2022年05月22日

立正安国論(15)この世を仏国土に

15
※「汝早く信仰の寸心を改めて、速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり、仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや、国に衰微無く土に破壊無んば身は是れ安全・心は是れ禅定ならん、此の詞(ことば)此の言、信ず可く崇む可し」

立正安国論(15)この世を仏国土に

[立正安国論]
就中人の世に在るや各後生を恐る、是を以て或は邪教を信じ或は謗法を貴ぶ各是非に迷うことを悪むと雖も而も猶仏法に帰することを哀しむ、何ぞ同じく信心の力を以て妄りに邪義の詞を宗めんや、若し執心飜らず亦曲意猶存せば早く有為の郷を辞して必ず無間の獄に堕ちなん、所以は何ん、大集経に云く「若し国王有つて無量世に於て施戒慧を修すとも我が法の滅せんを見て捨てて擁護せずんば是くの如く種ゆる所の無量の善根悉く皆滅失し、乃至其の王久しからずして当に重病に遇い寿終の後大地獄に生ずべし・王の如く夫人・太子・大臣・城主・柱師・郡主・宰官も亦復是くの如くならん」と。
仁王経に云く「人仏教を壊らば復た孝子無く六親不和にして天竜も祐けず疾疫悪鬼日に来つて侵害し災怪首尾し連禍縦横し死して地獄・餓鬼・畜生に入らん、若し出て人と為らば兵奴の果報ならん、響の如く影の如く人の夜書くに火は滅すれども字は存するが如く、三界の果報も亦復是くの如し」と。

[講義]
なかんずく人が生きているということは、おのおの後生を畏れて居るのです。この世でどんな権力をもったといっても、あの世で通用するかどうかわからないからです。「この世で殺した相手とあの世ではどういうつながりがあるのか?」ということを考えただけでも恐ろしいのです。
それを恐れるから邪教を信じてしまい、あるいは謗法を尊び、分別判断がつかない邪教を憎んでも、それが仏法の中のことだとおもうと悲しくなってしまいます。信仰するという行為は同じですが、その力は正法を信ずるほうに向かないで邪義を信じ、その祠を崇めるほうに向かうのでしょうか。若し邪教にたいする執心がなおらず、曲がった教えを大事にするならば、成仏への道を閉ざし、無間地獄に向かうのです。
どうしてかというと、大集経には「もし国王があって無量の世に於いて施・戒・慧(施し・戒律を護る・智慧を磨く)を修しても、仏の法が滅しようとするとき、仏法を捨てて擁護しようとしないならば、過去に植えた無量の善根の功徳は消えて、まもなく病気になり、臨終のとき大地獄に生まれる、その夫人・王子・大臣・城主・柱師・郡主・宰官も亦復是くの如くなります」と、書かれています。
仁王経には「人、仏教を破るならば六頭身までも不和であり、天・竜も助けず、悪質な病気が日々せまり、災害と化け物に挟まれたような生活となり、連日災いの勢いは高まり、死しては地獄・餓鬼・畜生に生まれるのです。もしそから抜け出して、人間に生まれても、今度は戦火のなかに投げ込まれ、人には、歩くと響きがあり、影があるように、人は夜、字を書くときには火を必要とするが火を消しても書いた書は消えないように、かならず業果はついてまわるのです」と、書かれています。

