竹尾吉枝の活動報告

2012年07月12日

平成24年度 第1回健康運動指導士・健康運動実践指導者単位認定講習会
「チェアエクササイズで取り組むメタボ予防・介護予防~科学的根拠から実践・指導ポイントまで」

2012年7月12日(木)10:00〜15:00

主催:宮崎県
実施主体:財団法人 宮崎県健康づくり協会(宮崎県健康づくり推進センター)

今日は、宮崎県総合保健センターにて、平成24年度 第1回健康運動指導士・健康運動実践指導者単位認定講習会として、チェアエクササイズをご紹介しました。
参加者数は約70名です。

会場に入った瞬間にエネルギーが違う。イキイキしているというか、元気というか、関西とは「気が違う!!」と講座会場に入った瞬間にビビッと感じました。
講座中もまっすぐに私の方を見て、目が合う方が多いこと。平均年齢は、決して低くはなかったですが(笑)、実技も最後まで元気いっぱいで受講していただきました。
今回は、4時間の枠を設けていただいたので、皆さんの理解度を確かめながら、講座を落ち着いて進めることができました。最後は、当協会小冊子「31days チェアエクササイズ」を用いて、各々のチームで、マイ・プログラムを作成していただきました。
あっという間の4時間でした。
宮崎県健康づくり推進センター所長様、はじめスタッフの方も皆、お顔から人柄がにじみ出るほどに素敵な方々でした。特に最初から最後までお世話になりました健康運動指導士のTさん、Mさん、ありがとうございました。お二人にはずっと笑顔で接していただきました。皆さんが宮崎県を大事に思っている気持ちがよく伝わりました。
豊かな自然、おいしい食べ物、きれいな空気の中で暮らしている人のエネルギーは強いですね。
下町ど真ん中に住んでいる私としてはうらやましい限りです。
写真は、「言葉遊びチェア“グーコン(つまむ)”」と小冊子「31days チェアエクササイズ」を用いてグループ単位で、マイ・プログラムを作成している様子です。
45
























今回は、短時間の宮崎滞在中に食を堪能しました。宿泊したホテルの朝ごはん(リッチモンドホテル宮崎駅前)、そしてお昼にいただいたお弁当、どれも宮崎名物がいっぱいで、残さずぺろりと平らげました。
ここ最近は、仕事に忙殺され、お疲れモードもピークでしたが、前日入りの1泊2日の宮崎出張はなかなかリフレッシュできました!!
講座は16:00頃、終了しましたので、帰りは搭乗時間(18:50)まで、宮崎空港でぐるぐるショッピングを楽しみました。今回特に気に入ったのが、宮崎名物「冷や汁」です。冷やした味噌汁のようですが、コクが全然違う。味噌は焼いてあるそうで、出汁には数種類の魚やピーナツなども入っているとか…。野菜もきゅうりや大葉などが入って、栄養満点です。写真は、帰りの宮崎空港で、食べた冷や汁セットです(セットの中の宮崎鶏南蛮もグッド)。当協会スタッフにも食べさせてあげたいなぁ。いつも出張は福岡だから。
3





nakasoneryoko at 15:16コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月25日

平成23年度市民スポーツセミナー<スポーツサイエンスコース>
「転倒予防 〜身近なタオルを使って転ばない身体づくり〜 」市民スポーツセミナー

主催 (財)神戸市体育協会
2012年2月25日 15:30〜17:00

今日は、平成23年度市民スポーツセミナーが、神戸市立中央体育館にて開催されました。
参加者数は約35名です。

市民スポーツセミナーは、担当させていただくのは、5回めと思います。
会場の第二体育館は、講座にはちょうどよい広さで使い勝手が良いです。

今年も、良心的な参加費で、健康運動指導士の単位も取得できるので、健康運動指導士・実践指導者が比較的、多数参加しています。
今年から、高齢者体力つくり支援士の単位も取得でき、当協会は後援をしています。

この講習会は、運動指導者はじめ、介護福祉関係、スポーツコーチ、運動愛好者の方と対象者層が広く、講師としては実力が試されるように思っています。ですから、毎年やりがいがあります。

