2017年06月14日

人間の探究 785 成功哲学

17522bc6.jpg
※ジョン・デューイ(John Dewey、1859年10月20日 - 1952年6月1日)は、アメリカ合衆国の哲学者。チャールズ・サンダース・パース、ウィリアム・ジェームズとならんでプラグマティズムを代表する思想家である。

人間の探究 785 成功哲学

 「人間はどのようにすれば成功することができるのか?」ということを説いたのが成功哲学です。この源はクリスチャン・サイエンスです。これは、アメリカで流行った考え方です。クリスチャン・サイエンスは、「キリストの教えを科学する」という意味です。
 これを日本に持ち込んだのは、生長の家の谷口雅春です。随分、影響を与えました。僕が子供の頃、毎日ラジオで放送していました。「甘露の法雨」の説法をずっとやっていました。
 その他はジョン・デューイのプラグマティズム、マーフィーの法則、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という成功哲学などに引き継がれて今日に至っている、普遍的な考え方です。この考え方の根本は「成功者は、成功すると思っている」ということです。
 「失敗者は、失敗する」と思っているのです。現実の人生は「心の影」だといいます。成功者も、失敗者の人生も、心の影が現れたのが現実です。富というものは、「富がある」と思った人のところにあります。富とは無から生み出すのです。これがすごいところです。
 最初は何もありません。電球を発明したエジソンにしてもそうです。無から有を生み出すのです。これがキリスト教の考え方です。「神が世界を創造したのだから、人間も真似をしなければいけない。真似をすればこの地上に創造ということができるのだ」という考え方です。
 創造ができる人は成功します。創造ができない人は失敗します。創造とはどこから出てくるのかというと、想像力の創造です。想像力からできてくるのです。キリストの教えによれば、この世界はまず無があって、そこに神様が「世界を創ろう」と創造したのです。
 「世界を創ろう」と思ったのです。「どのようにして神はこの世界を創ったのか?」ということを人間はわかっていません。これを一生懸命探求して「筋道を明らかにしたい」と思ったのが、アインシュタインです。
 何しろ、神様は「この世界を創ろう」と考えたのです。最初に閃いて、この世界が出来てきたのです。この考え方を真似するならば、我々も世界を創造できるのです。「この問題をどうしようかな?」と、頭でまず創造します。創造して現実の行動をするのです。現実の行動は道理が通っていないとできません。
 ウソをよくつく奴は道理が全くありません。最初から成功というレースには登れないのです。物事を作るということは、アイデアが閃いて、筋道を立てて、論理で追って作っていくのです。その論理の途中で詐欺があるならば物はできません。
 だから「ウソをついてはいけない」と言っているのです。論理は道具です。閃きは目的です。それを「どのように作るのか?」というと、頭で考えます。「木を伐り出して船をつくって」と考えるので船が出来ます。
 この間に一つでもウソがあれば船はできません。沈んでしまいます。ウソをいう人は閃きがあっても、ウソの間に全て沈んでしまうのです。これは大事なことです。
 「この世界を創ろう」として神様は、人間もこの世に創ったのです。その最初に「私は成功するのだ!」という閃きがあると、成功するのです。一往にして大成功した人は、成功するまでやるのです。
 「何年やってみるけれど後は知らないよ」ではないのです。とにかく物事は、成功するまでやるのです。繰り返し・繰り返しぶつかって、現実的にこの世に出来てくるのです。それはその人を大成功に導くことになります。
 ビルゲイツにしても、この世に無い物を造ったのです。だからお金持ちになったのです。誰でもこの世に無い物をつくり、それが良い物ならば、必ず大成功をするのです。
 成功哲学の第一歩は、まずそれをしっかりと知ることと、「何が役に立つのか?」ということをよく考えて、この世に無い物を作るのです。この世に無い物とは、AとBを結び付けたものです。何でもよいのです。そのような訓練をすることです。
 例えば紙とゴムを結び付けます。これで何か作ってみてください。例えば、紙とゴムを結び付けると紙ヒコーキができます。何でもよいのです。結びの原理です。違う物を結び付けると、紙ヒコーキが出来てきます。紙とゴムが結びついてできたのです。これを結びの原理といいます。
 AとBを結ぶと、そこにCができてきます。このようなことを頭の中で繰り返していくのです。頭が働く人は、いつもそのようなことを考えているのです。成功は創造から生まれるのです。
 これを知らないと成功はできません。偶然ではありません。できた人は「偶然だ」と思っているかもしれませんが、それはちゃんと神の意思に叶っているのです。このようなことが大事なのです。
 成功しようと思うならば、まず心の中に「成功する」という信念を描きなさい。これを「信念の魔術」といいます。マーフィーの法則です。頭の中で浮かべた信念は、必ず物質化してくるのです。この世に出来てくるのです。それによって成功していくのです。
 これは病気の問題もそうです。病気になりたいから病気になっているのです。「病気にならない!」と思っている人は病気にはなりません。病気になっても大したことはありません。
まず、誰でもできることは、心の底で「私は必ず幸福になる。豊かな自分をつくっていくぞ。必ずそうなるのだ!」と決めるのです。
 幸福を表すバロメーターが、お金です。「お金が無くても幸福よ」という人はいるかもしれませんが、やはりある程度お金がないと幸福もへちまくれもありません。フローム・ハンドトゥ・マウス(手から口へ)ではダメなのです。
余裕をもってお金を好きになりなさい。お金を愛しなさい。可愛い・可愛い自分が生んだお金、これを放っておくと他人がもっていってしまいます。自分がつかんだお金は、「可愛い・可愛い」と育てるようにして、だんだんと大きくなっていくことが大事です。
お金は子供と同じです。手をかけて育てていけば、どんどん大きくなります。雪だるまのようなものです。放っておくと、他の人がもっていってしまいます。他の人はもっと可愛がってくれるのです。そちらにお金が行ってしまわないようにお金を可愛がるのです。

