2015年06月22日

人間の探究 277 瞑想と祈り

a8d3d4c3.jpg
※ニコラ・テスラは、椅子に腰かけて瞑想したのです。瞑想したということは、5次元にアクセスしているのです。
すぴーかー「中杉 弘のブログ」のテーマソングです。
紀元は2600年(キングレコードより)



人間の探究 277 瞑想と祈り

 瞑想とは何も考えないことです。仏法的にいうと、五感を離れるということです。人間の目はキレイなものを見ると目で追いかけてしまいます。口もおいしい物を食べると、美味しい物を追い求めます。よい女が香水をつけて自分の前を通り過ぎると目で追いかけてしまいます。
 そういうことで人間は生きているのです。それをすべて離れるのです。これらの感覚を色香美味(しきこうみみ)といいますが、色香美味を離れるのです。離れるということは、座禅をするのです。これは宗派を超えて行います。西洋でもメディテーションはあります。
 西洋の場合はロッキングチェアなどです。アインシュタインはロッキングチェアに座り瞑想したのです。そして、チャンネルを合わせるのです。チャンネルはいつもチューナーに入っているのです。あるからテレビをつけてチャンネルを選択すればテレビが映ります。触れないけれども、ここにあるのです。ここにあるから電波になって出てくるのです。見たいチャンネルに合わせれば見られるのです。
 人間も同じで、見えないけれどもチャンネルがたくさん飛んでいるのです。ラジオテレビでないチャンネルもあるのです。これは宇宙人がつくっているチャンネルかもしれません。宇宙人がつくっているチャンネルに合わせる人をチャネラーと言うのです。
 宇宙人がつくっているチャンネルに自分が合わせれば、チャネラーです。宇宙人の電波に自分が合わせれば、宇宙人の世界が映ってきます。その映す前にする瞑想とは何も見ないことです。あらゆるチャンネルを見ないことを瞑想というのです。
 すべてのチャンネルからはずれて、何も見ない、見たくない、何も見ない世界には何があるのでしょうか。テレビを見ればテレビの世界、宇宙人のチャンネルを見れば宇宙人の世界です。
 そのようなものは、まだあります。歴史のチャンネルというのもあります。歴史のチャンネルはここにあるのです。太古以来、人類が始まる前にここにあったのです。それが今でも続いているのです。それは何と言うのかというと歴史のチャンネルです。
 歴史のチャンネルに合わせた人は、ずっと歴史のことを考えているのです。「太古の時代はどうだったのか?」と考えるのは、人類がもっている歴史のチャンネルに合わせてしまったのです。
 宇宙人がもっているチャンネルに合わせれば、UFOがでてきたり、アブダクションがあったりするのです。それはいつも考えているから、チャンネルがあってしまっているのです。
 何らかの形で自分も発信しているのです。そして「自分」というチャンネルだけにいるのです。いつも考えていることは、「子供のこと、夫のこと、両親のこと」ですから、自分のチャンネルに合わせてしまっているのです。
 そのようなチャンネルをはずした時に「何があるのだろうか?」ということです。それを探求するのです。それを「空(くう)」というのです。空というチャンネルに合わせれば、全てのチャンネルからはずれてしまうとのです。
 あらゆるものの根本にあるのは、空であり、空を悟ることが大事なのです。しかし、空を悟ったからといって、それはチャンネルをはずしてしまったことですから何も出てきません。瞑想はそこまでです。瞑想から「Play(祈り)」に変えていくことは、そこから積極的にチャンネルにアクセスして新しいものを取らなければなりません。
 テレビのチャンネルに合わせても仕方ありません。やはり、合わせるのは5次元チャンネルです。これも12次元まであると、リサ・ランドール博士が証明しています。12次元はどんなチャンネルなのでしょうか。
 今、我々は4次元にいます。5次元、6次元とどんどん進んでいくと違う世界がでてくるのです。アインシュタインや、ニコラ・テスラは、椅子に腰かけて瞑想したのです。瞑想したということは、5次元にアクセスしているのです。「時と空間はどのような関係か? 時と空は時空と言って、一体なのだ」そのようなチャンネルに合わせているのです。
 それは、「Pray(祈り)」です。「何とか知りたい」と思って、チャンネルを飛ばしていると、「E=MC2」という方程式が頭の中に飛び込んできて「こうだ!」とわかるのです。
 宇宙の根本にある音楽チャンネルに合わせると、音楽の神様がいつも素晴らしい音楽をつくってくれているのです。そのようなチャネルもあるのです。それに合わせると頭の中にメロディがわきあがってきて、音楽の世界に入ってしまうのです。
 聞こえてくる音楽を「どのように表現するのか?」、「どのように演奏するのか」ということが、音楽家の使命です。でてくる先は音楽チャンネルです。
 宇宙人もそうです。テレビでチャネラーが「宇宙人よ、出てきてください」と宇宙人―ーが瞑想して、宇宙人のチャンネルに合っているのです。するとそのようなことが起きてくるのです。
 病気もそうです。病気もいきなり病気になります。治るときもいきなりポンとよくなります。チャネルに合わせるのです。健康チャンネルがあり、健康チャンネルに合わせるといきなり元気になってしまうのです。それが奇跡ということです。
 祈りとは、空の中からチャンネルを引っ張り出してきて、自分が未来にやりたいこととチャンネルを合わせることなのです。だから「「Pray(行い)」というのです。そのような違いがあります。
 人類に役に立つ発明や、発見をしたければ、瞑想ではなくて「Play(祈り)」を行うのです。チャネラーとしてチャンネルを合わせていくのです。これはもっと深くいうと神様の予定調和説からきているのです。予定調和説とは、未来のことはすべて神が決めているということです。
 例えば、我々が1台スマホをもっていれば、辞書にしても200冊くらいはあります。本だって何十万冊も入っています。すごいコンピュータがスマホの中に入っているのです。
 大宇宙にも同じようなものがあって、何でも入っているのです。そこにチョットアクセスすれば知らないことでもパーと出てきてしまいます。それを「自分の頭で考えている」と考えるから能力が伸びないのです。
 実は頭で考えているのではないのです。脳というものは受信機です。チャンネルを合わせるテレビのようなもので、宇宙にある様々なチャンネルに脳でチャンネルを合わせるのです。すると様々なものが出来てきて「あの人、すごいね」と言われるようになるのです。

