2019年11月07日

人間の探究 1406 日本国中は権教を信じて、実経を謗(ぼう)じる

157
※仏教の経典は8万4千巻もあります。だから、何が何だかわからないのです。全て見た人もいません。このことを象の例えで言ったのです。「群盲象を評す」という諺があります。

人間の探究 1406 日本国中は権教を信じて、実経を謗(ぼう)じる

「時の機を見て説法する方もあり。皆国中の諸人権経を信じて、実経を謗(ぼう)し強(あながち)に用いざれば、弾呵(だんか)の心をもて説くべきか。時に依つて用否あるべし。」(唱法華題目抄)

 世間の人はここがわからないのです。仏教の経典は8万4千巻もあります。だから、何が何だかわからないのです。全て見た人もいません。このことを象の例えで言ったのです。「群盲象を評す」という諺があります。
 盲が集まっている所に象を連れてくるのです。目が見えない人に足を触らせたり、鼻を触らせたり、ボディーを触らせたりするのです。そして、「今、お前達が触ったものはどんなものだ?」と尋ねると、鼻を触った人は「蛇のようなものです」と答えます。足を触った人は、「丸太のようなものです」と答えます。ボディーを触った人は、「壁のような大きなものです」と答えます。
 それぞれの多くの盲が象をなでると、そのように答えるのです。それと仏教は同じです。仏教は、8万4千巻の経典があります。膨大な量があるのです。ちょっと仏教を見た人は、象の鼻を触ったのと同じことで、「仏教とは、座禅を組むものです」と答えます。そのように思っている人もいるのです。
 或は、「仏教というものは、真言密教です」と言い、或は、「仏教というものは、この世を捨てて阿弥陀仏に帰依することです」と言います。「群盲象を評す」というように、みんなそれぞれ違うことを言うのです。仏教の全体が全く見えないのです。
 それで仏教に迷ってしまうのです。ここで、日蓮大聖人様はハッキリと「仏教というものは、一つしかないのだよ」と言われているのです。仏教は一つしかありません。これを見抜いている人が天才です。御本仏ですから、当たり前です。日蓮大聖人様は、「仏教とは何か?」ということについて全然迷いません。
 日蓮大聖人様は、「実経とは法華経だ」と言われているのです。実経とは、「役に立つ」という意味です。いくら仏教を修行しても、仏になれなかったら実経ではありません。仏になる道は昔からあって、一つしかありません。付録と本体ということです。
 本を買うとカレンダーやいろんな付録が付いています。そんなものが本の目的ではなくて、本の目的は本の中味です。仏教とは、そのようなものです。様々な教えがあるのですが、それらは傍経といい、脇の教えです。
 仏教と言ったら、一つしかありません。これを見抜いた日蓮大聖人様の凄さが、700年経ってもまだわかっていないのです。「日蓮大聖人様は末法の世に生まれられて、新しい仏教をお説きになられた」という解釈もあります。これは間違いです。
 それでは、今までのお釈迦様の説いた仏教は全て意味がなくなってしまいます。実経と言っているのです。仏になるという法は、法華経一つしかありません。他の教えは阿弥陀経の西方極楽浄土へ逝く教えとか、そのようなことを説いているのです。
 「自分が仏に成る」という教えは、法華経しかありません。これが実経です。法華経は西方極楽浄土に往生する教えではありません。自分が仏になることが本当の仏教の教えです。仏になれなかったならば、その法は成仏の法ではありません。
 法華経というのは、人々を仏にしていく唯一の教えですから中身があるのです。凄くわかりやすいのです。これを見抜いたのが日蓮大聖人様の天才性です。言われてみれば「そうだな」とわかりますが、言われなければ何が何だかわかりません。
 今でもそうです。人々は仏教とは、何が何だかわからないのです。身延山久遠寺、日蓮正宗大石寺などと様々な宗派を立てて、或は創価学会、立正佼成会、顕正会という法華経と称する仏教団体が何百とあります。
 仏教とは何が何だかわからないのです。何故、仏教は一つしかないのか、わからないのです。わからないけれども、「有難い」と言っているのです。そこに教祖が入ってくるのです。教祖など、本当はいらないのです。仏になる道を説いたのは、法華経ただ一つです。
 それに対して日蓮大聖人様は、何の迷いも感じていません。その通りです。日本国もそうなればよいのです。実経というものは、法華経しかありません。「他にもあるだろう」と思うから邪教に引っかかるのです。
 日蓮大聖人様は、そのように言われているのです。もっと大きくいうと、個人を成仏させて、個人の集まりである国も成仏させなければ日本国の衆生の本当の幸せはないのです。個人に逃げるのではなくて、個人が成仏して政治を変えて、天皇を中心にしてまとまっていくことが、神国日本の仏教と国の在り方です。
 まず、天皇を成仏させてあげなくてはいけません。天皇も随分、苦しい目に遭っているのです。聖武天皇は雷に打たれて死んだのです。島流しになった天皇もいます。臣下に殺された天皇もいます。それはそうです。天皇自体が法華経を保っていないからです。
 法華経を保っていないわけではありません。法華経を読んでいないわけではありません。天皇ですから、そのくらいの財力はあります。「法華経しかない」という読み方が出来ていないのです。「もっと他の教えがあるのではないか?」という頭で法華経を読んでいるのです。それではいけません。すると雷がドカンと落ちてくるのです。
 天皇自身が幸せになっていません。天皇が法華経を信じて、幸せになって神の使命を果たしていくところに日本国が王仏冥合するのです。王は政治です。仏は教えです。王仏冥合していくところに、日本国の繁栄があるのです。同時に世界の繁栄があるのです。
 日本国が繁栄すると、世界も繁栄してくるのです。馬鹿馬鹿しい戦争は止めましょう。人殺しをいつまでしているのでしょうか? 人殺しをしながら、許される仏教があるはずがありません。
 全ての上にこの哲学がこなければいけません。それをもっている日本が、やがて世界をリードしていくのは当然のことです。その時のために正理会は用意をしているのです。「ただしく法華経を信じるとは、このようなことだ」ということを用意して、皆さんが目覚めるのを待っているのです。Wake up! 日本国国民! 待っていますよ!

