ブログをご覧いただき、ありがとうございます!
前回に続き、リーグ戦の振り返りを記載します。今回の記事で第1節の振り返りは完結です。

3回戦までの成績は、3着ー1着ー3着で+7.9ポイント。
最終4回戦目で2着以上になれば、第1節をほぼプラスで終えられるので、集中して対局に臨みます。



④4回戦 東1局 5巡目 北家 全員25000点持ち

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国九筒:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国 ドラ九筒:麻雀王国

関連牌は、二萬:麻雀王国が2枚切れ、九萬:麻雀王国が1枚切れ。 
ターツオーバーで、ドラが浮いている手牌ですが、何を切るか・・・。

少考の末、五索:麻雀王国を切りました。

役牌2種が対子であり、仕掛けて1000~2000点をアガることは簡単そうですが、東1局からマックス2000点の仕掛けをアガってもトップ率が大きく上昇するとは思えません。

一方、既にピンズで1面子あり、仕掛けてホンイツに向かい打点を追うのはやや強引な印象です。
かといって、ドラを切って役牌をスルーしての面前リーチも、役牌を自力で刻子にしない限りは打点も上がりにくいです。

それならば、ここで両面ターツを1つ払い、ドラ重なり・役牌を2種仕掛けてのドラ単騎でのマンガンを狙うルートで、うまくアガれた場合にトップ率が大きく上昇する選択を採ることにしました。

結果、次巡に九筒:麻雀王国を重ね、東:麻雀王国白:麻雀王国をポンしてのマンガンをあがることができました。

結果は出来過ぎですが、リーグ戦を迎えるにあたって自分が最も意識していた「東場は可能な限り高打点を狙う」を実践し、成功体験を積むことができた点で、非常に感触の良いアガりでした。



⑤4回戦 南2局 2巡目 東家:38000 西家(自分):32000

一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国二筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ドラ九筒:麻雀王国

2着目で迎えた南2局、トップを競るライバルの親番で、上図の好手牌となりました。
打つ牌は二筒:麻雀王国なのですが、この切り番で仕掛けの方針について少し時間を使って考えました。

考えた結果、以下の方針にすることにしました。

發:麻雀王国中:麻雀王国は全て1鳴きし、テンパイを取らずにピンズメンツを崩しホンイツに移行。

三萬:麻雀王国チーからは入らない。但し、役牌を仕掛けた後はチーを入れる。

役牌を1枚スルーしてのペン三萬:麻雀王国もしくは發:麻雀王国中:麻雀王国シャンポンでの面前リーチ、役牌を1鳴きして素直にペン三萬:麻雀王国テンパイに取っての局消化狙いという選択も有力ですが、巡目の猶予が十二分にあることから、アガれた際に暫定トップ目に立てる可能性が高い選択を採ることにしました。

結果は、中:麻雀王国ポン後に三萬:麻雀王国一萬:麻雀王国と引き込み、發:麻雀王国で出アガリすることができました。

なお、高津プロにこの局面のフーロ判断を質問したところ「役牌4枚の内1枚はスルーし、面前リーチの可能性を残す。但し、2枚目はポンし、同様にピンズメンツを落としてホンイツに向かう」との意見でした。

実戦中は、「仕掛けてテンパイに取らず2シャンテンに戻すピンズメンツ落とし」は、いくら協会ルールバランスでもやりすぎなんじゃないか・・・とちょっと自信が持てなかったのですが、実戦後すぐにアドバイスを聞けて良かったです。

このアガリが功を奏し、この半荘はトップで終えることができました。



もちろん、上記で挙げたようなシャンテン数を落として高打点を狙う選択が上手くいく局面ばかりではないでしょう。

ただ、新しいフィールドでの麻雀だからこそ、積極的に、自分の殻を打ち破るような選択を試してみたいと考えています。

時には迷走しながらも、多くの成功・失敗体験を積むことが、競技選手としての自分の糧となると信じ、これからも頑張っていこうと思います(^∀^)!!


【本記事のまとめ】
・(特に東場は)目先のシャンテン数にこだわらず、成功した時にトップ率が高くなる選択を意識する
・自分の殻にこもらず、様々な戦略・戦術を試してみる



第1節の反省を踏まえ、第2節以降も全力でやっていこうと思います(。・ω・)ノ゙

次回は、従来通り、天鳳の牌譜検討記事にさせて頂こうと考えています。

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました(´∀`*)