2017年01月15日

雪見酒でいただくスコッチウイスキー

一昨日の昼間から降り続いた雪・・・
さすがのこの冬1番の最強寒波ですね〜
今日も一日中ずっと降り続いていました・・・
大雪













こんな滅多に無い雪降る夜は・・・
やっぱり雪見酒でしょう(#^_^#)
Dewars12


























いつものようにワインを飲んでから・・・
ひそかに取り出したのは・・・
スコットランド産のスコッチウイスキー
「Dewars(デュワーズ)12」になりますね〜

Dewars(デュワーズ)と言えば・・・
アメリカではもっともメジャーなブランドですね!
デュワーズ12


























この「Dewars12」は、12年以上熟成された40
種以上のモルトウィスキーとグレーンウィスキーを
ブレンドさせて、さらに樽に戻してから、6ヶ月程度
熟成させているとのことですね〜

アルコール度数は40度。
氷を入れてロックでいただきますヽ(^O^)ゝ
デュワーズ12











冷たい雪の夜に味わう!ウイスキー!
たくさん積もった雪にシンシンと冷やされて・・・
いつもと違った格別の味わいですね〜
積雪


























照明器具もすっぽり被ってしまっています雪。
幻想的な風景に心まで癒やされますね〜
夜の雪


























上質な味わいのDewar's 12(デュワーズ12)
ゆっくりまったりといただいていますっ(^_-)-☆
雪見酒

2017年01月14日

最強寒波の到来にビックリ仰天!

昨夜から降り続いた雪は、朝方が目覚めてみます
と、なんとこの冬1番の積雪量となっていました!

まさにテレビの天気予報で連呼していました・・・
「最強寒波」の到来ですね〜☃
大雪


























メイン道路も一面真っ白に染まっていました!
道路面が見えなくなる量の雪は、ここ滋賀県大
津市ではかなり久しぶりではないでしょうか・・・

そして、さすがにこの積雪量ですと、現場作業は
完全にストップするしかありません(T_T)
道路













積もった雪がカチコチに凍っていますね〜
氷柱(つらら)とも久しぶりの対面です(*^_^*)
つらら


























愛車レヴォーグに覆い被さった雪を払いのけて、
出かけました買い物先の広い駐車場も、すべて
全面真っ白に染まっていましたね〜

一番乗りで真っ白な雪面に乗り入れて、タイヤの
痕をつけたのですが、この一番乗り気分は童心
に返ったように、めちゃくちゃ気持ち良いですね!
積雪













そして夜になっても・・・
まだまだ深々と雪は降り続いています・・・

いったいいつまで降るのか・・・
早く止んでくれないと仕事が前へ進みません(T.T)
照明

2017年01月13日

いつの日もワインは愛と別れの隣にいた・・・

めちゃくちゃワインすきな私ですので・・・
好きな漫画も、大好きな車やバイクだけではなく
料理やワインを扱った漫画も大好きなのです!!

こちらは・・・
そんなワインを題材にした漫画「ソムリエ」
主人公のソムリエ「佐竹 城」が、生き別れとなっ
た継母が、飲ませてくれたワインの味を求めて、
世界中を探してまわるというストーリーですね。

1998年(平成10年)に・・・
稲垣吾郎主演にてテレビドラマ化もされています。

ただ、ワインへのウンチクを語るだけではなく・・
ワインへの接し方やワインへの一途な想いが・・
とってもとっても深く描かれている漫画なのです!
ソムリエ


























そんな主人公「佐竹 城」はワインにまつわる話し
の中で、たくさんの名言を残しているのです(^_^)

「まずいワインなどないのです。あるのはただ、
  そのワインと出会うにふさわしい”時”だけ」

「ワインにはワインの時間があります。
 時には人がワインの時間の流れに合わせて
  みてもいいんじゃないですか」

「ワインは嘘をつかないんだよ
 高いワインには高いワインなりの
  安いワインには安いワインなりの
   真実がある」

「ワインに国籍などないんです。あるのは
 美味しいワインをつくりたいという情熱だけ・・」

「ワインづくりに偶然の奇跡などありません。
あるとすれば、つくり手の汗が生み出した奇跡・・」

ワインと出会うにふさわしい時


























時に甘く
時に苦く
ワインはドラマを醸し出す・・・

ワインはその日の気分・・・
その日の気候・・・
そしてその日一緒に飲んだ人・・・
その日それぞれで・・・
その味わいも変わる気がしています。

あの日あのとき感動したワインには・・・
もう2度と出逢えないのかもしれませんね!

