ガーデニング工房「風我里」滋賀から発信!

ガーデンデザイン工房「風我里」デザイナーが心で感じた想いを日々綴っています!

カテゴリ: お庭の小さな生き物たち

本日、剪定作業にお伺いしたお客様宅。
なんとアルミテラスを雨除けに上手に
作られた蜂の巣・・・
なかなか大きいですねぇ!

たくさんの蜂さんが巣に群がっています。
これはアシナガバチで正解ですか?

お客様も蜂が怖くてここ最近洗濯物もここに
せないどころか、雨戸も開けられないとのこと。

テラスに・・・
























ハチさんには可哀相ですが・・・
そしてお庭の剪定には関係ありませんが、
撤去してあげないわけにはいきませんねぇ・・

そしてこれが蜂の巣退治道具の3点セット。
殺虫剤・帽子・傘・・・

さすがにスズメバチですと、手を出せません
ので駆除業者に依頼しますが、このサイズで
したら、この3点グッズがあれば・・・
たぶんきっと大丈夫でしょう(^_-)-☆

必需品























小さな蜂の巣でしたらハエ・蚊用の殺虫剤
だけで、その効果は充分過ぎるくらい。

ただ、ここまで大きく蜂の数が多いと、
この防御用の傘と帽子は重宝します。

蜂さんは生き物の弱点である瞳・・
すなわち黒いものにまず向かってきますから
服装は薄い白に近いものがベストでしょう。

帽子は髪の毛の黒さも隠し、蜂さんが瞳めが
けて
突進してきたときに、さっと俯くと帽子
のツバが
その防御にもなります。

そしてこの傘・・・
向かってくるハチからこの傘で身を守るのです。
バシッ!バシッ!っと傘にぶつかる激しい音!
ごめんな・・























かなり激しく攻撃されましたが・・・
誰もいなくなってしまいました・・・
この六角形が集まってできる形状。
何回見ても芸術的ですよね。
そして誰もいなくなった























手にとってみました。
栄華を極めたお城が朽ちた跡・・・
そんな心境で見つめています。
ハチの巣























中に居る幼虫たち・・・
これも運命でしょうか。
幼虫














8月下旬に入っても、まだまだ昼間は気温の
高すぎる猛暑が続いていますが、朝晩は少し
涼しくなってきた印象がありますね〜

そんな少しは過ごしやすい早朝・・・
たまには早起きして、外をウロウロ〜っと
してみますと、歩道脇に植え込んでいます
メキシコマンネングサの葉っぱの中心に
埋もれるように蠢く物体が潜んでいました。
蜘蛛


























虎縞模様の大きな蜘蛛「クモ」ですね〜
逃げる蜘蛛を、そっと素手で掴んで・・・
自分のパンツに寄り添わせてみました。
蜘蛛




























何て言う種類「名前」の蜘蛛なのでしょう。
過去記事にも、たくさんクモを出没させて
いますので、過去記事散策してみますと、
あっ!ありましたねっ〜

たぶんたぶん・・・
ナガコガネグモのメスのようですね〜
クモ




























パンツの上を這うように、グングン上半身
めがけて、闊歩するように登ってきますっ。
ここからの構図はなかなかの迫力ですね!
蜘



























こんな感じで・・・
夜明け間際の秋の早朝、蜘蛛と一緒に

癒やしの時間を過ごしていたのです(^_^)
くも

2019年12月年末も、終盤に押し迫って、
完璧に真冬に突入した季節なのですが。

現場でウロウロしていました・・・
私の太ももに、ふと目をやると・・・

なんとなんと・・・
めちゃ大きなスズメバチが・・・
止まっているではないですか(^_^;)

こんな冬場にスズメバチに遭遇すること
は完全に想定外でしたので、目にした
瞬間に、かなり慌ててしまいましたね〜
スズメバチ


























そんなスズメバチも、私の指パッチンで
ノックダウンしましたので、季節的にも
かなり弱っていたのでしょうね〜

今年秋の、まっただ中にスズメバチの巣に
遭遇してまるで良くあるアニメのように、
襲われたことを思い出しちゃいました

そんなズスメバチに襲われた際の・・・
記事はこちらですね ↓

「スズメバチに襲われました!」
スズメバチ

先日から着工しております、滋賀県大津市内
の、ガレージ周りからお庭内のすべてに及ぶ
大々的なリノベーション工事のお客様宅!!

現在は、エントランス部分の門壁から建物玄関
ポーチまで繋がる、長い距離となります、天然
石材を使った園路の作成作業を進めています!
園路


























サビ御影石の平板石を使った園路となります。
そんな園路の所々にバランスを考慮しながら、
入れ込んでいますのは、東洋工業製のコンク
リート製人工枕木「レイルスリーパーペイブ」
人工枕木


























そんな園路(アプローチ)が、緩やかな曲線を
描きながら、玄関ポーチへと導いています!
園路


























そんなお客様宅の、お庭に植えられています
樹木も秋を感じる紅葉が始まってきています!

