nakariha_blg

NAKARIHA COMMUNICATIONS

我ら仲間の熱い気持ちを、あなたに伝えたい

5 11月

三施設交流会を行ないました

1023日(火)三施設交流会を行ないました。

三施設交流会は毎年行われているイベントで、他施設利用者様との交流を目的とし

ボッチャ・オセロ・将棋の
3競技を行なっています。

ちなみにボッチャとは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の

四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。
 

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボール

を投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

開会式での高校球児並の素晴らしい選手宣誓ありがとうございました。

写真

ボッチャ・オセロ・将棋どの競技も熱戦が繰り広げられました。

他施設の利用者様も強豪揃いです。皆さん練習の成果を発揮して優勝を目指しましょう。


29 10月

~3階病棟の取組について~

3F病棟では、認知症・レクリエーショングループの活動として、

カレンダー制作・体操・歌などをスタッフと患者様と一緒に

行っています。また、七夕・クリスマス・節分などに短時間

のイベントを行っています。カレンダーはケアワーカーが中心

になって患者様と一緒に作成した力作です。(スタッフの中では

5月のこいのぼりが一番の力作との事) 運動やレクリエーション

を通して、患者様同士のコミュニケーションにも繋がって少しで

も入院生活を笑顔で過ごせればと思い、スタッフ一同日々の生活

を支援しております。

IMG_3233

IMG_3232

IMG_3231







3 10月

折り紙の素晴らしさ

折り紙の素晴らしさ

これは何でしょう?
写真2


写真1

cmに満たない折り鶴が100以上連なっています。

なんと92歳の女性が作成しています

折り紙というのは、紙を折り曲げることによって、何かの形を作り上げる遊びですが、
その手順というのが、しっかりと脳に記憶されているのです。

ですから、脳を使わなければその手順を思い出せないのです。

特に、そのことを考えるまでもなく、ごく普通に折っていると思いますが、

脳の中では記憶をフル回転させているようなものです。

そして、指先も使いますね。

手順通りに指先を動かすということにも、脳が作用しています。

丁寧に、綺麗に折り曲げるには非常に気を使います。

そういった注意を払うことも脳トレの効果としては良い事なのです。

 

 趣味のない方には伝承の折り紙(れん)(かく)を紹介します。
写真3

写真の連鶴は、一枚の和紙から連続して折ったもので、

くちばしが繋がった「楽々波」(さざなみ)と題名がついています。

これは三重県北部に位置する桑名市で江戸時代に一人の僧侶によって考案されます。

僧侶の名は伊勢国桑名長円寺の住職、義道と言います。

義道は十数年もの歳月をかけて、数多くの連鶴の折り方を考案されたとされています。
「秘傳千羽鶴折形」として江戸時代に京都の版元から出版されています。

「連鶴」の折りかたは
「桑名の千羽鶴研究会」監修 「伝承折り紙 連鶴
49」という本があります。

この本には、49種の製図と折りかたが載っています。

ぜひ挑戦してみてください。

記事検索
プロフィール

中リハ(ナカリハ)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