2017年01月12日

デザインは無料で差しあげたわけではありません!

デザインは本当に無料なのでしょうか???
無料デザイン作成を行ってはいますが・・・
決して無料で差し上げたわけではありません!

エクステリア&ガーデンデザイナーの知的財産を
守るキャンペーンに風我里も登録しています!!

お時間ありましたら、また覗いて見て下さい。
「参加メンバー」に中村弘幸で
「参加企業・団体」に風我里で登録してあります。

こちらがそのキャンペーンサイトになります。
弊社はエクステリア図面の盗用を防ぐキャンペーン。
   「New moral standard」 
New moral standard





デザイナーの命とも言える図面の盗用を防ぐ・・
もちろん自分も他社の図面を利用したりはしない。
そんな意思表示の確認でもあるのです!!!

以下 キャンペーンサイトから引用・・・

 デザイナーは心を痛めています
 心ない施工会社が「他社の図面があれば
 安く工事をする」と言って悪質な営業行為を
 繰り返しています。
 お客様の為に想いを込めて考えたデザインを、
 うわべだけマネして造られ悲しい思いをしている
 デザイナーが沢山います。
 結果、手抜き工事等で大きなクレームになる
 ケースも多く発生しているのです。
 この様なモラルの低い行為を阻止するため、
 エクステリア&ガーデンデザイナーの知的財産を
 守るキャンペーンを展開しています


う〜ん・・・自分のデザインが盗まれる・・
確かに今までもこんな事例何回も
経験していますねぇ・・・

そしてそんな作品は自分でも心から
納得できる上出来のデザインである
場合がほとんどですねぇ・・

デザインのイメージ図を最初にお見せした
ときの御施主様の驚きの反応やご家族の
皆さんの嬉しそうな表情まで良く覚えている
ほど喜んで頂き、こちらも本当に感激!
「よっしゃっ!」と気合いが入り
絶対良いもの造るぞ!・・・なんて
心底思っている場合がほとんどなのです。

しかし、ご連絡の途絶えたお客様宅の前を
通りかかると・・そのお庭がいつの間にか
自分の描いたデザイン画にそっくりに・・
変貌しているではありませんか・・(-_-;

それもかなりレベルダウンして・・・
素材自体のコストダウンはもちろんですが・・
バランスも悪く・・仕上げも雑・・・
なんでそこがそうなってるの・・・
違うだろう・・考えて仕事しろよっ!

きっとかなり安価で請け負ってくれた業者が
いたからこそ、そこに頼んだお客様なので
しょうからお客様を責める気などありませんが
そんな施工のデザインではないのに・・・
これでは皆が悲しすぎます(>_<)

新聞チラシにまでこんな文面が書かれたり・・
 「他社のプランをお持ち下さい。
  全く同じプランで格段に安くなります!」
これでは確かにモラルの欠片もありません・・

以前メーカーの営業さんとお話したときに・・・
「そんな業者は、メーカー会員入会の申し込みが
あっても、絶対にご遠慮頂いています!!」
っとかなり憤慨されていましたね〜

風我里もこのキャンペーンに賛同しています!
そして今までもそうでしたがこれまで以上に徹底して
「他社の図面を利用した受注行為は致しません」
そう誓い、オリジナルなお客様に心から喜んで頂け
るお庭をデザイン施工していきたいと思うのです!
タイトルロゴ















以下の文章もキャンペーンサイトから引用してみました
 ■一般のお客様へ
   図面を安易に他の施工会社にお渡しに
   ならないで下さい。
   図面を描かない施工専門の会社は品質
   やアフターメンテナンスでクレームを起こす
   可能性があります。
   安い買い物ではありません。
   複数の会社に見積もりを取られる場合は、
   各社のデザイン力と提案力、見積もり金額
   等を総合的に判断してご決断下さい。
 ■プロのみなさんへ
   「他社の図面があればそこよりも安くする」と
   言う様なモラルの低い会社と差別化を図る為、
   「私は(弊社は)他社の図面を利用した悪質な
   受注行為はしません」
   という趣旨を図面等に明記して下さい。
   勿論、広告やホームページに掲載して頂いて
   も結構です。
   一人の力では何も変わらないかもしれません
   が、大勢で声を揃えればきっと何かが変わる
   はずです。
   どうか皆さんのご理解とご協力をお願い致し
   ます。