ナツツバキ(ツバキ科)別名:シャラノキ
美しいオレンジ色に染まってきていますね〜
ナツツバキ


























そしてそして・・・
こんな可愛いお庭の住人も、樹木を住処に
して、愉しんでいるみたいですね(^_-)-☆
蜘蛛

お客様宅で剪定作業に従事していますと、
目の前に異様に密集した枝葉に囲まれた
まさに蠢くような場所を発見しました・・・

なんとなく奇妙な違和感を感じたので・・・
もっていたノコギリの先で密集ヶ所を・・・
ツンツンっと突いてみますと・・・

いきなり!!!
ブーンっと大きな羽音を立てて・・・
めちゃ大きな蜂(ハチ)が数匹飛び出してきて、
こっちめがけて襲いかかってきましたっっ

うわあっっっ!!!
スズメバチやんっっっ(O_O)


もう!!!
こんなに全速力で走ったのは・・・
いったい何年ぶりだろうかと・・・
はるか遠い過去を回想したくなるほど・・・
両足を思い切りフル回転して逃げましたっ

200メートル以上は走りましたね〜
必死に走りながら聞こえている羽音のあたりを、
手にしていましたノコギリを振り回して、襲いか
かってくる蜂(ハチ)をなんとか叩き落とそうと、
めちゃくちゃ頑張りました(^_^;)

それでも、後頭部からたったの10センチくらい
しか離れていない近距離で、ずっとブンブンっと
何匹かの大きな羽音が聞こえていましたっ!!

帽子を被っていましたので、唯一黒いところの
後頭部の髪の毛を狙ってきています(T_T)

幼い頃は、鹿児島の田舎育ちで、大人になって
からも、ずっと造園業に従事していますので、
蜂(ハチ)には慣れ親しんでいるのですが・・・

こんなに執拗に蜂(ハチ)に追いかけ回された
には、生まれて初めての経験でしたね〜

正直言いまして、もう刺されてもしかたがない
っと覚悟を決めながら走っていたのですが・・・

振り回していたノコギリが、奇跡的にヒットした
ようで、なんとか刺されずに生還出来たのです!
スズメバチ
























もっと小さいスズメバチの巣でしたら・・・
幾度も駆除したことはあるのですが・・・

さすがにこの大きさになりますと・・・
もしもスズメバチに刺されてしまいますと・・・
今後の作業にも影響しちゃいますからね〜

ここは、プロの駆除業者さんに来てもらって、
完璧にきちんと退治してもらうことにしました〜
スズメバチ











おお!!
さすがは慣れてはりますね〜
めちゃくちゃ手際が良い〜
スズメバチ











あっと言う間に、枝葉のなかに入り込んでい
た、大きなスズメバチの巣が撤去されました!
スズメバチ











噴霧した薬剤の力で、かなり弱ってはいます
が、まだモゾモゾっと動いていますね〜
スズメバチ


























スズメバチの巣の中身は、綺麗に4層に分か
れていて、まるでマンションのようですね〜

150匹以上はいるだろうとのこと!!!
これが集団で襲ってきたら・・・
かなりかなりヤバすぎですよね(^_^;)

本当に誰も刺されなくて良かった・・・
ホッと胸をなで下ろした1日でした(o^-^)
スズメバチ

今日は朝からシトシトシトシト・・・
っと、降り出した雨が、次第に激しくなって・・・
午後からは、かなり本降りの様相でしたっ!

しかししかし・・・
久しぶりのまとまった雨量になりましたね〜

水たまりを泳ぐように這うカタツムリ君も、少し
進むのにも、難儀している様子ですねっ(o^-^)
でんでんむしむし























そしてそして・・・
水たまりと聞いて思い出すのが・・・
こちらのハート型の水たまり

以前に・・・
島根県の玉造温泉に遊びに行った際に
縁結びスポットの美しい紅色の橋・・・
「恋叶橋(こいかないばし)」を渡った先の、
開運スポットでもある、玉作湯神社で見か
けた、ハート模様の水たまりですね〜

一人で、キャッキャッっとテンションあがって、
思わずパチリっと撮影しました1枚なのです!
ハート
こちらがその「恋叶橋(こいかないばし)」
ちなみに正式名称は宮橋と言うそうですね〜

奥に見えます開運スポットの玉作湯神社へと
正面から続いている紅色の橋になります。

ここから撮った写真に鳥居が一緒に写ってい
ると、恋が叶うという何とも嬉しい橋なのです!

