チェアエクササイズ

2012年07月12日

平成24年度 第1回健康運動指導士・健康運動実践指導者単位認定講習会
「チェアエクササイズで取り組むメタボ予防・介護予防~科学的根拠から実践・指導ポイントまで」

2012年7月12日(木)10:00〜15:00

主催:宮崎県
実施主体:財団法人 宮崎県健康づくり協会(宮崎県健康づくり推進センター)

今日は、宮崎県総合保健センターにて、平成24年度 第1回健康運動指導士・健康運動実践指導者単位認定講習会として、チェアエクササイズをご紹介しました。
参加者数は約70名です。

会場に入った瞬間にエネルギーが違う。イキイキしているというか、元気というか、関西とは「気が違う!!」と講座会場に入った瞬間にビビッと感じました。
講座中もまっすぐに私の方を見て、目が合う方が多いこと。平均年齢は、決して低くはなかったですが(笑)、実技も最後まで元気いっぱいで受講していただきました。
今回は、4時間の枠を設けていただいたので、皆さんの理解度を確かめながら、講座を落ち着いて進めることができました。最後は、当協会小冊子「31days チェアエクササイズ」を用いて、各々のチームで、マイ・プログラムを作成していただきました。
あっという間の4時間でした。
宮崎県健康づくり推進センター所長様、はじめスタッフの方も皆、お顔から人柄がにじみ出るほどに素敵な方々でした。特に最初から最後までお世話になりました健康運動指導士のTさん、Mさん、ありがとうございました。お二人にはずっと笑顔で接していただきました。皆さんが宮崎県を大事に思っている気持ちがよく伝わりました。
豊かな自然、おいしい食べ物、きれいな空気の中で暮らしている人のエネルギーは強いですね。
下町ど真ん中に住んでいる私としてはうらやましい限りです。
写真は、「言葉遊びチェア“グーコン(つまむ)”」と小冊子「31days チェアエクササイズ」を用いてグループ単位で、マイ・プログラムを作成している様子です。
45
























今回は、短時間の宮崎滞在中に食を堪能しました。宿泊したホテルの朝ごはん(リッチモンドホテル宮崎駅前)、そしてお昼にいただいたお弁当、どれも宮崎名物がいっぱいで、残さずぺろりと平らげました。
ここ最近は、仕事に忙殺され、お疲れモードもピークでしたが、前日入りの1泊2日の宮崎出張はなかなかリフレッシュできました!!
講座は16:00頃、終了しましたので、帰りは搭乗時間(18:50)まで、宮崎空港でぐるぐるショッピングを楽しみました。今回特に気に入ったのが、宮崎名物「冷や汁」です。冷やした味噌汁のようですが、コクが全然違う。味噌は焼いてあるそうで、出汁には数種類の魚やピーナツなども入っているとか…。野菜もきゅうりや大葉などが入って、栄養満点です。写真は、帰りの宮崎空港で、食べた冷や汁セットです(セットの中の宮崎鶏南蛮もグッド)。当協会スタッフにも食べさせてあげたいなぁ。いつも出張は福岡だから。
3





nakasoneryoko at 15:16コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月26日

『チェアエクササイズ初級指導員養成講習会』
日時:2012年2月26日(日)10:00〜17:30
主催:一般社団法人全国柔整鍼灸協会・全国柔整鍼灸協同組合
会場:全柔協会館
参加:47名

1億人元気運動協会と全柔協様との協力で開催する「チェアエクササイズ初級指導員養成講習会」も、今回で3回目となりました。
全柔協の組合員である柔整師や鍼灸師の方の中には、接骨院や鍼灸院を運営する傍ら、介護予防を目的とする健康教室を開催されていたり、リハビリ特化型デイサービスを併設されている方も多く、組合からも開設支援など応援をされているそうです。
そこで、2年前からチェアエクササイズの指導法を習得する講習会を開催しています。

今回は関西圏の方はもちろんのこと、大分県、長崎県や静岡県など、遠方からもご参加いただきました。
同じ医院から何名ものスタッフが参加されているところもあり、今回の講習への熱意を感じることができました。

運動指導の講習は初めて受講される方も多かったようでしたが、とても熱心に受講され、講義の時間には大きくうなづきながら聞き入る姿が印象的でした。
実技体験になると、チェアエクササイズをとても楽しんでいただけたようでした。
事前に送られた教材DVDを見て練習をされていたので、上手に動かれていました。
実際の指導者が動きの説明やコツを伝えながらのチェアエクササイズを体験され、楽しみながらも一つ一つの動きの意味や使用部位などを更に理解していただけたのではないかと思います。
DSCF6369DSCF6384







午後からは、実際の指導をペアワークでどんどん練習する時間を多くとりました。
明日からでも指導ができるようにと、実践型の練習を重ねたので、最後にはかなり上達されて、参加者への目配りやねぎらいの言葉も飛び出しました。
修了確認の実技テストも、緊張はしておられましたが精一杯の指導を発表されました。
本当にお疲れ様でした!

