ガーデニング工房「風我里」滋賀から発信!

ガーデンデザイン工房「風我里」デザイナーが心で感じた想いを日々綴っています!

カテゴリ: 近くの雰囲気良い風景!

先日、京都市内でのお客様宅での打ち合わせ
の帰り道に立ち寄ってきましたのは「銀閣寺」

銀閣寺公式サイトによりますと・・・
―以下 抜粋―


正式名称を東山慈照寺といい、相国寺の塔頭
寺院の一つ。銀閣寺の名の由来は江戸時代、
金閣寺に対し、銀閣寺と称されることと
なったといわれています。
室町幕府八代将軍の足利義政によって造営
された山荘東山殿を起源とし、義政の没後、
臨済宗の寺院となり、義政の法号 慈照院
と名付けられました。

銀閣寺











金閣寺も銀閣寺も相国寺の塔頭寺院とのこと。
相国寺は室町幕府三代将軍の足利義満によって
創建され、そして金閣寺もほとんど同じ時期に、
同じく足利義満によって創建されています。

そしてその後、銀閣寺は八代将軍の足利義政に
よって創建されるという歴史になりますね〜

拝観料大人500円(大人&高校生:500円、小中
学生:300円、小学生未満:無料)を支払って、
銀閣寺(東山慈照寺)へと足を進めていきます。
銀閣寺











ここ最近の京都は。海外からの観光客激減
のおかげでかなり空いている感じがします!

10年くらい前の良き京都に戻った感じで、
ゆったり散策出来るのは心地良いですね〜
銀閣寺











こちらが銀閣寺(慈照寺)を代表する
建物
「観音殿」になりますね〜

金閣寺に対峙しての銀閣寺という銘々
とのことで、銀箔は張られていません。
銀閣寺











こちらも有名どころな存在の
「向月台」
形状は富士山をかたどっていて、遠い
過去には、ここに座って東山から昇る
月を眺めていたとのことですね〜
銀閣寺











向月台と観音殿を一緒に眺めた風景。
手前には大きく広がる白砂の「銀沙灘
(ぎんしゃだん)」
が広がっていますね〜
銀閣寺






















山道入り口の湧き水処「お茶の井」を
抜けて、展望台まで登ってみました!

この展望台からは、銀閣寺境内と京都
市内を見渡すことが出来るのです。
銀閣寺











境内を散策していますと、冬期ですので、
光かがやく緑潤う季節でもありませんが、
庭園内の苔の美しさには目を奪われます。
銀閣寺



京都大原にあります「宝泉院」には、
額縁庭園と呼ばれています、盤桓園
(ばんかんえん)
が有名ですが、その他
にも鶴亀庭園宝楽園という景観的にも
とっても優れた庭園もあるのです。

こちらは、
宝楽園になりますね〜
宝泉院の公式サイトによりますと・・・

宝楽園は平成17年3月に宝泉院境内南側の
低地に
新しく誕生した庭で、心の内なる
広大な仏、神の世界を
岩組、樹花、白砂等
をもって表わし美しく宝の如く
そのままそ
こにある楽園の境を創作したものである。

宝泉院













そんな冬季のもの悲しい宝泉院で、一際目を
惹いていましたのが、こちらの小さな蕾が
いっぱい、実がなるように膨らんだ樹木・・

ミツマタ(三椏:ジンチョウゲ科)
です!
枝が三つ叉に分かれているところからついた
と言われるミツマタという名前になりますね〜

これから春を迎えますと、個性的な雰囲気の
半球状の美しい花姿を魅せてくれるのです!
宝泉院





























宝楽園の手水鉢を彩る蹲い周りの風情が、
独特でシンボル的な景色を造っています。
宝泉院













そんな手水鉢の片隅に、赤くキレイに染まった
紅葉が何気なく、1枚添えられていました!!

