【検索の達人 ■■■】■■■に文字を記入!
高大連携情報誌 調べもの新聞
【ブログ=穴埋め・論述問題】

 

岩手県立盛岡第一高等学校

岩手県立盛岡第一高等学校 

【過去の名称】
公立岩手中学校
岩手県尋常中学校
岩手県盛岡尋常中学校
岩手県盛岡中学校
岩手県立盛岡中学校
岩手県立盛岡第一高等学校
岩手県立盛岡高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岩手県
校訓 忠實自彊・質実剛健
設立年月日 1880年5月13日
創立記念日 設立記念日に同じ
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科・理数科
(平成19年度から括り募集)
学期 二学期制
高校コード 03101B
所在地 〒020-8515
岩手県盛岡市上田3-2-1
北緯39度42分48秒
東経141度8分32秒
標高132m
外部リンク 公式サイト
 ウィキポータル 教育
 ウィキプロジェクト 学校
 表・話・編・歴 

岩手県立盛岡第一高等学校(いわてけんりつもりおかだいいちこうとうがっこう)は、岩手県盛岡市上田にある県立高等学校。男女共学。

目次 [非表示]
1 概要
2 校長
3 校訓
4 教育目標
5 重点目標
6 沿革
7 設置課程
8 部活動
9 アクセス
10 主な行事
11 一般公開について
12 著名な出身者
12.1 戦前
12.2 戦後
13 脚注
14 参考文献
15 関連項目
16 外部リンク
 

 概要 [編集]
同校の起源は1880年に創設された「公立岩手中学校」に端を発し、県内の高等学校の中では岩手県立盛岡農業高等学校に次いで最も長い歴史を有する[1]。東北地方を代表する進学校のひとつであるとともに創設以来多くの著名人を輩出してきた。

よく使われる略称は「一高(いちこう)」だが「盛岡一高(もりおかいちこう)」「盛一(もりいち)」と呼ばれる事もある。また、応援歌の歌詞には「盛高(もりこう)」という略称も登場する(但し、一般的にもりこうと言えば盛岡工業高校を指す)。

同校は元来男子校として設立された経緯があるため、1950年の共学化以降も女子生徒の比率は低かったが、現在はその比率の違いもあまり目立たなくなってきている。

また、同校には全国的に見ても少ないバンカラの應援団があり、全校生徒による選挙で選出された應援委員が中心となる[2]。同校では生徒全員を「應援團(応援団)」と位置づけ、その中核を「應援委員」、全校應援練習の場で新入生の指導にあたる三年生の有志を「團有志」、クラスで新入生の指導にあたる二年生の有志を「指導有志」と定義している。尚、同校の校歌の旋律には、軍艦行進曲が採用されている。この校歌は1908年に在校していた伊藤九万一によって作詞され、選曲は同じく当時在校していた佐香貞次郎によって行われた。その関係から、その校歌は『永久保存盤 軍艦マーチのすべて』(キングレコード、1998/04/24発売)の第1トラックに収録されている。

同校には「自彊(じきょう)寮」と呼ばれる寄宿舎(男子用)がある。この寄宿舎は旧制盛岡中学校時代の名前を受け継いでいるものであり、当時の宮沢賢治も利用した[3]。

同校の行事「運動会」では、1年生の男子によって「猛者踊り」と呼ばれる仮装ダンスが行われている。この踊りは、土着民族のたくましさを表現したもので、頭髪を奇抜なデザインに刈り(通称:猛者刈り)、全身に塗料を塗るなどして奇声をあげながら踊る。このダンスは、かつて「土人踊り」と呼ばれていたが、1988年に生徒から人種差別との批判が起こった。これは、服装が「腰みの」「わらじ」「竹の棒」で、塗料も黒であるなど、特定の民族を想起させるものであったためで、黒人人権擁護団体からも苦情が寄せられた。だが、伝統行事であったために、直ちに廃止・改称などは行わず、継続的な議論が行われることとなった。その模様は地方紙岩手日報を始めAERAやNHKニュースなどで頻繁に取り上げられた。最終的には1993年その名を猛者踊りと改称し、塗料は茶・緑・赤・青のみを使用する事で存続を果たした。

1999年10月には校舎が建て替えられた。5階建てで、最新式屈折望遠鏡を備えた天体ドームや、屋内温水プールが設置されている。また、ソーラーシステムも導入されていて、地球環境に配慮した設計になっている。

2005年度より、少子化に伴う岩手県教育委員会の県立高等学校新整備計画の対象となり、クラス数が1学年8クラス(普通科7:理数科1)から7クラス(普通科6:理数科1)に削減されたが、2006年度から、再び従来の1学年8クラス(普通科7:理数科1)となった。

