こんばんはnakarioです。


今日は青字で書きます。特に理由はありません。前置きを短くするため。



nakario:「OK!Google!応援して」


GoogleHome:「うまくいきますように」(早口)


nakario:「...。」



税金年末利確の仮説について


ここ最近は一部JPYへ移して、年末に下げがくるくると思って、慎重に動きをチェックしていました。


仮想通貨の基軸ビットコインのチャートを確認。
...。
予想より早く到来した下落(12/22頃)
現在は少し戻し、年内にもう一度暴騰したタイミングで大幅な下げがくる?
暴落したとしても底は60万?80万?100万?120万?
次のビットコイン下落でアルトも釣られるのか?
先日より仮定していた税金の利確下げは、ジワ下げで終わり?
今日(12/26)上がったのは、なんだ?マカフィーのベーコン発言?新規参入者解放の影響?アメリカのクリスマス休暇?

ツイッターやyoutubeなどでもまだ暴落に注意という意見がある。


うーんよくわからなくなってきた。

自信がなければ、退避が必要。トレードしてはいけない。
しかし動かなければ、何も始まらない。
悩ましいね。


【再購入要素】
・税金利確の仮説の収束について
そもそも税金利確は日本だけの問題。以前のブログでも日本だけで十分影響すると記載しましたが、USDとUSDTが割合を増やしている市場では先週の仮説がすこし崩れることになる。
税金について何にも考えていない人は、対策をしない。よって年末の利確もしない。
税金についてしっかり対策している人は、早い時期から調整をしていて、すでにポジションを取り直し年始まで静観する。よって年末の利確はしない。

当初12/30もしくは12/31に一斉に利確祭りと想定したが、税金利確の仮説。ビットコイン等がジリ貧に下がっていた中に日本の税金利確が含まれていた可能性も十分にある。BTC220万から160万まで下がった。十分に下がった。

ここ最近、大きめな暴落に隠れて、小さな下げに隠れた根拠の一つに税金利確が含まれたとも考えうる。

税金利確の仮説が崩れるなら、

16-17年の年末年始のBTCは年末から上げて、1/5~1/12間に大幅な下げが来ている。↓↓↓
BTC2016ー2017



15-16年の年末年始のBTCは横横から、1/7-8に上げ、1/9-16にかけて下げている。↓↓↓
BTC2015-2016
この2年、年末は横横もしくは上げ相場。年始に下げている。



税金利確の下げの仮説が成り立たないもしくは過ぎ去ったと考えれば、年末はポジションを取るタイミングかもしれない。

一部日本円を残して、少しポジションを取りたいと思います。
NEMは先行して6000枚保有済。絞っている4つの通貨のうち2つくらい買い直ししようと思います。どれにするか。。。
もちろんビットコインは買いません。あれとあれとあれとあれのうち、、、

もしおすすめがあればコメントしてもらえると幸いです。もしくは4つの通貨、買い直しをする通貨はどれか後日発表したいと思います。お楽しみあれ。

もちろん大きな下げ覚悟で決断していきます!!!



Zaif