[立正安国論]
法華経の第二に云く「若し人信ぜずして此の経を毀謗せば乃至其の人命終して阿鼻獄に入らん」と、同第七の巻不軽品に云く「千劫阿鼻地獄に於て大苦悩を受く」と、涅槃経に云く「善友を遠離し正法を聞かず悪法に住せば是の因縁の故に沈没して阿鼻地獄に在つて、受くる所の身形・縦横八万四千由延ならん」と。
広く衆経を披きたるに専ら謗法を重んず、悲いかな皆正法の門を出でて深く邪法の獄に入る、愚なるかな各悪教の綱に懸つて鎮に謗教の網に纒る、此の朦霧の迷彼の盛焔の底に沈む豈愁えざらんや豈苦まざらんや、汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや、国に衰微無く土に破壊無んば身は是れ安全・心は是れ禅定ならん、此の詞此の言信ず可く崇む可し。
客の曰く、今生後生誰か慎まざらん誰か和わざらん、此の経文を披いて具に仏語を承るに誹謗の科至つて重く毀法の罪誠に深し、 我一仏を信じて諸仏を抛ち三部経を仰いで諸経を閣きしは、是れ私曲の思に非ず則ち先達の詞に随いしなり、十方の諸人も亦復是くの如くなるべし、今の世には性心を労し来生には阿鼻に堕せんこと文明かに理詳かなり疑う可からず、弥よ貴公の慈誨を仰ぎ益愚客の癡心を開けり、速に対治を回して早く泰平を致し先ず生前を安じて更に没後を扶けん、唯我が信ずるのみに非ず又他の誤りをも誡めんのみ。

[講義]
法華経の第二には「もし人がこの経を信じなくて誹謗するならばその人命終して必ず地獄にいく」と書いてあります。法華経不軽品には「千劫阿鼻地獄にて大苦悩を受ける」とあり、涅槃業には「善友を嫌って正法を聞かず、悪法に近づくならば、阿鼻地獄に堕ちて体がとてつもなく大きくなり、それだけ無数の苦しみを受けます」とあります。
大衆の心を見るともっぱら謗法を行い、謗法を大事にしています。お狐様・お狸様・お犬様・鬼子母神様・大黒様・ヤマタノオロチ様・キリスト様・文鮮明様・庭野日敬様・大川隆法様・池田大作様、などです。
 これらは皆、謗法です。これらの邪教は、人々を地獄に引きずり込むために巧妙に網をはっています。邪教の網に捕らえられた人々は、なんと哀れなのか、「汝早く信仰の寸心を改めて、速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり、仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや、国に衰微無く土に破壊無んば身は是れ安全・心は是れ禅定ならん、此の詞(ことば)此の言、信ず可く崇む可し」
 旅人(客人)言わく「今生、後生心配しない者がいるだろうか、だれでも幸福になりたいでしょう。それで経文を開いて仏語をいただきましたが、仏法に疵をつける者が多く、しかもその罪ははなはだ重いことを知りました。
私(客人)は、阿弥陀仏一仏を信じ、諸仏をなげうち浄土三部経を仰いで諸経を捨てたのは、私の考えではなく法然という先達を信じたからです。私以外の阿弥陀仏を信じた多くの人も同じことです。この考えは今世では生命力を失い、あの世にいっては阿鼻地獄の因縁になることが分りました。主人のおかげで疑う心が晴れました。
かくなるうえは悪法を退治して今世は安泰に、来世は仏土に生まれたいものです。これからは私が信ずるだけではなく、多くの他人の誤りも正していきます。
(立正安国論 をはり)

※次回は、「立正安国論 特講」です。

★★★事務局よりお知らせ★★★

アメーバブログで、「中杉 弘の徒然日記」
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi


人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(16)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 戸田先生の愛弟子   2022年05月22日 01:31
中杉君、キミには法華経講義は無理だから辞めなさい。笑。キミは法華経の真髄は解っていないだろう?法華経を深く理解できたのは戸田先生だけ。勝手に戸田先生の名前は出してほしくはないね。君達は戸田先生とは何の繋がりも無いだろう?戸田先生のお弟子さん達の許可なくブログ上で勝手に戸田先生の名前は出さないでくれ給え。
2. Posted by 読者   2022年05月22日 07:59
1番目は、Y子ですね。いくら偽名を使ってもバレバレ!
3. Posted by M   2022年05月22日 08:17
戸田先生の愛弟子さんは、法華経の真髄の何が分かったのでしょうか。コメントして下さい。
4. Posted by うち   2022年05月22日 08:45
中杉博士、『立正安国論』の御講義をありがとうございます。