さすがのさりげない1枚
京都を感じる風景ですねっ!!!
宝泉院












京都大原三千院を散策したあとは、その
まま徒歩で奥へ数百メートル進んだ先に
あります宝泉院も拝観してきましたっ!
宝泉院











額縁庭園と呼ばれる庭園が、
特に有名な宝泉院になりますね〜

正面には樹齢700年の五葉松が聳えます。
向かって右側がその樹齢のせいでしょう
か、大きく損傷ヶ所があるようで、復活
へ向けての処方が施されていますね〜
宝泉院











額縁庭園という銘々通りに、畳敷きの大
広間を、廊下を挟んでL字に囲むように、
柱、鴨居、敷居を額縁に見立てて、その
奥に広がる孟宗竹の竹林を借景にした、
壮大な庭園を見渡すことが出来るのです。
宝泉院












1999年夏のJR東海コマーシャル
「そうだ 京都、行こう。」
にもステキに登場していますね〜

こちらの盤桓園(ばんかんえん)は・・・
立ち去りがたいという意味があるとのこと。
宝泉院






そして以前にも記事にしていますが・・
ここ宝泉院の天井は・・・
「血天井」と呼ばれる床板になります・・

血天井とは・・・
1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いの前哨戦
とも言われます伏見城の戦いの際、伏見城
を守っていた徳川家臣・鳥居元忠以下数百
名が、石田三成に攻められ最後に切腹した
あと、血肉が床板に深く染みこんだ痕・・・

伏見城の戦いは真夏でしたので、関ヶ原の
戦いが終わるまで、2ヶ月ほど放置された、
死体の腐敗は、かなり激しかったようです・・

そんな武将武士らの無念を供養するために、
床板を外して、いくつかの徳川家にゆかりの
ある寺院の天井として使われているのです・・
宝泉院











ここ宝泉院では・・・
大人800円・中高生700円・小学生600円の

拝観料を支払いますと、「お抹茶券」も戴けます。
宝泉院











赤絨毯に正座しながら、そんな額縁庭園
をゆったり気分で眺めていますと、その
うちに御抹茶と和菓子が運ばれてきます。
宝泉院


























この宝泉院オリジナルのお菓子(若狭屋手作
りの和菓子とのこと)の美味しさに感激です。

なんど味わっても思わず・・・
おかわりを頼みたくなるほど美味なのです!

宝泉院

先日訪れました、京都大原三千院内の
「わらべ地蔵の庭」と呼ばれる場所には、
こんなかわいいお地蔵さんが並んでます。

「どうぞ温かな気持ちをお持ち帰りください」
かわいいポスターになっていますね〜
京都大原三千院



















そんなかわいい「わらべ地蔵の庭」
ちゃんと実物もカメラにおさめてきました!
京都大原三千院























そんな京都大原三千院の境内には、たく
さんのかわいらしいお地蔵さんが、あち
らこちらに置かれていますね〜

「石仏」「おさな六地蔵」と書かれた
矢印方向に歩いていきますと、朱色の美
しい橋を渡ったところには、以前から置
かれてあります、2体の可愛い地蔵さん。
京都大原三千院











こちらの地蔵さん・・・
苔むした帽子がとってもかわいい(≧▽≦)
京都大原三千院











そして川沿いには「おさな六地蔵」と
書かれた小さな看板表示が、大きな
切り株の上に立てられていましたっ!
京都大原三千院











この「おさな六地蔵」は、まだ新しい
お地蔵さんでしょうか???
以前にはなかったような気がしています。
京都大原三千院











こちらのお地蔵さんは・・・
可愛い猫を抱いていますね〜
京都大原三千院











そしてこちらは・・・
鳥を頭にのっけたお地蔵さんですね〜
京都大原三千院











こちらは、とって有り難みがありそうな、
大きな玉を抱えたお地蔵さんですね〜
京都大原三千院











そして、こちらのお地蔵さんの優しげな
微笑みには、こころ癒やされますね〜
京都大原三千院











こちらのお地蔵さんは・・・
お花を抱えているのでしょうか?
京都大原三千院











落語家のお師匠さんを彷彿させるような
とっても和やかな笑顔のお地蔵さんも!

こんな可愛いお地蔵さん探しも、三千院
の楽しみ方の一つになっています(^_-)-☆
京都大原三千院










先週末の2月8日(土曜日)・・・
京都市内でのお客様宅での打ち合わせを、
終えた帰り道に立ち寄りましたのは・・
京都大原三千院
三千院 初午大根焚き











久しぶりの三千院探訪になりますが・・
今回の目的は・・・

2月8日(土)〜2月11日(火)まで
開催されてます「三千院 初午大根焚き」

初午大根焚き
この読み方は・・・
「はつうま だいこだき」
初午とは、2月最初の午の日になります。

この「幸せを呼ぶ大根焚き」を味わいに
寄り道して、立ち寄ってきたのです(^_-)v

三千院の公式サイトによりますと・・・
下記のように記載されていますねっ!!