2017年01月11日

頭文字(イニシャル)D

日頃は仕事に没頭していますので・・・
滅多に遭遇しない私の休暇・・・
GW〜夏期休暇〜年末年始等のまとまった
休みの際は、あちこち激しく旅行しています!

そんな旅行のお伴と言えますのが・・・
かなり長年使っています私の旅行カバン・・・
もうたぶん15年以上は使っていますね〜

まったく高価と呼べるものでもなく・・・
確か¥10,000以下だったはずですね・・・

ただ、愛着たっぷり湧いていますので・・・
新しいバッグを購入する気にもなれずに・・・
ずっと使い続けているのです(^_-)
旅行バッグ













まあ!それだけ使い込んでいますので・・・
かなりあちこち傷みも発生してきています・・・
実は実は・・・
1ヶ所大きく裂けているところがあるのです・・・

それでも買い替える気にはなれずに・・・
そこにステッカーを貼ってごまかしています(^_^;)

しかし・・・
まあなんて物持ちが良いのでしょうね(*^O^*)

貼っていますのは・・・
大のファンの・・・
「頭文字(イニシャル) D」のステッカーですね〜

お台場ヴィーナスフォートのヒストリーガレージで
手に入れたステッカーを貼っているのです!!!
ステッカー























しげの秀一作の漫画「頭文字D」
峠道をかっ飛ぶ走り屋たちを描いた漫画ですね!

テレビアニメや映画化もされていますので・・・
その大人気っぷりは周知の事実ですね(*^-^*)

しげの秀一氏のデビュー作は・・・
こちらも大好きな漫画「バリバリ伝説」ですね!

私自身、バイクも大好きでしたので・・・
「頭文字D」のバイク版とも言えます、この「バリ
バリ伝説」も大好きな漫画なのです〜v(^_^)v
バイク



























そしてそして、こちらの写真は・・・
東京 お台場ヴィーナスフォート「ヒストリーガレー
ジ」に実車展示してありました際に撮影しました、
スプリンタートレノAE86(通称ハチロク)です!

主人公 藤原拓海の愛車となります・・・
AE86スプリンタートレノGT-APEX3door(前期型)

2014年12月〜2015年1月12日まで開催され
ていました「頭文字D展」の特別展示でしたね!
イニシャルD


























トヨタ スプリンター トレノ「AE86」藤原とうふ店
仕様の実車が展示されていましたね〜(*^O^*)

この「頭文字D」の人気に伴って・・・
かなりの旧車となっていますハチロクも・・・
プレミア価格で販売されているようですね〜
藤原とうふ店仕様













話しは戻りますが・・・
実は実は・・・
私の旅行カバンに貼っていますステッカー・・・

この「頭文字D展」の際に、隣接していますカフェ
「アレッサンドロ・ナニーニ・カフェ」で860円以上
飲食しますと、プレゼントとしてもらえるという、
展示会場限定のステッカーだったのです!!
アレッサンドロ・ナニーニ・カフェ











「頭文字(イニシャル)D」 通称:イニD
この「D」の意味は・・・「ドリフト(DRIFT)」

そしてチーム名「プロジェクトD」
その「イニシャルD」は・・・「DREAM(夢)」

そして、ハチロクの名前は、現行車トヨタのFR
スポーツカー「86」に引き継がれていますね〜

ただ、スバル党の私としましては・・・
ほしいのは姉妹車のスバル「BRZ」ですが(^_-)
トレノAE86

2017年01月10日

さようなら〜小豆島!また逢う日まで

正月休暇を過ごした小豆島ともお別れです。
ここ小豆島では絶好の天候にも恵まれて、とって
も気持ちの良い時間を過ごさせてもらいました!
レヴォーグSTISports











そして小豆島の風景は・・・
海・砂浜・山・渓谷・田畑etc・・・
どこを見渡しても、本当にステキな景色の連続で、
小豆島がとてもとても大好きになりましたね〜
小豆島













ぜひぜひ!
また遊びに来たいなあ!!

