2017年10月09日

人間の探究 870 宇宙時代の人間

db270b2d.jpg
※ペルーでは、長頭人間の頭蓋骨が発見されています。X線写真や遺伝子を研究していくのですが、人類のものかどうかはっきりしません。

人間の探究 870 宇宙時代の人間

 僕はヒストリーチャンネルが好きでよく見ます。今は『古代の宇宙人』を毎日放送しています。これは長くやっていますが、バージョンを変えて放送しています。
 実に面白いのです。しかも画像は大スペクタクルです。世界中の宇宙人の痕跡を訪ねて歩いたり、UFOのCGが出てきたり、「古代の宇宙人」は相当なお金をかけて制作しているとわかります。ものすごくお金がかかっています。だから面白いのです。
 僕は信憑性はないと思っていました。最近はちょっと考え方がかわりました。『古代の宇宙人』を見すぎたせいか、「信憑性はある」と思っています。例えば、アメリカでは1憶5千年前のハンマーがみつかったのです。ハンマーの柄(木材)の部分が炭化してしまっているのです。炭化すると時代測定ができるのです。だいたい1憶5千年前のハンマーだと判明しました。
 そのハンマーは鉄でできています。鉄の材料の中に炭素は入っていません。普通の鉄は炭素が入ります。日本刀を造るときには、炭素を叩き出します。トンテンカンと打つごとに炭素を出しているのです。そのハンマーを分析すると炭素がないのです。周りの石の状況を見て、測定した結果が1憶5千年前です。
ソ連では、UFOが落ちてきたのです。それが何機か発見されています。エジプトのピラミッドは墓でないことがわかってきたのです。一番大きなピラミッドでは、穴が発見されてそこに水銀があったのです。
水銀は不思議な作用をするのです。水銀に電力をかけて電磁波をつくると、空中に浮くという作用があるらしいのです。秦の始皇帝は2200年前ですが、始皇帝陵には水銀が敷き詰められています。
最近の研究でピラミッドは5万年くらい前のものだと言われています。「スフィンクスは2千年くらい前につくられた」と言われていましたが、そうではなく今では「5万年前だ」と言われるようになったのです。
それからペルーでは、長頭人間の頭蓋骨が発見されています。X線写真や遺伝子を研究していくのですが、人類のものかどうかはっきりしません。鳥人間の頭蓋骨も発見されています。するとエジプトで壁画があるように、「頭が鳥で胴体は人間」という壁画があります。或は頭が犬で胴体は人間です。このようなものもいたのではないでしょうか? そのような骸骨が発見されているのです。
長頭人間の頭は、30センチくらい頭蓋骨が伸びています。「人為的に子供の頭を縛って長頭にした」という説もありますが、そうではないと思います。そのような人間がいたのです。
アメリカの空軍の教科書では「5万年前から宇宙人は地球にきている」と言われています。現在、地球にいる宇宙人は、5種類から12種類だということが、明確に書かれています。空軍ではまずこれを習います。
ロシアのメドベージェフも「ロシアには宇宙人が住んでいます」と発言しています。宇宙人の寿命はだいたい1万年くらいです。考えられる話です。
人類も何にでもなれる細胞がもうじきできてしまうのです。何にでもなる細胞に「お前、心臓になれ」と言うと、心臓になるのです。「お前、肝臓になれ」と言うと、肝臓になるのです。人間の元になる細胞は、幹細胞(かんさいぼう)と言います。それが脳になり、骨になり、何にでもなるのです。
人間が生まれると、もう幹細胞をつくっておくのです。心臓が悪くなったら、「取り換えましょう」と取り換えるのです。それは自分の細胞です。痛んだ部分を交換するのですから、副作用もありません。すると、何回でも交換できるのです。
「足がなくなりました」と言えば、「足をつくります」と足ができてしまうのです。それをやると人間は1万年くらい生きるかもしれません。すべて自分の細胞からできたものです。
今は人の肝臓や心臓を移植しています。人のものをもってきて、自分の中に埋めると拒否反応がでてきて、大変苦しい目に遭うのです。最初の心臓移植のときは、2〜3日しか生きられない状態でした。それでも人の臓器を使ってできたのです。今は副作用がでない薬が何百種類もあって、心臓移植をしてもほとんど副作用はでてきません。
今ではもっと進んで豚に人間の臓器をつくらせて、豚から臓器を移植しようとしているのです。そんなことをやると人間は1万年くらい生きられるのです。宇宙人はもっと文明が進歩しているのですから、1万年という説はおかしいのです。