★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(21)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 紅葉   2017年06月14日 07:27
5 「私は必ず幸福になる。豊かな自分をつくっていくぞ。必ずそうなるのだ!」と決めるのです。



このように決めただけでも気持ちが前向きになりますね!
他人を恨んだり妬んだりしても誰も幸せにはなれないとおもいます。
2. Posted by 主任教授 さえこ   2017年06月14日 09:16
5 今日の講義「成功哲学」を拝読しました。

成功哲学、大事な考え方ですね。

この世に無い物、みんなが喜ぶ物をつくれば、必ず成功します。
つくられたものを使っているようでは、成功はしないとわかります。

>とにかく物事は、成功するまでやるのです。繰り返し・繰り返しぶつかって、現実的にこの世に出来てくるのです。それはその人を大成功に導くことになります。

中杉弘のブログも2006年から掲載していますので、11年目です。
だんだん、中杉博士の思想を理解する人が増えてきています。

それはそうです。
左翼全盛の時代から中杉博士は「天皇は神である」ということを主張し続けてきたのです。

敵がでてきても、たたこうとする奴がでてきても、前進・前進・前進です。
すると、敵は退散して道は開かれてくるのです。

敵というものは、自分より弱いと思うから攻撃してくるのです。
誰も自分より強い人間には向かっていきません。
敵よりも頭抜けてしまえば、攻撃のしようがありません。
よって敵は退散するのです。

普通の人は道が開く前に諦めてしまい、元の怠惰な自分に戻ってしまうのです。

成功しようと思ったら、成功するまでやるのです。
「ここまでで終わり」ということはありません。

どこまででも勇猛精進です。

3. Posted by 神田美代子   2017年06月14日 16:37
5 >幸福を表すバロメーターが、お金です。「お金が無くても幸福よ」という人はいるかもしれませんが、やはりある程度お金がないと幸福もへちまくれもありません。

もし、自分が所属している会社や職場の上司から理不尽な事を言われたり要求された時、充分なお金・経済力を持つ人であれば堂々と否定したり断ったり出来ます。その職場を離れても生活に困らないのだから、理不尽に屈する必要など無いのです。

でも逆に、自分が独立するだけの力が無い人というのは従属せざるを得ないと思います。まだ若くて何処でもバリバリ働けるうちならば退職すれば良いのでしょうが、それなりの年齢になって来たら転職も難しくなります。