ただ・・・
どんなアングルでも鳥居は写ります(^_^;)
写真に鳥居を入れない方が難しそうですね・・
恋叶橋

自宅側の玄関前に植え込んでいますのは、
シマトネリコ(トネリコ科)の株立形状樹木。

優しい枝葉が、玄関周りをそれとなく自然な
趣きで、視線を遮ってくれているのです。

シンボルツリーとしては、ここ10年以上にも
及ぶ大人気樹種のシマトネリコですね〜

人気樹種は、数年スパンで定期的に推移し
てきていますが、このシマトネリコ人気の息
の長さは、かなりかなりの驚き具合ですね〜

たまに目にします、ハウスメーカー様が設計
された建物に付随する、オマケ的な叩き台的
な外構図面にも、必ずと言っていいほどに、
シマトネリコの名前が入っていますね〜

ここ10年くらいに新築されたお宅に植えられ
ているのは、ほとんどがシマトネリコではない
のかと思えるくらいに大流行していますよね〜

実は実は・・・
この風我里に植えていますシマトネリコは・・・
お客様宅で大きく成長しすぎていました
シマトネリコを掘り取り、他樹種に交換して
引き上げてきましたシマトネリコなのです!

シマトネリコの唯一の難点は、あまりにも成長
が旺盛で、上手く土に馴染みますと、グングン
っと大きくなってしまうことでしょうか(^_^;

成長が超早いと言うことは、大きくなるまでに
年数を要していませんので、産地的にも手間
暇がかかっていませんから、購入する際には、
大きさの割にリーズナブルな価格で手に入り
ますから、そのあたりの費用面も、このシマト
ネリコの人気の要因でもあるでしょうね〜
風我里


























そんな風我里自宅玄関前のシマトネリコ・・・
なにやらモゾモゾ〜っと、蠢く(うごめく)・・・
小さな物体が見えていますね〜
シマトネリコ











なんだろう???
っとつぶさに観察しますと・・・

とってもとっても小さなカマキリ・・・
色は薄くて、茶色がかっていますね〜

これってカマキリの子供でしょうか???
それとも秋という季節的な時期から考えますと
カマキリのオスなのでしょうか???
カマキリ
























そしてそして・・・
そんな小さなカマキリの近くには・・・

とっても大きなお腹の膨らんだ・・・
緑色のカマキリ!!

これは絶対にカマキリのメスですね〜
それもお腹には子供を宿っていますよね〜

と言うことは・・・
さっきのはやっぱりカマキリのオスかなあ〜
でも交尾したら、カマキリってメスはオスを食べ
ちゃうとか聞いた覚えがあるのですが・・・

なんて深く考えていたら・・・
謎は深まるばかり(^_^;)

カマキリ

今日も早朝出発して、滋賀県大津市の外構
エクステリア工事の施工真っ最中のお客様宅
の別荘まで、打ち合わせに伺ってきました!

とっても広大な敷地となりますこちらの別荘!
資材の置場所にも!トラックの駐車場所にも!
まったく困らないのは助かりますね(^_-)-☆
外構エクステリア工事













そしてそして今日は、ここ最近では本当に
久しぶりに良い天気「快晴」ですね〜

大型で強い台風24号が、ヒタヒタっと・・・
日本列島に近づいてきていると言うのが・・・
まるでのような好天気ですっ!!!
外構エクステリア工事













お庭内の大きな池の水面には、ピョンピョン
っと、何匹かのアメンボが跳ねていました!

アメンボ・・・
調べてみますと・・・
名前の由来は・・・「飴坊」
飴のようなニオイを発することからとのこと!

そうなんですね〜
てっきり雨の降る前に良く見かける・・・
雨上がりに良く見かける・・・
そして棒みたいなかたちしているから・・・

などなどの・・・
って意味の「雨棒」やと思っていました(^_^;)
アメンボ























そんな池に注いでくるのは山からの湧き水。
さわるとヒンヤリ冷たい感触が爽やかです!
湧き水












滋賀県守山市のお客様宅でお庭工事の
作業を汗かきながら頑張っていますと・・・

何やらガアガア〜
っと賑やかな声が聞こえてきます!

何だろう???
っと声のする方を見てみますと・・・

この団体様は・・・ カモ???
で合っていますでしょうか(#^_^#)???
カモ











こんな川とも呼べないような小さな溝っぽい
ところに、たくさんのカモがいるんですね〜
ちょっと驚いた瞬間でした(*^O^*)
カモ













このあとも・・・
ガアガア〜
めちゃ賑やかに・・・
仲良くみんな一緒に進んでいって・・・
あっと言う間に見えなくなっちゃいましたっ!