仏教経典にも書いてありますが、人間は千年間生きられるのは普通のことです。寿命が短くなるということは、人間の悪業が重なるのです。今は末法です。末法に入ると人間の寿命はどんどん短くなってきているのです。
人間の寿命が長くなっていく時があるのです。その中で、日本人の平均寿命が80歳以上となると、本当に長くなってきたほうです。明治時代など平均寿命は30代です。30歳でみんな死んでいたのです。
何しろ、政府機関が「宇宙人はいる」と言いだしています。しかも5種類の宇宙人が存在しています。これは僕の想像ですが、「宇宙人は体がないのではないか?」と思います。我々が住んでいる世界は四次元の世界です。四次元は縦・横・高さ・時間です。これを四次元とすると、五次元はもう一つ加わるのです。五次元の世界は、この世界と同時に進行しています。今、ここに五次元があるのです。
五次元世界の存在は、四次元世界の人間が見えます。上から見れば、下まで見えるのです。ところが下にいる人は上の人は見えません。でも、五次元はあるのです。そのような存在だと思います。五次元が四次元に姿を現すのには、人間の体を持ちます。だから人間とソックリなのです。
変なアリやゴジラではありません。人間の世界に顔出しするのですから、霊体が人間の姿になるのです。人間ではないのですが、姿形は人間とソックリです。人間と見分けがつきません。ロシアの首相が言っているのです。カナダの元国防大臣のポール・ヘリヤーも言っています。本当なのです。
我々には宇宙人は見えません。宇宙人は上から見ているのです。いつでも姿を現せるのです。幽霊みたいな存在です。「こんばんはー」と言って、姿を現すことができるのです。
もう一つ言えることは、宇宙人が人間に偉大な知識を授けていると言えます。その授け方はテレパシーです。人間の言葉など使いません。英語も使いません。もともと姿がないのですから、人間に感応して空から声が聞こえるのです。
ニコラ・テスラも「私は宇宙人と毎日会っている」と言っていました。アインシュタインも「宇宙と瞑想している」と言っています。スティーブ・ジョブズも「私は宇宙人と交信している」と言っています。
五次元から偉大な知識を人間に授けて、人類の文明を引き上げているのです。宇宙人は原爆戦など起こさせません。「もっと、人類は進歩しなさい」と進歩のための援助をしていてくれるのは事実です。今、皆さんが使っている携帯も大変な代物です。月に行った時のアポロ13号をサポートした巨大コンピューターよりも、1台のスマホのほうが優れているのです。
当時のNASAがかかってきても、今のスマホの技術には敵いません。そんなものを我々はいつも持ち歩いているのです。もう、夢の世界です。それを知らないでみんなゲームばかりやっているのです。馬鹿ではないでしょうか?
そのように人類の過去、宇宙人に対する洞察、過去の人類の文明など、我々が習ってきた歴史とは違います。文明一つ見ても、トルコのバールベックの巨大な石は2千トンです。2千トンの石をどのように切り出して、どのように運んだのか、全くの謎です。2千トンの石を動かすなど人間にはできません。
4トンくらいの石ならば、人間でも滑車で動かせますが、2千トンの石など動くわけがありません。2千トンの石をオベリスクの形に切りだして、空中に浮かせる無重力状態ができる能力を持った存在が今でもいるのです。
これは歴史教科書に載ったものと全然違う人類史の面であり、ロマンをもって眺めれば楽しいことです。宇宙人に会いたいね。みんなも会いたいでしょう。それには一生懸命励むことです。
まず、宇宙人に会うためには、「宇宙人が存在する」ということを知りなさい。瞑想して「宇宙人に会いたい」と思いなさい。宇宙人の声を聞くようにしなさい。宇宙人はテレパシーで交信しています。
矢追純一さんは、テレパシーで宇宙人と交信しています。プロレスラーのサスケは腰に怪我をして、腰が痛かったのですが、矢追さんが「腰が痛いの? 治してあげるよ」と腰に手を当てると「あれ? 治ってしまった」と言っていたのです。
矢追さんは宇宙人との交信があるのです。催眠術ではありません。矢追さんは宇宙人と交信して病気を治してしまうのです。
矢追さんは自信をもってしまい「俺は宇宙人と交信している」と思っているのです。だから矢追さんには何も怖いものはありません。楽しい世界です。我々はそのような世界に進むことができるのです。


