2019年09月29日

『生きている大日本帝国』五省

21
※松下 元(まつした はじめ、1884年8月10日 - 1953年12月1日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。海軍兵学校で教育に使われた「五省」の考案者として知られる。

『生きている大日本帝国』

五省

 戦前の海軍兵学校は、海軍士官を養成する学校でしたから、海軍兵学校を出ると少尉に任官します。一九三二(昭和七)年、第三四代海軍兵学校長・松下元(はじめ)少将の発案により作られたのがのが五省です。帝国海軍を代表する教えで、戦後、アメリカ軍が持ち帰り、英文に訳して使っているというくらい素晴らしいものです。
 海軍兵学校では一日の最後に自習を行います。「自習終了五分前!」という消灯ラッパが鳴ると、自分の机に荷物を運んで自習が終わります。それから五省が始まります。五省とは、次の五つです。
 一 至誠(しせい)に悖る(もと)るなかりしか
 一 言行に恥づるなかりしか
 一 気力に欠くるなかりしか
 一 努力に憾(うら)みなかりしか
 一 不精に亘(わた)るなかりしか
 当番の学生が五省を発唱すると、みな机の前に正座して、目をつぶって静かに聞きます。今日一日、この精神に基づいて行動したかどうかを反省するのです。
 こんなことは、どこの国の海軍にもありはしません。この五省の精神により、立派な日本人がつくられてきました。これは戦後も海上自衛隊に引き継がれ、海上自衛隊幹部候補生学校や、海上自衛隊術科学校において、この慣習は維持されています。五省の精神で真心を持った人間をつくっているのです。とても素晴らしいことです。
 第一の「至誠(しせい)に悖る(もと)るなかりしか」とは、今日一日、真心をもってさまざまな仕事に取り組んだでしょうか。至誠とは誠(まこと)です。誠の心を持っているということが日本人ということです。
 第二の「言行に恥づるなかりしか」とは、「今日の自分の発言は、うそをついたり、いい加減なことを言っていないか」ということです。日本人はうそをつきません。言葉にも責任を持ち、行動にも責任を持つという考え方が大事です。これが言行一致の法則です。
 第三の「気力に欠くるなかりしか」とは、気力がなかったら、人間は何もできません。「やったるぜ!」という気力が出てきて初めて物事が成せるのです。やる前から言い訳をしているようでは、精神が集中できないのです。
 第四に「努力に憾(うら)みなかりしか」とあります。気力の次にくるのは努力です。気力があっても、それだけでは前には進みません。現実的にある問題点にぶつかって行動を起こし、やり遂げようとする努力が大事です。
 第五は「不精に亘(わた)るなかりしか」です。身の周りを見て、汚くなっていないでしょうか。いつも清潔にしていなければなりません。軍学校は、起床から五分で着物を整え、寝具を片付けます。それを上級士官がチェックします。「帽子は曲がっていないか、下着は綺麗か、人が見ていなくても褌(ふんどし)は綺麗に洗っているかどうか、不精になってはいなかったか」と、これを反省するのが五番目です。日本人はいつも清潔で、日本に来た外国人は驚いて帰っていきます。
 この五省を胸に、みなさんにも素晴らしい日本人になっていただきたいと願っています。

★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(4)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 行合84   2019年09月29日 08:00
中杉先生ブログ拝見いたしました。僕は、20年位前に懇意にして頂いておりました医師に、五省を教わりました。その先生は、一日の仕事や生活を終えて、ホッと一息つきながら、その日を振り返り「あーあの時こうしとけばよかったかな」とか「もう少し頑張ればよかったかな」など考えることがあると思います。その際い、『五省』に則って自分を顧みてはいかがでしょうか。とご自分の自筆の五省とご自分のされておられる文章を書いたのを頂き大切にしております。その先生は刀剣が趣味で日本古来の武士道精神を持った方でした。松下元少将(当時)は福岡県出身の、帝国海軍兵学校の校長先生で、松島、八雲、高尾、薩摩、阿蘇、天龍、金剛等々、名鑑の実績をお持ちの方ですね。文武両道に優れた方でした。この五省は、帝国海軍から、今は、海上自衛隊に引き継がれて何時でもワンナイトオーバーです!アメリカの海軍でも使われていると、聞き及びました。中杉先生講義ありがとうございました。
2. Posted by 事情通   2019年09月30日 01:18
>一 至誠(しせい)に悖る(もと)るなかりしか
 一 言行に恥づるなかりしか
 一 気力に欠くるなかりしか
 一 努力に憾(うら)みなかりしか
 一 不精に亘(わた)るなかりしか

実はアメリカ、イギリス軍将校も模範としている。
3. Posted by 弥生   2019年09月30日 01:20
以前、海軍兵学校教官、陸軍士官学校を首席で卒業された先生方にお目にかかったことがありますが、90歳近くなられても、お若い頃心身ともに鍛え抜かれ、文武両道を極められた威厳がおありでした。
4. Posted by 青山   2019年09月30日 11:37
5 御講義ありがとうございます

海軍兵学校で教育に使われた「五省」は素晴らしいし、五省を磨いていくことが大事であると思いました

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