2019年02月11日

人間の探究 1213 法華経を持ち奉る処を当詣道場(とうけいどうじょう)と云うなり

698
※大石寺には紫宸殿御本尊があり、それは天皇陛下に差し上げる御本尊だったのです。それはちゃんと用意してあったのです。それを大石寺はウソを言ったのです。「紫宸殿御本尊などありません。あれは師匠と弟子の御本尊だ」と言いだしたのです。

人間の探究 1213 法華経を持ち奉る処を当詣道場(とうけいどうじょう)と云うなり

「法華経を持ち奉る処を当詣道場(とうけいどうじょう)と云うなり此を去つて彼に行くには非ざるなり」(御義口伝巻下)

 「法華経を保つためには、法華経の本堂の道場をつくる」とみな考えています。それを「本門寺」といいます。池上本門寺、西山本門寺、北山本門寺と言い、みんな「本門寺」といいます。
 「御本尊が安置してあり、そこで修行して仏になる」というのが、「本門寺」です。池上本門寺もそうなのです。法華経を保つ本門を大事にする所を当詣道場(とうけいどうじょう)といいます。まさにお参りに行く所です。
 そこをめぐって日蓮正宗大石寺にお参りに行くのか、身延山久遠寺にお参りに行くのか、池上本門寺に行くのか、大本山誕生寺に行くのか、様々です。みんな本門寺なのです。その本門寺についての考え方が日蓮正宗は極端です。
 日蓮正宗は、「日蓮正宗大石寺に来て、御本尊を拝むことが、当詣道場だ」と言うのです。当詣道場とは、「当(まさ)に詣(まいる)べき道場」ということです。
 日蓮大聖人様は、『御義口伝』の中で、「違うでしょう」と言っているのです。「本堂を造って法華経の修行をするのだ」と言って、今いる所を去って、本堂に行った時だけ仏道修行をしても意味がありません。
 今当に、貴方のいる所が本門寺です。法華経を保って、信心をもっているならば、貴方のいる所が当に当詣道場です。何処かへ行くことではありません。我々は仕事をしながら、仕事場を当詣道場と心得て仕事をしていくのです。これが仏道修行になるのです。
 何をやっていてもよいのです。スポーツをやっていたり、仕事を通したり、ボランティアを真剣にやりながら、人々の幸せを考えて心の中では「南無妙法蓮華経」と唱えて仕事を成就していくならば、それがまさに当詣道場です。
「本門寺に行かないと修行できない」などということではありません。日蓮大聖人様は、ハッキリと言われています。身延山久遠寺も、日蓮正宗大石寺も間違っているのです。「ここに来なければ、修行はできない」など、そんなことはありません。
貴方がいるところが法華経の道場です。そのように心得て修行していくことが大事です。今度は、天皇陛下の詔勅が下り、「我が日本国は、法華経をもって日本国の国教とする」というご命令を出したとします。
国家がお金を出して法華経の道場を造ります。そうでない道場は、本門の道場であるはずがありません。天皇陛下の御命令があり、「日本国の国教は法華経です」と命令があり、法華経の本門の道場を造り、それが初めて当詣道場になるのです。
それは、日蓮大聖人様が言われている『三大秘法抄』です。三大秘法とは、日蓮大聖人様が説いた末法の人々を救う根本の教えです。三大秘法とは、本門の戒壇・本門の本尊・本門の題目です。
我々はそのようなことを心得ていかなければいけません。ただ、個人的な信仰だけの問題ではありません。天皇陛下の詔勅が下り、国の法華経の道場ができるまでは、日本の何処にも当詣道場などありません。
それが自然にある時に、仏意仏勅(ぶついぶっちょく)が下った時です。天皇陛下は一度たりとて「法華経を国教にする」と言われたことはありません。
天皇陛下が「我が日本国は法華経だ」と言ったことなどありません。天皇がもっている仏教は、念仏であり、真言密教であり、一部禅宗であり、律宗でもあります。そんなものを仏法だと思って大事にしているのです。だから天皇に力が出てきません。天皇は法華経によって命を増すのです。
天皇が法華経の修行をしないでキリスト教のような邪教の修行をしていれば、本来の力が出ないのです。それがわからないから秋篠宮さまは、娘をICUに入れたりしているのです。
ICUは牧師や神父を養成する学校です。そんなところに皇室の皇女を入学させて何をやっているのでしょうか? 天皇は日本神道一本でよいのです。天皇の法があるのです。天皇が保つ仏教は、法華経です。
そのためにご用意された紫宸殿御本尊があるのです。「天皇にはこの御本尊をもってもらう」ということです。日蓮大聖人様が四箇格言で言われている謗法を全て止めてもらうのです。「念仏無間、禅天魔、真言亡国、律国賊」という邪教を全て天皇に止めてもらうのです。するともの凄い力が湧いてくるのです。
天皇の命令で勅使が勅使門を通る日が来なければいけません。大石寺には勅使門があったのです。広宣流布の暁には、天皇からの勅使が来て、その勅使門を通るのです。勅使が「本門の国立戒壇をつくりたい」と猊下に伝えます。それで国立の法華経の当詣道場を造るのです。
勅使門のことを「黒門」と言ったのです。それを調子に乗って「勅使門をくぐるのは俺だ」と池田大作が言いだしたのです。池田大作は「俺は日蓮正宗の総講頭だ。自分は偉い! 当然それは天皇の勅使門ではなくて、法華経の総講頭の自分が通るのだ!」とそんな狂ったことを言いだしたのです。
大石寺には紫宸殿御本尊があり、それは天皇陛下に差し上げる御本尊だったのです。それはちゃんと用意してあったのです。それを大石寺はウソを言ったのです。「紫宸殿御本尊などありません。あれは師匠と弟子の御本尊だ」と言いだしたのです。
紫宸殿とは天皇のことです。天皇に差し上げる本尊です。それを「無い」と言って、ウソをついたのです。創価学会と大石寺は両方でウソをつき合ってしまったのです。だから大石寺は、ガタガタになってしまったのです。勅使門をどうして朝鮮人の池田大作がくぐるのでしょうか? 池田大作に勅使など務まるわけがありません。
そのような増長慢が出てくるから、創価学会も大石寺も増長慢によって滅びてしまうのです。創価学会などもう滅びています。お金はあるかもしれませんが、精神的にはもう滅びています。創価学会にはもう何もありません。
顕正会は、まだ「国立戒壇」と言っているから、まだそのような気持ちはあるのです。しかし、奴らは個人の成仏の問題点は言っていません。ともかく「国立戒壇を建てなければならない」それだけ言っているのです。
「個人の当詣道場は何処ですか?」と言うと、今、貴方がいる所です。国立戒壇がまだ出来ていないのですから、今、貴方がいるところが誰でもみんな当詣道場です。そのような修行です。このような御書の文句を出鱈目に解釈してはいけません。御書は真実を語っているのですから、自分勝手な解釈をすると全て破壊されます。