琵琶湖まではまだかなり距離がありますから、
どこまで行くのが目的なのでしょうか???
カモ

風我里事務所の玄関ドアの上空の庇の内側
には、もういつか忘れるくらい何年も前に作っ
た、ツバメの巣が2つ常備されています!!

ツバメの巣作りの手間を無くして、巣作りを
助けてあげているつもりなのです(o^-^)v

そのおかげかどうかわかりませんが、その巣
をツバメは毎年何回も使ってくれていますね〜
風我里


























そして今回、今年2018年2回目となります
ツバメの雛の産卵そして孵化ですね〜

いつものように、つばめの雛の落下防止と糞
避けを兼ねた段ボール箱を、真っ赤なガムテ
ープで、ビッシリと貼り付けています(^_-)-☆
つばめの巣


























今回のつばめの雛・・・
実は生まれたときは1羽いたのですが・・・

茹だるような酷暑のなかでしたから・・・
2羽共にひょろひょろの痩せこけた雛で・・・
ちゃんと巣立てるのだろうかと・・・
かなりかなり心配していたのですが・・・

いつの間にか・・・
1羽だけになってしまっています・・・
ツバメの雛











もう1羽はダメだったのかもしれないなあ・・・
っとかなり残念に思っているのです(T_T)

それでも残った1羽は、丸々と太ってきていて
とても元気な様子ですから、もう安心ですね!
つばめの雛

先日のお客様宅での剪定作業の真っ最中〜
午後の休憩にと戴きましたフルーツゼリーを
縁側にて美味しく食していますと・・・
ゼリー













縁側脇の靴脱ぎ石の角っこに・・・
ウロウロ〜っとうごめく物体を発見(*^O^*)

おっ!!!
お腹が丸々太ったトカゲですね〜

お庭内で剪定作業などしていますと・・・
頻繁にこんな小さな生き物に遭遇しますね〜
トカゲ













今回はあまりのすばしっこさに・・・
捕まえ損ねてしまいましたが・・・

こちらは以前にお庭で捕まえて、私の手の
平に乗っけていましたトカゲ君ですね〜
めちゃくちゃ可愛いっ!!!

ガブッと噛みついてくれていますが・・・
歯が鋭くないのでしょうか・・・
まったく痛くありませんね〜(≧▽≦)
トカゲ




























そしてそんなトカゲ君は・・・
見た目の皮膚がヌルヌルした感じですので、
ちょっと気持ち悪い感じもあるのですが・・・

こちらのカナヘビ君は・・・
恐竜的な質感でめちゃくちゃカッコイイ(o^-^)v
カナヘビ
























カナヘビ君は、こうして手の上にのっけても
めちゃくちゃ大人しくて可愛いすぎ(#^_^#)
カナヘビ

























そして掃除中に見つけましたのは・・・
ヘビの抜け殻ですね〜
これは久しぶりに見た気がします(*^O^*)
ヘビの抜け殻







本日は早朝から、滋賀県甲賀市のお客様宅
での、ガレージ増設工事に着工致しました!

和風の松などが植え込まれていました日本
庭園を、完全に解体撤去して、クルマを駐車
出来るガレージへと変貌させていくのです。
ガレージ増設











まず初日の作業は、重機「バックホウ:通称ユ
ンボ」
を使って、自然石や石材、そして樹木の
根っこを掘り取り、積み込んでいくのです!
ガレージ増設











こちらが施工前「ビフォー」の様子ですね〜
手入れの行き届いた3本の松を主体にして
和風樹木が配置されたお庭となっています。
ガレージ増設











そんな今日、私は早起きして、スタッフよりも
1時間ほど早めに現場に到着して、撤去しま
す樹木の大きな幹だけを残して、すべて伐採
して軽トラックに積み込んでいたのですっ!

準備万端整えて、スタッフの到着を待ってい
ると言う、完璧な下準備だったのですが・・・
ガレージ増設











なんとなんと、サツキの玉つくりを伐採した
瞬間に、左手をアシナガバチにチクッ!と、
なんと2ヶ所も刺されてしまいました(^_^;

写真ではわかりにくいですが・・・
左の甲と手首まで腫れちゃってますっ!!

伐採前にはサツキをバサッと揺らしたりして
ハチの巣の存在を十二分に確認してから、
伐採したつもりだったのですが・・・
私の確認不足だったようですね〜

しかししかし・・・
かなり久しぶりに刺されちゃいました(>_<)


これから秋に向かっての季節・・・
ハチもかなり攻撃的になっていきますね〜
皆さんも充分お気をつけてくださいねっ!!

そう言えば、確か以前に・・・
アシナガバチの巣の退治(駆除)について
綴った記事がありましたね〜

こちらですね ↓
  「栄光の城・・墜ちる」
アシナガバチ





















このページのトップヘ