この講習会を機に、教室やデイサービスで楽しく効果的な介護予防をスタートしていただければと願います。
接骨院、鍼灸院といった地域に根付いた場所でなら、きっと多くの高齢者が介護予防を実践できると思います。
協会も皆さんを応援していきます!

DSCF6402DSCF6416







主催の全国柔整鍼灸協同組合の皆様、開催準備や当日運営をご担当いただきましたセラピ株式会社の皆様、ご協力をありがとうございました。

報告者:草山



nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月28日

「JAFA FITNESS FORUM 2011 in TOKAI」第1日目
2011年11月28日(月)

11:00〜13:00 チェアエクササイズ〜イス1つでできる健康づくり・介護予防〜
主催(社)日本フィットネス協会

今日は、名古屋市枇杷島スポーツセンターにて2日間のJAFAフィットネスフォーラムでした。
私は1日目を担当し、参加者数は約30名でした。

ここ数年、東海でのフィットネスフォーラムは、東海大学三好キャンパスでしたが、今回は、自宅から1時間30分程度で到着でき、大阪からもアクセスバツグンです。

今回は“東海インストラクターコミュニティー”としてカフェが設置され、講座の前後に担当講師がその場に顔を出します。講座終了後に、私も立ち寄り、参加者の方といつもよりゆっくり意見交換ができたように思います。

今回の講座は、少しずついろんなチェアエクササイズを体験していただき、チェアエクササイズのコンセプトをお伝えしました。
以前は、高齢者・低体力者について学びたいという方が多いように思いましたが、今はほとんどの方が高齢者・低体力者対象に仕事をされている様子を感じました。時代は少子高齢社会です。

JAFAスタッフもそうですが、講師も世代交代でしょうか、20代の若い人も目立ってきました。

写真は、相変わらず講座の様子は撮影し忘れたので、会場の正面玄関の様子です。
1億人元気運動協会もこの会場は何回か使用したことがあります!!

SA2A0063

nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月10日

第41回岩手県市町村保健師研修会
「メタボ予防に役立つチェアエクササイズ」
11月10日(木)
主催:岩手県国民健康保険団体連合会

今日は、岩手県国保会館にて、保健福祉活動推進事業の一環として岩手県内市町村保健師、看護師、栄養士対象の研修会として、チェアエクササイズをご紹介しました。参加者数は約50名でした。

震災後、東北の方へは初めて向かいます。当日は初霜ということでしたが、晴天に恵まれ締まった空気の冷たさが心地よかったです。
職員Yさんのお迎えの車中からの盛岡市の景色は、3月の大震災は信じられない位の静寂な町並みでした。
陸前高田市や気仙沼市、大船渡市は盛岡市から車で2時間程度しか離れていない距離だそうです。海岸沿いと内陸では、こうも違うのですね。。。心よりこの度の震災をお見舞い申し上げます。

さて、研修会は、下は多分20代から上は80代の方まで様々でした。年長の方は、今も現役の風格で凛とし最初から最後まで疲れた様子もなくまっすぐの視線で受講していただいたように思います。
皆さん、あの大震災があったとは信じがたいほど、疲れていません。実に熱心です。
反応が大きく、講師としてやりがいがありました。
途中、CDデッキの調子が悪く、一定の強度を維持し、動いていただくことは、十分にできなかったのですが、最終的にはグループでチェアエクササイズを創作し、一通りの「指導の循環」を経験していただきました。

