セミナー報告

2012年02月26日

『チェアエクササイズ初級指導員養成講習会』
日時:2012年2月26日(日)10:00〜17:30
主催:一般社団法人全国柔整鍼灸協会・全国柔整鍼灸協同組合
会場:全柔協会館
参加:47名

1億人元気運動協会と全柔協様との協力で開催する「チェアエクササイズ初級指導員養成講習会」も、今回で3回目となりました。
全柔協の組合員である柔整師や鍼灸師の方の中には、接骨院や鍼灸院を運営する傍ら、介護予防を目的とする健康教室を開催されていたり、リハビリ特化型デイサービスを併設されている方も多く、組合からも開設支援など応援をされているそうです。
そこで、2年前からチェアエクササイズの指導法を習得する講習会を開催しています。

今回は関西圏の方はもちろんのこと、大分県、長崎県や静岡県など、遠方からもご参加いただきました。
同じ医院から何名ものスタッフが参加されているところもあり、今回の講習への熱意を感じることができました。

運動指導の講習は初めて受講される方も多かったようでしたが、とても熱心に受講され、講義の時間には大きくうなづきながら聞き入る姿が印象的でした。
実技体験になると、チェアエクササイズをとても楽しんでいただけたようでした。
事前に送られた教材DVDを見て練習をされていたので、上手に動かれていました。
実際の指導者が動きの説明やコツを伝えながらのチェアエクササイズを体験され、楽しみながらも一つ一つの動きの意味や使用部位などを更に理解していただけたのではないかと思います。
DSCF6369DSCF6384







午後からは、実際の指導をペアワークでどんどん練習する時間を多くとりました。
明日からでも指導ができるようにと、実践型の練習を重ねたので、最後にはかなり上達されて、参加者への目配りやねぎらいの言葉も飛び出しました。
修了確認の実技テストも、緊張はしておられましたが精一杯の指導を発表されました。
本当にお疲れ様でした!

この講習会を機に、教室やデイサービスで楽しく効果的な介護予防をスタートしていただければと願います。
接骨院、鍼灸院といった地域に根付いた場所でなら、きっと多くの高齢者が介護予防を実践できると思います。
協会も皆さんを応援していきます!

DSCF6402DSCF6416







主催の全国柔整鍼灸協同組合の皆様、開催準備や当日運営をご担当いただきましたセラピ株式会社の皆様、ご協力をありがとうございました。

報告者:草山



nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月13日

「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin沖縄
日時:2012年2月12日(土)14:00〜18:30

会場:SOLA沖縄学園
参加:25名

今年も無事、沖縄に到着しました。今回で何回目の沖縄でしょうか。
その中でも一番、好天に恵まれましたが、私は残念ながら風邪気味です。

学生諸君は大所帯の14名参加(2名欠席)、プロの方は11名の計25名の参加です。

最後の実技ドリルとグループ発表は、良い緊張感です。
昨年から認定試験の実技試験のパートはプレゼンテーションがあり、前日はそのロールプレイングをかねています。最初は説得力不足の内容でしたが、発表グループが後半になってくると伝えようとする意気込みが増して、良い感じです。

翌日の認定試験は14名がチャレンジしました。
昨日のプレゼンテーションとは見違える程の説得力でした。
認定試験は私もまた新たにいろんな発見がありました。

ゆっくりのBPMや倍取りのBPMに合わせる、そしてあえてビートを外すというのは、スキルがいるということ。
学生諸君は若いので、ゆっくりのBPMは苦手そうでノーコントロールになる傾向でした。
合否はともかく、皆さん良い経験になったとの感想でした。
20120212 (2)







1日目に参加の介護保険施設職員の方も「いかに自分がいい加減かわかりました。チェアエクササイズは奥深いですね。奥深すぎます。勉強します!!」と言って帰られました。数名の方はプチ元気kai!イン福岡でもお会いできるようです。

20120212 (1)20120212 (3)