お金・経済力が無いと、不本意な人生を強いられます。上の人間に従うしか無い人生となり、そのような人生は本当に不自由だろうと思います。

私はそんな不本意な人生は絶対に送りたくないので、自分の生き方、自分の人生を自分でしっかり決めて歩んで行きたいです。
4. Posted by 歴男   2017年06月14日 17:43
>この間に一つでもウソがあれば船はできません
沈んでしまいます

中国製の電化製品には、爆発事故が絶えないそうだ。
(部品をケチるため)
5. Posted by うっちゃん四兄弟   2017年06月14日 17:45
>「私は必ず幸福になる。豊かな自分をつくっていくぞ。必ずそうなるのだ!」

みんなもそうなろう!!
6. Posted by 健斗   2017年06月14日 19:28
> 幸福を表すバロメーターが、お金です。「お金が無くても幸福よ」という人はいるかもしれませんが、やはりある程度お金がないと幸福もへちまくれもありません。フローム・ハンドトゥ・マウス(手から口へ)ではダメなのです。余裕をもってお金を好きになりなさい。お金を愛しなさい。可愛い・可愛い自分が生んだお金、これを放っておくと他人がもっていってしまいます。自分がつかんだお金は、「可愛い・可愛い」と育てるようにして、だんだんと大きくなっていくことが大事です。お金は子供と同じです。手をかけて育てていけば、どんどん大きくなります。雪だるまのようなものです。放っておくと、他の人がもっていってしまいます。他の人はもっと可愛がってくれるのです。そちらにお金が行ってしまわないようにお金を可愛がるのです。


この結論は間違っています。つまり、邪悪な拝金主義に陥っています。 お金は、国家の信用に基づいて、その国家の中央銀行が発行した紙幣で、対外的には通貨ですが、お金それ自体に価値があるのではなく、価値のある商品・サービスの売買交換手段に過ぎません。 価値とは、万物の生命自然・人の労働力・石油等の天然資源・知識等の有益情報です。

通貨の中でも、中国の人民元・北朝鮮のウォン・ロシアのルーブル・ジンバブエのドル等の通貨には、その国家の信用力が国際社会の中で非常に低いため、その通貨を使う国民以外の外国人にとっては「無価値の紙切れ」に過ぎません。

正しい結論は、「お金中心の拝金主義に毒された社会は、真の価値を見失った邪悪な社会であるため、中央銀行の発行したお金に代わる新しい売買交換手段を早く創造しなければなりません」という内容であるべきす。

「お金を愛する人は、お金の奴隷になる」のです。お金の奴隷は、みな精神性の低い卑しい人です。
7. Posted by 健斗   2017年06月14日 19:34
「幸福がお金で買える」とか、そういうバカな結論に至った池田大作のような邪悪な宗教家が世の中に蔓延していますが、このように考えた宗教家は、結局、宗教を金儲けの手段としてか考えていないのです。 幸福が何か、真の価値が何か、まったく誤解しているのです。 無知迷妄と恐怖怯懦に囚われた「お金の奴隷」なのです。
8. Posted by lilac   2017年06月14日 20:29
お金を愛せとか、お金が大切だとか、一昔前のカルト団体の信者が主催していた「自己啓発セミナー」の邪悪な偽りを伝道していた悪魔講師たちと同じことを、ここで説明しているので、とてもガッカリで、中杉先生に失望しました。 つまり・・・

「心身が病弱で臆病者のくせに、俺は健康で凛々しい男だというように、自分を偽らず、ありのままの自分を自他大勢に示して正々堂々と生きている」という者が、この世で一番心が満たされた幸せ者なのではないでしょうか?
(^^✿

そして、その幸福度は、「どれだけ自分の人生経験から学べたか」という事からの理解力に比例するのだと思います♪
(^^♡
9. Posted by 神田美代子   2017年06月14日 21:01
5 中杉博士は私達に、経済的にも精神的にも豊かになって幸せな人生を送って欲しいという気持ちから成功哲学やマーフィーの法則などを教えて下さっているのだと思います。

それを拝金主義と呼ぶのは少し違うのではないでしょうか?


