2008年03月19日

軍艦について

a65b4d21.jpg
「中杉 弘のブログ」のテーマソングです。
紀元は2600年(キングレコードより)


千葉大学名誉教授 清水馨八郎 先生より書簡を受け取りましたので公開させていただきます。清水先生はもと海軍兵学校教授などを歴任されている都市計画の権威です。こういったものの見方こそ正論だと思います。イージス艦は立派な軍艦であり日本国民は軍艦に対し尊敬の心をもたねばなりません。軍艦はなにを創るわけでもなく運ぶわけでもありません。お国のために当然のことながらいざと言うときに戦闘するのが目的です。この艦により我々の生命と財産が守られるということもっと真剣にかんがえなければなりません。軍艦は国家なのです。

(寄稿)イージス艦事件の真相を見誤るな  千葉大学名誉教授 清水馨八郎 
           
一 浦賀水道航路の特徴
 浦賀水道は東京湾への出入り口で細長く毎日数百隻が南北に行き交う海の銀座通りで、 国の内外に開かれた公道、海の国道だ。列車の線路のような道だ。ここを東西に横断しようとする小型漁船の方が細心の注意が必要。この道には毎日巨大タンカー、伊豆七島方面への定期航路の外、内外の巨船が頻繁に通っている

ニ 小型船舶の運航ルール無視
 巨大船の機関音は夜間でも小型船側に数分前に充分に届いている筈。小回りがきくのだから一時停止して待つか、僅かに方向を変えれば足りる。同時刻に同僚漁船は何隻も無事横断していた。清徳丸だけが直角の船首同時の衝突だから直前まで全く気がつかなかったのは無謀横断だ。

三 マスコミ、野党、国の大きな錯覚
 それを今回、マスコミや野党は国民の生命を守るべき自衛艦が弱い漁船を引き殺したと大騒ぎして責任の本質を見誤ってしまった。首相、大臣、艦長が勝浦漁港にまで謝罪に行っているが、謝るべきは地元の漁業側である。

四 今回の事故の教訓を生かせ
 日本は弱者に同情する判官ビーキから責任を国家という公に転嫁してしまっては、今度の教訓が生かされず、同じ誤りを漁協側が繰り返すこと必定。イージス艦も大海原でこんな事故を起こしたなら大問題だが、浦賀水道では別だ。

五 国家、国防の大局を見誤るな
 今回貴重な国防艦(一隻千四百億円で買った)を犯人として横須賀港に長期間拘留拉致し、母港の舞鶴に帰して重要な任務に就かせない、その間の国家の重大な国防の空白を起こした責任を一体誰がとるのか。このことが大局的に見て一番問題なのではなかろうか。

(筆者注)
 私は千葉大学を停年、退官後、勝浦にある国際武道大学教授として五年間在任し、地元の地域研究をしてきた者で、川津漁港を何回も視察している。
今回の事故を国の責任にのみにしていて、漁協側の反省がなければ同じ誤りを今後も犯し、何の教訓にもならないことを憂えるものである。
                              以上


有名なフラッシュがここで見れます!!
   ↓↓↓↓↓
かく戦えり。近代日本

応援いつも有難う!!!

人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


                     コメントは、ここにお書きください。
                                    ↓ 

nakasugi_h at 10:06│Comments(5)TrackBack(0)clip!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サエコ   2008年03月19日 13:52
5 よくわかりました。私も船の免許をもっていますが、浦賀水道の怖さは体験しています。小型船舶は、大型船に近付かないことですよね。大型船を横切るときは、後ろを通れと学びました。まして軍艦なら、敬意を表して航路をあけるのが当然だと思います。
2. Posted by siroko   2008年03月19日 15:48
確かに軍艦はお国を守るためにあり私たち国民も敬意を表すという意識は持つべきだと思います。
3. Posted by サクラ☆サク   2008年03月19日 16:04
そうですね、もう忘れられようとしていますが、マスコミは弱者擁護ばかりを声高に叫び、防衛大臣の苦渋に満ちた表情と対照的です。中杉博士が以前おっしゃった、こうした本質を見極める、「脳幹」に関する思考、教育がとても大事だと感じます。
4. Posted by 千葉父さん   2008年03月20日 18:33
はじめまして。
数ヶ月前よりこちらのブログを拝見させていただいております。潜水艦の件ですが地元出身者にきいたところ全く同じ意見でした。マスコミ報道と現場の「温度差」に驚いているそうです。

その他のブログ記事も拝見させていただいておりますが小生には難解な文章もありました。
しかしながら先生のあらゆることへの見識の深さに
感動いたしました。
今後も拝見させて頂きます。
よろしくお願いします。
5. Posted by 愛国和尚日宣   2008年05月21日 00:37
5 愛国和尚前田日宣です。先日は、お目文字いただき、ありがとうございました。海上自衛隊は国際的に日本海軍であり、確かに護衛艦は軍艦ですね。 日蓮宗では、千鳥ケ淵で法要するが靖国様へ組織的には参拝しない。 しかし、私は八月十五日、法要終了後、この間の洋服法衣の姿で靖国神社を、正式参拝します。私の父は横須賀追浜海軍航空第二技術廠にて大東亜戦争終戦を迎えました。平成十二年六月八日に亡くなったが、軍歌「艦船勤務」などを、教わりました。「空母赤城」「巡洋艦鳥海」の精密模型を、戦没御英霊の位牌として、勤行の後、一礼しています。話しは変わり、私以外に愛国和尚の名を語り、エロビデオの詐欺販売をしている奴が、愛国者のブログに書いている。私にとって名誉毀損的です。気にして目くじら立てても大人げないですが、とんでもない国賊ですね。私も身辺に気をつけて頑張ります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