2017年12月05日

人間の探究 911 韓国創価学会の謎

bfd99fcf.jpg
※今の創価学会は本部が2つに割れてきています。「日蓮正宗に帰ろう」というのが、正木派です。谷川派は「釈迦仏法に帰るのだ」と言っているのです。何故、「釈迦仏法に帰れ」というのかというと、谷川は統一教会から来たのです。

人間の探究 911 韓国創価学会の謎

 創価学会の諸君、韓国(SGI)創価学会というものがあります。だいたい人数は100万人くらいいるらしいのです。この連中は日本の学会員に折伏されて入信して、韓国に帰った人達が中心です。韓国人の夫を連れて韓国に帰って広めだしたのです。
韓国創価学会は日本の創価学会と何の関係もありません。この連中は釈迦仏を拝んでいます。仏壇があって、須弥壇には小人の釈迦仏が入っているのです。それを背にして説法をしているのです。そこからして日本と違います。御本尊は入っていません。釈迦仏法です。
 韓国創価学会は日蓮大聖人様の仏法を学んでいるのではありません。釈迦仏法として受け取っているのです。これは、日本の創価学会が心に描いていることです。日本の創価学会には、もう日蓮大聖人様はないのです。
 日本では便利だから日蓮大聖人様を使っているだけで、本当の腹の中では「仏教はインドのものである。インドから中国に伝わって、中国から朝鮮に伝わって日本に来たのだ。それがまた世界に返っていくのだから、釈迦仏法の方がよい」という考えです。
 お釈迦様と言っても2つあります。インドで生まれたお釈迦様と、久遠実成の釈尊です。立正佼成会には、まっ黒な釈迦仏があります。お釈迦様は黒人ではありません。どちからというとチベットに近いほうですから黄色人種です。立正佼成会は、まっ黒な釈迦仏を本尊にしているのです。
立正佼成会は「日蓮大聖人様の仏法を学んでいる」といいますが、なぜ釈迦仏法を拝んでいるのでしょう。追及した結果、「インドの釈迦ではなく法華経に説かれているずっと昔に仏になった久遠実成の釈尊を拝んでいる」というのです。
 今でもその話が続いていて、立正佼成会の本部にある聖堂には、久遠実成の釈尊の像があります。このように言っているのです。この教学は身延山久遠寺から出ています。身延山は大石寺と違います。
「立正佼成会は何を拝んでいるのだ?」と聞くと、釈迦仏法を拝んでいるのです。「お釈迦様を拝んだらおかしいでしょう」と言うと、立正佼成会員は「違います。我々は久遠実成の釈尊を拝んでいる」という理屈を言うのです。
 立正佼成会と創価学会は同じになってきたのです。もうそれは、日蓮大聖人様の仏教ではありません。「ははあ、わかったぞ!」と僕は思いました。それで韓国創価学会は、日蓮大聖人様を教えません。「池田先生」とやっていたのです。韓国創価学会は「池田先生、池田先生、〜♪」と歌っています。後は韓国語だからわかりません。
 韓国創価学会は、韓国一の反日です。従軍慰安婦の運動の先頭に立っているのです。「日本人よ、韓国人に謝れ!」と反日活動をやっているのです。完全な反日です。ウソをついて「日本は韓国を植民地にした。日本は悪い国、韓国は良い国。日本に仏教を伝えてやったのだ。仏法は韓国に入ってから日本に来たのだから韓国人に感謝しろ!」このような理屈です。韓国創価学会は、徹底的な反日です。
 教えを世界に広めようとしたら、そうなってしまうのです。創価学会の教えとは何も関係ありません。関係ないのになぜ「韓国創価学会」と言うのでしょう。もう創価学会は、滅茶苦茶の乞食スープです。そうなってしまうのです。
 今の創価学会は本部が2つに割れてきています。「日蓮正宗に帰ろう」というのが、正木派です。谷川派は「釈迦仏法に帰るのだ」と言っているのです。何故、「釈迦仏法に帰れ」というのかというと、谷川は統一教会から来たのです。
 統一教会から言うと、釈迦仏法のほうが都合がよいのです。日蓮大聖人様を拝まないほうがよいのです。釈迦仏法の隅に日蓮大聖人様がいるのです。釈迦仏法が一番偉くて、天竺からシナ、朝鮮半島に流れてきて、日本に来たのです。そこから出てきたのが、日蓮大聖人様という見方です。そのようにもっていこうとしているのです。
 すでに創価学会員の頭の中はそうなっています。学会員に「お前達は日蓮大聖人様の教えを学んでいるのか?」と聞くと「学んでいますよ。仏教はインドから来たものでしょう」と答えます。
天竺(インド)から、シナに来て天台大師がいます。その次に朝鮮に来て、最後に日本に仏教が渡ってきたのです。だから日本は後進国なのです。それを逆にねじをまいて、「西に仏教を戻していけと言ったのが、日蓮大聖人様でしょう」このような解釈をしているのです。
 全くわかっていません。こんなことを戸田先生が聞いたら烈火のごとく怒るでしょう。「総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず」(曾谷殿御返事)ということがわからなくなり、教えがどんどん狂っていくのです。人数が増えれば教えは狂います。
 公明党の山口那津男は、韓国の光復節の祝いに出席しているのです。光復節とは、日本と韓国が戦って、独立したおめでたい日だというのです。8月15日に定めてそれに従軍慰安婦の日をつくったのです。そこへ出かけていき、「おめでとうございます。長く日本が苛めて申し訳ありませんでした」などと言って帰ってきているのです。
 山口那津男は中国の「抗日戦勝70周記念レセプション」に行ってきたのです。中国共産党と日本は一度も戦っていません。いつ戦ったのでしょう。戦ったのは蒋介石の国民党軍です。その国民党と共産党は敵対関係にあり、いつも戦争をしていたのです。共産党が国民党を追い出して、台湾に逃げたのです。だから日本と台湾は敵同士です。しかし、敵である蒋介石が日本のことを理解して、仲良くなったのです。
 中国共産党の中華人民共和国は、1949年10月1日に北京市で建国されたのです。日本の戦後に建国した、戦ってもいない中華人民共和の「抗日」とは何でしょう。抗日戦争など一度もやっていません。そのようなウソの式典に公明党の党首である山口那津男がノコノコ出かけて「おめでとうございます」と言うのでしょうか? 山口那津男は非国民です。
 こんな奴らと自民党は仲良くしてはいけません。骨まで食われてしまいます。山口那津男は、朝鮮人に違いありません。そのような行動から見ると帰化人です。自民党は公明党の中にいる帰化人に本当に注意していかないと、国民の精神をつくることができません。
 2800年の歴史を持ち、悠久の天皇陛下を頂いて、世界に冠たる日本国の歴史を歪める奴らを絶対に許してはいけません。それを取り戻すのが本来の自民党です。もっとしっかりせんかい!


