ワイン・お酒あれこれ

2017年09月07日

意味難解でもなぜか可愛い鹿児島弁・・・

私の生まれ故郷は九州鹿児島になります!
そんな鹿児島伊佐市大口の実家(両親)から

定期的に送られてきますのは・・・
米そして野菜・・・・・・そして芋焼酎。
今回も6本の芋焼酎が届きましたっ〜〜

幻の焼酎と呼ばれて、地元でもなかなか手に
入りにくいと言います、プレミア焼酎「伊佐美」
をずらっと並べての記念撮影ですね(o^-^)v
伊佐美


























鹿児島県伊佐市大口の実家周辺では、昔から
2つの芋焼酎が、並んで競い合っていました!

「伊佐錦」と「伊佐美」です。
その頃は、ほとんどの焼酎好きの
オッチャン達は伊佐錦党だったと思います。

「やっぱい伊佐錦の方がうんまかど!!!」
このどっちが旨いかの焼酎談義・・・
子供の頃から良く聞かされていましたね〜

あの頃、子供から見た、
世の中の鹿児島の大人達の印象は・・・

鼻が赤く焼酎臭い・・・
その臭いをプンプンさせながら絡んでくる
良くそれだけ赤くなれるよなあっ!!!
幼心に不思議な瞳で見てましたね(@@;)

いつの頃からか、焼酎ブームにのっかって・・・
希少価値も手伝いこの「伊佐美」が大人気!

元祖プレミアム焼酎という銘々まで頂いて・・・
「幻の焼酎」と呼ばれるまでになりました。

ブランド力の差というのは大きいですよね〜
今では田舎でも「伊佐錦」を何本か買わないと
「伊佐美」を売ってくれないらしいです・・・
まさにカリスマ焼酎です\(◎o◎)/!
伊佐美


























お酒はワインを筆頭に何でも大好きな私ですが、
実は故郷鹿児島の親父はアルコール類が全く
苦手で、ビールをコップ1杯飲んだだけで、もう
倒れてしまうかのように酔ってしまうのです

だから知人から贈答品として頂く「伊佐美」を、
こうして滋賀まで送ってくれるのです(≧▽≦)

このシンプルで懐古調的なラベルも、昔の懐か
しアニメみたいな雰囲気がありますよね〜
伊佐美











グラスに大きな氷をゴロゴロっと放り込んで、
伊佐美をトクトクッっと大雑把に注ぎます!!

鹿児島では、6:4のお湯割が定番ではありま
すが、私が飲むのはいつもロックなのです!
焼酎ロック


























色は無色透明ですね〜
鼻を近づけると・・・
かすかに芋焼酎の香りが漂います・・・

喉を通ると、優しい甘みも感じられます!!
若干クセはありますがまろやかな味わいです!

くさい〜芋焼酎はちょっと苦手(T_T)・・・
という方でも一度試してみてください(#^_^#)
焼酎ロック


























そして鹿児島と言えば・・・
意味難解な鹿児島弁も有名ですよね〜

そんな鹿児島弁・・・
いくつか列記してみましたっ(~_~;)

左が・・・鹿児島弁
右が・・・標準語ですね〜

んだもしたん・・・あらまあ!
がっつい・・・ちょうど
やぜろしか・・・うるさい
ちんがら・・・めちゃくちゃ
いっぺこっぺ・・・あちこち
ぐらしか・・・かわいそうだ
おやっとさー・・・お疲れさま
なんつぁならん・・・何ともいえない
よかおごじょ・・・美人
きばいやんせ・・・頑張って
よんごひんご・・・くねくね
よかにせ・・・イケメン
げんね・・・恥ずかしい
いたっくっで・・・行ってきます!
がられる・・・怒られる
てげてげ・・・てきとう
おまんさー・・・あなた
ぼっけもん・・・大胆な人
いかなこて・・・まさか
おい・・・俺
ぎる・・・盗む
ないごて・・・どうして?
やっせんぼ・・・臆病者
わっぜ・・・とっても
いっちょん・・・ぜんぜん
じゃっどん・・・だけど
じゃっど・・・だぞ!
とっとっと・・・取っておく
もぞか・・・可愛い