地元大原の畑で有機栽培された大根を不動
護摩供にて皆様の無病息災を祈願し、大釜
で炊いたものをご接待(無料)いたします

三千院 初午大根焚き
























「京都大原三千院」
・・・と言う言葉を耳にしますと

ついつい・・・
永六輔作詞〜いずみたく作曲〜
そして、デュークエイセスが歌った名曲
「女ひとり」を、口ずさんでしまうのは、
まあまあの年齢になった証拠でしょうか(^_^;

何歳以上の年齢でしたら・・・
ついつい・・・
この曲を・・・
口ずさんでしまうのでしょうか???

でもでも・・・
この歌詞に誘われて、この地を訪れられる
方々も、かなり多いのではと想像されます
旅情感たっぷりのステキな楽曲ですよね!
三千院 初午大根焚き











普通に拝観料¥700を支払いますと・・
追加料金など一切なく、無料でこの場で
大根焚きの接待を受けられるのですっ!!

この地に根づく、大原女の衣装を着込まれ
た女性の方々が、美味しそうな香りが周囲
に漂う、大根をふるまってくださいます!
三千院 初午大根焚き


























「写真撮っていいですか?」
っと許可を得て撮影しました1枚!!

大きな大根が、グツグツっと煮込まれた
大きな大鍋がいくつも並んでいますね〜
三千院 初午大根焚き












この写真だけでは、この大根の大きさは
まったく表現出来ていませんが・・・

めちゃめちゃ大きく、そして分厚〜い
サイズの大根にビックリです(O_O)

あまりの美味しさに・・・
お代わりしたくなっちゃいますね〜

「幸せを呼ぶ 初午大根焚き」
これはきっと大きな大きな・・・
幸せを運んでくれるはずですよね(≧▽≦)
三千院 初午大根焚き

名神高速道路「大津サービスエリア」の屋上
にあります展望デッキの上がってきました!
名神大津サービスエリア











ウッドデッキが敷き詰められた、広大な面積
の展望デッキスペースが広がっています!
名神大津サービスエリア











そしてそして・・・
展望デッキから眺めた琵琶湖の景色も、
青空のもと、素晴らしい眺めですね〜
名神大津サービスエリア











ここ名神高速道路大津サービスエリア下り
「恋人の聖地」に認定されていますので、
ステキなオブジェが飾られていましたっ!
名神大津サービスエリア











大津サービスエアリア上りの、大きなハート
のオブジェは、目立つ場所にありますので、
かなり有名で私も良く認知していましたが、
ここ下りの大津サービスエリアにも、こんな
煌めくオブジェがあったのですね〜
名神大津サービスエリア











そんな恋人の聖地にあります、真っ白な
ホワイトカラーの「絵馬掛けツリー」が、
3つ等間隔で立ち並んでいましたっ!
名神大津サービスエリア











愛する人、愛してくれる人を想う気持ちを、
絵馬に込めて、このツリーに掛けるのです!

この掛けられた絵馬は、年に1回滋賀県に
あります、あの紫式部ゆかりの石山寺で、
焚きあげられるとのことですね〜
名神大津サービスエリア











それぞれの願いが書き込まれた、可愛い
絵馬が、たくさん掛けられていましたっ!