★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(13)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 主任教授 さえこ   2017年10月09日 08:38
5 今日の講義「宇宙時代の人間」拝読しました。

宇宙時代、ワクワクしますね。

>これは僕の想像ですが、「宇宙人は体がないのではないか?」と思います。

中杉博士の直感は鋭いですね。
人間界だけではなく、目に見えない五次元世界まで直感でわかっているのだと思います。

私もそうだと思います。
宇宙人は人間界に顔を出すので、人間の姿をとっているだけだと思います。

>もう一つ言えることは、宇宙人が人間に偉大な知識を授けていると言えます。その授け方はテレパシーです。

これも直感的にそうだと思います。
言葉を使って意思疎通するのは、まだまだ未開の文明です。
テレパシーで会話ができるようになれば、人類も進歩したと言えます。

>五次元から偉大な知識を人間に授けて、人類の文明を引き上げているのです。宇宙人は原爆戦など起こさせません。

五次元からくる宇宙人は妙法の世界から出てているので、原爆戦など起こさせないと私も思います。

五次元になれない体が残っているレプテリアンが悪さをしているのだと思います。

レプテリアンなど実在するとしたら、十界から見たら三悪道です。

いくら科学文明だけ発達しても心が退化して、人類を滅ぼそうとする宇宙人がいれば、それは犬・畜生にも劣る三悪道の住人です。

そんな連中と接点をもってはいけません。
自分の心のレベルが低いとそのような三悪道に共鳴して地獄界の住人になるのです。

自分の心のレベルを上げて、五次元とコンタクトできる人間になっていきましょう。

2. Posted by 読者   2017年10月09日 16:03
>人間の世界に顔出しするのですから、霊体が人間の姿になる

これは頷けます!!
3. Posted by えいち   2017年10月09日 16:06
>宇宙人が人間に偉大な知識を授けていると言えます。その授け方はテレパシー

??

博士も「交信」されているのではないでしょうか・・・
4. Posted by 事情通   2017年10月09日 16:08
>鳥人間の頭蓋骨

本当は鳥頭人間、常識ではとても考えられない数メーターもある巨人の骨などが発見されているそうだ。
5. Posted by 一国民   2017年10月09日 16:10
鳥頭人間、巨人の遺骨、あの「あすかあきお」も吉村教授から「あすか君、実は(そのような遺骨が)出るんだよ・・・」と耳打ちされたことがあるそうですが。
6. Posted by 愛子   2017年10月09日 16:23
三島先生もご生前、「夜中の12時になると、ある人が私の訪れる」とおっしゃっていたそうですが、ひょっとしてそれこそ宇宙人では、と思ってしまいました。
7. Posted by 佳子   2017年10月09日 16:47
>五次元から偉大な知識を人間に授けて、人類の文明を引き上げている
もっと、人類は進歩しなさい」と進歩のための援助をしていてくれるのは事実

これまでの「人類は進歩」は、宇宙人からの「偉大な知識」であった、ということですね。
8. Posted by 地方会員   2017年10月09日 16:56
戦争や犯罪、学会のような邪教を信じていたりすれば、絶対に宇宙人と交信など出来ないですね。

それは現在、学会から死者、脱会者、公明党から不倫議員が続出するなど、ますます低レベル、地獄に行っている姿が物語っていると感じます。
9. Posted by 読者   2017年10月09日 18:27
学会の池田には、このようなご講義は出来ません。

もう世界平和などと庶民騙しのウソつき、ニセモノ教団、政党は終わりです。
10. Posted by マリー   2017年10月10日 00:04
世の中には人間の体をした宇宙人がいるかもしれませんね。
11. Posted by ぽんた   2017年10月10日 00:06
五次元からテレパシーを送ってもらって受信できるようになりたいです。
12. Posted by 青山   2017年10月10日 12:24
5 御講義ありがとうございます

宇宙人からテレパシーを受けるられというのは特殊な人は受け取る事が出来るのではと思いました。
13. Posted by すみれ   2017年10月10日 19:47
5 御講義ありがとうございます。

テレパシーで宇宙人と交信できるというのはすごいことだと思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