とりあえずは、こんな感じでしょうか・・・
まだまだ山ほどたくさんありますが(≧▽≦)

「じゃっどん」「じゃっど」「ないごて」とかは・・・
日常会話に日々頻繁に登場しますね〜

長文で鹿児島弁を話しますと、まさに早口言
葉みたいな文字の羅列になりますので、たぶ
ん鹿児島県人以外の人が聞くと、いったん言
葉尻を見失うと、異国語を聞いているかのよ
うに、本当に意味不明になってしまうのです!

たとえば・・・
「 おやわいがこっがすっじゃっど!」
これを標準語で言うと・・・
「俺はおまえのことが好きだよ!」
・・・ってなりますね(#^_^#)

そして「んだもしたん!」は・・・
年配の女性同士の会話を聞いていると・・・
たぶん1日100回くらいは・・・
きっと耳にするのではないでしょうか!!

誰かの話を聞くたびに・・・「んだもしたん!」
今風に言えば・・・
「えっ!すごっ!」「へえ〜びっくり〜!」
「ええっ!ありえない!」「やばっ!!!」

・・・って感じかな!!!

英語で言うと「オーマイガッ!!」ですね(^_-)v
鹿児島方言
nakamurateien at 23:59|この記事のURLComments(0)

2017年06月25日

ワイングラス「ZWIESEL1872」

先日!プレゼントに頂きましたワイングラス!
ありがとうございます〜♫

おっっっ!!!
ZWIESEL(ツヴィーゼル)のワイングラス!

それも・・・
「ZWIESEL1872」じゃないですか!
ZWIESEL1872


























ツヴィーゼルの創業年度1872という、数字を
冠した高級ハンドメイドブランドとなりますね!

このハンドメイドシリーズは、熟練した職人の手
によって、1点1点丁寧に作られているのです!
ハンドメイド グラスワイン


























さすがは、ハンドメイド・・・
職人技で極限まで薄く仕上げてありますので、
手にした瞬間に感じるのが、驚くほどの軽さ!

いつも日頃、愛用していますRIEDEL(リーデ
ル)のワイングラスは、マシンメイドとなります、
ヴィノムシリーズになりますね〜

RIEDEL(リーデル)のハンドメイドとなります、
ソムリエシリーズにもずっと憧れていたのです
が、なかなか手を出せないままでいたのです!

そんなリーデルのワイングラスについては・・・
このブログでもかなり詳しく書いていますね〜

     こちらですね ↓
  「グラスを変えるとワインが変わる・・・」

     こちらにも ↓
  「グラスでワインの味は変わります!」
ハンドメイド ワイングラス


























さっそく・・・
買い込んできましたブルゴーニュの赤ワインを、
ZWIESEL1872のワイングラスに注ぎます!
ブルゴーニュ


























柔らかな形状のボウルに沿って流れたワイン
が、ゆっくり口のなかまで注がれてきますね〜

この形状のおかげで、グラスのボウル部分を、
あわてずゆっくり流れてきますので、ワインの
香りもゆっくり愉しむことが出来るのですね!

そして極限まで薄く仕上げられていますので、
唇に触れるワイングラスの感触も無に等しい
感じでワインそのものを味わう感触がします!

飲んだワインの味わいそして香りが、舌に喉に
鼻に、ダイレクトに伝わってくる感じがします!
ZWIESEL1872


























そんなワインを愉しむ私の足元には・・・
いつもそうですが、愛犬たちがゾロゾロ・・・

何か落ちて来ないかと・・・
密かにおこぼれを狙っています・・・
愛犬4匹たちが・・・
ウロウロ〜たむろしているのです(^_^;)
ダックスフンド
nakamurateien at 11:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月03日

絶品!近江牛のシャトーブリアン!

ゴールデンウィーク真っ只中の「憲法記念日」
私は相も変わらずに仕事に邁進しています!