★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」好評連載中です!!

     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


有名なフラッシュがここで見れます!!
   ↓↓↓↓↓
かく戦えり。近代日本

人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓




                   コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(20)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 白い蓮華   2015年06月22日 04:23
5 類は類を呼ぶともうしまして、
明るい波動には明るいものが。
暗い波動には暗い波動がよって
くるらしいです。
2. Posted by 紅葉   2015年06月22日 07:16
5 競馬とかパチンコばかりやる人はギャンブルチャンネルに合わせているのですね。やっぱり五次元チャンネルに合わせるべきです。
3. Posted by 主任教授 さえこ   2015年06月22日 08:07
5 今日の講義「人間の探究 277 瞑想と祈り」拝読しました。

今日の講義は祈りについて解き明かされています。
祈りをかなえたい人は必見です。

今日の講義がわかれば貴方の祈りはかないます。

祈りは「Play」という行いです。
自ら行いをしない人は、祈りがかないません。
「なんとか自分の祈りをかなえてください。お願いします!」では祈りはかなわないのです。

そして、「脳は受信機である」ここが大事です。
これは、中杉博士が初めて言われたことです。

人間は自分の頭で考えているように思いますが、偉大な発明は五次元からのメッセージであるところが大きいと思います。
ニコラ・テスラのフリーエネルギーの研究もまさに五次元世界からでてきたのだと思います。

人間の脳は受信機ですから、瞑想して「人類に役立つ発明をしたい」と思えば、思いに応じて脳が受信するのだとわかります。

反対に邪悪なことを考えて脳が受信すればそれは原爆や破壊兵器につながるのだと思います。

>脳というものは受信機です。

低次元のチャンネルを受信するのではなく、高次元のチャンネルを受信していくことが大事です。

大量破壊兵器は三悪道、四悪道の電波受信です。

高次元のチャンネルと受信して低俗な人間界から脱していくことが大事です。

高次元のチャンネルを受信するには、「南無妙法蓮華経」しかありません。
正しく「南無妙法蓮華経」信受していきましょう。





4. Posted by 神田美代子   2015年06月22日 10:41
5 皆さんこんにちは。
今日の講義も大変奥深く神秘的な内容です。

>今、我々は4次元にいます。5次元、6次元とどんどん進んでいくと違う世界がでてくるのです。

中杉博士の過去の講義を読み返してみると、五次元世界についてたくさん説かれていて、引き込まれていきます。

私たちは五次元世界にチャンネルを合わせてコンタクトを取り、自分を高めていく事が大切だと思います。
5. Posted by 教授 城ヶ島花子   2015年06月22日 12:12
5 本日も御講義有難う御座います

