先日判明した当店舗の照明器具消費電流の増加。

普通の照明器具でも古くなってくると電気が食いやすくなってくる事実に驚き、
そう知ってからいてもたってもいられなくなり
ようやくすべての照明器具のリニューアルが完了ししました

下の画像は店舗内天井の様子
a9f396c0.jpg
65W型(消費75%制御発光タイプ)照明器具と、今話題のLED電球を設置しました。

これで先日の記事のとおり、照明器具だけで1400W消費していた電気代も400Wまで削減しました

照明以外の他の家電消費と合わせて常時消費が800Wくらいでした。
なので、太陽光発電が800W以上発電していれば売電となりますので
天気の良い昼間はほぼ売電できるようになりました


ちなみにこちらの看板照明もリニューアル
33093b78.jpg
南側と西側にある看板照明器具なんですが、この中に40W1灯器具が合計16台ありました。

こちらも消費電流を調べてみると1200Wくらい消費していました
(通常であれば安定器消費も考慮しても合計720Wくらい)

そこで、南西共に3灯づつ設置しました。
正直、多少の光量不足で暗くなるかと思っていたんですが、これがぜんぜん明るい!
前よりも明るくなりました

65W×0.75発光で、安定器消費も調べてみましたら、
省エネ65W器具の1灯あたり消費電流は52Wでした。

なので、今回の看板照明リニューアルで、今まで1200Wから312Wまで削減となりました。


これで、電気代の心配もなくなり一安心。


あ、電気代の明細が来ましたら今までの電気代と比較した内容で
またブログに掲載しますね