みなさんの願いが叶いますように・・・
本当に心からそう願いますねm(__)m
名神大津サービスエリア

先日、大阪万博公園に遊びに行った際に、
立ち寄ってきましたのは・・・「太陽の塔」

EXPO70(大阪万博)開催時のテーマ館
一部だった太陽の塔になりますね〜

太陽の塔には3つの顔が描かれています!
最頂部には「未来」を表す黄金色の顔。
胴体部には「現在」を表す太陽の顔。
太陽の塔


























そして裏側にまわった背面側には・・・
「過去」を表す黒い太陽の顔。

正面から見た太陽の塔は、多くの広告媒
体等でも目にする機会は多くありますが

このめちゃくちゃ悪人顔の黒いブラック太陽
は、ここ万博公園に来られた方以外には、
あまり知られていないかもしれませんね〜
太陽の塔


























太陽の塔の内部には、生命の進化の過程を
あらわした「生命の樹」が展示されています。

もしかしますと、太陽の塔の内部の展示空間
を見学出来るかもと思って、入口の看板に
沿ってスロープを降りてみました!
太陽の塔











太陽の塔ミュージアムの入口に到着です!
看板デザインもカッコイイですね(^_-)-☆
太陽の塔











入館チケットを手に入れるには、基本的に
前日までの予約が必要となっていますね〜
太陽の塔


























当日券は、予約に空きがある場合にだけに、
販売されるようです。次回はぜひともきちんと
予約して見学してみたいですね(≧▽≦)
太陽の塔

湖東三山の1つに数えられます「金剛輪寺」
地図の位置的には、湖東三山の3つの寺院
のちょうど、真ん中に位置していますね〜
金剛輪寺


























黒門と呼ばれています総門をくぐりますと・・・

 わけいりて 佛の恵み 松の峰
         嵐も法の 聲かとぞきく

金剛輪寺











こちらが国の名勝にも指定されています、
池泉回遊式庭園の入口となりますね〜

金剛輪寺明壽院(明寿院)と呼ばれる庭園は、
桃山時代、江戸初期時代、江戸末期時代と
時代が異なる庭園が3つ並んでいました!
金剛輪寺











額縁庭園風に、庭園の中心に建ちます建物、
金剛輪寺本坊「明寿院(みょうじゅいん)」越し
に、北側のお庭を眺めた景色になります!
金剛輪寺











凜とした空気がとても落ち着く空間ですね〜
木々や景石にも歴史の深さを感じる庭園です!
金剛輪寺











庭園鑑賞を終えて、次の赤門をくぐりますと
両脇に無数に並ぶ千躰地蔵に見守られなが
ら、長い長い石畳の参道を登っていきます!
金剛輪寺











あまりの長さに途中で引き返そうかな・・・
なんて弱気の虫が騒ぎ始めた頃に・・・

やっと目的地の本堂が、高い高い石造りの
階段の真上にその姿を現しましたっ!!!
やっと着いたあ〜(≧▽≦)

しかし、さすがは・・・
湖東三山と呼ばれるだけあって・・・
どの寺院も本堂に辿り着くまでが、まさに
山登りのような高低差の激しい、そしてその
距離も長い行程にびっくりだったのですっ!
金剛輪寺


























国宝の本堂を横手に見ながら通り過ぎていき
ますと、境内の最奥にあります、重要文化財
の三重塔(別名:待龍塔)も荘厳な雰囲気!
金剛輪寺


























そしてここ金剛輪寺の紅葉は・・・
「血染めの紅葉」と呼ばれています・・・

この「血染めの紅葉」という言葉は・・・
観音様を彫っていく際に、木肌から一筋の赤
い血が滴り落ち、観音様に命が宿ったとして、
粗彫りのままで本尊として祀られたということ
にも由来しているそうです。
金剛輪寺

湖東三山のひとつ「百済寺」の入口に、とっ
てもステキな花びらを咲かせていましたのは、
なんとも季節外れの美しすぎる桜(さくら)
長寿桜











こちらは「長寿桜」
見頃は10月上旬から2月上旬までとのこと!

寒空のなかで、白い雪景色と華やかな美しい
桜の花が一緒に愉しめるのは貴重ですよね!
長寿桜











そして、そんな長寿桜に近くに立てかけてあり
ました大きな看板にも目を惹かれていました!

「松茸あります」そして「松茸フライ」
秋の味覚の松茸には、やはり心惹かれますね〜
松茸フライ


























松茸フライ、そして一緒に横に並んでいました
滋賀名産の近江牛コロッケも美味しそうです!
松茸フライ


























テレビ番組「おはよう朝日」のロケで放送された
際にも、松茸フライが大絶賛されたようですね〜
松茸フライ


























というわけで、私も看板の宣伝文句に心惹
かれて、松茸フライを買っちゃいましたっ!