★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(13)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 今川杉作   2017年12月05日 02:28
ごもっともで、勉強になる事ばかりです。
2. Posted by 主任教授 さえこ   2017年12月05日 09:21
5 今日の講義「韓国創価学会の謎」拝読しました。

創価学会は、立正佼成会並みになってきましたね。

谷川は、創価学会から日蓮大聖人様を抜いて、釈迦仏法にしたいのでしょう。
ミエミエです。

それを「おかしい」と思わない学会員は地獄行き、大決定です!
そんな人は救えません。

日蓮大聖人様の弟子である」という自覚がないと、何が間違っているのかもわかりません。
そんな人間に正法を信受することはできません。

正法はわかる人のみが信受していけばよいのです。
わからない人が正法を信受したフリをしても、結局、谷川のようになってしまうのです。

末法、現在では正法を説いているのは、中杉博士ただお一人です。

それがわかる人は正法をしっかりと信受して仏になっていきましょう。
3. Posted by 青山   2017年12月05日 13:40
5 御講義有難うございます

韓国創価学会は、従軍慰安婦の運動の先頭に立ち「日本人よ、韓国人に謝れ!」と反日活動をやっているとは、許せなです!しかも、山口那津男がウソの式典に出かけて、「おめでとうございます」だなんて完全に朝鮮人だと思いました。腹立たしいです!
4. Posted by 大田直子   2017年12月05日 15:00
とても複雑な気持ちです。会員は報われません。
こんな指導者の下で何を信じたらよいのでしょうか?指導者と共に会員も地獄に行ってしまうのでしょうか?会員よ目を覚ませと言いたい。
5. Posted by 歴男   2017年12月05日 18:46
創価学会、今ではまさに「喪価瓦解」(価値を喪い、瓦解)・・・・
6. Posted by 一国民   2017年12月05日 18:47
学会幹部、みな池田と同じ朝鮮妖怪です。
7. Posted by 弥生   2017年12月05日 18:50
>日本では便利だから日蓮大聖人様を使っているだけ

「韓日友好」と朝鮮崇拝、便利だから使うなど、あらゆる面において大謗法ばかり、池田や幹部、学会員に恐ろしい神罰、仏罰が続いているのも当然です。
8. Posted by 室蘭の男   2017年12月05日 18:54
>韓国創価学会は「池田先生、池田先生、〜♪」と歌っています

自分たちが「滅びの道」を進んでいることが分からない、哀れな学会員。
9. Posted by 徒然日記からの来訪者   2017年12月05日 19:29
「徒然日記」にコメントしようとしたらできませんでした。アクセスが集中しているからでしょうか。

対談も拝見しましたが、あの増山れなは、整形しているのではないでしょうか。
10. Posted by 読者   2017年12月05日 19:32
>立正佼成会は、まっ黒な釈迦仏を本尊

まるで自分たちが「腹黒い」ことを証明しているようなものですね。
11. Posted by ASUKA   2017年12月05日 19:34
>山口那津男
光復節、中国の「抗日戦勝70周記念レセプション」に行ってきた

自ら「自分は売国奴」と言っているも同じです。
間違いなく朝鮮人です。
12. Posted by 古都   2017年12月05日 23:37
>2800年の歴史を持ち、悠久の天皇陛下を頂いて、世界に冠たる日本国の歴史を歪める奴らを絶対に許してはいけません。

公明党は、売国奴連中ばかりですね。朝鮮の乗っ取りを日本人は阻止していくべきです。
13. Posted by 佳子   2017年12月06日 01:21
>9

そうですね。
先ほどもアクセスが集中しているようでコメント出来ませんでしたが、また投稿お待ちしています!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