そう願いながら小豆島をあとにします(;_;)/~~~
かなりの小豆島ファンになった気がしています。
小豆島













そして小豆島に到着した際に降り立った福田港。
福田港と言えば、思い出すのは・・・
あの映画「八日目の蝉」での逮捕シーン・・・

ただ最近建物はリニューアルされたようですね。
映画シーンで登場しました福田港の景色と比べ
ますと、モダンな建物に変貌していますね〜

映画の面影を期待していた自分としては・・・
少し残念な気分でもありますね(T_T)
乗船券売り場













お土産屋さんで、フェリーのなかで食べるお菓子
やジュースを買い込んで、いよいよ乗船ですね。
福田港













さあ!愛車レヴォーグを走らせて乗船です。
しかし、最後が船旅で終わる旅行の終わりは・・・
なんとも言えない感慨深いものがありますね(T.T)
小豆島フェリー













小豆島福田港から姫路港まで約100分の船旅。
瀬戸内海だからでしょうか、振動や揺れ等もまっ
たく無く、かなりかなり快適な船旅です。
カメラ











フェリーが到着する頃には、正月休暇も終わり、
2017年の新しい年の仕事がスタートします!

さあ!気分一新!!
2017年も頑張っていきますね( ^o^)ノ
瀬戸内海













2017年01月09日

魔法のほうきで大空を飛びました!

「魔女の宅急便」
角野栄子氏原作の人気児童書になりますね!

1989年に宮崎駿監督によりアニメ映画化されて
大ヒットしたことで、とても広く知られていますね〜

そして小豆島は、2014年に公開された実写版
映画「魔女の宅急便」
のロケ地でもあるのです。
キキ


























ですから、小豆島には魔女の宅急便の世界観の
雰囲気を存分に味わえるロケ地がたくさん点在して
いて、有名な観光スポットにもなっているのです!
ギリシャ風車













道の駅「小豆島オリーブ公園」で開催中の・・・
「魔女・魔男・写真コンテスト」

コンテスト応募の締め切りが2017年3月31日。
そして「魔女・魔男 グランプリ」の発表が・・・
翌日2017年4月1日となっていますね〜

オリーブ公園内にありますオリーブ記念館内には
「魔法のほうき」がたくさん〜並んでいて、誰でも
自由に無料でレンタル出来るのです( ^o^)ノ
魔法のほうき




























みなさん!魔女・魔男になって、目一杯楽しんで
いる様子の写真もたくさん飾られていましたね〜

しかししかし・・・
どれもこれも、めちゃくちゃ良い感じです(*^O^*)
魔女魔男コンテスト











さっそく私も、魔法の箒(ほうき)を借りて・・・
思いっきり派手にジャンプしてみましたっ(^_^)v

芝生のなかに、いくつか設置されてありました
大きな石のベンチの上から飛んでいるのです!

瀬戸内海を背景にしてのジャンプ!
 めちゃくちゃ気分爽快でしたっ!!!
 
魔男
























小豆島オリーブ公園内にあります絶景スポット!
ギリシャ風車をバックにしてのジャンプなのです!

この白いギリシャ風車から眺める瀬戸内海の景
色は、まるでエーゲ海のようでとっても美しい!!

小豆島と姉妹島提携を結ぶギリシャ・ミロス島との
友好の証として、1992年に建てられたそうです。
ギリシャ風車













それにしましても、このホウキでのジャンプ!
めちゃくちゃ楽しすぎますねっ〜〜
やみつきになりそうな面白さでしたっ!!