★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(9)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 行合84   2019年02月11日 07:18
中杉先生ブロック拝見いたしました。当詣道場の解釈が日蓮系の宗門で日蓮大聖人様の真意に添っていないことが今日の先生のお話でよく理解できました。僕は66年も日蓮正宗におりましたが昔はよく勅使門の名前を耳にしていましたが登山ばかりさせて集金宗教に成り下がり天皇陛下に用意された紫宸殿ご本尊を引き上げてしまったとは呆れます。僕は3年前に脱購しました。中杉先生のブログで奴隷解放出来ました。今は正理会でこうしてブログのコメントを書かせていただいております。中杉先生の仰るようにしっかり日蓮大聖人様の御金言を読み抜きましょう!何が正しくて何が間違っているのかをしっかり勉強して参りましょう!中杉先生講義ありがとうございました。3月の春期講習を楽しみにしております。
2. Posted by 主任教授 さえこ   2019年02月11日 08:53
5 今日の講義「法華経を持ち奉る処を当詣道場(とうけいどうじょう)と云うなり」拝読しました。

当詣道場の意味がよくわかりました。
正理会では、毎日中杉博士のご説法を流しているので、ここが当詣道場です。

もちろん、中杉博士の講義を読み、日々自分の境涯を前進させようとしている人の場所も当詣道場です。

正理会は常に蘭室ですから、日蓮大聖人様も戸田城聖先生も、石田次男先生も、中杉博士もいらっしゃいます。

正理会は正法を広める努力をしています。
まさに当詣道場です。

日蓮正宗も天皇陛下に渡す紫宸殿御本尊があったのに、池田大作とおなじような低レベルの争いをした結果「あれは紫宸殿御本尊ではない。師匠と弟子の御本尊だ」と言いだしたのです。
本当に呆れる馬鹿です。

さらに池田大作は「黒門をくぐるのは俺だ」と言いだす大馬鹿です。
あれは天皇の勅使がくぐる門ですから、池田大作がくぐるということは、天皇の家来ということです。
その自覚もない大馬鹿ものが池田大作です。