2006年、3年生の一部に対し学習指導要領で必修とされている世界史の授業などを行っていなかったことが判明した。

 校長 [編集]
千葉研二(2009年 4月1日 - )
 校訓 [編集]
忠實自彊(ちゅうじつじきょう)
質実剛健(しつじつごうけん)
 教育目標 [編集]
時代の先駆者として、社会に広く貢献する人間を育成する
高い知性と教養を身につけた人間を育成する
たくましい精神力と思いやりの心を兼ね備えた人間を育成する
強健な身体と豊かな感性をあわせ持った人間を育成する
 重点目標 [編集]
勉学に真摯に取り組む体制を確立する
文武両道の校風を確立する
自律性を持った自主的人間を育成する
基本的生活習慣を積極的に身につける気風を確立する
 沿革 [編集]
1880年 「公立岩手中学校」として盛岡市内丸に設立(8級4年制)、6月15日開校、9月9日専修科(6級3年制)設立
1885年 盛岡市内丸に校舎新築
1886年 「岩手県尋常中学校」と改称(5年制)
1897年 「岩手県盛岡尋常中学校」と改称
1899年 「岩手県盛岡中学校」と改称
1901年 「岩手県立盛岡中学校」と改称
1902年 創立記念運動会開催
1908年 校歌・校旗制定
1917年 内丸校舎から現在地に移転
1925年 白堊同窓会設立
1947年 「岩手県立盛岡中学校併設中学校」開設
1948年 「岩手県立盛岡第一高等学校」と改称
1949年 定時制(不来方・雫石・好摩)および通信制を置く。盛岡二高・盛岡商業高を統合し「岩手県立盛岡高等学校」上田校舎と改称。
1950年 男女共学化
1951年 統合を解いて、上田校舎を「岩手県立盛岡第一高等学校」と改称
1961年 先代校舎落成
1964年 一本木教室開設
1964年 一本木教室を分校に昇格。
1968年 雫石高等学校の独立に伴い雫石分校(定時制)廃止。通信制を杜陵高等学校に移す。
1969年 理数科設置
1971年 定時制中心校閉校
1978年 好摩分校閉校
1980年 創立100周年、白堊の翼(海外派遣事業)開始
1986年 現第一体育館落成
1995年 一本木分校閉校
1999年 現校舎使用開始
 設置課程 [編集]
全日制普通科(1組〜7組)
全日制理数科(8組)
※平成19年度から、1年次は全日制普通・理数科に改変(くくり募集)。2年次から、普通科(7クラス)または理数科(1クラス)を選択する。

 部活動 [編集]
運動部・同好会
弓道、剣道、硬式野球(男子)、軟式野球(男子)、サッカー(男子)、柔道、水泳、スキー、ソフトテニス、卓球、テニス、登山、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、ハンドボール(男子)、ラグビー(男子)、陸上競技 、ソフトボール(女子)

文化部・同好会
囲碁将棋、英語、演劇、音楽、化学、軽音楽、茶華道、写真、書道、新聞、吹奏楽、生物、天文、美術、物理、文学研究、無線、アニメーション研究、ダンス、

委員会
特色ある活動を行っている。
應援、放送委員会、白堊(生徒会誌)編集委員会、中央執行委員会

 アクセス [編集]
JR東北本線、IGRいわて銀河鉄道「盛岡駅」から徒歩18分
JR山田線「上盛岡駅」から徒歩10分
 主な行事 [編集]
4月
生徒会オリエンテーション:入学式前に行われ、生徒会や部活動の紹介がある。
入学式:毎年、應援委員が校歌を披露する。
対面式:入学式の後日行われる。1年生が2・3年生の歌う校歌や応援歌を聞く。
応援歌練習:1年生が校歌や応援歌13曲を指導される。
5月
大運動会:創立を記念して行われる。運動会前日には、宣伝の目的で1年生と2年生一部で構成される「白堊団」が盛岡市内を練り歩く。
6月
スポーツ祭:クラス対抗で、球技を中心として行われる。
7月
応援歌練習:夏の甲子園地方予選に照準を合わせて練習する。
9月
白堊祭(文化祭):各部・クラスの研究成果の発表を始め、模擬店出店が行われる。
12月
研修旅行:1年生が対象。最近では、『関西』・『九州』・『沖縄』の3コースに分かれて研修を行っている。かつて戦後の長い期間、修学旅行がなかったのが同校の特色の一つだった。
2月
予餞会:受験を控えた3年生を観客として招待し、1・2年生が芝居などを披露する。
応援歌練習:4月に3年生へ進級する2年生が、1年生を指導する。春の応援歌練習の予行の意味合いも兼ねる。
3月
卒業式
 一般公開について [編集]
開かれた学校作りを進めるため、日にちを限って学校を一般に公開している。以下、日程。