「魔女・魔男 写真コンテスト」せっかくなので、
とりあえずは1枚応募してみようかなっ(*^-^*)

みなさんも小豆島に行かれることがありましたら
ぜひとも魔法のほうきに乗って・・・
思いっきり!ジャンプしてみてください( ^o^)ノ
魔女の宅急便


2017年01月08日

幸せのオリーブ色のポスト

ここは・・・道の駅「小豆島 オリーブ公園」
瀬戸内海を見下ろす小高い丘に、色んな施設が
点在するかたちで整然と設えられていますね〜

この場所は「ふれあい広場」
古代ギリシャを思わせる白亜の建造物がサーク
ル形状に建てられていますこの「ふれあい広場」

遠くには二十四の瞳の舞台となった田浦半島が
正面に望めて、絶好のフォトスポットですね〜
オリーブ公園













イベント広場を眼下に見下ろすこの場所には、
オリーブ色のポストが可愛く置かれています!

さすがは小豆島と言えるオリーブ色のポスト!
実際に使われているポストとなりますね〜
イベント広場













この「幸せのオリーブ色のポスト」
オリーブの花言葉は「平和」「安らぎ」「知恵」「勝利」
オリーブは平和や幸福の象徴とされています!!

旧約聖書で、ノアの方舟から放たれたハトが、オリ
ーブの枝をくわえて戻り、洪水が引き平和が戻った
ことを知らせたことに由来しているとのことですね〜

日本のオリーブ栽培発祥の地「小豆島」から、たく
さんの幸せが、たくさんの人に届くことを願って、
ここにオリーブ色のポストを置かれたそうです!
オリーブ色のポスト













そして石造りの階段を駆け下りた先にありますの
が、こちらの円形サークル状のイベント広場です。

石造りのモニュメントは、古代ギリシャの「オストラ
キシモス」に使用された投票片がモチーフとのこと。

映画「魔女の宅急便」のロケ地でもありますので、
無料貸し出しの魔法の箒を持って記念撮影(^_^;)
オストラキシモス













この石造りの投票片モニュメント・・・
中央の心棒があれば・・・「無罪」
心棒がなければ「有罪」とのことですから・・・

このモニュメントは、心棒がありますので、無罪で
あることを示し、平和の小豆島の象徴とのこと!
モニュメント













お昼ご飯は、小豆島オリーブ公園内にあります
オリーブ記念館の2Fでいただくことにしました!
地中海レストラン「OLIVAS オリヴァス」です。
OLIVAS


























お洒落な創りの地中海レストラン「オリヴァス」
吹き抜け壁面の全面に飾られた、ギリシャ神話が
モチーフのステンドグラスがとっても綺麗です!
レストラン オリヴァス











オーダーしましたのは・・・
「小豆島産オリーブオイルたっぷりのサラダピザ」
そして「野菜いっぱいのリボリッタスープ」
サラダピザ&リボリッタスープ











めちゃくちゃ美味しい(≧∀≦)
窓から眺める景色も優雅でステキですね〜
レストラン


























坂道を下った真っ正面には・・・田浦半島
ゆったりした風景に癒やされています(*^O^*)
オリーブ公園













2017年01月07日

小豆島ご当地グルメの「ひしお丼」

2017年は年明けから好天気の連続ですね〜
小豆島も暖かい晴天続きで清々しい気分です!
オリーブライン













こちらは「小豆島 オリーブ園」
国産オリーブの栽培は、ここ小豆島のオリーブ園
から始まったとのことですね〜
小豆島オリーブ園













ここ小豆島オリーブ園に、オリーブの苗が初めて
持ち込まれたのは、およそ100年前とのこと!!

1908年に小豆島に初めて導入されたオリーブ。
その樹から挿し木した二世樹がこのオリーブ原木。
現存する産業用オリーブでは日本最古とのこと!
オリーブ原木













そんなオリーブの丘から、イサムノグチ氏の遊具
彫刻があります公園越しに瀬戸内海を眺めます。
イサムノグチ













さてさて!お昼までもう少し時間がありますが、
かなり小腹も空いてきたので、ここオリーブ園内
にありますレストラン「レストラン・オリーブパレス
RestleA」でいただくことにしましょうか!!!
オリーブパレス RestleA













さあ!何をオーダーしましょうか( ^o^)ノ
まだ11:00を少し過ぎた時間ですので、他来店
客さんも少なく、ゆったりと食事出来そうです!
レストラン













初めて耳にしました「ひしお丼」をオーダー!!
ひしお丼とは・・・
小豆島のご当地グルメとなっていますね〜

ひしお丼には3つの定義があるとのこと!!
 崗澆龍拭廚悩遒辰疹潴やもろみを使っている。
⊂豆島の魚介や野菜やオリーブなどの地元の
  食材を使っている。
Hさ戮瓩魯リーブか佃煮を使っている。

ですから、お店によって色んな「ひしお丼」があり
ますので、一口にひしお丼と言っても、そのバリエ
−ションはかなり豊かになっているのです。

こちらのレストラン・オリーブパレス RestleAは、
「もろみ味噌とたっぷり野菜のひしお丼」です!

