラーとして何かできないものかと考えた時に、
ふと浮かんだのは冬木が亡くなられた時のノア主催の
追悼興業だった。ここは今でもファイプロやってますよ!という
心意気だけでも伝わればと思いました。なので、初代の
コンビネーションタッグに出てくるレスラー(ほぼレジェンド!)と
自前のエディットレスラー軍団の初代vs現代進行形の
カードを組みました。ちょっとアレンがいなかったのでブッチャーで
代用してますが。実在のレスラーと対戦するのはエディット的に
申し訳なく思うのですが、今回は特別。一折、試合が済んだところで
実は録画してなかったことが判明。もう1興業見届けることになるという
ハプニングもありましたが。鶴田が本多をいきなりバックドロップKO
したり、ブロディの怒涛のキングコングニー連発で逆転勝利など
熱い試合があったのですが、残念ながらお蔵入り。
WWEみたいに亡くなられたレスラーの時流れる追悼シーンを
挿入しようかとも思いましたが、気持ちだけにとどめておきました。

140406-080121-720x480i-000000
▲急に思いついたので、デフォルトのファイプロネームに
戻せなかったのが心残り。

140406-080121-720x480i-083232
▲こちらも普段では組まない虎太郎と鷲雄の超獣コンビで挑みました。
乱戦ながら、タッグならではのツープラトンが見れたのは感動。

 それでは特別興業をお楽しみください。

続きを読む

140114-014038-720x480i-000614

 動画のアップに合わせてエディットデータ2014年verのアップを
後程やろうと思います。最新のエディットデータでは主に、
一部大技を(決して威力重視ではなく)中技にバグ技を利用して
調整。大技のバリエーションを増やしました。


続きを読む



 長年、ほぼファイプロ専用録画機であった東芝のDVDレコーダーが
HDDごと昇天しちゃいました。最近のブルーレイレコーダーはS端子も
省略されたものが多く、ますますファイプロ録画的には厳しいものがあります。
このままPS2をしまうのは惜しいので、PS3のキャプチャ機に接続して
1夜限りのトーナメントを組んでみました。前回のアップが13年1月だったので、
約1年ぶりとなりますね。さすがに今までのようにやっていけないですが、
年1ペースでPS2が壊れるまではやっていこうと思います。


続きを読む

このページのトップヘ