2017年12月11日

洗浄総合展2017 出展結果

2017年11月29日〜12月1日に東京ビッグサイト東7〜8ホールにて開催されました洗浄総合展2017に出展してきました
洗浄展
洗浄展









今回は洗浄機2台を準備しての出展になりました
東1〜6ホールで開催されたロボット展が大盛況だったようで、多くのお客様もこちらに流れてきて頂けました
洗浄で課題を抱えておられる来場者様と様々な情報交換ができました
洗浄小町の強みである、コンパクト、乾燥力の高さ、で洗浄のインライン化に向けて、マッチングしそうな課題もあり、是非色々と提案をさせて頂き、効率の良い生産ラインになるよう貢献したいと思います

nakanoblog at 09:00|PermalinkComments(0)clip!展示会情報 

2017年11月13日

洗浄総合展2017 出展

2017年11月29日〜12月1日の3日間、10:00〜17:00
東京ビッグサイトにて『洗浄総合展』が開催されます
ブース番号W7-57
洗浄総合展2017ロゴ
もちろん出展物は
小型部品洗浄機
『洗浄小町』です



今年で出展は2度目です
前年は1台のタイプ(回転方式)のみでの出展でしたが、今年はパワーアップして2タイプ目(固定式)のお披露目になります

圧倒的な乾燥力(二室構造+可動式ノズル)と、コンパクトさを売りとし、
機能性に特化しながらも、低コストに抑えている製品となっています

是非会場にお越し下さい

nakanoblog at 18:35|PermalinkComments(0)clip!展示会情報 

城工メッセ2017出展

2017年11月11日(土)10:00〜14:30
大阪府立城東工科高等学校にて『城工メッセ2017』が開催されました
2017年城工メッセ
防災と環境を中心としたテーマで、地域の皆さんや学生との交流が主な目的です


当社は環境に配慮した小型部品洗浄機『洗浄小町』と、部品加工技術のサンプル品を出展しました
当社は機械加工がメインなので、生徒の皆さんにより一層興味をもって頂きたいと常々思っており、こういった催しは非常に楽しみです
来場いただいたみなさん、有難う御座いました

nakanoblog at 12:50|PermalinkComments(0)clip!展示会情報 

2017年10月09日

祝!ベトナム工場 法人化

2017年9月13日中農製作所ベトナム現地法人が無事立ち上がりました
中農ベトナム
会社名は『NAKANO PRECISION CO.,LTD』です。
駐在員事務所としてベトナム進出したのが2014年6月でしたので、約3年の時を経て法人化する事ができました


改めて御紹介しますが、ベトナム国ホーチミン市のタンソンニャット空港より車で10分ほどの非常に良い立地条件のローカル工業団地内(タンビン工業団地)に工場を構えております。
敷地は500平米となっており、検査設備、NC旋盤、タッピングセンター、マシニングセンターなどを順次投入していく予定ですが、人件費メリットを活かして、組立も行う予定です。
日本工場ではベトナム人エンジニア(正社員)が10名以上働いているので、現地での製品立上げなどもスムーズに行う事ができ、簡単な製品を大量生産するよりは中難易度の製品を中ロットで生産するスタイルがマッチする生産方式で進める予定です
既に駐在員事務所の時から現地での企業インフラ(材料、熱処理、メッキ、外注加工先など)を開拓済みなので、完品で輸入できるのも強みの一つです
日本はマザー工場の位置付けで、立上げを行い、工程を確立してからベトナムに移管する、そういった流れを作っていければと思っております
もちろん高難易度品や短納期品、品質管理重要部品は今まで通り日本工場にて生産も致しますし、24時間稼働に向けて増員、人材育成にも取り組み、更なる生産能力確保も行いますのでご安心下さい
来月には役員、部長総出で竣工式をとり行いますので、その様子はまたお楽しみにという事で・・・

nakanoblog at 10:34|PermalinkComments(0)clip!お知らせ 

2017年09月13日

難加工展2017出展結果

2017年9月6日〜8日の3日間難加工技術展2017に出展してきました
難加工展
3日間で約100名の方と名刺交換をさせて頂き、展示品を御覧頂きながら中身の濃い商談を行う事が出来ました
御来場頂きました皆様、誠に有難う御座いました


出展内容は主にアルミ加工ゾーンとステンレス加工ゾーンに分けて御説明致しました
難加工展
こちらはアルミゾーンで主にロボット関係の外観部品や関節部品、ハンドチャック部品など、無垢材からの削り出しで複雑形状かつ高精度、かつ外観傷NGという高品質のグレードの製品になります。
当社では旋盤とマシニングを併用して工程設計と自社製作の治具で工夫して高精度を確保しており、複合機や五軸などの高いマシンチャージの設備で製作するのではなく、ノウハウで価格を抑えながらも安定した品質を確保するという形で御提案しており、展示会でも興味を持って頂きました
難加工展
ステンレス加工ゾーンは半導体製造装置向けの高精度かつシール面などの特殊外観部や、内径の公差穴が非常に多く、バリ管理なども含まれる製品を主に出展致しました。
当社ではバリテクという全国でも珍しいバリ研究所に所属しており、最新のバリに関する研究を行っており、かつバリ取り専任の人員も置いて、お客様の方で検査にてダブルチェックが不要になるぐらいしっかりと品質を作り込んでおります

やはり会場は横浜という事で普段お会いできない企業様と面談できるので、非常に有意義な展示会であり、東京や東北、逆に九州など地域も色々と変えていけばより面白い展示会になるのではないかと思います

nakanoblog at 10:31|PermalinkComments(0)clip!展示会情報 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

当社は創業以来、徹底して精密切削加工技術を習得し、お客様より絶大な信頼を得ております。
当社は、“ひとづくり” “ものづくり” “企業づくり” の一流企業を目指し、日本はもちろん地球規模での社会発展に大きく参画し、人々の生活向上に貢献いたします。