もう!めちゃくちゃ!美味でした!!
出来ることなら、オカワリしたいくらいでした(^_^;)
ひしお丼













そしてもぅ一品!こちらは・・・
「蟹とオリーブのトマトソースパスタ&カプレーゼ」

彩りもカラフルで、見た目的も超綺麗ですね〜
オリーブが絶妙な味わいで美味過ぎです(≧∀≦)
蟹とオリーブのトマトソースパスタ













レストラン・オリーブパレス RestleAからの景色。
瀬戸内海にポッカリ〜浮かんだように飛びだした
田浦半島が、まるで小さな富士山のようにも見え
て、とっても印象的な美しい風景ですね〜
オリーブ園 レストラン













そしてこちらは今宵の宿となります・・・
Olivean リゾートホテル小豆島オリビアン」
リゾートホテルオリビアン小豆島













夕食はレストランで「ディナーバイキング」
アルコール飲み放題をチョイスしましたので・・・
思わずワインをたらふくオカワリして・・・
少々飲み過ぎてしまいました(#^_^#)
バイキング

2017年01月06日

二十四の瞳映画村で食べた生そうめん

小豆島で撮影された映画&ドラマで最も有名?
と言えば・・・「二十四の瞳」になるのでしょうか。

映画となるとかなり以前になりますよね〜
1番最近のドラマと言えば、松下奈緒主演のテレ
ビドラマ「二十四の瞳」が2013年放送ですから、
まだまだ〜記憶に新しいですよね(^_^)

そんな映画と文学をテーマにしましたテーマパー
「二十四の瞳映画村」に遊びに行きました!!
二十四の瞳映画村













この大きな丸い醤油樽を使ったベンチは、春夏秋
の繁忙期(GW&夏休み&SW等)だけ運行して
いますボンネットバスの待合室となっていますね〜

せっかくの二十四の瞳映画村なので・・・
私もチョコンっと座って記念撮影ですっ(^_^)
ボンネットバス停













映画村内はかなり広い印象ですね〜
調べてみますと敷地面積は1万平方メートル!!
色んな楽しめる施設が点在していました。
二十四の瞳映画村













こちらは「キネマの庵」
その名の通り、映画がテーマのスポットですね〜
キネマの庵













館内で1番目に付いたのが「八日目の蝉」
「八日目の蝉 小豆島展」と銘打って、写真パネル
や撮影時の衣装など常設展示されていました!
八日目の蝉













「八日目の蟬」ロケ地を楽しもう!のポスター。
こうしてパネルにしてあるとわかりやすいですね。
映画のシーンが目に浮かんでくるようです!!
ロケ地













そして、この「キネマの庵」館内にはオシャレ〜な
雰囲気のカフェ「Cafe シネマ倶楽部」もあるので
すが、そこにありますメニュー「給食セット¥890」
にも、かなり心惹かれたのですが・・・
給食セット























お昼ご飯は、ここで「生そうめんを食べる!!」
っと強く強く心に決めていましたので・・・
給食セットは潔く諦めます( ^o^)ノ
ヤマロク醤油























みさきのしょうゆ屋 麺処つゆ処 「蔵」
ヤマロク醤油の直営店とのことですね〜

他では味わえない「生そうめん」食べられます。
  今 食べなくて いつ 食べますか?
この文章に反応してしまったのです!!!
いつ食べますか?