今年もあっという間に時間が過ぎ、限られた時間でしたが、なるだけ多くの実践例をご紹介したつもりです。
最初は多分、単位ねらいだった運動指導者も最後には前のめりになって、今回ご紹介する「身近なタオルを使って転ばない身体づくり」について、積極的に取り組んでいただきました。
P1070932P1070924







ご多忙中、神戸市体育協会 専門研究委員 Fさんは、最後まで参加者といっしょに受講していただきました。
Fさんは、私が20代後半から30代初めのころによく仕事をご一緒した方です。
神戸市立中央体育館 サブマネージャー Dさんも今年も企画運営をお疲れ様でした。
毎年、工夫が凝らされた講師人選だと思います。


写真は講座の様子と毎年、どこかの会場で私の講座を受講していただきますご家族です。管理栄養士の娘さんはお着換え中です。今年はAKG98(明るい高齢者グループ98歳)を結成されたそうです。
SA2A0071

nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月13日

「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin沖縄
日時:2012年2月12日(土)14:00〜18:30

会場:SOLA沖縄学園
参加:25名

今年も無事、沖縄に到着しました。今回で何回目の沖縄でしょうか。
その中でも一番、好天に恵まれましたが、私は残念ながら風邪気味です。

学生諸君は大所帯の14名参加(2名欠席)、プロの方は11名の計25名の参加です。

最後の実技ドリルとグループ発表は、良い緊張感です。
昨年から認定試験の実技試験のパートはプレゼンテーションがあり、前日はそのロールプレイングをかねています。最初は説得力不足の内容でしたが、発表グループが後半になってくると伝えようとする意気込みが増して、良い感じです。

翌日の認定試験は14名がチャレンジしました。
昨日のプレゼンテーションとは見違える程の説得力でした。
認定試験は私もまた新たにいろんな発見がありました。

ゆっくりのBPMや倍取りのBPMに合わせる、そしてあえてビートを外すというのは、スキルがいるということ。
学生諸君は若いので、ゆっくりのBPMは苦手そうでノーコントロールになる傾向でした。
合否はともかく、皆さん良い経験になったとの感想でした。
20120212 (2)







1日目に参加の介護保険施設職員の方も「いかに自分がいい加減かわかりました。チェアエクササイズは奥深いですね。奥深すぎます。勉強します!!」と言って帰られました。数名の方はプチ元気kai!イン福岡でもお会いできるようです。

20120212 (1)20120212 (3)







今回もY先生、O先生、そして今年からの卒業生N先生、いろいろとお手伝いをありがとうございました。
また来年、よろしくお願いいたします。。。


追申 
今回は?も?ドタバタ沖縄でした。前日、東京出張から夜遅く帰宅し、翌日、倒れこむように早朝伊丹空港へ。
しかし、なんと関空からの出発なのでした。バスで関空まで行き、約1時間30分後の10時40分の飛行機になんとか乗り、会場に到着したのは講座の5分前を切った位です。
ふ〜、間に合った(涙・汗)。
いつも「うちなー(沖縄)タイムは、あかんよ」と愚痴っている天罰が下り、私が思わずうちなータイムになりました。
忙しいのは良いけれど、反省です。忙しいという字は心を亡くすと書くそうです。
確認事項は慌てずに綿密に。。。
講座終了後は、無事任務遂行にホッとしたのか風邪が悪化し、声が出なくなりました。
ハスキーボイスを通り越し、ブレスボイスになっていました。参加者の方、聞きづらかったですね。すみません。
那覇空港までお迎えに来てくださった認定会員のTさん、ありがとうございました!!


nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月11日

「JAFA FITNESS FORUM 2012 in TOKYO」第3日目
2012年2月11日(土)