岩手県は全国2~3位で特定健診の受診率が高いそうです。今回の市区町村の職員の方々の姿勢からも実に地域性がまじめな性質と伺えます。
受診率が高いので、今回の受講生は、特定健診はじめ、特定保健指導で大変、ご多忙とのことでした。
お陰さまで、アンケートの声は、参加者からは、「地域に帰ってすぐにでも使いたい」「理論から学べたため、対象者にきちんと教えることができる」「メタボ予防の他に、介護予防としても使っていけそうだ」等、とても好評とのことでした。
中にはすでに、ビデオ「竹尾吉枝のチェアエクササイズ」を持っているとお声をかけていただいた方もいらっしゃいました。

今回、窓口としてお世話いただいた健康増進課のSさんは、岩手県立看護大学在学中に当協会スタッフKまたはNのどちらかの集中講座を受講した経験があるとのお話に驚きました。関西から遠方ですが、岩手県の土地でチェアエクササイズを周知してくださっている方がいることに大変うれしく思い帰路につきました。
帰りの花巻空港で食べたきのこ10割そばがおいしかったです(笑)。

写真は、チェアエクササイズの実際の様子です。参加者の良い表情が写っています。名カメラマンの男性職員の方に感謝します。
岩手県2岩手県

nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月07日

介護予防研修会“イス1つでできる健康づくり・介護予防” 〜チェアエクササイズ〜
11月7日(月)
主催:大竹市地域包括支援センター

今日は、広島県「サントピア大竹(大竹市総合福祉センター)」にて、市民の方対象に介護予防研修として、チェアエクササイズをご紹介しました。参加者数はご高齢の方中心に、市の介護・福祉や運動指導の職種の方、約120名でした。

往路は新幹線「広島」から、JRで「大竹」まで、のんびりと向かいました。
途中、宮島があり、大阪からさほど遠くない距離なので、日を改めて観光に来たい気分になりました。

無事、会場に到着し、地域包括支援センターの方が、勢ぞろいで温かくお出迎えくださいました。
館内には本日の研修会のPOPが掲示してあり、集客にご尽力いただいた様子が伝わりました。

本日の会場は講演がしやすい雰囲気です。広さ、天井の高さ、照明の具合も快適です。
しかし、そんな時に限って、講演開始すぐにPCはフリーズ(汗)。
察するに私が持参したポインターのUSBとご用意いただいたPCの相性が良くなかったようです。
私のポインターが、多分、古いのです。スタッフの方にはご心配おかけしましたが、急きょ、進行の内容を変え、実技に先に入りました。
その間にPCの動作も回復しました。

今日の会場の皆様は、表情豊かで、反応が良いです。
高齢者の方が、途中、何度もメモをとられていました。
最後の質疑・応答では、男性が「坐骨をイスに突き刺すようにすることが大変、印象に残りました。僕は、ゆる体操をやっているのですが、通ずるものがあり、チェアエクササイズは良いと思います」とハキハキと感想をマイクをもって語ってくださいました。


終了後のアンケート結果は(120人中、サンプル数70人)、次の通りとご報告をいただきました。
本日の講座はいかがでしたか?大変参考になった(60人)、参考になった(8人)。
地域や自宅で今日の体操を実践しようと思いましたか?してみようと思う(61人)、わからない(1人)。

意見・感想の、特徴的なものは次の通りです。
・深い内容で大変参考になりました(骨や筋肉のしくみなども詳しく説明いただき)、ありがとうございました。
・身体を動かせて身体だけでなく、気持ちも軽くなりました。
・明るく楽しいエクササイズで90分があっという間でした。身近にあるイスを使ってする軽運動、ぜひ現場のスタッフにも参加して欲しいと思いました。

皆様、貴重なご意見をありがとうございました。
また、本日の研修会を開催するにあたり、職員のNH様、そして当協会認定チェアエクササイズ・インストラクターであり、医療法人社団親和会「METS・やまと」のKS様には、大変お世話になり、ありがとうございました。

写真は、胸肋関節を説明している私と会場の皆様の様子です。
大竹市2大竹市






追申
帰路は、新幹線こだまで新岩国から広島まで出たのは良いのですが、ボーっとしていて、予約をしていたのぞみに乗り遅れる始末。焦って、また次の新幹線に乗ったのは、またこだま。ゆっくり帰阪すれば良いやと思いましたが、到着時刻を調べるととんでもなく時間がかかります。福山でいったん下車し、のぞみを待ち、無事に新大阪到着。しかし新岩国と福山で新幹線を合計1時間程度待ち、新大阪に着いたのは、予定より1時間半も遅くなりました。。。遠方に講演に行くのは、楽しいのですが、交通の行程に胆を冷やします。


nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月29日

「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin大阪
日時:2011年10月29日(土)14:00〜18:30
会場:なみはやドーム 多目的ホール
参加:33名