★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(7)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 青い雲の上から   2019年11月07日 03:26
霧が はじめて晴れてきたように感じています

仏と神の違いがわからなくて
ドーンと霧に覆われていたままでした

ありがとうございました
2. Posted by 行合84   2019年11月07日 06:50
中杉先生ブログ拝見いたしました。実教と権経のお話、分かり易く、ありがとうございました。確かに仏典は84000巻もあり、何が何だか、まさに手探り状態です。群盲が像を撫でても、その実態はつかめませんね。即ち、膨大な仏典のせいで、仏教の究極の意義がわからないのです。日蓮大聖人様は、実教とは法華経であると仰られたのです、勿論、ご本仏としての確信であると思います。だからこそ、日蓮大聖人様の南無妙法蓮華経でしか、僕らは、成仏出来ないのです!2800の天皇陛下の歴史ある、日本神道と日蓮大聖人様の南無妙法蓮華経の真実の神仏習合の修行が大切であると思います。中杉先生講義ありがとうございました。
3. Posted by 主任教授 さえこ   2019年11月07日 10:05
5 今日の講義「日本国中は権教を信じて、実経を謗(ぼう)じる」拝読しました。

>「群盲象を評す」というように、みんなそれぞれ違うことを言うのです。仏教の全体が全く見えないのです。

仏教は8万4千巻もあります。自分が学んだものを「これが本当の仏教だ」と思ってしまいます。

日蓮大聖人様の凄いところは、8万4千巻ある経典の中から、「何が仏教の根本なのか?」ということを見抜いたことです。

それが妙法蓮華経です。
仏教はこれしかありません。

>実経というものは、法華経しかありません。「他にもあるだろう」と思うから邪教に引っかかるのです。

これがわからないから、衆生は邪教に引っかかるのです。天皇までも邪教に引っかかってしまうのです。

これは一番大事なことです。

「仏教とは、法華経であり、南無妙法蓮華経である」これさえわかれば仏教に迷うことはありません。

しかし、南無妙法蓮華経を説く団体が教祖をたてて、日蓮大聖人様の法を奪っています。
それは自分で見抜かなければいけません。
創価学会、立正佼成会、顕正会は邪教です。
身延山久遠寺も、日蓮正宗大石寺も今は邪教です。

「何故、邪教なのか?」という理由を学ばなければ人に説明はできません。

正理会の皆さんは、このことをよく学び折伏を行じていきましょう!




4. Posted by 大田   2019年11月07日 12:06
今日の講義拝読しました。

お釈迦様の教えは一つです。しかしその教えが理解できない衆生の為に手を変え、品を変えご説法をされ、それを聞いた人がそれぞれの理解によって膨大な経典が出来てしまったのだと思います。

それを日蓮大聖人様が「仏教とは自分が仏になる唯一の教えである」と見抜かれました。

私も正理会の会員として修行を重ねていきたいと思います。

博士 ありがとうございます。
5. Posted by マリー   2019年11月07日 18:14
世の中邪教だらけです。歴史的に天皇も邪教に騙されて不幸になっています。南無妙法蓮華経を正しく信仰して個人も天皇も成仏することが大切です。
6. Posted by 愛子   2019年11月08日 01:50
>もっと大きくいうと、個人を成仏させて、個人の集まりである国も成仏させなければ日本国の衆生の本当の幸せはないのです。個人に逃げるのではなくて、個人が成仏して政治を変えて、天皇を中心にしてまとまっていくことが、神国日本の仏教と国の在り方

このように教えられているのは博士だけですね。
心ある日本人は博士に学び立候補して「正理」をもって日本を正していくことが「時」にかなった修行であると思います!
7. Posted by ポン子   2019年11月12日 12:59
5 >天皇が法華経を信じて、幸せになって神の使命を果たしていくところに日本国が王仏冥合するのです。

天皇は信仰を持っていません。神道は信仰ではありません。教祖もいません。教義もありません。押しつけもありません。ただ天皇ご自身のお姿から国民自ら「学び取る」だけです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