16:15〜18:15 チェアエクササイズ〜イス1つでできる健康づくり・介護予防〜
主催(社)日本フィットネス協会

今日は、東京都江東区有明スポーツセンターにて4日間のJAFAフィットネスフォーラムでした。
私は3日目を担当し、参加者数は約30名でした。

久しぶりの江東区有明スポーツセンターです。10年前位は当協会もこの会場をセミナーでよく使用しました。
参加者は大変反応がよく熱心に講義・実技と取り組んでいただきました。
以前に比較し、「今、介護予防に携わっている人?」と質問すると挙手される人が増えてきました。
介護予防がさらに評価されてきたのでしょうか。その挙手される人は、比較的若手で、大手企業の社員さんが多いようです。今回も自治体からの事業委託を受けているという企業の社員さんが数社、参加されていました。

「90BPMの音楽を探していたんです。なかなかなくて、今日のCDは介護予防教室でとても使えそうです。どこで購入できますか?」と当協会オリジナルCD「 1億人元気運動協会 Chairexercise BEST Vol.1 」を誉めていただきました。
「今、スポーツクラブでチェアエクササイズをしていますが、今日の講座を受講して、いかに今までやっていたことが理にかなっていないかとわかりました。参加してよかったです。また本格的なセミナーにも参加します。」と最後に声をかけてくださった方もいらっしゃいます。

また、皆さん、近いうちにお会いできるよう願っています。
今回も写真撮影はしていません。。。

追申 今回の招へい外国人講師は「Hred Hoffman」。
元Reebok Universityマスタートレーナーの1人です。
今、パリ在住で大学の講師をしているとか。欧米のフィットネス業界にもアカデミックに活躍している人がいるんですね。Hredとボストンで一緒にトレーニングを受けたのは何年前になるだろうか。
かれこれ15年位前かな。あの時代のフィットネス・インストラクターは輝いていたのではないかな。


nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月08日

平成23年度健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に係わる単位認定講習会

「サーキットチェア(R)エクササイズ
〜高齢者・低体力者から健常者までを対象とした総合的トレーニング〜」

主催 NPO法人日本健康運動指導士会
2011年12月8日15:40〜18:40

今日は、国立オリンピック記念青少年総合センター」にて、平成23年度健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に係わる単位認定講習会でした。参加者数は約90名でした。

今回もパナソニック電工株式会社の身体活動量計「アクティーマーカー」とのコラボで講座は展開しました。
これを講座で使用するのは3回目で、私もインフォメーションに少し慣れてきました(笑)。
EX(運動量の単位)、消費カロリー、歩数換算、METs(運動強度)がリアルタイムに出てくるので、皆さん興味津々で、動作にも次第に力が入ってくるように思います。

NPO法人日本健康運動指導士会主催の登録更新講習会の担当は、多分、今年で10年目位になるでしょうか?
今回の参加者はその中でも群を抜く程に、熱心に参加して下さいました。
3時間という講座ですが、居眠りをしている人はいなかったように思います。
実技の実際、そしてロールプレイングと時間を追うごとに、ヤル気が感じられ、講師として、大変やりがいがありました。

「時代は少子高齢社会です。その真っ只中をけん引していく私たちに、与えられる役割は大きいですね」と言った概要の問いかけに、皆さん、強く反応していただいたように思います。

追申
今日の前半の講座は、「メンタルヘルス支援プログラム」と「こころを癒すエクササイズ(精神疾患、うつ予防、ストレスケア)」で、講師は当協会の特別講師のおひとりである石井千恵先生でした。

講座前後の短い時間を惜しんで話しました。さて、石井先生のお子さんは、椎名林檎さんのファンです。
その話を以前に伺い、私も椎名林檎さんを少し注目するようになりました。声、歌詞、そしてルックスも魅力的なので、今では好きなミュージシャンの1人です。でなんと、その前日にお子さんとその友人と石井先生は椎名林檎のコンサートに行かれたそうで、それはそれは格好よかったそうです!おみやげにそのコンサートのTシャツをいただいてしまいました。
石井先生のお子さんは、間もなく、大学受験です。
大変、優秀で某医学部を狙われるとか。。。合格をお祈りしています。

講座の様子は、撮影していません。。。


nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月28日

「JAFA FITNESS FORUM 2011 in TOKAI」第1日目
2011年11月28日(月)