このGW期間中に、遅れ気味になっています
設計図作成作業に没頭して、少しでも遅れを
取り戻そうというたくらみなのですっ(^_-)v

今年のGW休暇は、お出かけ無しで仕事三昧
で、頑張ろうっと誓っていますので、夕食だけ
でも少し贅沢にGW気分を味わいましょうか!

近江牛ヒレステーキ「シャトーブリアン」
シャトーブリアンは、牛のヒレ肉(テンダーロイン)
の最も厚みがあり肉質のよい中心部分の部位。

ヒレ肉自体も、牛1頭からわずかしかとれないと
いう最高級部位になりますが、シャトーブリアン
はそのヒレ肉の中でも厳選された最高級部位!

牛1頭から約600g程度しかとれないと言う・・・
とっても希少な!極めて貴重な部位なのです!
シャトーブリアン













そんなステーキ「シャトーブリアン」に合わします
のは、フランスブルゴーニュ産の赤ワインです!

   BOURGOGNE COTES D`AUXERRE
       DOMAINE FELIX
ブルゴーニュ コート・ド・セール ドメーヌ・フェリックス

樹齢35年のピノ・ノワール85%&セザール15%
を使ったブルゴーニュ産の赤ワインになります!
ブルゴーニュ


























さあ!そんな希少部位の近江牛のシャトーブリ
アンを、フライパンに放り込んで焼き上げます!

焼いている段階だけですが・・・
漂う香りにノックアウトされそうですっo(^▽^)o
シャトーブリアン













お気に入りのソムリエナイフを使って・・・
ワインボトルのコルクを抜き取ります!!!
さあ!いただきますね(^_^)v
ワイン コルク


























そしてそして・・・
同じくお気に入りのワイングラスに注ぎます!
そんな・・・ワイングラスは「リーデルRIEDEL」

リーデルのワイングラスについては、以前にも
確か、このブログに綴っていましたね〜
     こちらですね ↓
  「グラスを変えるとワインが変わる・・・」

     こちらにも ↓
  「グラスでワインの味は変わります!」

極上ステーキとブルゴーニュワインの組み合わ
せでを愉しんで、とっても美味しく戴きましたっ!

仕事の疲れも吹っ飛びましたっ!!
・・・っと言いましても、今夜もまだまだ夜中まで
設計図作成作業にのめり込んでいますが(^_-)
赤ワイン


nakamurateien at 19:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

29年間の深い歴史を飲み干します!

先日京都市内にて、お庭内のリフォームガーデン
工事「ガーデンリノベーション工事」を施工完成さ
せて頂きましたお客様宅のステキなガーデン!!
ガーデン工事


























そんなお客様から、とってもとっても嬉しい・・・
ステキなプレゼントをいただきましたっっっ!!!
本当に本当にありがとうございます〜(*'▽'*)
フリーマーク・アビー


























フリーマーク・アビー カベルネ・ソーヴィニヨン
Freemark Abbey Cabernet Sauvignon Napa Valley

なんとなんと・・・
1988年産のヴィンテージワインとなりますね〜
今から29年もの昔に作られたワインなのです!

Freemark Abbey


























引き抜きましたコルクも・・・
29年間ものあいだ、ワインを封じ込めていました
、長い長い年月の苦労が手に取れるかのように
理解出来る、そんな歴史感じるかたちでした!!

思わず「ご苦労様!」と労いの声をかけたくなる
素晴らしい仕事っぷりですよね〜\(◎o◎)/!
ワイン コルク


























ワイングラスの注いだ29年もののワイン・・・
重厚な味わいながらも、舌に残る感触は、比類
ないほどに、優しくマイルドな芳香ですね〜

さすがに熟成感もバツグンな仕上がり具合です。
保存状態もかなり良質だろうと想像されますね!
ヴィンテージワイン


























深い深い29年の歴史を、思う存分に!!
心ゆくまでじっくりと堪能させて戴きました!!