星を観る会:最新式屈折望遠鏡の一般公開を行う。毎年7月頃と10月頃に行われ、在校生による説明・著名人を招いての講演会も行われる。
学校へ行こう週間:日常的な学校生活の参観を目的としている。毎年11月頃に行われる。
白堊祭
大運動会
 著名な出身者 [編集]
 戦前 [編集]
久慈次郎 - 野球選手、野球殿堂
及川古志郎 - 軍人、海軍大将・海軍大臣
宮沢賢治 - 詩人・児童文学者
弓館小鰐 - 新聞記者、随筆家
金田一京助 - 言語学者・国語学者
三鬼隆 - 日本製鐵社長
佐藤得二 - 直木賞作家
山口青邨 - 俳人
獅子内謹一郎 - アマチュア野球選手、「岩手野球の父」と呼ばれた
舟越保武 - 彫刻家
出淵勝次 - 外交官・政治家
小野清一郎 - 法学者(刑法)・東京大学名誉教授・文化勲章受章者
松本竣介 - 洋画家
森荘巳池 - 直木賞作家、生前はほとんど無名だった宮沢賢治と交流があった
石川啄木 - 歌人・詩人 ※中退
岡山不衣 - 俳人
多田武雄 - 軍人、海軍中将、実質最後の海軍次官 / 東京府立一中へ転校
田子一民 - 政治家、農林大臣・衆議院議長・三重県知事
板垣征四郎 - 軍人 、陸軍大将・陸軍大臣(A級戦犯)
郷古潔 - 三菱重工業社長、東條内閣顧問(A級戦犯)
米内光政 - 軍人、海軍大将、第37代内閣総理大臣、最後の海軍大臣として終戦に尽力した
野村胡堂 - 小説家・音楽評論家
岩動道行 - 科学技術庁長官
工藤巌 - 岩手県知事、衆議院議員
神谷尚男 - 検事総長
 戦後 [編集]
相原正明 - 奥州市長、元江刺市長
大宮政志 - 競輪選手
佐々木収 - ミュージシャン、(SCRIPT・元MOON CHILD)
黄川田徹 - 衆議院議員(民主党)
夏井高人 - 法学者(サイバー法、コンピュータ法)・明治大学法学部教授
階猛 - 衆議院議員(民主党)、弁護士
工藤雅樹 - 歴史学者、考古学者
久美沙織 - 小説家
斎藤環- 精神科医、評論家
玉澤徳一郎 - 前衆議院議員(自民党)
高橋研 - シンガーソングライター・音楽プロデューサー
穀田恵二 - 衆議院議員(日本共産党)
山口則幸 - 東日本放送アナウンサー
小松正之 - 官僚、国際捕鯨委員会日本代表代行
小田中聰樹 - 法学者、東北大学名誉教授
達増拓也 - 岩手県知事、元衆議院議員(民主党)
八重樫茂生 - サッカー選手、日本サッカー殿堂
主濱了 - 参議院議員(民主党)
中村力 - 郵政官僚、国会議員(自由国民会議、青年自由党)
古舘友華 - テレビ岩手アナウンサー
湯澤幸一郎 - 俳優
加藤真輝子 - テレビ朝日アナウンサー
城戸朱理 - 詩人
奥山恵美子 - 仙台市長
 脚注 [編集]
^ 沿革抄
^ 同校では応援を「應援」、応援団を「應援團」と旧字体で表記するのが伝統である。
^ 岩手県立図書館、宮沢賢治
 参考文献 [編集]
創立100周年記念誌 岩手県立盛岡第一高等学校
 関連項目 [編集]
岩手県高等学校一覧
学校記事一覧
旧制中学校
ナンバースクール
高等学校必履修科目未履修問題
日本の寮がある中学校・高等学校・高等専門学校の一覧
日本の理数系高等学校一覧
 外部リンク [編集]
岩手県立盛岡第一高等学校
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%89%8B%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E7%9B%9B%E5%B2%A1%E7%AC%AC%E4%B8%80%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 岩手県の公立高等学校 | 日本の理数に関する学科設置高等学校 | 盛岡市の学校 | 全国高校野球選手権大会出場校 | 学校記事

 

最終更新 2010年2月2日 (火) 12:27

 

 

 

 

 

