2019年08月04日

『生きている大日本帝国』北朝鮮の核開発

17
※北朝鮮の原爆

『生きている大日本帝国』

北朝鮮の核開発

 第二次世界大戦時、日本の軍部も原爆の研究を行っていました。中心となったのは、理化学研究所の仁科芳雄博士で、その下に湯川秀樹らの研究者が集まり、研究を重ねていました。その製作は、天然ウランであるウラン235を熱拡散法で濃縮する方法で、理研内に熱拡散塔を完成させ、濃縮実験が始まりました。ところが、昭和天皇は「日本が最初に完成し使用すれば、他国も全力を傾注して完成させ使用するだろうから、全人類を滅亡させることになる。それでは、人類滅亡の悪の宗家に日本がなるではないか」(『昭和天皇』出雲井晶著、日本教文社)と、原爆の開発に猛反対したのです。たとえ戦争中であっても、天皇は全世界の平和を考えていたのです。
 天皇の命令で日本では原爆の製造ができなくなったので、原爆製造計画はひそかに北朝鮮に持ち込まれました。北朝鮮には膨大なウランが埋蔵されています。また、原爆の製造には膨大な電力を使います。ところがすでに、日本は鴨緑江に水豊ダムという巨大なダムを造っていました。朝鮮戦争時、米軍が空爆で破壊しようとしたのですが、びくともしなかったというダムです。当時、世界最大級の発電能力を持っていました。
 そして満鉄(南満州鉄道株式会社)の研究員、満州国の技術者、日本から派遣された技術者などで原爆の開発を行いました。戦後も彼らは現地に残り、研究を続けたのです。当時の朝鮮に優秀な技術者がいるわけもなく、日本の優秀な人材が技術指導したのです。満鉄のすごい設備は、ソ連に接収されたものも多くあります。そうした設備を、ソ連も中国もつい最近まで使用していたのです。
 日本の優秀な軍人や技術者は、派遣された先に骨を埋める覚悟をしていました。三章で見た残置諜者と同じ覚悟を決めていたのです。そのため、戦後も各地に残り、その地に理想国を築こうとしたのです。「ここに第二の大日本帝国をつくる」という非常に強い建国の願望があったのです。こうした人が金策の下にたくさん集まり、彼らが北朝鮮の産業発展の基礎をつくったのです。金策のほかにも、多くの残置諜者が北朝鮮には残っていたようです。原爆の開発も、秘密裡に着々と進んでいきました。朝鮮戦争でマッカーサーは北朝鮮に原爆を落とそうとしたのですから、北朝鮮側も開発を急いだことでしょう。
そして最近の動向ですが、二〇一三年二月一二日、北朝鮮は地下核実験に成功したと発表しました。核実験の影響と考えられる地震があったことを、アメリカも発表しています。ところが、放射能(クリプトン)が検出されなかったのです。そのため、日本のメディアは、「TNT爆薬を何十トンも爆発させて、核を持っているふりをしているのではないか」と、見当ちがいな憶測記事を流していました。
 ところが、それはまったくの間違いで、「タングステン水爆」という最高級の爆弾の開発に成功したようなのです。飯山氏によると、この爆弾はわずか二キロほどの少量でも、ニューヨークを吹き飛ばせるくらいの威力があるようです。しかも、放射能は出ないので検査してもわかりませんから、どこにでも運ぶことができます。そうすると、大陸間弾道ミサイルをアメリカに射ち込む必要もないのです。工作員に渡してアメリカの各地にセットすれば、それでアメリカは壊滅です。
 核の抑止力としては現在最高レベルの爆弾の開発に、北朝鮮は成功しているのかもしれません。これではアメリカは手出しできません。北朝鮮には「世界一の国家をつくろう」という明確な意志があります。それを「強盛大国」という言葉でスローガン化しています。これまで説明してきたことを前提にこれを言い換えれば、「北朝鮮は大日本帝国の精神を体現したい」のです。そのために、北朝鮮は世界の最強国となることを目指しており、それを実現させたのは日本人だったのです。

★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(5)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 弥生   2019年08月04日 01:10
>昭和天皇は「日本が最初に完成し使用すれば、他国も全力を傾注して完成させ使用するだろうから、全人類を滅亡させることになる。それでは、人類滅亡の悪の宗家に日本がなるではないか」

このようなご英断こそ、教科書に乗せられるべきですが、偉人、皇族が中学校の歴史教科書から消されています!!
2. Posted by 行合84   2019年08月04日 08:19
中杉先生ブログ拝見いたしました。金策とは日本人の畑中理さんです、陸軍中野学校の諜報員です。昭和天皇陛下に反対されて、核開発を北朝鮮に持ち込み大日本帝国の魂を存続させたのです。拉致問題はCIAがどうやら関与していたらしいのです。北と日本国の関係を悪くするようにです。金正恩の母は、横田めぐみ(姜美叔)さんだと言われています。そして、金正恩の父、金正日の本当のお父さんが畑中理(金策)さんだと言われています。金正恩とトランプ大統領の関係が大日本帝国とCIAの関係に見えてしまうのは僕の偏見ですかねー(笑)。中杉先生講義ありがとうございました。
3. Posted by Vega   2019年08月04日 17:33
>戦争中であっても、天皇は全世界の平和を考えていた

愛知トリエンナーレで昭和天皇を燃やすアートなどが非難囂囂ですが、今この時に大変な悪意、意図的なものを感じます。
4. Posted by 歴男   2019年08月04日 17:39
>日本は鴨緑江に水豊ダムという巨大なダム
朝鮮戦争時、米軍が空爆で破壊しようとしたのですが、びくともしなかった
当時、世界最大級

戦前に冷暖房完備の戦艦大和を建造、世界最大級のダム!!

西欧列強、アメリカ人は想像以上に日本を恐れたに違いない!!
5. Posted by ナキムシ   2019年08月04日 20:24
タングステン水爆が北朝鮮で開発して持っていたら大変な事です、今の時代日本の国家はスパイやテロに対して無防備(無謀備)だからね、少なくても在日朝鮮人の特権や通名をかたるのわ、止めていただきたいのですが道でしょうか?。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