オーダーしましたのは、もちろん生そうめん!
冷たいまたは温かいがチョイスできるのですが、
ちょっと迷いましたが「冷たい」を注文しました〜
生そうめん























うん!うん!めちゃくちゃ美味しい(≧∀≦)
冬に冷たい素麺を食べることなど滅多にありませ
んでしたが、モチモチしててとっても美味でした!
生そうめん























しかし、ここ二十四の瞳映画村から眺める広大な
瀬戸内海の景色は、ホントに絶景ですねっ!!
小豆島













二十四の瞳映画村をあとにして向かった先は、
クルマで5分ほど離れた場所にあります・・・
ここ二十四の瞳「岬の分教場」ですね〜
岬の分教場













1902年(明治35年)に田浦尋常小学校として
建築された平屋建の校舎で、その後苗羽小学校
田浦分校として使用されていましたが、1971年
(昭和46年)3月をもって閉鎖されたとのこと。
廊下























二十四の瞳のロケ地としても有名ですね〜
そして、教室には当時のままの机やオルガンや
子どもたちの作品などが残されていて、懐かしの
昭和レトロを感じられる場所となっていました!
教室












2017年01月05日

八日目の蝉「虫送りのシーン」に感動!

美しい朝日を眺めるために・・・
いつも以上に早起きしたつもりでしたが・・・

「ホテル AQUA」
あららららら〜
あまりの快適さに熟睡してしまったようです(T_T)

あらら・・・もう・・・うん・・・
太陽はもう!だいぶ昇り気味になっていました〜
朝日













しかし部屋から眺める景色は絶景ですね〜
こんな景色から漂う酸素を吸っていると・・・
思いっきりに疲れた身体も、そして精神も・・・
思いっきりリフレッシュ出来る気がしています!
朝の景色













そんな今日の観光めぐりは・・・
映画「八日目の蟬」で1番印象的だったシーン・・・
「虫送り」が撮影されましたのが・・・「中山千枚田」

火手(ほて)と呼ばれる竹で作った松明を田んぼ
にかざしながら、列を作って畦道を歩き、虫を追い
払って、豊作を願う行事となっているのですっ!!

虫送りは、約300年前から伝っています伝統行事
で、半夏生と言われる(夏至から11日目)の日に
行われていました伝統行事となっていますね〜

ここ中山の虫送りは・・・
7月の第1土曜日に行なわれているようですね〜

この虫送りの幻想的な景色・・・
いつか見に行きたいなあっと願いますね〜

写真右端に見えていますのは・・・
瀬戸内国際芸術祭出展の大人気の作品!!
棚田













そんな「虫送り」の行事も、ここ小豆島にも及んで
います過疎化による人手不足によって、しばらく
途絶えていたのですが、「八日目の蟬」の虫送り
の感動的なシーンによって、再び再開となったと
いう、なんとも感激誘う復活劇と言えますねっ!