今回もY先生、O先生、そして今年からの卒業生N先生、いろいろとお手伝いをありがとうございました。
また来年、よろしくお願いいたします。。。


追申 
今回は?も?ドタバタ沖縄でした。前日、東京出張から夜遅く帰宅し、翌日、倒れこむように早朝伊丹空港へ。
しかし、なんと関空からの出発なのでした。バスで関空まで行き、約1時間30分後の10時40分の飛行機になんとか乗り、会場に到着したのは講座の5分前を切った位です。
ふ〜、間に合った(涙・汗)。
いつも「うちなー(沖縄)タイムは、あかんよ」と愚痴っている天罰が下り、私が思わずうちなータイムになりました。
忙しいのは良いけれど、反省です。忙しいという字は心を亡くすと書くそうです。
確認事項は慌てずに綿密に。。。
講座終了後は、無事任務遂行にホッとしたのか風邪が悪化し、声が出なくなりました。
ハスキーボイスを通り越し、ブレスボイスになっていました。参加者の方、聞きづらかったですね。すみません。
那覇空港までお迎えに来てくださった認定会員のTさん、ありがとうございました!!


nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月06日

第4回  NPO法人1億人元気運動協会 関西圏派遣インストラクター契約更新研修

第1部 「高齢者指導に備える救命救急法」
第2部 「高齢者・低体力者対象の運動指導者に必要な指導技術」

2012年2月5日(日)、6日(月)

今年で、4回目を迎えた、協会派遣指導インストラクター契約更新研修です。
1日目は13名、2回目は6名の方が参加されました。

今回初めてご参加される方、また1回目より参加いただいているインストラクターの方、指導歴も指導地域も違いますが、年に一度集まり、学び、確認する時間です。

我々の専門領域である、「介護予防」の現場には、リスクがつきものです。
そこで、今回の研修第1部は、「高齢者指導に備える救命救急法」として、日本赤十字社より講師を招へいし、
講義を受けました。

知識レベルでは理解していても、実際の現場で何か事故が起こったときに、指導者としてどう対処するべきか実技を交えながらの講義に、皆さんは積極的に受講されました。
「備えあれば憂いなし」ですね。

DSCF6345DSCF6339







午後からの第2部は、当協会会長 竹尾が講師を務め、「高齢者・低体力者対象の運動指導者に必要な指導技術」をテーマに、介護予防教室で行う講話を想定し、「運動動機づけ」について、研修を行いました。
この研修をもとに、確認テストも実施します。

当協会では、介護予防教室を受託することが多く、それは教室の回数や時間に限りがあるものがほとんどです。
そのような中で、協会の大きなテーマでもある“生涯健康・生涯現役”に添えるような動機づけを行うことが大切だということ。
そのための、具体的な指導、支援方法について学びました。

研修の冒頭に、竹尾会長からは「テストのための研修ではなく、即現場で活用できる研修です」と言葉をいただきました。
参加されたインストラクターも同じ意識を持ち、受講されていました。
グループ発表では、それぞれの内容に、熱心にメモをし、また共感する場面もありました。
ぜひとも、この研修で学んだことは、実践に活かしてください。

同じ目的、目標をもった仲間が集まり、さらにその指導技術に磨きをかけようとされる姿を見て、
これからも協会運営を真摯に進めていかなければならないことを確認しました。

DSCF6348DSCF6349




nakasoneryoko at 22:30コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月27日

チェアエクササイズ基礎講習
「サーキットチェア(R)6時間セミナー」で機能訓練を極める

2011年11月27日(日)  11:00〜18:00
会場:西宮市民会館(兵庫県西宮市)

これまで、サーキットチェアは4時間のカリキュラムで構成していました。
しかし、受講者の方へ、このサーキットチェアをさらに自分のものにしていただくために、またしっかりと教材を活用
していただくために、大きく2つのリニューアルをしました。

1つ目は
サーキットチェアセミナーで必要な協会オリジナル教材DVD・CDの大幅なリニューアル
2つ目は
4時間セミナーから6時間セミナーへ延長

リニューアル後初のセミナー開催となりました。

受講者は7名でした。
すでに、地域で高齢者の運動指導をされている方、介護職の方、またこれからこのサーキットチェアを高齢者の方へ伝えるために受講された方など、職種、目的も様々でした。