西は島根県から東は愛知県から運動指導者をはじめ、理学療法士、保健師、栄養士、介護職の方まで様々な職業の方が参加されました。

会場の広さと、参加人数がちょうどよく、講義や実技にも皆さん集中して取り組んでいらっしゃいました。

理論の場面では、テキストや配布資料にメモ書きをされる姿が目につきました。
実技の場面でも、チェアエクササイズの様々なパターンや運動強度を実技を通じて体感されていました。
DSCF6136







休憩時間には、実技で紹介された動きや、音楽についてなど、積極的な質問をいただきました。

後半のグループごとのプログラム作成では、ユニークな動きを発表されるグループもありました。皆さん発想が豊かです。
DSCF6151DSCF6166








4時間ととても短い時間ですが、ここで習得したチェアエクササイズをそして各グループで作成し、指導の練習をしたコンビネーションもぜひ現場で実践してください。
たくさんのご参加ありがとうございました!

今回は、チェアエクササイズの基本のセミナーです。基礎からじっくり学びたい方は、サーキットチェア(R)6時間セミナーにお越しください。お待ちしています!

DSCF6168






報告者 仲宗根涼子






nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月24日

第18回高齢者体力つくり支援士資格検定講習会

2011年9月24日(土)14:00〜17:15
「高齢者のチェアエクササイズ」
主催:(財)体力つくり指導協会

今日から第18回高齢者体力つくり支援士資格検定講習会が横浜市日産スタジアム内「横浜市スポーツ医科学センター」で開始しました。

参加者数は約25名です。

最近は、介護・福祉関係の職種方が、主に参加傾向ですが、今回は、運動指導者の方が比較的、多く参加されていました。愛知県の同施設からは4~5名の方が参加されていました。

今回は、運動指導者の方が多く参加されているだけあって、表情が豊かです。
大きくうなずかれたり、講座中に眼が合えば笑顔を返して下さったりと、講師としては大変、やりやすく助かります。
超高齢化社会の日本は、介護保険の受給者も年々、増加していますが、元気高齢者も増えています。
そのせいあってか、高齢者の運動指導者をめざす人が、またここ最近、じわじわと増えてきている兆しです。
本講座は、自画自賛ですが、学術的な立場から現場指導までと高齢者の健康づくりに関わる第一線で活躍している素晴らしい先生方が講座を担当します。

これだけ一時に高齢者の運動指導について学べる機会はめったにないことだと思います。
もっともっと「高齢者体力つくり支援士」資格が普及することを願っています。
詳細はぜひ、WEBをご高覧ください。http://sien.gr.jp/

追申
さて、今回も講座の様子を撮影し忘れました。。。
その代わりと言ってはなんですが、新大久保駅界隈で出会ったヨン様マネキンを掲載します。面白いですよね〜。

講座後は、珍しく東京に宿泊しました。
翌日、某団体のピラティスの継続教育単位を受講するためです。東新宿に宿泊しましたので、コリアタウンまで足を伸ばし、韓国料理「サンゲタン」を堪能しました。
お疲れ気味の身体にビビッと効き目が。。。翌日は、大変元気でしたよ〜(笑)。

110924_2043~0001



nakasoneryoko at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月31日

チェアエクササイズ基本講習会
「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin愛知
日時:2011年7月30日(土)14:00〜18:30
会場:ウィルあいち
参加:17名

毎年、夏のセミナーは8月開催でしたが、今年は7月となり、少し参加が少なめでした。
しかし、参加者は運動指導者・介護士・保健師・地域リーダーと幅広く、チェアエクササイズのニーズの高さを感じました。

講習内ではチェアエクササイズの体験クラスがあり、様々な対象者に対応した指導法を実際に体験していただきました。
目的別・強度別のチェアエクササイズの展開は、初めて体験された方には「目からウロコ」だったそうです。
当協会独自のガイドラインとこだわりの指導テクニックは、きっと次の日からみなさんの現場でお役にたてていただけていると思います。

