2019年12月23日

人間の探究 1438 石橋山の怪

156
※場所というのは非常に大事な因縁を持っています。それを無視すると商売もダメになるし、事故も多発します。そのような場所はあるのです。

人間の探究 1438 石橋山の怪

 我々が伊豆半島に行こうと思うと、必ず石橋を通らなければいけません。その石橋を超えると135号線に出て、真鶴から熱海に出て、伊豆半島を下って行けます。
 石橋を過ぎて、15分くらい行くとトンネルがあり、トンネルを越えると、有名な小田原弁当のお店「やまもと」があります。大変美味しいお店です。小田原弁当は刺身・天ぷら・煮物・サザエ・茶碗蒸し・かにの味噌汁・デザートもついていて、大変美味しいのです。
 いつ行っても満員です。その店の前には、小さな小屋があります。「何だろう?」と思って見ていたのですが、気がつかない人もいます。その小さな家には、しめ縄が張ってあるのです。
 神社でもないし、お寺でもありませんが、しめ縄が張ってあるのです。「お正月でもないのに、どうしてしめ縄が張ってあるのかな?」と僕は思ったのです。普通の人はなかなか気がつきません。
 その小屋の後ろを国道135号線が通っているのです。その135号線を渡ると、大きな駐車場があり、ローソンがあります。前は、2つの建物が別々に建っていて、「月のうさぎ」という和菓子屋さんがありました。
 もう一つの建物は「赤唐辛子」というラーメン屋が営業していたのです。非常によい感じの店だったのです。それがある日、バタンと閉じてしまったのです。僕は伊豆方面にはよく行っていたので、その道路を通ってその建物を見てきたのですが、「お店が出来た」と思うとすぐに入れ替わっていたのです。
 ラーメン屋が3回も入れ替わったのです。それからローソンができたのです。「ずいぶん入れ変わりの激しい場所だな」と思って見ていたのです。そのうちに、「月のうさぎ」の和菓子屋がなくなり、2つの建物を壊して、ローソンの建物だけになってしまったのです。
 ローソンの右隣、左隣には、大きい駐車場があり、結構車が止まって賑わっていたのです。「立地条件がよい場所だな」と思って見ていたら、ある日突然、ローソンが閉店してしまったのです。
 「何故、この場所は店がこんなにも入れ替わるのかな?」と思っていたのです。実は僕の会社もその場所に店を出したことがあるのです。すると店の担当者が「店を辞める」と言うのです。
 「どうしたの? あまりにも早いのではないか?」と聞くと、「出たのですよ・・・」と言うのです。「何が出たのだ?」と聞くと、「アレが出たのです・・・」と言うのです。
 雨の日に白い着物を着た人が集団で入ってきたのです。ゾロゾロと店に入ってきたのです。店の店員が厨房に入ってラーメンをつくっていたのです。そして、「おまちうどうさん」と出てきたら、誰もいなかったのです。
 そんなことが、3回も4回も続いたというのです。「とてもではありませんが、あの店には勤められません。雨の降る夜は出るのです」と言うのです。
 僕は近所の人に「この場所は何があったのですか?」と聞いたのです。すると、この店の真上にある根府川駅の線路が関東大震災の時に、落ちてきたのです。数百名の人間がそこで死んだというのです。
 それ以来、その場所はどんな商売をやってもダメなのです。その場所は、怨霊が出るのです。恐ろしい話です。だから、道路を挟んだ「やまもと」のお店の小さい家には、しめ縄が張ってある意味がわかったのです。「どうか、怨霊が出ないでください。うちには入ってこないでください」ということなのです。
 その道路はずいぶん多くの事故が起きているのです。道路を挟んで山にあるJRの線路から電車が落ちてきたのです。だから、交通事故が結構起きているのです。
 線路の下にある店は、次から次へと出店したかと思うと、次から次へと閉店です。遂に、最近できたコンビニまで閉店してしまったのです。結構流行っていたのですが、コンビニも集団で出たのではないでしょうか? 雨の日に集団でゾロゾロとお客が入ってきたと思って、「足を見たら足がない」など、夜見たらビビッてしまいます。
 その場所は、どんな商売もできないのだとわかります。怨霊は生き残るのです。「やまもと」の店主は賢いのです。怨霊が入ってこないように、しめ縄を張っているのです。いろんなことが起きているのです。
 場所というのは非常に大事な因縁を持っています。それを無視すると商売もダメになるし、事故も多発します。そのような場所はあるのです。石橋を通り135号線を行くならば、その場所を見てきてください。今は、コンビニは閉店してロープが張ってあります。
 こんな近くに幽霊スポットがあるなどとは、僕は思いもよりませんでした。くわばら、くわばら。