単純に「美味しいっ!」と言う・・・
そのままの言葉がピッタリなワインですね!!!
本当にありがとうございましたっっ〜m(_ _)m
ヴィンテージワイン


nakamurateien at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年03月28日

Happy Birthday〜嬉しい誕生日

実は実は・・・
先日は私自身の誕生日だったのですっ!!!

と言いましても・・・
私自身の誕生日は3月17日ですので・・・
もう10日間以上経過していますが(^_^;)
そんな誕生日にいただきました祝いのワイン〜
プレゼント


























イタリアのシチリア島を代表するワイン
DUCA ENRICO (ドゥーカ・エンリコ)2009

シチリアで最も古い歴史のありますワイナリー!
DUCA DI SALAPARUTA(ドゥーカ・ディ・サラパルータ)
を代表するシチリアワインになりますね〜(o^-^)
Duca Enrico


























早速お気に入りのソムリエナイフを取り出して〜
コルクをグルグルグルグル〜〜

丁寧に丁寧に抜きとって・・・
さあ!さあ!いただきますっ!!!
コルク


























そんなそんな・・・
DUCA ENRICO (ドゥーカ・エンリコ)2009

最初の一口は優しい果実の香りが際立つ感じ!
グラスの注いだワインを飲み干し、2杯目を注ぐ
頃には、徐々に時間を経て喉に含んで味わうごと
にマイルドな印象にも変化していきますね〜!!
ドゥーカ・エンリコ


























そんな美味過ぎるワイン〜(*⌒▽⌒*)
とってもとっても美味しくいただきましたっ!!
本当に本当にありがとうございますm(≧▽≦)m
誕生日













そしてそして・・・
心から大事に想う方々からも!!!

とってもとってもとっても嬉しすぎますほどの〜〜
心のこもったメッセージもいただきました(≧▽≦)

愛情がたっぷり充填された、真心がいっぱい込め
られたハーピーバースディメッセージもいただいて
大きく感動感謝感激のBirthdayだったのです!!

明日から負けずに頑張らなくてはっ!!!
そんな毎日暮らしていきます日々に・・・
心から深く深く深く感謝いたしますっ〜m(._.)m
誕生日


nakamurateien at 21:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年02月24日

ボリュームたっぷりのスペアリブ

昨日そして本日と・・・
たくさんのお客様とお会いさせて頂きました。
とっても嬉しい多くのご契約もいただきまして
本当に本当に有り難うございますっ!!!

皆さんのお庭に対する意気込みを肌に感じる度
に、描く右手にも必死の力が漲ります!!!!

っと言いましても・・・
「利き手は実は左手なのかも???」
と思うくらい、無意識にいつの間にか左手がテキ
パキっと動いている比率の高い私なのですが・・

特に細かい小さな作業の際には、ほとんど左手
を無意識に使っていることが多いですね〜

そう言えば・・・
お札を素早く数えるのも、いつも左手なのです。
そして、お客様にも良く・・・
「左利きですか?」って質問される私なのです!

そんな嬉しい出来事満載の今日!!
仕事を終えて無性に食べたくなりましたのが・・・
「分厚い肉」
基本的に、肉は何でも大好きですね〜(o^-^)v

毎日が「肉」でも大丈夫なのですが・・・
たまに「ドーン!」っとボリュームたっぷりの・・・
分厚い肉を口にしたくなるのです〜(〃'▽'〃)
スペアリブ













分厚いヒレステーキなど買いたかったのですが、
今日はとにかく大量に食べたかったので、コスト
面を考慮してリーズナブルなスペアリブですっ!

濃厚な赤ワインと一緒にいただきます!
そしてそして・・・
結局は、こんがり焼いたぶっといスペアリブを・・・
あっという間に、なんと6本も食べちゃいました!
ワイン













これでしばらくは、私の体力もカンゼンカンペキな
状態で、日々の忙しい仕事に没頭できそうです!