そう言えば、確か映画「八日目の蝉」を映画観で
観た際にも、ブログ記事にしていましたね〜
    こちらです ↓
  2011/5/31「涙ボロボロ〜八日目の蝉」

ここ「中山千枚田」・・・
日本の棚田100選にも選ばれていますね〜
大小800を越える棚田が田んぼがあるそうです。
棚田













そんな「中山千枚田」散策・・・
小学校跡地のグラウンド(駐車場)にクルマを
駐めて、トコトコ歩いて周囲を散策しています。

今日のお目当ては、そんな中山千枚田の中央
に位置しますY字路に佇むこちらの店舗です!
こまめ食堂













小豆島の中央にも位置します「こまめ食堂」
建物は昭和初期のものらしいですね〜
かなりのレトロ感満載の風情ですよねっ(*^-^*)
こまめ食堂 外観























到着しました、このときの時刻が10:50・・・
オープンが11:00ですので、まだオープン前。

しばしの待ち時間、入口前でメニューを見ながら、
どれにしようかとあれこれ思案しています(*^-^*)
メニュー























そして、もちろん!一番乗りの入店です!
店内も外観通りの昭和レトロな雰囲気です!
インテリアもお洒落で落ち着く空間ですね〜
こまめ食堂 店内























「写真撮って良いですか?」っと尋ねますと・・・
「どうぞ!!」っと心地良い返事をいただけました
ので、遠慮無く撮影させていただきました(*^-^*)
昭和レトロ













カウンターで先に注文して、支払いも済ませてか
ら、テーブルにつくという手法になっていました!
こまめ食堂 カウンター













オーダーしましたのは・・・
たぶん一押しメニューっと想像できますね〜
大きな鯛が目を惹きます「棚田のおにぎり定食」

棚田で採れたお米で握られたおにぎり〜
もう何とも言えないフワフワ感に感動です(^_^)v
棚田のおにぎり定食























そして・・・
これまた絶品過ぎる味わいの・・・
「オリーブ牛のハンバーガーセット」

うん!うん!
オリーブ牛のジューシーな味わいに感動です!
オリーブ牛ハンバーガー













そして「ごちそうさま」っと言う頃には・・・
店内は満員御礼状態で・・・
外のテラス席も、ほぼいっぱいでしたので・・・
かなりかなりの人気店のようですねっ(*^O^*)

そんな絶品味わいの「こまめ食堂」をあとにして、
付近をウロウロっと散策してみますね〜
神社













すると遭遇しましたのが・・・
八日目の蝉の懐かしのロケ地・・・

映画観で観たあのときの感動が・・・
フツフツっと強くよみがえる気がしますね〜
中山の舞台













2017年01月04日

可愛い500匹のお猿に囲まれています!

小豆島内の道路は本当に走りやすい〜
そして、短時間で小豆島内1周も可能ですので、
あっと言う間に主要道路は覚えてしまいました!
レヴォーグSTISports













こちらは・・・
小豆島の中央に位置する寒霞渓(かんかけい)
小豆島の最高峰星ヶ城と四方指の間にある渓谷
で、日本三大渓谷美の一つとも言われています。
寒霞渓













こちらは、麓から往復できる寒霞渓ロープウェイ。
日本で唯一「空・海・渓谷」を一度に眺望できる
ロープウェイとのことでしたね〜

このロープウェイでもクルマでも、この寒霞渓まで
訪れることが出来ます。紅葉真っ盛りや春の桜の
季節などは、このロープウェイ内から眺める景色
も、きっと絶景なのでしょうねっ(*^O^*)
ロープウェイ























寒霞渓に立ち寄ったあとは・・・
実はあまり期待もしていなかったのですが・・・
こちらの「銚子渓 自然動物園 お猿の国」
銚子渓自然動物園 お猿の国













入園するとすぐに・・・
圧倒的なお猿の数にビックリです(O_O)

渓谷「銚子渓」に沿って、野生の猿たちが500匹
あまりも暮らしているとのことですね〜
銚子渓自然動物園 お猿の国























そして小豆島の猿は温厚で美形とのこと!!
美形かどうかは判断できませんでしたが(^_^;)
温厚というのは、かなり実感出来ましたっ!!

私の足元に寄り添って、石を片手に遊んでいる
小猿の姿は、めちゃくちゃ可愛かったです(^_-)
毛繕い






















こちらはエサやりコーナー!!
人間が檻に入ってエサを猿にエサをあげます〜
初めて見る光景にビックリですね(O_O)
エサやり













そしてお猿のショーもありました〜
飼育員さんとの絆も感じられて、とってもホノボノ
していて、のどかで心地良いショーでしたねっ!
お猿のショー
























そして今宵の宿は「ホテル AQUA」
小豆島の東北側に位置するホテルですね。
AQUA























小豆島で迎えます2泊目の夜・・・
今夜もまったりゆっくり時間が過ぎていくのです!
AQUA
風我里のデザイン

CAD設計デザイン集です!
風我里の施工例

施工例の画像写真集です!
御施主様のブログ

はんべこうむてんのBlog

Morning Buzz
Morning Buzz

チョコの海岸物語
チョコの海岸物語

RYOKOのホームページにようこそ
RYOKOのホームページ

♪かえでの はなうた日和♪
♪かえでの はなうた日和♪

〜幸せの風日記〜
〜幸せの風日記〜

yopis room
yopi's room

お気楽夫婦バンザイ
お気楽夫婦バンザイ!

UMAい競馬情報
UMAい競馬情報
お気に入り

エクステリア明日香ExNews

四季彩々ー子沢山の外構職人の戯言
四季彩々外構職人の戯言

半立体木製看板イラスト
ウッドサイン工房ななせ

風我里の看板作成!

イシイ
 二輪ショップイシイ
宮崎高鍋のおかあさん


のら姉さんのページ

Recent Comments
月別アーカイブ