2024年04月23日

法華経と量子力学 26

verjee-pkg-one-way-trip-to-mars-00002812-story-top
※双子のパラドックスとは「双子のうち弟が地球に残り、兄がロケットに乗って光速で地球を離れてある星へと向かいます。そして、その星に到着後に再び地球に戻ってきた」というストーリーからなる思考実験です。


法華経と量子力学 26

 宇宙というものを考えたときに、宇宙は心と物ではどちらが先にできたのでしょうか?
 例えば、宇宙には暗黒宇宙があります。それが最初にできて、ビックバンで爆発して、それから生命ができてきたというのです。
物理学者は、「ビックバンという物が爆発した」というのです。どこに生命があったのでしょうか? 生命はどこにもありません。人間は、生命を創ることはできません。
 量子力学という学問ができてきて、量子を追求していくと、物と物との空間に何かがあってよくわからない動きをするのです。現代の量子力学では、宇宙の仕組みは95%がわかっていません。本当は何もわかっていません。人間は、ウイルス一つも創ることはできません。
目に見えない生命を創り出す法があったから、人間の心ができたのです。心というものは、脳の働きではありません。
 交通事故で脳が半分こわれた人がいますが、ちゃんと記憶があり、何もなくっていません。「脳が半分になったから、半分しか見えないのか?」というと、そういうわけでもありません。
 心があったから、世界ができてきたのです。物質のエネルギーと同時に、目に見えないもう一つのエネルギーがあるのです。物理学者はそれを探しているのです。それは、一体何でしょうか?
 何かあるのですが、これは神様が創ったものではないらしいのです。物理学者たちは、「神様はいない」と言いだしたのです。物理学者には「ゼロとゼロの間にある小さな空間が世界を創ったのであり、神様が世界を創ったのではない」という認識があるのです。そこまでは、量子力学の話です。
「仏教は、何を求めたのか?」というと、心を求めたのです。西洋人たちは、物質を求めたのです。「この物質は、何からできているのか?」と考えて、顕微鏡を使って物質を分解していったのです。それで、「もっと分解できないのか?」と考えたのです。
 そこで生命の螺旋構造を見つけたのです。それは、まだ生物ではありませんが、生命の源にたどりつこうとしているのが生物学者です。ところが、いくら探求してもたどり着くことはできません。お手上げになってしまうのです。
 双子のパラドックスという思考実験があります。1911年にフランスの物理学者ポール・ランジュバンが、アインシュタインの『時計のパラドックス』の「時計」を「双子」をモデルしたパラドックスに仕立てたことによって、さらなる共感を得て、『双子のパラドックス』という名で広まった思考実験です。
「双子のうち弟が地球に残り、兄がロケットに乗って光速で地球を離れてある星へと向かいます。そして、その星に到着後に再び地球に戻ってきた」というストーリーからなる思考実験です。
 双子の兄弟がいて、弟は地球に残り、兄は光速に近い速度で飛ぶことができるロケットに乗って、宇宙の遠くまで旅行したのちに地球に戻ってくるものとします。
このとき、弟から見れば兄の方が動いているため、特殊相対性理論が示すように兄の時間が遅れるはずです。すなわち、ロケットが地球に戻ってきたときは、兄の方が弟よりも若いのです。
一方、運動が相対的であると考えるならば、兄から見れば弟の方が動いているため、特殊相対性理論が示すように弟の時間が遅れるはずです。すなわち、ロケットが地球に戻ってきたときは、弟の方が兄よりも若いのです。これは前の結果と逆になっており、パラドックス(矛盾)です。

光が1秒間に走る距離は、30万キロです。光の速さでいける場所を1光年といいます。最新のロケットで火星に行っても、2年以上はかかります。1年かかっていける距離を1光年といいます。
 1光年でも遠い距離です。100光年だと、もっと遠い距離です。今までは、光の速さが一番早いと言われていました。アインシュタインは、「光より早い速度は、存在しない」と言ったのです。光速は何物も超えられないのだと言ってきたのです。
 現在では、光速を超えるものが発見されたのです。それが量子です。自然界に存在する素粒子は、96種類あります。素粒子も量子に含まれます。量子は、光速を超えることができるのです。(27に続く)


★★★事務局よりお知らせ★★★

■『中杉弘の毒舌!人生相談』
https://www.youtube.com/@remon8859/videos
第19回、3月16日(土曜日)0:00に公開!
是非、ご覧ください!
      ↓
https://www.youtube.com/watch?v=9m-uMEuzLZU


■『正理会ちゃんねる』
https://www.youtube.com/@harushouri1138/videos

3月30日土曜日(0:00)に公開!
https://www.youtube.com/watch?v=moY-fuxp08k


■『中杉 弘の徒然日記』は、月から金まで掲載しています。
好評連載中です!!
     ↓
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi



人気blogランキング、よろしくね!
  ↓↓↓


         コメントは、ここにお書きください↓↓↓

nakasugi_h at 00:00│Comments(8)clip!