そしてまだまだ寒い日が続いていますここ最近・・・
風邪やインフルエンザも流行っているようですから
皆さんもくれぐれも身体にはお気をつけください。
冬の琵琶湖












nakamurateien at 18:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

ワインと愉しむ魅惑のオランジェット

第3回ディーズガーデン施工コンテスト表彰式か
ら華やかな2次会パーティ懇親会も終えた帰路。

乗車しましたタクシー内から目に入ってきました
京都タワーが、今夜はかなり目立ったカラー!

おおおっっ!!!
今夜の京都タワーはとっても妖艶なピンク色
輝いているではないですかっ\(◎o◎)/!

タクシー運転手さんの話しによりますと、このカラ
ーは、今日のバレンタインデーだけの、かなりの
レアカラーなイルミネーションとのことですね〜
京都タワー


























ネット検索で調べてみますと・・
「バレンタインカラーライトアップ」と銘々されて、
2月14日限定で、夜24時までに限って、京都タワ
ーがピンク色にライトアップされているようです!

恋人たちの特別な記念日を盛り上げるという趣向
のようですね!他にもバレンタインデーにちなんだ
イベントが色々開催されているようですね〜

せっかくですので、1人って言うのが寂しくはあり
ますが、近くまで歩いていって写真撮影(^_^;)

うん!うん!
めちゃくちゃホントにキレイですね〜,゜.:。+゜
京都タワー

























そしてホテル「新都ホテル」の部屋に戻りましたら
あっという間に、もう午前2時となっていました!

実は実は・・・
第3回ディーズパティオミーティングで、私がゲスト
パネラーとしてお話しさせて頂いている真っ最中!

なんとなんと・・・
お客様からサプライズで届きましたのが・・・
バレンタインデーのプレゼント!!!
司会者さんから華やかに手渡されたのです(^_-)
チョコレート













「ワインと一緒にどうぞ!」・・・
と書かれたメッセージも添えられていましたので、
1人でワインと一緒に愉しませていただきますね!

本当に本当にありがとうございます!!!
バレンタインデー


























京都タワーを眺めた帰り道・・・
赤ワインとチョコレートの組み合わせで戴こうと
思って、しっかり赤ワインも買い込んできました!

ではでは!さっそくさっそく!!
手のひらにのせていただきまーすo(^▽^)o
チョコレート


























〜オランジェットと赤ワインの組み合わせ〜
カリッと口でひと齧りしてから、グラスに注いだ
赤ワインをググッ〜っと舌の上に放り込みます。

口の中に広がる深い香りが心地良いですね〜
絶妙な味わいに感動の瞬間でしたっ(*^^)v
オランジェット


























うん!うん!とっても美味しい(*^O^*)
これはこれは・・・
ワインとめちゃ相性バツグンですねっ

とっても嬉しい〜〜〜
「大きなビタミン愛と一緒に
幸せ気分で味合わせていただきましたっっ)^o^(
オランジェット

























あまりの感動感激の美味しさに・・・(o^-^)
1次会〜2次会でも、しっかり飲んだあとでしたが
買い込んできましたハーフボトルの赤ワインも、
あっという間に飲み干しちゃいましたね(≧▽≦)
ワインと一緒











そんなとっても嬉しい〜♬ ♫
チョコレートとワインの味わいを楽しみながら・・・
眠りについた翌朝!目を覚ましますと・・・

一瞬・・・あれ?ここはどこ???」
あーそっか!京都だあ!!
そうそう!新都ホテルだった(^_^;)
新都ホテル











そんな新都ホテルの宿泊しました部屋から・・・
京都駅方向を眺めた景色になりますね〜
京都駅













ご招待のホテル宿泊で、嬉しいことに朝ご飯も
付いていましたので、ゴソゴソ起きだして、朝食
をいただきにエレベーターで降りていきました!