このセミナーには、事前に教材に収録されているサーキットチェアの動き(約11分)を確認し、覚えてきていただく課題があります。
今回のDVDには計画的に覚えていくためのコツも、収録されており、
参加者からは、
「DVDのように、同じように計画して練習してきました」
「どうやって練習すればよいかわからなかったので、勉強になりました」
と前向きなコメントも寄せられました。

以前までの4時間と6時間の流れは大きく変更はありませんが、主に実技指導練習の時間が増えました。
1つ1つの課題を個人練習やペア練習で、課題によってはグループになり動きや、キューイング(指示だし)の方法を確認しました。

最後に、1人ずつ指導者役となり、11分間の指導を実践しました。
今回、初めて人を前にして指導する参加者もいましたが、その後の振り返りでは

「初めての指導でしたが、少し人前で指導することに自信をもつことができました」

と自己評価をされていました。

6時間という長丁場でしたが、最後まで集中力を切らさず、意欲的にご参加いただきありがとうございました。

このセミナーはチェアエクササイズの基礎講習です。
ここからが、ステップの第1歩ですので、ぜひ今回練習した指導方法を思い出しながら、身近な方へサーキットチェアをお伝えください。

次回は、12月17日(土)に東京で開催です。
こちらのご報告も楽しみにお待ちください。

↓自ら正しい姿勢を確認しているところと、サーキットチェアを体験している様子です。
DSCF6176DSCF6178






DSCF6202


報告者:仲宗根涼子










nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月29日

「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin大阪
日時:2011年10月29日(土)14:00〜18:30
会場:なみはやドーム 多目的ホール
参加:33名

西は島根県から東は愛知県から運動指導者をはじめ、理学療法士、保健師、栄養士、介護職の方まで様々な職業の方が参加されました。

会場の広さと、参加人数がちょうどよく、講義や実技にも皆さん集中して取り組んでいらっしゃいました。

理論の場面では、テキストや配布資料にメモ書きをされる姿が目につきました。
実技の場面でも、チェアエクササイズの様々なパターンや運動強度を実技を通じて体感されていました。
DSCF6136







休憩時間には、実技で紹介された動きや、音楽についてなど、積極的な質問をいただきました。

後半のグループごとのプログラム作成では、ユニークな動きを発表されるグループもありました。皆さん発想が豊かです。
DSCF6151DSCF6166








4時間ととても短い時間ですが、ここで習得したチェアエクササイズをそして各グループで作成し、指導の練習をしたコンビネーションもぜひ現場で実践してください。
たくさんのご参加ありがとうございました!

今回は、チェアエクササイズの基本のセミナーです。基礎からじっくり学びたい方は、サーキットチェア(R)6時間セミナーにお越しください。お待ちしています!

DSCF6168






報告者 仲宗根涼子






nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月22日

「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin福岡
日時:2011年10月22日(土)14:00〜18:30
会場:アクシオン福岡
参加:18名

毎年、3月〜4月と春ごろに開催していました福岡会場ですが、今年度より秋に開催となりました。
天候が不安定な中、皆様ご参加ありがとうございました。

今回は運動指導者をはじめ、介護保険施設や病院の運動指導者、管理栄養士、行政の保健師の方などが参加されました。
最初は少し緊張されているのか、会話も少なく、会場内は静かなムードでした。

チェアエクササイズの基礎理論では、大きくうなずきながら聞き入ったり、メモをとったりと、とても熱心に受講される姿が印象的でした。
チェアエクササイズの全体的な骨子をよく理解していただけたようです。

20111022福岡 (3)









目的別・強度別のチェアエクササイズでは、初めて体験される方もおられたようですが、次第にかけ声が大きくなり、笑顔がこぼれ、チェアエクササイズの楽しさを実感していただけました。
20111022福岡 (4)