> 正法を聞かず、悪法に近づくならば、阿鼻地獄に堕ちて体がとてつもなく大きくなり、それだけ無数の苦しみを受けます。

多くの仏典に、悪法を信じる者、正法を誹謗する者は無間地獄へ行く、という事が記されている事を知りました。自分が妙法蓮華経であることを信受して、歓喜踊躍して仏道修行してまいります。
5. Posted by 大田   2022年05月22日 12:07
今日のご講義拝読しました。

>私の考えではなく法然という先達を信じたからです。
ほとんどの人がそうだと思います。

法然・親鸞、空海、僧侶になる前から郷士出身であったり、貴族であったり、豪族であったり生まれた時から上流階級でありそれだけで信者も多い。

人は法然、親鸞、空海を信じてしまったのです。今も昔も善悪正邪できめる訳ではありません。

>主人のおかげで疑う心が晴れました。

受講できる事は本当に有難い事で幸せな事だと思います。
6. Posted by 大田   2022年05月22日 12:21
>1
貴方は戸田先生の愛弟子ですか?嘘でしょう。

戸田先生のお弟子は石田次男先生です。石田先生のお弟子が中杉博士です。
戸田先生、石田先生、中杉博士と血脈は継がれているのです。

私達は正法を学んでいるのです。

誤魔化し、言い分け、嘘八百を言っても誰もY子になびく人はいません。
愛弟子と嘘をついてまた悪因を積んでしまいましたね。お気の毒。
7. Posted by ドバコくん   2022年05月22日 13:47
・「若し邪教にたいする執心がなおらず、曲がった教えを大事にするならば、成仏への道を閉ざし、無間地獄に向かうのです」

正法の誹謗、邪教の信仰が、国にも個人にも地獄をもたらす事が、恐ろしいほど伝わってきました。

南無妙法蓮華経への信心と、折伏による悪法の退治が最大に大事なことなのだなと思いました。

また、仁王経の、
・「人には、歩くと響きがあり、影があるように、人は夜、字を書くときには火を必要とするが火を消しても書いた書は消えないように、かならず業果はついてまわるのです」
という教えがとても心に残りました。


8. Posted by マリー   2022年05月22日 15:24
仁王経には「人、仏教を破るならば六頭身までも不和であり、天・竜も助けず、悪質な病気が日々せまり、災害と化け物に挟まれたような生活となり、連日災いの勢いは高まり、死しては地獄・餓鬼・畜生に生まれるのです。もしそから抜け出して、人間に生まれても、今度は戦火のなかに投げ込まれ、人には、歩くと響きがあり、影があるように、人は夜、字を書くときには火を必要とするが火を消しても書いた書は消えないように、かならず業果はついてまわるのです」と、書かれています。

これはy子の事が書かれてますね。
恐ろしいですね。
9. Posted by 国民   2022年05月22日 16:10
>1
君達は戸田先生とは何の繋がりも無い

本当にこの人が、「戸田先生の愛弟子」であれば、戸田先生の一番弟子は石田次男先生であり、中杉博士が石田先生のご著書「現代諸学と仏法」を出版したことをご存じのはずであり、「君達は戸田先生とは何の繋がりも無い」という発言はおかしいですね。

以前のブログのご講義にもありましたが、中杉博士は、戸田先生が自分の後継者、次の会長として指名した石田先生に5年間学ばれ、「何の繋がりも無い」とは、事実ではありません。

当時、目を悪くされた戸田先生の代わりに「生命論」も石田先生が執筆されたそうですが、石田先生は、「私は悟りを開いていないので無理」と学会会長に就任されなかったそうです。

>法華経の真髄は解っていない

本当にこの人が、「戸田先生の愛弟子」であれば、「私は戸田先生に法華経の真髄をこのように学んだ」ということがコメントできるはずですが、それがないのも不思議です。
10. Posted by 弥生   2022年05月22日 16:23
Y子はいつまでもしつこいですね!
ウソツキ、いつまでもしつこく事実と正反対のことを言い続ける、まさに〇国人の民族性そのものです。