【進路状況(2008年度)】


主な大学合格者数 (2009(平成21)年3月卒業生)
2009(平成21)年3月25日現在

【国公立大学】
北海道大学 11,
北海道教育大学札幌校 1,
北海道教育大学旭川校 1,
弘前大学 12,
岩手大学 25,
東北大学 54,
宮城教育大学 1,
秋田大学 6,
山形大学 7,
福島大学 1,
茨城大学 1,
筑波大学 9,
宇都宮大学 2,
埼玉大学 4,
千葉大学 6,
お茶の水女子大学 1,
電気通信大学 3,
東京大学 7,
東京外国語大学 3,
東京学芸大学 5,
東京藝術大学 1,
一橋大学 1,
横浜国立大学 3,
金沢大学 2,
信州大学 2,
名古屋大学 1,
奈良女子大学 1,
公立はこだて未来大学 1,
岩手県立大学 2,
国際教養大学 2,
高崎経済大学 1,
埼玉県立大学 1,
首都大学東京 2,
都留文科大学 1,
名古屋市立大学 1

【私立大学・その他(主なもの)】
岩手医科大学 17,
獨協大学 2,
青山学院大学 10,
学習院大学 1,
北里大学 1,
慶應義塾大学 10,
国際基督教大学 1,
順天堂大学 1,
上智大学 1,
成蹊大学 1,
昭和大学 3,
中央大学 17,
津田塾大学 4,
 帝京大学 2,
東海大学 3,
東京女子大学 2,
東京薬科大学 2,
東京理科大学 13,
日本大学 10,
日本女子大学 1,
法政大学 9,
明治大学 29,
立教大学 10,
早稲田大学 21,
東京工芸大学 2,
同志社大学 1,
立命館大学 7,
関西学院大学 2,
国立看護大学校 1

【出典】岩手県立盛岡第一高等学校  webmaster@mo1-h.iwate-ed.jp

 

 

高大連携情報誌 高校生新聞「大学受験ニュース」毎日発信中!【高校生新聞(紙媒体版)】=【拡大コピー大歓迎】6
【高校生クイズ】=【日本の私立大学一覧(中国・四国)】24+29+143+92+98+36+8+54=484
[編集] 中国 36
?●●環境大学=環境情報=822名
?●●商科大学=法・経済・経営=1572名
?●●理科大学 =理・工・総合情報=5124名
?●●医科大学 =医=669名
?●●医療福祉大学=医療福祉・医療技術・医療福祉マネージメント=3585名
?●●芸術科学大学=芸術・産業科学技術・生命科=1787名
?●●●●●●●●女子大学=文・人間生活=2276名
?●●経済大学 =経済=3789名
?●●工業大学=工・情報・環境=3978名
?●●国際大学=保健医療・医療福祉・看護・心理科・工・薬=4817名
?●●修道大学=商・人文・法・経済科・人間環境=6092名
?●●大学=経済・人間文化・工・生命工・薬=3296名
?●●女子大学=文・現代ビジネス・家政・薬=3194名
[編集] 四国 8
?●●大学 =文・経営情報・生活科・看護=2255名
?●●文理大学 =薬・人間生活・保健福祉・総合政策・音楽・香川薬・理工・文=4445名
?●●大学 =経済・経営・人文・法・薬=5734名
?●●学院大学 =文・社会福祉・社会=1649名
高大連携情報誌 高校生新聞「大学受験ニュース」(ブログ版)毎日発信中!=【高校生新聞(紙媒体版)】=【拡大コピー大歓迎】

【日本の私立大学一覧】24+29+143+92+98+36+8+54=484
[編集] 中国 36 鳥取環境大学 岡山学院大学 岡山商科大学 岡山理科大学 川崎医科大学 川崎医療福祉大学 環太平洋大学 吉備国際大学 倉敷芸術科学大学 くらしき作陽大学 山陽学園大学 就実大学 中国学園大学 ノートルダム清心女子大学 美作大学 エリザベト音楽大学 呉大学 日本赤十字広島看護大学 比治山大学 広島経済大学 広島工業大学 広島国際大学 広島国際学院大学 広島修道大学 広島女学院大学 広島文教女子大学 福山大学 福山平成大学 安田女子大学 宇部フロンティア大学 東亜大学 徳山大学 梅光学院大学 山口東京理科大学 山口福祉文化大学 山口学芸大学
[編集] 四国 8 四国大学 徳島文理大学 聖カタリナ大学 松山大学 松山東雲女子大学 四国学院大学 高松大学 高知工科大学

 

 ●●●大学 オープンキャンパス 
   
▼ オープンキャンパス / イベント情報
2010年8月●日(●) オープンキャンパス 10:00〜16:00 OC 
【OC】オープンキャンパス   【説】説明会 【相】入学相談会 【祭】学園祭  【体】体験入学  【他】その他

 


 =[編集] 四国 8 四国大学 徳島文理大学 聖カタリナ大学 松山大学 松山東雲女子大学 四国学院大学 高松大学 高知工科大学