和食レストラン〜洋食レストラン〜
和洋食レストランっと、3つのレンストランから
好きな食事を選ぶことが出来るのですね〜

ここは地下1階の和食レストラン・・・
んん?このメニューは・・・
確か、以前に口にした記憶がありますね〜

あっ!ありましたっ!
ディーズガーデン女性部会で、ゲストパネラー
役をつとめさせて頂いた翌朝の記事ですね〜
     こちらですね ↓
  「京都で目覚めた寝ぼけ顔・・・」

そんなディーズガーデン女性部会を綴った記事は
     こちらですね ↓
  「第5回ディーズガーデン女性部会研修会」

そしてその夜の懇親会!海外セレブも御用達の
名店「料理旅館・天ぷら 吉川」の記事は・・・
     こちらですね ↓
  「料理旅館・天ぷら 吉川で懇親会!!」

そんな「吉川」で愉しんだワインとの再会!
私自身とワインの写真も載せていましたね〜
    こちらですね ↓
  「料亭吉川で愉しんだワインとの再会」
和定食











3つのレストランでしばし悩みましたが・・・
ここに決めた!っと足を運びましたのは・・・
1Fにあります洋食レストラン「RONDE(ロンド)」
ロンド


























洋食バイキングまたは洋定食が選べます〜
どちらも通常料金ですと、税込¥2,160也!
バイキング


























めちゃくちゃタマゴが好物ですので・・・
ゆで卵にスクランブルエッグっと卵ずくし〜
ベーコン&ハムにサラダもいっぱい乗っけて〜
スープに林檎ジュースにホットコーヒーも(^_-)
朝食











よし!お腹もいっぱいになりましたので・・・
昨日からご無沙汰していました仕事に戻ります!

さあ!帰宅している時間の余裕はありませんので
このまま!現場へと直行するのです(ノ^^)ノ
バレンタインデー
nakamurateien at 13:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年01月21日

世界最高峰のワイン「ロマネ・コンティ」

今日は朝からクルマを走らせ京都市内まで!
風我里事務所から京都市内へとクルマにて、
移動しますルートは3通りありますね〜

琵琶湖西部を南北方向に縦断しています湖西
道路(バイパス:数年前から無料)を南下して、
国道1号線から京都市山科区へと入るルートで
すと、約30分もかからずにもう京都市ですね〜

そして、あの滋賀県と京都府の境界に佇みます
比叡山を乗り越えるように走っています、通称山
中越えと呼ばれるルートですと、京都市左京区ま
でこちらも、約30分強で到着しますね〜

京都市内の寺院のなかでも、かなりの有名処と
言えます三千院や寂光寺のあります、京都市
大原を抜けるルート通称途中越ですと、こちらも
京都市左京区まで約30分で到着できますね。

風我里事務所は、滋賀県でもかなり京都に近い
西側に位置していますので、滋賀県全域そして
京都市内全域を行動範囲としてとらえた場合、
ちょうどその範囲の中央に位置していますので、
かなりかなり便利な立地といえますねっ!!

大きな琵琶湖を横断しています琵琶湖大橋まで
もクルマを走らせ5分もかからず到着しますので、
位置取り的には結構な好条件なのです(*^_^*)

こちらは、京都鴨川に架かっています五条大橋
(ごじょうおおはし)での信号待ちの風景です。
どんよりした雲から青空も少し見えていました!

五条大橋は、諸所異説もあるようですが、弁慶と
牛若丸が出会った場所とされていますね〜
京都 五条大橋











そんな京都市内でのお客様との打ち合わせ〜
今日はたくさんのお客様とお会いさせていただき
そしてたくさんのご契約もいただきましたっ!!
本当に本当にありがとうございますm(_ _)m
ドメーヌ・アルヌー・ラショー・ブルゴーニュ・ピノ・ファン


























そんなとっても嬉しい・・・
今宵のワインはフランス産ブルゴーニュ!!