現に私は中杉博士が教えてくれた方法を実行するうちに、自然とお金に困らなくなり、家族全員元気で幸せに暮らしています。


何も目をつり上げてお金!お金!とガツガツしてるワケでもないし、朝から晩まで働いているワケでもありません。


中杉博士の教えは皆んなを豊かに幸せにしてくれる最高の教えです。
10. Posted by マリー   2017年06月14日 21:01
成功するまで諦めないことが成功者の秘訣ではないかと思いました。
11. Posted by ASUKA   2017年06月14日 22:10
>6
この結論は間違っています。つまり、邪悪な拝金主義に陥っています

博士は、150億円の大企業の創業者であり、「邪悪な拝金主義に陥った」者ではできないことです。
12. Posted by 一国民   2017年06月14日 22:13
「邪悪な拝金主義者」とは、学会員のように、結婚詐欺などで相手からお金を騙し取ったり、本当はお金に困っているのに「恵まれている」とウソをつくような人たちではないでしょうか。

13. Posted by 佳子   2017年06月14日 22:16
博士を「邪悪な拝金主義者」などと無礼なことを言うのはやめなさい。必ず仏罰、神罰が下ります。
博士や本会を攻撃し、無事でいた者は誰もいません。
14. Posted by 佳子   2017年06月14日 22:26
>8
明らかにレッテル付けですね。
悪意を感じます。

>自分を偽らず、ありのままの自分を自他大勢に示して正々堂々と生きている」という者が、この世で一番心が満たされた幸せ者なのではないでしょうか?
(^^✿
>そして、その幸福度は、「どれだけ自分の人生経験から学べたか」という事からの理解力に比例するのだと思います♪

そのような「綺麗事」を言う者に限って、人生の敗残者です。
15. Posted by 弥生   2017年06月14日 22:29
>8
自分を偽らず、ありのままの自分を自他大勢に示して正々堂々と生きている」

と、言う者は、きっと「嫌われ者」でしょうね!
16. Posted by 副主任教授C.Sasaki   2017年06月14日 22:53
>6〜8

そもそも、成功者、幸福な人、自分の仕事に忙しい人などは、このように人の悪口を言ったり攻撃したり、人をいじめたりして喜ぶ人はいません。

人の悪口を言う、攻撃する、いじめるなど、自分が成功していればそんな暇はありませんし、幸福、裕福であれば、「あの者をいじめよう、攻撃しよう」などとは思わないものです。

17. Posted by 参照数   2017年06月14日 22:54
ただいま1074
18. Posted by 歴男   2017年06月14日 22:55
>6〜8

諸君には、博士の講義内容が高度過ぎて理解できないのであろう。
19. Posted by lilac   2017年06月14日 23:25
お金を愛して世間に流されず、自分の芯をしっかりと持ち、自分自身で物事の善悪正邪を判断する強さが無ければ、私達は「自分の人生」というものを見失ってしまい、決して幸せな人生を歩めません。ですから、世間に流されて、世間に行きかう「お金」に執着したり、愛したりしては絶対にダメで、幸せにはなれません。

私はお金よりも強い
なぜなら、お金では得られない自分の心身の健康の弱さを知っているから


私はお金よりも自分自身を愛する
なぜなら、お金ではどうすることもできない自分の欠点をわかっているから


私はお金を恐れない
なぜなら、お金に左右されない本物とお金に服従するニセ物を見極めることを学んでいるから


私はお金で得られる情報よりも賢い
なぜなら、お金に執着した自分の過ちから学んでいるから


私はお金ではなく人を愛せる
なぜなら、貧しくとも幸せな人を憎んだことがあるから


私はお金が無くても笑う
なぜなら、お金があっても癒すこのできない悲しみを知っているから
20. Posted by 地方会員   2017年06月15日 13:30
>8、19

言い訳はやめて、素直に博士に学びましょう。
21. Posted by すみれ   2017年06月16日 16:11
5 御講義ありがとうございます。

>「私は必ず幸福になる。豊かな自分をつくっていくぞ。必ずそうなるのだ!」と決めるのです。

決めるということでも大分気持ちも変わってきますし、大事なことだと思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