11:00〜13:00 チェアエクササイズ〜イス1つでできる健康づくり・介護予防〜
主催(社)日本フィットネス協会

今日は、名古屋市枇杷島スポーツセンターにて2日間のJAFAフィットネスフォーラムでした。
私は1日目を担当し、参加者数は約30名でした。

ここ数年、東海でのフィットネスフォーラムは、東海大学三好キャンパスでしたが、今回は、自宅から1時間30分程度で到着でき、大阪からもアクセスバツグンです。

今回は“東海インストラクターコミュニティー”としてカフェが設置され、講座の前後に担当講師がその場に顔を出します。講座終了後に、私も立ち寄り、参加者の方といつもよりゆっくり意見交換ができたように思います。

今回の講座は、少しずついろんなチェアエクササイズを体験していただき、チェアエクササイズのコンセプトをお伝えしました。
以前は、高齢者・低体力者について学びたいという方が多いように思いましたが、今はほとんどの方が高齢者・低体力者対象に仕事をされている様子を感じました。時代は少子高齢社会です。

JAFAスタッフもそうですが、講師も世代交代でしょうか、20代の若い人も目立ってきました。

写真は、相変わらず講座の様子は撮影し忘れたので、会場の正面玄関の様子です。
1億人元気運動協会もこの会場は何回か使用したことがあります!!

SA2A0063

nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月10日

第41回岩手県市町村保健師研修会
「メタボ予防に役立つチェアエクササイズ」
11月10日(木)
主催:岩手県国民健康保険団体連合会

今日は、岩手県国保会館にて、保健福祉活動推進事業の一環として岩手県内市町村保健師、看護師、栄養士対象の研修会として、チェアエクササイズをご紹介しました。参加者数は約50名でした。

震災後、東北の方へは初めて向かいます。当日は初霜ということでしたが、晴天に恵まれ締まった空気の冷たさが心地よかったです。
職員Yさんのお迎えの車中からの盛岡市の景色は、3月の大震災は信じられない位の静寂な町並みでした。
陸前高田市や気仙沼市、大船渡市は盛岡市から車で2時間程度しか離れていない距離だそうです。海岸沿いと内陸では、こうも違うのですね。。。心よりこの度の震災をお見舞い申し上げます。

さて、研修会は、下は多分20代から上は80代の方まで様々でした。年長の方は、今も現役の風格で凛とし最初から最後まで疲れた様子もなくまっすぐの視線で受講していただいたように思います。
皆さん、あの大震災があったとは信じがたいほど、疲れていません。実に熱心です。
反応が大きく、講師としてやりがいがありました。
途中、CDデッキの調子が悪く、一定の強度を維持し、動いていただくことは、十分にできなかったのですが、最終的にはグループでチェアエクササイズを創作し、一通りの「指導の循環」を経験していただきました。

岩手県は全国2~3位で特定健診の受診率が高いそうです。今回の市区町村の職員の方々の姿勢からも実に地域性がまじめな性質と伺えます。
受診率が高いので、今回の受講生は、特定健診はじめ、特定保健指導で大変、ご多忙とのことでした。
お陰さまで、アンケートの声は、参加者からは、「地域に帰ってすぐにでも使いたい」「理論から学べたため、対象者にきちんと教えることができる」「メタボ予防の他に、介護予防としても使っていけそうだ」等、とても好評とのことでした。
中にはすでに、ビデオ「竹尾吉枝のチェアエクササイズ」を持っているとお声をかけていただいた方もいらっしゃいました。

今回、窓口としてお世話いただいた健康増進課のSさんは、岩手県立看護大学在学中に当協会スタッフKまたはNのどちらかの集中講座を受講した経験があるとのお話に驚きました。関西から遠方ですが、岩手県の土地でチェアエクササイズを周知してくださっている方がいることに大変うれしく思い帰路につきました。
帰りの花巻空港で食べたきのこ10割そばがおいしかったです(笑)。