公明党の石井啓一が、アイヌにお金を出して、その票を取りこもうと企んでいます。
石井啓一の顔は悪人です。

日本のお金を使い自分たちの勢力を伸ばすために国費を使う公明党は大悪人の集団です。
国盗人です。

それを日本人はハッキリと認識しなければいけません。

正法を真剣に正理会で学ぶ人が国士となり、そのことを教えていきましょう。
3. Posted by 室蘭の男   2019年02月11日 17:21
>2
公明党の石井啓一が、アイヌにお金を出して、その票を取りこもうと企んで

在日朝鮮人の票目当てに、外国人参政権法案を通そうとしたり、韓国創価学会では、韓国で勢力を伸ばすために反日運動、党代表の山口は中国共産党の戦勝記念パーティーに参加するなど、「政治は正しい道を歩まなければならない!」と言っていた張本人、これらが正しい道ですか?日本人は目覚めつつあり、もう公明党、立憲民主堂、自民党のような売国奴政党にNo!をつきつけられる日も近し!!
4. Posted by あすか   2019年02月11日 17:22
>大石寺には紫宸殿御本尊があり、それは天皇陛下に差し上げる御本尊だった
それを大石寺はウソを言った

学会を邪教!と言いながら、自分たちも「邪教」です!!
5. Posted by 弥生   2019年02月11日 17:31
>三大秘法
日蓮大聖人様が説いた末法の人々を救う根本の教え
本門の戒壇・本門の本尊・本門の題目

以前、大石寺・法華講員が「これは大石寺にしかない!」と言うので、それは何故そう言えるのか尋ねても答えられませんでした。
6. Posted by 佳子   2019年02月11日 18:10
中杉博士、本日もご講義ありがとうございます。

>大石寺には紫宸殿御本尊
それは天皇陛下に差し上げる御本尊
それを大石寺はウソを言った

このことを大石寺、法華講員に問いただしても無言でした。

またある法華講員に「中杉博士が成仏したという証拠を出せ!」と言われましたが、このようなご講義ができ、大聖人様のご真意「正理」(道理)を教えられ実践されていることこそ、成仏の証拠、証明です。

先日もコメント欄に「邪教の身延山の僧侶をほめるとは邪教だ!」とコメントしていましたが、そのような考え、発言こそ邪教です。

自分たちこそ正しい、と言うのであれば、正々堂々と博士に法論を申し込むべきですが、全員が逃げ、何故大石寺が正しいのか証明できていませんし、実際にも現証として、大石寺の僧侶は児童買春、不倫、飲酒運転など信じられない犯罪、大石寺・妙観講の幹部は麻薬で逮捕、何故、「大聖人様を信じている」などと言いながら悪事や犯罪、法論から逃げるなどできるのでしょうか。

このように自分たちに都合の悪いことは答えない、悪事や犯罪など、人の道に外れているのはカルト宗教、邪教であると覚えましょう!

7. Posted by 愛子   2019年02月11日 18:13
>そのような増長慢が出てくるから、創価学会も大石寺も増長慢によって滅びてしまう
創価学会などもう滅びています。お金はあるかもしれませんが、精神的にはもう滅びています。創価学会にはもう何もありません

博士の教えられる通りです。

学会幹部には宗教、仏教指導者は一人もなく、会員を奴隷にし搾取する宗教詐欺師ばかりです。
8. Posted by 大田   2019年02月11日 19:00
今日の講義拝読しました。

>法華経を保って、信心をもっているならば、貴方のいる所が当に当詣道場です。
>人々の幸せを考えて心の中では「南無妙法蓮華経」と唱えて仕事を成就していくならば、それがまさに当詣道場です。

日蓮大聖人様の御精神と博士の御精神と正理会の皆様の御精神と私の精神はつながっていると感じます。だから知らなかったことが少しづつ分かるようになっているのだと思います。

キリスト教は、死んだら天国へ行くのですから、念仏と同じです。
真言宗は「大日如来と一体になるのです」から、仏教でしょうか?疑問です。仏教はお釈迦様の教えです。
禅宗は「空を悟る」といいますが、「空」を悟っても成仏はできないと思います。
律宗は「戒律の研究と実践を行う」のですがこれでは国は滅びます。働く事ができません。

仏教の目的は成仏です。日蓮大聖人様の国を守る法華経です。

天皇が法華経を国の仏教に決められたならば、皇室の問題も国の問題も全て解決すると思います。

博士 今日もご指導ありがとうございます。
9. Posted by マリー   2019年02月11日 20:52
天皇陛下が念仏や真言やキリスト教などに惑わされているから天皇に本来の力が出てこないのかなと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