後半は実際の指導法をグループに分かれて演習しました。
基本の動きから新たな動きの創作では、グループ内で積極的な意見や質問が出て、最後にはそれぞれのチェアエクササイズが完成しました。
また、それぞれの動きについて、動機づけの言葉を発表していただきました。参加者が「ほ〜」と納得する動機づけを、わかりやすく伝える難しさに、みなさん苦戦されていたようでした。
このセミナーを機に、ただ単に楽しい運動を提供するだけでなく、意味のある運動にするために、これからも現場でも動機づけを実践していっていただきたいと思います。
また、指導法の基礎の部分については、「サーキットチェア(R)6時間セミナー」で、じっくり習得ができますので、ぜひご参加ください。お待ちしています。
20111022福岡 (5)20111022福岡








今回もたくさんのご参加、ありがとうございました。
次は3月18日(日)プチ元気kai!イン福岡(アクシオン福岡)でお会いしましょう!
20111022福岡 (2)








報告者:草山 美佐子


nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月31日

チェアエクササイズ基本講習会
「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin愛知
日時:2011年7月30日(土)14:00〜18:30
会場:ウィルあいち
参加:17名

毎年、夏のセミナーは8月開催でしたが、今年は7月となり、少し参加が少なめでした。
しかし、参加者は運動指導者・介護士・保健師・地域リーダーと幅広く、チェアエクササイズのニーズの高さを感じました。

講習内ではチェアエクササイズの体験クラスがあり、様々な対象者に対応した指導法を実際に体験していただきました。
目的別・強度別のチェアエクササイズの展開は、初めて体験された方には「目からウロコ」だったそうです。
当協会独自のガイドラインとこだわりの指導テクニックは、きっと次の日からみなさんの現場でお役にたてていただけていると思います。

主運動部分の指導演習は、グループごとにチェアエクササイズの動きを創作します。
お遊戯的でなく、ただ単に振付けだけで終わってしまうのではなく、運動としての指導を経験していただきました。
初めてチェアエクササイズを指導する方もいて、緊張もあったかと思いますが、果敢に動きの創作に挑戦され、積極的に指導者としての言葉を模索されていました。
DSCF2748DSCF2723

最後は全員笑顔で記念撮影!
皆さん、ご参加ありがとうございました!!
認定チェアエクササイズ・インストラクターの山下さん、毎年ご協力をありがとうございます。
今年もお世話になりました。
DSCF2761







チェアエクササイズ4時間セミナーは、当協会では「基本講習」という位置づけです。
さらに指導法の基礎を学びたい、という方のための「基礎講習」として「サーキットチェアR6時間セミナー」で機能訓練を極める、があります。
今回ご参加の皆様も、この活動報告を見て興味をもたれた方も、ぜひご参加ください。

報告者:草山 美佐子


nakasoneryoko at 09:14コメント(1)トラックバック(0) 

2011年07月27日

「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin東京

2011年7月23日(土)14:00〜18:30
会場:Bumb東京スポーツ文化館
参加者:23名

今回のセミナー参加者も、看護師、介護予防運動指導員、地域リーダーの方、また音楽療法士の方もいらしゃいました。
さまざまな分野で、チェアエクササイズを活用いただいているようです。
セミナーは、チェアエクササイズの基礎理論からデモレッスン、そして指導方法の教授、プログラムの作成と進みましたが、どの場面でも、積極的に受講される姿が目につきました。

デモレッスンでは、「歌チェア」も紹介されましたが、今回音楽療法士の先生もいらっしゃいましたので、いつもより美声が響いていました(笑)。
DSCF2713DSCF2710

グループになり、プログラム作成の場面では、各グループ与えられた課題を元に、「動き」や「掛け声」に特徴を持たせ作成していました。
動きの強弱や動き方にあった掛け声は、参加者の動きをより正確に、気持ちよく導くことができることを実感していただけたのではないでしょうか。
DSCF2714






セミナーが終わった後には、「自分の現場でのチェアエクササイズの活用方法について」や「もっと、チェアエクササイズを知りたくなった」といったご質問・ご感想をいただきました。
また、すでに認定を取得され向学のため再受講された会員の方からは、「今回で(セミナー受講は)3度目ですが、毎回発見があり、理解度が増します!」と、ご感想をいただきました。