主運動部分の指導演習は、グループごとにチェアエクササイズの動きを創作します。
お遊戯的でなく、ただ単に振付けだけで終わってしまうのではなく、運動としての指導を経験していただきました。
初めてチェアエクササイズを指導する方もいて、緊張もあったかと思いますが、果敢に動きの創作に挑戦され、積極的に指導者としての言葉を模索されていました。
DSCF2748DSCF2723

最後は全員笑顔で記念撮影!
皆さん、ご参加ありがとうございました!!
認定チェアエクササイズ・インストラクターの山下さん、毎年ご協力をありがとうございます。
今年もお世話になりました。
DSCF2761







チェアエクササイズ4時間セミナーは、当協会では「基本講習」という位置づけです。
さらに指導法の基礎を学びたい、という方のための「基礎講習」として「サーキットチェアR6時間セミナー」で機能訓練を極める、があります。
今回ご参加の皆様も、この活動報告を見て興味をもたれた方も、ぜひご参加ください。

報告者:草山 美佐子


nakasoneryoko at 09:14コメント(1)トラックバック(0) 

2011年07月27日

「チェアエクササイズ4時間セミナー」で介護予防のプロになるin東京

2011年7月23日(土)14:00〜18:30
会場:Bumb東京スポーツ文化館
参加者:23名

今回のセミナー参加者も、看護師、介護予防運動指導員、地域リーダーの方、また音楽療法士の方もいらしゃいました。
さまざまな分野で、チェアエクササイズを活用いただいているようです。
セミナーは、チェアエクササイズの基礎理論からデモレッスン、そして指導方法の教授、プログラムの作成と進みましたが、どの場面でも、積極的に受講される姿が目につきました。

デモレッスンでは、「歌チェア」も紹介されましたが、今回音楽療法士の先生もいらっしゃいましたので、いつもより美声が響いていました(笑)。
DSCF2713DSCF2710

グループになり、プログラム作成の場面では、各グループ与えられた課題を元に、「動き」や「掛け声」に特徴を持たせ作成していました。
動きの強弱や動き方にあった掛け声は、参加者の動きをより正確に、気持ちよく導くことができることを実感していただけたのではないでしょうか。
DSCF2714






セミナーが終わった後には、「自分の現場でのチェアエクササイズの活用方法について」や「もっと、チェアエクササイズを知りたくなった」といったご質問・ご感想をいただきました。
また、すでに認定を取得され向学のため再受講された会員の方からは、「今回で(セミナー受講は)3度目ですが、毎回発見があり、理解度が増します!」と、ご感想をいただきました。

そうなんです。再受講される方の多くは、同じような感想をおっしゃいます。
同じセミナーでも、毎回最新の情報をお伝えしています。また、初めは深く理解できなかったことも、その理解度は高まります。

今回初めて受講いただいた皆様、ぜひ機会がありましたら、また受講してください。きっと、さらに皆様の指導の質を高めることができると思います。
DSCF2715




nakasoneryoko at 10:47コメント(1)トラックバック(0) 

2011年04月25日

チェアエクササイズ初級指導者講習会〜サーキットチェア〜

2011年4月24日(日) 11:30〜15:30
会場:クローバープラザ(福岡県春日市)

今回の、参加者は3名での実施でした。
少人数での開催でしたので、3名それぞれの普段の活動状況を確認したうえで、
すぐにでも、活用いただけるようにカリキュラムをすすめていきました。

今回は、高齢者や疾患者に、運動指導をされている方々でしたので、
サーキットチェアの動きを十分に確認し、「指導の循環」を重点的に練習しました。

終了後の、まとめ、自己評価の時間では、
「言葉がけひとつでもこれだけ、考えながら実践したことはなく、これまでの自分の指導を振り返り、
明日からの指導に活かせることができます」

「今まで、我流でチェアエクササイズをやっていましたが、今日基本を学び、また
サーキットチェアは教材が充実していて、安心して対象者に伝えることができます。」

「長年指導者として、自分流のスタイルが出来上がっていましたが、今日はもう一度初心に戻って
確認することができました。」

などの感想や意見をいただきました。

「サーキットチェア」は、実践する人が覚えやすく、楽しくそして安全に実施できるプログラムで構成されています。
受講いただいた方を通して、このプログラムを伝えていただき、それを体験された方が、自らの健康づくり
や体力づくりに役立てていただけることを願います。

受講いただいた、くみさん、あゆさん、まるこさんありがとうございました!
DSCF2702



仲宗根涼子

nakasoneryoko at 12:00コメント(0)トラックバック(0)