Domaine Arnoux Lachaux Bourgogne Pinot Fin
ドメーヌ・アルヌー・ラショー・ピノ・ファン2011
ブルゴーニュ


























生産者(ドメーヌ)は、アルヌー・ラショー。
葡萄品種は、ピノ・ファン(ピノ・ノワール)
このピノ・ファンは、通常のピノ・ノワールと比べて
小粒で果皮も分厚いことが特徴となっています。

小粒で収穫量も少なくて、栽培も難しく手間暇も
かかる品種なので、造り手も少なくなっています。

あの世界最高峰のワイン「ロマネ・コンティ」にも
使用されていますブドウ品種「ピノ・ファン」・・・

このドメーヌ・アルヌー・ラショー・ピノ・ファンは・・・
なんと「プチ・ロマネ・コンティ」なんて壮大な愛称
でも、呼ばれているワインなのです。

ラベルにも「Pinot FIN(ピノ・ファン)」との文字が
、誇らしげに大きく描かれているのですっ!!!
ピノ・ファン


























そんなドメーヌ・アルヌー・ラショー・ピノ・ファン。
あのロマネ・コンティと同じ・・・
ブドウ品種ピノ・ファンで作られたワイン・・・
プチ・ロマネ・コンティとの異名のあるワイン・・・

とってもとっても美味しくいただきましたっ!!
ただロマネ・コンティの味わいを知りませんので、
当たり前のことですが比較は出来ません(^_^;)

出来ることならば・・・
いつかいつかロマネ・コンティ・・・
グラス1杯!飲んでみたいものですね〜

まあ・・・
普通に1本・・・
100万円〜200万円〜300万円・・・
なんて値段が軽くついていますからね(*^_^*)

赤ワイン


nakamurateien at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年01月15日

雪見酒でいただくスコッチウイスキー

一昨日の昼間から降り続いた雪・・・
さすがのこの冬1番の最強寒波ですね〜
今日も一日中ずっと降り続いていました・・・
大雪













こんな滅多に無い雪降る夜は・・・
やっぱり雪見酒でしょう(#^_^#)
Dewars12


























いつものようにワインを飲んでから・・・
ひそかに取り出したのは・・・
スコットランド産のスコッチウイスキー
「Dewars(デュワーズ)12」になりますね〜

Dewars(デュワーズ)と言えば・・・
アメリカではもっともメジャーなブランドですね!
デュワーズ12


























この「Dewars12」は、12年以上熟成された40
種以上のモルトウィスキーとグレーンウィスキーを
ブレンドさせて、さらに樽に戻してから、6ヶ月程度
熟成させているとのことですね〜

アルコール度数は40度。
氷を入れてロックでいただきますヽ(^O^)ゝ
デュワーズ12











冷たい雪の夜に味わう!ウイスキー!
たくさん積もった雪にシンシンと冷やされて・・・
いつもと違った格別の味わいですね〜
積雪


























照明器具もすっぽり被ってしまっています雪。
幻想的な風景に心まで癒やされますね〜
夜の雪


























上質な味わいのDewar's 12(デュワーズ12)
ゆっくりまったりといただいていますっ(^_-)-☆
雪見酒
nakamurateien at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年01月13日

いつの日もワインは愛と別れの隣にいた・・・

めちゃくちゃワインすきな私ですので・・・
好きな漫画も、大好きな車やバイクだけではなく
料理やワインを扱った漫画も大好きなのです!!

こちらは・・・
そんなワインを題材にした漫画「ソムリエ」
主人公のソムリエ「佐竹 城」が、生き別れとなっ
た継母が、飲ませてくれたワインの味を求めて、
世界中を探してまわるというストーリーですね。

1998年(平成10年)に・・・
稲垣吾郎主演にてテレビドラマ化もされています。

ただ、ワインへのウンチクを語るだけではなく・・
ワインへの接し方やワインへの一途な想いが・・
とってもとっても深く描かれている漫画なのです!
ソムリエ


























そんな主人公「佐竹 城」はワインにまつわる話し
の中で、たくさんの名言を残しているのです(^_^)