そうなんです。再受講される方の多くは、同じような感想をおっしゃいます。
同じセミナーでも、毎回最新の情報をお伝えしています。また、初めは深く理解できなかったことも、その理解度は高まります。

今回初めて受講いただいた皆様、ぜひ機会がありましたら、また受講してください。きっと、さらに皆様の指導の質を高めることができると思います。
DSCF2715




nakasoneryoko at 10:47コメント(1)トラックバック(0) 

2011年04月10日

チェアエクササイズ4時間セミナー in 大阪

2011年4月9日(土)14:00〜18:30
会場:なみはやドーム 多目的ホール
参加者:13名

開始前早々より、受講者の方々が会場へお越しになりました。
今回も、介護・福祉施設にお勤めの方や、行政関係の方また、地域で運動指導をされている方など、初めて当協会主催のセミナーに参加いただく方が3分の2ほどいらっしゃいました。

講義では、まずチェアエクササイズの基礎理論の前に、なぜ、「介護予防」なのか・・・といった、これからの高齢社会に向けての我々の役割について概論がありました。

理論の時間は、レジュメにメモを書きとめる姿が多く見られました。

実技では、多くのデモストレーションを体験しその解説といった流れで進みました。
動きの真似だけでなく、「なぜ、その動きなのか」「参加者にはどういったことを伝えるべきか」その考え方の説明がありました。
セミナー1セミナー2







実際に、チェアエクササイズのガイドラインに沿って、プログラムを作ると時間では、グループになり課題に取り組みました。各グループオリジナルの動きが完成しました。これは、ぜひ現場でも実践していただきたいです。
セミナー3







セミナー終了後も、現場での導入に対して、熱心にご質問いただきました。また、ご質問があれば、いつでも事務局へご連絡ください!

受講者の皆様、ありがとうございました。
セミナー4







事務局 仲宗根涼子



nakasoneryoko at 10:23コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月17日

チェアエクササイズ4時間セミナー&認定試験in沖縄
2011年2月12日(土)、14日(月)
会場:SOLA沖縄学園

2月の沖縄は寒かったです!
今年も2月12日〜14日に沖縄にて、チェアエクササイズのセミナーを開催しました。

毎年1度沖縄で開催するセミナーは、会場となるSOLA沖縄学園の学生も参加されます。
今年も12名の学生が卒業後の職場で活かせるようにと、意欲的に受講されました。
その他には、栄養士、介護士という一般参加の方もおられ、にぎやかに進みました。

実技演習では、各グループ楽しい動きができあがり、発表されました。
生徒の皆さんも、2日後の認定試験へ向けて、構成した動きをメモしたりと熱心でした。

マスタークラスでは、チェアエクササイズの楽しく効果的なバリエーションを体験していただきました。
CH1CH5






CH4CH2







CH7









14日は認定試験日で、SOLA沖縄学園の学生9名が試験に挑戦しました。
4時間セミナーの演習で作った動きを思い出しながら、テストの流れを理解して準備を進めました。
このセミナーまでに、色々な資格取得のためのテストを受けてきた生徒さんたちは、チェアエクササイズを楽しみながらテストに臨んでいたように思いました。

全てが終わった後は、ホッとした表情で記念撮影。
Yくんがテストで発表した「ワーイ!」のポーズで!
CH6







皆さん、年に1度の沖縄でのセミナーにご参加いただき、ありがとうございました。
また是非来年もお会いしたいと思います。
生徒の皆さん、2日間お疲れ様でした。
積極的に練習し、テストに臨まれましたね。
最後のみなさんのコメントには感動しました!これからもがんばってくださいね!!!


会場協力のSOLA沖縄学園にも心より感謝申し上げます。
準備から多大なるご尽力をいただきました、与那城先生、大城先生、本当にありがとうございました。

休憩時間に初めて食べたタコス巻(589kcal)、美味しかった〜!

報告:草山美佐子



nakasoneryoko at 16:10コメント(0)トラックバック(0)