祈りとは、空の中からチャンネルを引っ張り出してきて、自分が未来にやりたいこととチャンネルを合わせることで、人類に役に立つ発明や、発見をしたければ、瞑想ではなくて「Play(祈り)」を行わなければならないのですね。
6. Posted by marry   2015年06月22日 14:09
祈りの本質がわかってきます。
チャンネルに合わせないといけないなと思いました。
7. Posted by 秋桜   2015年06月22日 15:20
5 人間も同じで、見えないけれどもチャンネルがたくさん飛んでいるのです。


朝鮮邪教などのチャンネルに合わせたら地獄いきです
8. Posted by 参照数   2015年06月22日 17:28
ただいま816
9. Posted by 弥生   2015年06月22日 17:57
>健康チャンネルがあり、健康チャンネルに合わせるといきなり元気になってしまう
それが奇跡

伊勢神宮に参拝し、数年来の持病が治った、という話を聞きます。参拝により、「健康チャンネル」に合った、ということでしょうか。
10. Posted by ASUKA   2015年06月22日 18:00
>アインシュタインや、ニコラ・テスラ
椅子に腰かけて瞑想

「天才」とは、「5次元にアクセスできる」人々であると思います。
11. Posted by うっちゃん四兄弟   2015年06月22日 18:03
みんな”Play”をしていこう!!
12. Posted by 一国民   2015年06月22日 18:10
>チャンネルを合わせる

邪教とチャンネルを合わせないようにしなければなりません。
13. Posted by すみれ   2015年06月22日 18:13
5 御講義有難うございます。

脳というものは受信機であり、チャンネルを合わせるテレビのようなもので、宇宙にある様々なチャンネルに脳でチャンネルを合わることができるということは、すごいことですね。  
14. Posted by 佳子   2015年06月22日 18:27
ご講義有難うございます。

>脳は受信機

このように正しく知れば、ホリエモンなどのように、「自分の能力で成功した」などと傲慢になることもないですね。
15. Posted by syungiku   2015年06月22日 19:23
高次元にアクセスする事により、イデアが高められていくのではないかと思います。
16. Posted by 副主任教授C.Sasaki   2015年06月22日 19:44
中杉博士、本日もご講義有難うございます。

>見えないけれどもチャンネルがたくさん飛んでいる

この世に、キリスト教、イスラム教、共産思想、
理性絶対主義、学会など、「チャンネル」が
飛んでいます。

>見えないチャンネルに合わせる

例えば、学会に入会すると、意識の有無にかかわらず、
「池田(在日)とチャンネルを合わせている」ことに
なり、それが「世界平和」などの美辞麗句に騙され、
学会の「正体」が見えなくなり、自ら不幸のチャンネルに
合わせてしまうことになり、やがて必ず、池田同様の
宿命をたどることになります。

また、普通の自分は、「自分」チャンネルですが、
それでは「自分の範疇」を一歩も出られず、
幸福、成功、成仏など「自分」より上のチャンネルに
合わせない限り、実現しないものです。

これらは目に見えませんが、目に見える形で
あらわされているのが博士のご著書、ご講義です。

どのチャンネルに合わせていくか、それは博士のご指導、
チャンネルに合わせて行きましょう。
17. Posted by 参照数   2015年06月22日 19:44
ただいま971
18. Posted by 総統   2015年06月23日 16:56
この中に八○ファンがおる!
19. Posted by KK   2015年06月28日 19:21
3 Pray = 祈る
意味あって 'Play ' にされてますか?
20. Posted by 事務局より   2015年06月29日 08:59
>19. Posted by KK 2015年06月28日 19:21

>3 Pray = 祈る
>意味あって 'Play ' にされてますか?

ご指摘ありがとうございます。
KK様のご指摘の通りです。
修正いたしました。
有難うございます。

今後ともご愛読、よろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