「まずいワインなどないのです。あるのはただ、
  そのワインと出会うにふさわしい”時”だけ」

「ワインにはワインの時間があります。
 時には人がワインの時間の流れに合わせて
  みてもいいんじゃないですか」

「ワインは嘘をつかないんだよ
 高いワインには高いワインなりの
  安いワインには安いワインなりの
   真実がある」

「ワインに国籍などないんです。あるのは
 美味しいワインをつくりたいという情熱だけ・・」

「ワインづくりに偶然の奇跡などありません。
あるとすれば、つくり手の汗が生み出した奇跡・・」

ワインと出会うにふさわしい時


























時に甘く
時に苦く
ワインはドラマを醸し出す・・・

ワインはその日の気分・・・
その日の気候・・・
そしてその日一緒に飲んだ人・・・
その日それぞれで・・・
その味わいも変わる気がしています。

あの日あのとき感動したワインには・・・
もう2度と出逢えないのかもしれませんね!

nakamurateien at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年07月30日

網走監獄黒ビール「監極の黒」

先日も記事にしました・・・
お客様から頂きましたプレゼント〜
とってもとっても美味しく戴いたのです!

先日の記事はこちらですね ↓
   「平戸から届きました〜ウチワエビ」
パティオガーデン











とってもとっても美味過ぎました〜
そんなウチワエビと一緒に送って頂きました
飲み物が・・・こちらになりますねっ(≧∀≦)
網走ビール


























網走ビール・・・
色んな味わいがビッシリ!!!
深く広く注意深く・・・吟味されていますね(^_^)v
網走ビール











めちゃくちゃ不気味なほどのグリーン色へと
染まっていますのは「知床ドラフト」・・・
味わいは想像以上にマイルドで美味しい!
知床ドラフト


























銘々的なインパクトも絶妙ですね〜
網走監獄黒ビール・・・「監極の黒」
監極の黒


























その他にも・・・
「流氷ドラフト」「桜桃の雫」「ホワイトエール」
「ホワイトエール」「プレミアムビール」・・・etc

それぞれの味わいも愉しみながら・・・
とってもとっても美味しく戴きました(≧∀≦)
北海道




nakamurateien at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年03月27日

我が家にやって来た「春の気配」

今宵は「男の料理」って感じで・・・
自分自身で、せっせと夕食を拵えてみました!

ドーンっと買い込んだ、ヒレ肉のステーキを
メインに、赤ワインで楽しんでいます(*^-^*)
ヒレ肉


























中身レアな感じで仕上げましたので・・・
たぶん肉の匂いが半端無いのか・・・

犬たちがガマン出来ない表情で、周りに
ウロウロ〜っと集まってきています(^_^;)
ラム











なぜか、まるで盗み見しているかのように
身体半分隠しながら覗き込んできますね〜

この肉の香ばしい匂いは、犬たちにとって
は、かなりかなり強烈なようですね(o^^o)
モコ


























ステーキをたっぷり味わったあとは・・・
お次は、やっぱりデザート・・・
ビターなスイーツでワインを嗜みます!!
スイーツ


























この甘くほろ苦いビターさ具合が、ワインに
とっても似合っていて、ホント美味しい!!
ショコラ


























そして、我が家にやってきた「春の景色」
春らしいフラワーのオンパレードですね!
花











最後は、華やかな花を愛でながら・・・
たっぷりとワインを愉しんでいます(^_-)
春
nakamurateien at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
風我里のデザイン

CAD設計デザイン集です!
風我里の施工例

施工例の画像写真集です!
御施主様のブログ

はんべこうむてんのBlog

Morning Buzz
Morning Buzz

チョコの海岸物語
チョコの海岸物語

RYOKOのホームページにようこそ
RYOKOのホームページ

♪かえでの はなうた日和♪
♪かえでの はなうた日和♪

〜幸せの風日記〜
〜幸せの風日記〜

yopis room
yopi's room

お気楽夫婦バンザイ
お気楽夫婦バンザイ!

UMAい競馬情報
UMAい競馬情報
お気に入り

エクステリア明日香ExNews

四季彩々ー子沢山の外構職人の戯言
四季彩々外構職人の戯言

半立体木製看板イラスト
ウッドサイン工房ななせ

風我里の看板作成!

イシイ
 二輪ショップイシイ
宮崎高鍋のおかあさん


のら姉さんのページ

Recent Comments
月別アーカイブ