「正理会を潰してやる」などと発言していましたが、正理会は宗教法人として認可され、土地や財産もあるばかりでなく、中杉博士は正しく仏法と神道を教えられ、宗教、思想、政治、憲法、皇室問題、人生、日本人が知るべき問題、すべてにおいて、「何が間違っていて、何が正しいのか」を教えられ、多くの人々を善導される国師、唯一無二の存在です。

舌先三寸で博士や幹部の先生方、会を攻撃できると思っていること自体、頭破作七分、発狂しているのであり、必ず神罰、仏罰を受けて自分が「潰れる」ことになるのです。
11. Posted by 国民   2022年05月22日 18:04
>1
以前、博士のご講義にあり、保存していた石田先生のご経歴をお知らせします。

石田先生は聖教新聞専務理事、学会青年部第一部隊長、小岩支部長、学会創設の功労者であり、公明政治連盟から初の参議院議員としてトップ当選、「憂国の情しのびがたく、このたび立候補致しました石田次男です」の名文句が知られます。
先生の妹さんは、秋谷 栄之助会長(第5代)とご結婚、弟さんは公明党の石田幸四郎委員長(第5代)です。

石田先生の「現代諸学と仏法」は、東大出身の本橋雅史氏と共著であり、
【第一章】第一原理論争
【第二章】仏法と論理学
【第三章】四句分別と言う論法

「石田先生は、戸田先生の一番弟子、次期会長として指名され、本来ならば学会会長であったのであり、その石田先生に、中杉博士は5年間も直接指導により仏法を教わった」とおっしゃっていました。

戸田先生と中杉先生は、「何の関係もない」などとデタラメを言うものではありません!
12. Posted by 愛子   2022年05月22日 18:19
中杉博士、本日もご講義有難うございます。

>「人、仏教を破るならば六頭身までも不和であり、天・竜も助けず、悪質な病気が日々せまり、災害と化け物に挟まれたような生活となり、連日災いの勢いは高まり、死しては地獄・餓鬼・畜生に生まれる
人間に生まれても、今度は戦火のなかに投げ込まれ、人には、歩くと響きがあり、影があるように、人は夜、字を書くときには火を必要とするが火を消しても書いた書は消えないように、かならず業果はついてまわる

まさに現在の〇国、北〇〇、赤い国ではないでしょうか。
この国々は、正法の国、神国・日本から受けた恩を仇で返しています。

以前より博士が教えられる通りであり、〇国人のように賠償金目的に「強制的に植民地にされた!」とウソをつき続け、賠償金をだましとっても、恩人である日本を騙した大罪により、現在は自殺率、犯罪率ともに世界一、感染再爆発、本日のご講義の通り「かならず業果はついてまわる」のであり、どんなにウソをつき大金をつぎ込みマスコミ操作しても、博士が30年以上前から〇国人の害毒について明らかにされ、そして現在は多くの人々がこれらの国々の正体を知ることとなりました。

この経は、このような国々の現在、未来も予言しているのではないかと思いました。

13. Posted by 会員   2022年05月22日 20:14
「汝早く信仰の寸心を改めて、速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり云々」

我が正理会の方針、指針でもあるのではないかと思います。
14. Posted by believer   2022年05月22日 21:38
5 御講義ありがとうございます。

「千劫阿鼻地獄にて大苦悩を受ける」

正法以外のどんな人も、今普通に生活できている人も、因果異時だから因果悪果の実感がないのであり、修行が進めば進むほど因果倶時になるのではないかと思っています。
15. Posted by 青山   2022年05月23日 12:04
1<は戸田先生の愛弟子の仮面をつけた朝鮮人ですね!
16. Posted by 青山   2022年05月25日 07:10
5 御講義有難うございます

大衆の心は謗法を行い、謗法を大事にしています。その謗法の心を正していくことが私たちの使命でもあると思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