■JR根府川駅の列車事故

1923年(大正12年)9月1日:関東大震災により地すべり(土石流ともいわれる)が発生し、当駅に進入中の真鶴行き下り列車(8両編成、乗客約150名)が客車2両を残して駅舎、ホームもろとも海中に没する。列車に乗車していた約110名とホームに居た二十数名の計約130名が死亡した。駅周辺の住民も多数死傷した(根府川駅列車転落事故も参照のこと)。駅構内に残ったのは車止め一つだけだった。
駅は翌年再建されたが、沖合の海底には当時のプラットホームが横たわっている。ホーム跡は漁礁のようになり、スキューバダイビングの潜水ポイントにもなっている。なお、ホーム跡にある駅名標は後に付けられたものである。
ホームとともに沈んでいた機関車と客車は1934年(昭和9年)9月23日に地元真鶴町の業者によって海中から引き揚げられた[3]。当時の新聞記事では一部は鉄道省に寄付、一部を地元で鉄屑として処分するつもりとある。直後に鉄道博物館(旧)で牡蠣の殻が大量に付着したバキュームホースと機関車のナンバープレート「977」(960形蒸気機関車)が展示された[4]。現在バキュームホースは所在不明で唯一ナンバープレートのみが残されており、交通博物館から鉄道博物館に引き継がれ展示されている。
この事故で娘を亡くした岡野喜太郎(スルガ銀行創業者)によって1932年(昭和7年)に真鶴駅寄りの海に面した場所に慰霊碑が設置され、1973年(昭和48年)には、改札横に根府川駅職員一同によって『関東大震災殉難碑』が設置された。



★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(7)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 行合84   2019年12月23日 06:58
中杉先生ブログ拝見いたしました。僕も、伊東市で一年間、仕事でアパートを借りてもらい、よく車で行き来しておりました。JRの根府川駅は必ず通る道でしたが、先ずは、途中でお店による事もありませんでしたので関東大震災の数百名の死者のお話は、初めて聞いた次第で有りますが、何となく暗いイメイジが残っております。そういう場所だったのですね、小田原弁当の「やまもと」のしめ縄の意味がよくわかりました。日本の歴史の中には、戦乱の世も、天災で亡くなられた方々も、たくさんおられますので、土地は必ず地鎮祭で払い清めねばなりません。僕ら日本神道と日蓮大聖人様の修行をさせて頂いております正理会のメンバーは、「石橋山の怪」を、しっかりと心にとどめて、前進して参ろうではありませんか!中杉先生講義ありがとうございました。
2. Posted by 主任教授 さえこ   2019年12月23日 10:04
5 今日の講義「石橋山の怪」拝読しました。

人間が死んで成仏しきれず、霊として残ってしまう生命があります。
普通は今世が終われば、来世へ行くのですが、未練があり、残ってしまう霊もいるのです。

石橋は何度も通っているので、中杉博士が言われているお店は私もよく知っています。

最近では、ローソンができて流行っているようでしたが、突然クローズです。
人間が近づいてはいけない場所があるのです。
そこは霊の住処です。

また歌っていけない歌もあります。
「もづの枯れ木になんとやら」という歌が流行ったそうですが、その後、関東大震災が来たと聞いています。

念仏ソングを歌うと、災害を招きよせる結果となりますから、歌う歌も注意しなければいけません。
歌はやはり明るい歌を歌い、行く場所も日当たりの良い陽の土地でなければいけません。

そのようなことに気を付けないで、ボーとした人に霊は憑りつくのです。

霊が集まる場所、念仏ソングは絶対に歌ってもいけないし、近寄ってもいけません。

正法を信受して、そのようなものを寄せ付けないようにしていきましょう。



3. Posted by マリー   2019年12月23日 11:47
土地には因縁があり自殺の名所とかがありますが近づいてはいけないのですね。伊勢神宮など陽の気がある所に近づいていかないといけませんね。
4. Posted by 大田   2019年12月23日 14:16
今日の講義拝読しました。

私は、博士のブログで霊について学ばせて頂くだけで、深くは分かりません。霊が出るスポットは全国にあることは知っています。
でもサラリと流し、気にする事はありませんでした。
気を付けないといけませんね。

博士 ありがとうございます。
5. Posted by Vega   2019年12月23日 21:49
>3
伊勢神宮など陽の気がある所に近づいていかないといけません

同感です!
6. Posted by 青山   2019年12月24日 16:22
5 御講義有難うございます

商売をするにしても土地は非常に大事であるという事が分かりました
7. Posted by 原法   2019年12月25日 09:29
恐ろしいが、幽霊の集団は何のために出るのだろうか?

「われわれの死を忘れないでくれ」と伝えたいのだろう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