特別養護老人ホームフランセーズ悠なかのblog

                                                                                                                                                                                                                                                                              ご利用者様の生活と、スタッフの取り組みの一部をご紹介いたします。 沢山の笑顔をご覧下さい。

5月のご様子

新型コロナウイルスの感染予防対策としての面会制限において、ご家族様にはご迷惑・ご心配をおかけしております。

またご理解・ご協力いただき、ありがとうございます。

5月は過ごしやすい気持ちの良い季節でしたね。

そんな5月のご利用者様のご様子を少しご紹介します。

ニラせんべいを作って食べたり、
1-11-21-31-4
1-51-6
お花を愛でたり、生けたり、
2-12-2
菖蒲湯に入ったり、
3-13-23-3
鯉の餌やりを見に出かけたり、
4-14-24-3
4-44-54-6
4-74-8
4-94-10
外に散歩に出たり、
5-15-25-3
5-4
施設の中を散歩したり、
6-16-26-3
気の合う人に会いに行ったり、
7-1
朝日を浴びながらうたた寝したり、
8-1
夕日を見ながら一日の終わりを感じたり、
9-19-2
そんな日々を過ごしております。

早く新型コロナウイルスが終息することを祈りながら、御利用者様の日々の生活を守っていければと思います。

 

アジサイの会、5月作品(あやめの季節)

5月のアジサイの会の作品は、あやめを題材にしました。

濃淡それぞれの紫色や白色の折り紙であやめを折っていただき、花びらに黄色い模様を描いていただきました。

またたくさんの葉や茎を緑の色画用紙から切り出していただきました。

それらが出来たところで集合です。

あやめ公園を渡る橋を書いていただき、その前後に遠近感を考えながらあやめを張り付けていただき完成です。

たくさんの葉も頑張って張り付けていただきました。
1-11-21-3
1-41-51-6
“あやめの季節”という題名もみんなで考え、完成です。

2-12-2

根曲がりの季節です。

今年もやってきました。もちろん根曲がりの季節です。

毎年の恒例のようになってきた皮むき大会ですが、今年は515日、517日の2回行いました。

今年は調理レクでのフルコースとはいきませんでしたが、皆さんに皮むきをしていただいたタケノコを厨房からタケノコ汁で提供させていただきました。

季節のものはその時しか食べられません。その時に食べるから美味しいものです。

DSCN1567DSCN1568DSCN1569DSCN1570
DSCN1571DSCN1572DSCN1573
DSCN1574DSCN1575DSCN1580DSCN1583
DSCN1589DSCN1591DSCN1594DSCN1596
DSCN1597DSCN1598DSCN1599
当初は15日のみの予定でしたが、15日の夕食に提供されたタケノコ汁にて、予想を超える反響がありました。

『うちじゃ毎年皮むきをやってたんだ』『またとってきてくれ!』

たまたま都合がつかずに15日に参加をしていただけなかった方に、いきいきとした目でそんなことを言われてしまうと、スタッフのやる気スイッチも入ってしまいます。

『次の休みは・・・17日なんで、またとってきますね~』

17日の午前中にとったタケノコは、その日の夕方に施設に届きました。

『そのまま冷蔵庫になんて入れたら固くなっちゃってだめだ。』

当初の予定はどこへやら、早速皮むきが始まりました。

慣れた手つきで皮むきから節とりまでどんどん進みます。

様子を見ていたご利用者様も『じゃ、俺もやるかな』と徐々に人の輪が大きくなります。

手を動かす方、口を動かす方、監督してくれる方、皆さんの協力によりおいしいタケノコ汁が提供できました。ご協力ありがとうございました。

DSCN9015DSCN9019DSCN9021
DSCN9022DSCN9024DSCN9028
DSCN9029DSCN9031DSCN9033
DSCN9036DSCN9038DSCN9039
DSCN9041DSCN9043DSCN9046
DSCN9047DSCN9049DSCN9050
やる気スイッチは伝染します。
ご利用者様の目の色が変わった瞬間を見てしまうと、スタッフのテンションも上がります。

コロナなんかに負けず、旬のものを食べて元気に行きましょう!

日々の生活をいきいきと過ごしていただけるように。

 

ベトナムからの技能実習生さんも慣れた手つきで皮をむいていました。

ベトナムでもタケノコ料理は沢山あるそうです。
これから新しい食べ方を沢山教えてもらおうかと思います。

プロフィール
  特別養護老人
ホーム
フランセーズ悠
なかの
 
  〒383-0046 
長野県中野市大字片塩58-23
TEL 0269-38-1011
E-mail nakano@hakuyukai.com
 
記事検索
  • ライブドアブログ