2017年06月


やるきはあるんだけど中々手が付かない・・・とか

やりだしたのは良いけど続かない・・・とか


良くあることだと思います。

自分がやらなくても、きっと誰かがやってくれる・・・とか


で、なんでこんなことを書いたのかと言うと・・・

自分が働いている施設には

ある特定の状況だと積極的にお手伝いをして下さる利用者様がお見えになるからです。 

ご本人にお手伝いしていただいた際に言った言葉が、「他に誰もやる人がいないと思って・・・今日だけよ」とのこと。

たしかにそんな状況だと動かざるをえないな・・・なんて思いました。

ご高齢でもあり、認知症の進行もある方ですから、毎日お手伝い・・・と言うのは体力、気力
的にも難しいようです。


やってしまいたいけどやらない。
他に出来る人がいるかもしれないけどあえてお願いしない。


その利用者様がやる気を出してお手伝いして下さる場面を作る
というのはなかなかにやきもきするものですが、

だからこそ手伝って頂けたときには嬉しい物です。

BlogPaint


利用者様皆さんが活躍できるように頑張ります

先日、男性の利用者様同士でもりあがっていたので写真を撮らせて頂きました。


BlogPaint

かたや美術の先生。かたや芸術が大好きな先生と1冊の本をみながら話が弾んでおりました。

色々な利用者様がおみえになりますが、共通の趣味や話題で盛り上がっている様子を見ると

いくつになっても人と人との新しい出会いは続いて行くんだと感じさせられます。


普段から何かとお手伝いをしてくださる利用者様のI様

DSC_0044

向が丘玄関先の梅を一緒にとってくださいました。


そんなI様ですがつい先日お誕生日を迎えられたのでスタッフと一緒にお祝いをしました。


DSC_0057

御家族様からも当日にプレゼントが届き、同封されていたメッセージカードをよんでくださいました。

DSC_0059

I様、いつまでも元気でいて下さいね!

一介護士として介護業界に関わるニュースとか見るようにしているのですが、

つい先日中々にチャレンジなニュースを発見。


何でも、若年性認知症の方々がフロアスタッフを務める、レストランが6月3日、4日でプレオープンしていたそうです。

その名も、

「注文をまちがえる料理店」

注文をまちがえてしまうことがありますよ・・・と、うたっているので、むしろ間違えて欲しいというお客さんがみえていたそうです。


普通のレストランでは「むしろ間違えてOK!!」なんて中々考えられませんよね。

でも、「まちがえてもいいんだよ」って伝えられるのって何だか素敵だなって思いました。

そういうのって認知症の方に限らない事ですよね。

ちょっとした優しさで人が支え合える、幸せな社会ができたらなって感じさせられました。

DSC_0021


お久しぶりです。

昨日の夜に引き続き、物凄い雨の中更新です。

これからの時期、梅雨に入ると中々外出の機会が確保し辛くなってきます。

外に出て日の光を浴びるだけでも籠っている生活よりかは健康的かとも思います。

スタッフのみんなでちょっとした時間に利用者様と外に出て日の光を浴びる。

基本的な事ですが大切な事ですよね。


DSC_0001

雨にも負けず、夏の暑さにも負けないように頑張ります。

↑このページのトップヘ