写真は、チェアエクササイズの実際の様子です。参加者の良い表情が写っています。名カメラマンの男性職員の方に感謝します。
岩手県2岩手県

nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月07日

介護予防研修会“イス1つでできる健康づくり・介護予防” 〜チェアエクササイズ〜
11月7日(月)
主催:大竹市地域包括支援センター

今日は、広島県「サントピア大竹(大竹市総合福祉センター)」にて、市民の方対象に介護予防研修として、チェアエクササイズをご紹介しました。参加者数はご高齢の方中心に、市の介護・福祉や運動指導の職種の方、約120名でした。

往路は新幹線「広島」から、JRで「大竹」まで、のんびりと向かいました。
途中、宮島があり、大阪からさほど遠くない距離なので、日を改めて観光に来たい気分になりました。

無事、会場に到着し、地域包括支援センターの方が、勢ぞろいで温かくお出迎えくださいました。
館内には本日の研修会のPOPが掲示してあり、集客にご尽力いただいた様子が伝わりました。

本日の会場は講演がしやすい雰囲気です。広さ、天井の高さ、照明の具合も快適です。
しかし、そんな時に限って、講演開始すぐにPCはフリーズ(汗)。
察するに私が持参したポインターのUSBとご用意いただいたPCの相性が良くなかったようです。
私のポインターが、多分、古いのです。スタッフの方にはご心配おかけしましたが、急きょ、進行の内容を変え、実技に先に入りました。
その間にPCの動作も回復しました。

今日の会場の皆様は、表情豊かで、反応が良いです。
高齢者の方が、途中、何度もメモをとられていました。
最後の質疑・応答では、男性が「坐骨をイスに突き刺すようにすることが大変、印象に残りました。僕は、ゆる体操をやっているのですが、通ずるものがあり、チェアエクササイズは良いと思います」とハキハキと感想をマイクをもって語ってくださいました。


終了後のアンケート結果は(120人中、サンプル数70人)、次の通りとご報告をいただきました。
本日の講座はいかがでしたか?大変参考になった(60人)、参考になった(8人)。
地域や自宅で今日の体操を実践しようと思いましたか?してみようと思う(61人)、わからない(1人)。

意見・感想の、特徴的なものは次の通りです。
・深い内容で大変参考になりました(骨や筋肉のしくみなども詳しく説明いただき)、ありがとうございました。
・身体を動かせて身体だけでなく、気持ちも軽くなりました。
・明るく楽しいエクササイズで90分があっという間でした。身近にあるイスを使ってする軽運動、ぜひ現場のスタッフにも参加して欲しいと思いました。

皆様、貴重なご意見をありがとうございました。
また、本日の研修会を開催するにあたり、職員のNH様、そして当協会認定チェアエクササイズ・インストラクターであり、医療法人社団親和会「METS・やまと」のKS様には、大変お世話になり、ありがとうございました。

写真は、胸肋関節を説明している私と会場の皆様の様子です。
大竹市2大竹市






追申
帰路は、新幹線こだまで新岩国から広島まで出たのは良いのですが、ボーっとしていて、予約をしていたのぞみに乗り遅れる始末。焦って、また次の新幹線に乗ったのは、またこだま。ゆっくり帰阪すれば良いやと思いましたが、到着時刻を調べるととんでもなく時間がかかります。福山でいったん下車し、のぞみを待ち、無事に新大阪到着。しかし新岩国と福山で新幹線を合計1時間程度待ち、新大阪に着いたのは、予定より1時間半も遅くなりました。。。遠方に講演に行くのは、楽しいのですが、交通の行程に胆を冷やします。


nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月24日

第18回高齢者体力つくり支援士資格検定講習会

2011年9月24日(土)14:00〜17:15
「高齢者のチェアエクササイズ」
主催:(財)体力つくり指導協会

今日から第18回高齢者体力つくり支援士資格検定講習会が横浜市日産スタジアム内「横浜市スポーツ医科学センター」で開始しました。

参加者数は約25名です。

最近は、介護・福祉関係の職種方が、主に参加傾向ですが、今回は、運動指導者の方が比較的、多く参加されていました。愛知県の同施設からは4~5名の方が参加されていました。

