2017年10月09日

祝!ベトナム工場 法人化

2017年9月13日中農製作所ベトナム現地法人が無事立ち上がりました
中農ベトナム
会社名は『NAKANO PRECISION CO.,LTD』です。
駐在員事務所としてベトナム進出したのが2014年6月でしたので、約3年の時を経て法人化する事ができました


改めて御紹介しますが、ベトナム国ホーチミン市のタンソンニャット空港より車で10分ほどの非常に良い立地条件のローカル工業団地内(タンビン工業団地)に工場を構えております。
敷地は500平米となっており、検査設備、NC旋盤、タッピングセンター、マシニングセンターなどを順次投入していく予定ですが、人件費メリットを活かして、組立も行う予定です。
日本工場ではベトナム人エンジニア(正社員)が10名以上働いているので、現地での製品立上げなどもスムーズに行う事ができ、簡単な製品を大量生産するよりは中難易度の製品を中ロットで生産するスタイルがマッチする生産方式で進める予定です
既に駐在員事務所の時から現地での企業インフラ(材料、熱処理、メッキ、外注加工先など)を開拓済みなので、完品で輸入できるのも強みの一つです
日本はマザー工場の位置付けで、立上げを行い、工程を確立してからベトナムに移管する、そういった流れを作っていければと思っております
もちろん高難易度品や短納期品、品質管理重要部品は今まで通り日本工場にて生産も致しますし、24時間稼働に向けて増員、人材育成にも取り組み、更なる生産能力確保も行いますのでご安心下さい
来月には役員、部長総出で竣工式をとり行いますので、その様子はまたお楽しみにという事で・・・

nakanoblog at 10:34|PermalinkComments(0)clip!お知らせ 

2017年09月13日

難加工展2017出展結果

2017年9月6日〜8日の3日間難加工技術展2017に出展してきました
難加工展
3日間で約100名の方と名刺交換をさせて頂き、展示品を御覧頂きながら中身の濃い商談を行う事が出来ました
御来場頂きました皆様、誠に有難う御座いました


出展内容は主にアルミ加工ゾーンとステンレス加工ゾーンに分けて御説明致しました
難加工展
こちらはアルミゾーンで主にロボット関係の外観部品や関節部品、ハンドチャック部品など、無垢材からの削り出しで複雑形状かつ高精度、かつ外観傷NGという高品質のグレードの製品になります。
当社では旋盤とマシニングを併用して工程設計と自社製作の治具で工夫して高精度を確保しており、複合機や五軸などの高いマシンチャージの設備で製作するのではなく、ノウハウで価格を抑えながらも安定した品質を確保するという形で御提案しており、展示会でも興味を持って頂きました
難加工展
ステンレス加工ゾーンは半導体製造装置向けの高精度かつシール面などの特殊外観部や、内径の公差穴が非常に多く、バリ管理なども含まれる製品を主に出展致しました。
当社ではバリテクという全国でも珍しいバリ研究所に所属しており、最新のバリに関する研究を行っており、かつバリ取り専任の人員も置いて、お客様の方で検査にてダブルチェックが不要になるぐらいしっかりと品質を作り込んでおります

やはり会場は横浜という事で普段お会いできない企業様と面談できるので、非常に有意義な展示会であり、東京や東北、逆に九州など地域も色々と変えていけばより面白い展示会になるのではないかと思います

nakanoblog at 10:31|PermalinkComments(0)clip!展示会情報 

2017年08月03日

難加工技術展2017出展

2017年9月6日(水)〜8日(金)10:00〜17:00
パシフィコ横浜にて難加工技術展2017が開催されます
当社ブースは『D-23』です。ワークショップ会場付近
難加工展2017
2015年以来2年ぶりの出展となります
今年は新たにロボット向け部品の難形状・高精度・傷レスの3拍子揃った難易度の高い製品も展示予定ですので、取り扱いをされている企業様は是非手に取ってご覧下さい
ロボット向けだけではなく、半導体製造装置部品の高精度バルブやマニホールドといった交差穴が多く、バリ厳禁であったり、シール面の傷厳禁といった取り扱いのシビアなステンレス製品も新たに展示予定です

新設した最新のマシニングで加工した製品を引き下げて2年の成長を前面に出した展示会となっておりますので、是非足を運んで頂き、直接目で見て、触って、お話させて頂き、お客様の課題解決に繋がる御提案ができればと思っておりますので、今から楽しみです

展示会のホームページアドレス→http://www.nikkan-event.jp/nh/
併催される表面改質展、真空展も見どころ満載の専門的な展示会ですので、是非お立ち寄り下さい

nakanoblog at 20:05|PermalinkComments(0)clip!展示会情報 

2017年04月03日

祝!最新マシニングNVX5060導入

2017年4月1日(土)
とうとう最新のマシニングセンターが当社にやってきました
DMG森精機 NVX5060 円テーブル付き
本日は経営方針発表会という次年度の数値目標や大きな活動項目が社長から
発表される日ですが、合わせて最新のマシニングお披露目会という事で、
搬入からみんなで見ようよという事になりました
17年4月MC導入
トラックで運ばれてきました
大きい




17年4月MC導入
マシニングが宙に浮いていますよ
さすがプロの仕事ですね〜
手際よく搬入が進んでいきます
全社員で見守っていましたが、
作業員の皆さん緊張されますよね
すみません




17年4月MC導入
さて、搬入が終わった所でテープカットのお時間です
準備はいいですか〜?
金色のハサミで景気よくいきましょう
17年4月MC導入

ちなみに中身はこんな感じです
来週からセッティング・操作方法の説明・立上げ作業などを行い、再来週4/10〜徐々に稼働を高めて今月中にはフル稼働に持って行きます

nakanoblog at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2017年01月26日

16K SHOP GROUP様 来社

2017年1月26日 16K SHOP GROUP 御一行様が来社されました
アフリカ、ベトナムなど各新興国の経営者、経営幹部、人事部などの皆様は日本で研修をされており、そのカリキュラムの一環で当社に来社されました
まずは人財育成というテーマで講義をさせて頂きました
16KSHOP
当社の知的資産経営報告書をベースに、経営理念の浸透、具体的な人材育成方法など色々な角度で人材育成のお話を致しました
質疑応答では各国の教育方法なども垣間見る事ができました。

やはり人材が豊富に集まる国ならではの羨ましいと思える悩みもお聞きしました
我々日本の中小企業の様になかなか人材が集まらない中でいかに教育するかという視点には非常に関心を持ってメモを多くとられていた様な印象です
16KSHOP製造業ばかりではなかったので、工場見学では一部自動車部品メーカー様が食い入るように御覧になられており、質問もかなり多く頂きましたが、人材育成のやり方、改善とは?などもテーマに取り入れましたので、皆さんも興味をもっておられました
言語、悩みの中身は違えど人財育成というテーマは全世界共通の様ですね
当社も人材募集をしていますが、なかなか人が集まりません
魅力ある会社になれるように様々な企業様との交流も踏まえて成長していきます
16KSHOP

nakanoblog at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!工場見学 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

当社は創業以来、徹底して精密切削加工技術を習得し、お客様より絶大な信頼を得ております。
当社は、“ひとづくり” “ものづくり” “企業づくり” の一流企業を目指し、日本はもちろん地球規模での社会発展に大きく参画し、人々の生活向上に貢献いたします。