この記事へのコメント

1. Posted by 大田   2024年04月23日 06:18
今日のご講義拝読しました。

人間の探求でバランスについてのご講義があったと思います。

微妙な加減の引力があるから私たちはこの地球で暮らしているのです。

考えてみれば銀河系の中でもそれぞれの星が何だかのエネルギーを出して、引力かもしれないし別のものかも知れないけれど微妙な力を出しているから、宇宙のバランスが成り立っているのではないでしょうか?

バランスを保っているそのバランスの中に何か意思みたいなものがあるのではないでしょうか?

命の根本は私にはまだわかりません。

博士 ありがとうございます。
さえ子先生 ありがとうございます。
2. Posted by トワ   2024年04月23日 10:48
講義をしていただき、いつもありがとうございます。

心があったから、世界ができてきたのです。物質のエネルギーと同時に、目に見えないもう一つのエネルギーがあるのです。物理学者はそれを探しているのです、それは、一体何でしょうか?


 心があったから世界が出来たことを理解し、目に見えない心のエネルギーが存在していて、何らかのエネルギーが物質へ作用をすることも有るのですから、理解しわかって行けるように努力してまいります。

3. Posted by M   2024年04月23日 14:57
>現代の量子力学では、宇宙の仕組みは95%がわかっていません。本当は何もわかっていません。人間は、ウイルス一つを創ることはできません

世の中は科学でも分からないことばかりです。
TVで見たことがありますが、お医者さんでも「何故、人間は両目が2つ、鼻が1つあるのかすら分からない」そうです。

あの茂木健一郎さんも「自分が分からないことをどう分からないのか、を説明するのが学問」と言っていました
4. Posted by ドバコくん   2024年04月23日 17:12
・「現代の量子力学では、宇宙の仕組みは95%がわかっていません」
・「目に見えない生命を創り出す法があったから、人間の心ができたのです」
・「心があったから、世界ができてきたのです。物質のエネルギーと同時に、目に見えないもう一つのエネルギーがあるのです」
・「「仏教は、何を求めたのか?」というと、心を求めたのです」

心をわかっていくことと、宇宙をわかっていくことはつながっているのだと思いました。
5. Posted by 国民   2024年04月23日 19:58
>現在では、光速を超えるものが発見されたのです。それが量子です。自然界に存在する素粒子は、96種類あります。素粒子も量子に含まれます。量子は、光速を超えることができる

初めて知りました。
6. Posted by 会員   2024年04月23日 20:03
送呈させて頂きました法華経と量子力学の智慧「乱世を生きる」を拝読中であります。

「(P109)常に輝いている人は、素粒子の世界に働きかけている人です。」

是非そうなりたいものであります。
7. Posted by 愛子   2024年04月23日 20:08
中杉博士、本日もご講義有難うございます。

>現在では、光速を超えるものが発見された
それが量子
自然界に存在する素粒子は、96種類
素粒子も量子に含まれます
量子は、光速を超えることができる

現代、ようやくここまで分かり、中杉博士のご著書「乱世を生きる/法華経と量子力学の智慧」によって、「法華経」と「量子力学」がどのような関係にあるか分かり、まだ人類が追い付けないだけで、ノーベル賞級の発見ではないでしょうか。

博士ご著書「日本人の使命」にあったと思いますが、まず人類に孔子が誕生し、「仁義礼智信」を説き、次にお釈迦様が現れ、「妙法蓮華経」を、日蓮大聖人様が現れ、「南無妙法蓮華経」が明らかにされ、そのたびごとに人類は進歩していくのだと思いました。
8. Posted by believer   2024年04月23日 23:00
5 御講義ありがとうございます。

「現代の量子力学では、宇宙の仕組みは95%がわかっていません。本当は何もわかっていません。人間は、ウイルス一つを創ることはできません。」

博士の教えに現代物理学が追いついていくことが正しい学問になっていくのだと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