今回は、運動指導者の方が多く参加されているだけあって、表情が豊かです。
大きくうなずかれたり、講座中に眼が合えば笑顔を返して下さったりと、講師としては大変、やりやすく助かります。
超高齢化社会の日本は、介護保険の受給者も年々、増加していますが、元気高齢者も増えています。
そのせいあってか、高齢者の運動指導者をめざす人が、またここ最近、じわじわと増えてきている兆しです。
本講座は、自画自賛ですが、学術的な立場から現場指導までと高齢者の健康づくりに関わる第一線で活躍している素晴らしい先生方が講座を担当します。

これだけ一時に高齢者の運動指導について学べる機会はめったにないことだと思います。
もっともっと「高齢者体力つくり支援士」資格が普及することを願っています。
詳細はぜひ、WEBをご高覧ください。http://sien.gr.jp/

追申
さて、今回も講座の様子を撮影し忘れました。。。
その代わりと言ってはなんですが、新大久保駅界隈で出会ったヨン様マネキンを掲載します。面白いですよね〜。

講座後は、珍しく東京に宿泊しました。
翌日、某団体のピラティスの継続教育単位を受講するためです。東新宿に宿泊しましたので、コリアタウンまで足を伸ばし、韓国料理「サンゲタン」を堪能しました。
お疲れ気味の身体にビビッと効き目が。。。翌日は、大変元気でしたよ〜(笑)。

110924_2043~0001



nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月20日

「全国地域活動栄養士会協議会 ブロック別研修会(近畿)」

2011年8月20日(土)14:00〜16:00
主催:社団法人 大阪府栄養士会

「介護予防・メタボ対策に役立つ〜チェアエクササイズ」

今日は、大阪駅前第2ビル内にある「大阪市立総合学習センター」にて、全国地域活動栄養士会協議会 ブロック別研修会(近畿)として、介護予防・メタボ対策に役立つ〜チェアエクササイズの講座を担当しました。

参加者は70名でした。参加者は和歌山・滋賀県・奈良・京都・兵庫・大阪から参加されていました。
近畿ブロックだけで、約2,000名程度の会員が在籍しているそうです。

大阪駅前ビルは、通いなれた場所です。
午後から雨模様、更衣場所がないことも予測し、ジャージのまま会場に向かいました。自宅からdoor to doorで会場入りした感じです。

会場に到着しますと全員女性です。
栄養士とは女性の職業なのですね。男性もいらっしゃるのでしょうか?知識不足ですみません。
栄養は生きていくために必須項目ですから、この会場には生き証人が沢山、いらっしゃるようです。
皆さん、顔つやもよく大変、活発です。
「痩せたいのよ。やっぱり運動しないとね〜(笑)」というお声掛けを思った以上に受けました。

2時間の講座はあっという間に過ぎました。
当初はDVD「脱メタボ〜竹尾吉枝のご自宅チェアエクササイズ〜」を主体に実技予定でしたが、用意をしていました小冊子「31Daysチェアエクササイズ」を積極的に購入された方が大半で、また皆さんが各地域に戻られた時に今日の講座内容の連絡会があるとのことなので、あとで復習できるように実技内容は小冊子に掲載されている内容を中心に進めることに変更しました。

栄養士は栄養の講座とともに運動のすすめも併行して行うことが多いようなので、運動の具体例として紹介できるよう必ずマスターするぞ!という意気込みを感じました。

何人かの地域の理事の方に、うちの地域であらためて研修会を開催したいというご要望も頂戴しました。
また近い将来、皆さんにお会いできますように。

担当窓口の奈良県在住のKさん、健康運動指導士会奈良県支部主催講座から引き続き、お世話になりました。ありがとうございました。

写真は、講座の様子です。
協会スタッフNからはいつもと雰囲気が違うウエアだと褒めてもらえましたが、ショートカットは似合ってないように。。。
老けて見えるので、髪をやっぱり元通り伸ばそうと決心した写真でもあります(笑)。
DSC00141

nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0)