2007年04月

2007年04月30日

vs福岡ソフトバンク8回戦(スカイマーク)

cbbaacce.jpgBs1−3H

対ホークス3連敗、セラフィニは危なげながらもバックに助けられ何とかもっていたが、ボテボテのサードゴロをサード塩崎がお手玉、チェンジの場面が一転ピンチになり何とか耐えていたセラフィニは塩崎のエラーから切れてしまい味方のエラー絡みでこの回2点を失いこれが決勝点に。

打線も前夜に引き続き7番から下が打てる気がしないぐらい期待できない。主な代打要員もいない現状で出さなしゃあない状態だが、塩崎と後藤は完全にブレーキ。今日は田之上の調子は良かったとはいえ、辻を含めて若いカウント・ボール先行で手を出しすぎ。
下山も2試合連続無安打でブレーキ、北川は病み上がりと今の状態やと正直このままでは明日以降も厳しい。           

大西、水口、大引をポイントヒッターに打線を組み替える必要性がありますね。



nakatake_bs at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2007年04月29日

vs福岡ソフトバンク7回戦(スカイマーク)

1a532666.jpgBs5−6H

負け方としては最低。北川、ラロッカを外してポイントヒッターが不在ながら、久々のスタメンの水口が2安打2四球とチャンスメイクし打線はつながったが、下位打線が足を引っ張る。

岸田、高木、金子がこちらに流れを引き寄せるピッチングも打線が応えられず、北川が最後の場面で代打で出場も、リーディングヒッターのラロッカを出すことは最後までなかった。(北川がつながってたら森山の代打だっただろうが)

続きを読む

nakatake_bs at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

特等席

0ae87a35.jpgガンバのチアガールにローズ接近(笑)


nakatake_bs at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月28日

vs福岡ソフトバンク6回戦

850aaae1.jpgBs1−3H

同点の最終回、今夜が3試合連続登板の加藤大輔が松中に決勝2ランを打たれ、9連戦のアタマを落とす。

先頭打者を歩かし嫌な感じがしましたが、今日は球が上ずっておりあまり内容的にいい出来ではなかった。ただデイビーが8回途中までゲームをつくり、吉田修司が大村、本多を仕留めただけに、今夜は相手のガトームソンの調子が良すぎました。

明日から神戸に移して残り2試合、明日は4月29日、仰木さんの誕生日。恩師に白星を捧げるためにも負けれない試合になりますね。


nakatake_bs at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2007年04月27日

裏技

高卒2年目中日金本、ウエーバー公示へ
70人全て埋めた枠を空けるために、何とシーズン開幕1ヶ月も経たないうちにウエーバー公示。
他球団から獲得に名乗りがなければ育成選手として再契約することで話がまとまっているとのことですが、故障や体力作りで育成選手というなら事情が事情だけにまだ理解できますけど、チームの選手枠を空けるために自由契約というのはよう考えたなというか、育成選手制度をうまく利用してきたなと思います。

金本選手本人の心情を考えると何とも言えないですが、今回の件を機に若手選手の育成を改めて考える必要と現状のシステムを即急に見直す必要があるでしょう。
選手会は相変わらず試合をボイコットを盾に抗議していますが、即急に見直さない限りこのようなケースはこれからも起きてくるでしょうね。

 



nakatake_bs at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 野球全般 

2007年04月26日

始動

長らくリニューアル工事をしていた近鉄ライナーズのオフィシャルサイトがめでたくリニューアルが終わり、今シーズンのメンバーと6月9日までのチームスケジュールと春の練習試合(オープン戦)の日程がようやく公式アナウンスとなりました。

練習試合は5月12日から6月9日までの毎週土曜日の計5試合、ホーム花園ではトップリーグのリコーブラックラムズを迎えての定期戦が5月19日に第1グランドで、開幕初戦と6月9日の最終戦の2試合は第2グランドで行われます。

懸念された主力選手の大量流出は全くなく主要メンバーのほぼ全員が残留、既存戦力に加え新戦力組11人を補強しているだけに、戦力を底上げさえすればそれなりには戦えるはずなのですが、その成果はこれから始まる春のオープン戦、夏季キャンプでの出来次第です。

来るべき10月のトップウエスト開幕に向けてチームが始動しましたが、今年はある意味楽しみなシーズンになりそうです。





nakatake_bs at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 近鉄ライナーズ 

2007年04月25日

vs東北楽天4回戦

84e22fac.jpgBs7−3E

今年初の乱闘勃発!
8回裏、ラロッカの最終打席で松崎が死球。本日2つめの死球にラロッカが松崎に詰め寄り、両軍睨み合いになるも、引き離されてその場はおさまる。

だが、次の最終回にカーターが山崎武に報復ととれる死球で、山崎がカーターを挑発。ベンチからローズ、ラロッカが援軍に即参戦しカーターを援護、両軍乱れてのもみ合いが起きている最中にローズが山崎を暴行、その後乱闘は最高潮に達し、久々にヒートアップするシーンを堪能しました(笑)

この乱闘で山崎を殴ったローズが退場、乱闘劇でヒートアップしていたスタンドはローズ退場のアナウンスに爆笑が発生、中日仕込みの乱闘を演出した山崎に対しての喧嘩両成敗の適用はなりませんでした。

試合は伊丹出身の田中が関西初凱旋も、4回につかまり5回途中でノックアウト。対する42歳の吉井が19歳田中を打線が攻略したのと最初から5回までを意識したハイペースの組み立てで今季初勝利。

15安打の猛攻で借金完済まであと2つ、明日は川越でこのカード勝ち越しなるかですが、心配なのは打線の打ち疲れと相手の林が初対決だけに実質ノーデータというのが若干不安な部分はありますね。


nakatake_bs at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 観戦