秋の象徴的存在の松茸に紅葉・・・
2019年の秋をいっぱい味わってきました!
松茸フライ

滋賀県東近江市にあります「百済寺」
湖東三山のひとつに数えられています。

「くだらじ」と読んでしまいそうですが・・・
読み方は「ひゃくさいじ」が正解ですね〜

聖徳太子が仏教の拠点として、今から
1400年以上も前となります西暦606年に
創建された近江最古級の寺院となります。
百済寺











かつてかの宣教師、ロイス・フロイス氏が
「地上の天国」と賞賛した寺院になりますね〜

寺院庭園としては、滋賀県下最大となって
別名「天下望遠の名園」とも称されています。
百済寺











広縁にドーンっと座って、池庭を眺めます。
とっても落ち着く空間に癒されますね(≧▽≦)
百済寺











庭園から連なる高台の「望遠台」へと石段
を登って向かうまでに振り返って池庭を
眺める景色も本当に見事な景観ですっ!
百済寺











仁王門をすぎたあたりの長い石段の周囲には
大きな背高のっぽの老杉が立ち並んでいます。
百済寺


























本堂へと到着して登ってきました、杉木立に
囲まれた長い石造りの階段を眺めます。
百済寺











そして本堂脇にあります「鐘楼」
  「自由に打ち鳴らして
     余韻の響きをお楽しみ下さい」

と書かれていますので、私も思いっきり
ゴーンっと打ち鳴らしてみましたっ(^_-)-☆
百済寺


























「昭和の名鐘」と称される梵鐘・・・
その余韻の長さが本当に美しいのですっ!
百済寺











日本紅葉百選にも選ばれています百済寺。
苔生す階段を眺める景色も最高に美しい!
百済寺

滋賀県内の紅葉の名所を、いくつか挙げます
と、きっと誰もが口にするのではないかと思
われるのが、東近江市にあります「永源寺」
永源寺











そんな永源寺境内のすぐ脇を流れる愛知川
沿いには、とっても素適な癒され感が満載な
佇まいの食事処も用意されていいますね〜
永源寺











そんな愛知川越しに見える向こう岸に佇む
料理旅館を眺める景色がとってもステキ!!
永源寺











しかししかし・・・
今年は、あの茹だるような真夏の猛暑期間が
あまりにも長く、秋の訪れが、かなり遅かった
せいでしょうか、紅葉シーズンの見頃時期も、
例年より遅れ気味な感じがありますよね〜
永源寺











まだグリーンの葉っぱの中に、紅色の紅葉が
彩りを添えている感じですので、完全完璧な
紅葉は、あと一週間後くらいでしょうか???
永源寺











水面に映る「永源寺」の文字・・・
人気の撮影スポットになっていましたね〜
永源寺











この秋の紅葉シーズンは・・・
12月1日(日)の8:30まで、ステキな紅葉を
幻想的に彩るライトアップも楽しめるようです!

きっときっと・・・
夜はもっともっとすてきな光景なのでしょうね!
永源寺

ロハスフェスタ万博2019 Autumn
2nd:2019年11月15日(金)〜11月17日(日)

先日の週末に、大阪万博公園にて開催され
てましたので、早起きして早朝から愛車レヴ
ォーグSTISportsを走らせ行ってきました!!
ロハスフェスタ万博2019 Autumn











ロハスフェスタのテーマは・・・
「みんなの小さなエコを大きなコエ(声)に」
ロハスフェスタ万博2019 Autumn












こだわりの手造り雑貨やステキな家具、そして
衣類などのファッション関係や可愛いアクセサ
リーショップも、たくさん出店されていますね〜
ロハスフェスタ万博2019 Autumn











中央のステージでは、ひっきりなしの演奏者
が、賑やかにステキな音を奏でていました!
ロハスフェスタ万博2019 Autumn











しかし皆さん、かなり本格的な装備ですよね〜
テント持参の方がめちゃ多いのにビックリです!
ロハスフェスタ万博2019 Autumn











そしてフードエリアにも、もう数え切れないほ
どの移動販売車などの、見るからにとっても
美味しそうなロハスキッチンが並んでいます!

9時半オープンっと同時に来園していますの
で、この時間ですと、どのロハスキッチンも
並ばずに選り取り見取りで味わえそうです!

さてさて・・・
まずは、何から食べようかな(≧▽≦)
ロハスフェスタ万博2019 Autumn










このページのトップヘ