2008年10月

2008年10月31日

古巣復帰交換トレード

e5db5a26.jpg村松と大村が交換トレード ともに古巣へ復帰(スポニチ)

何気にコーヒー飲みながら携帯公式サイト見ていたら、ホークスとトレード成立と出ていたので「誰やねん?」と開けてみると村松⇔大村という文字!

一瞬吹きそうになりましたが(笑)、誰もが想像しなかったFA移籍選手同士の古巣復帰交換トレード。
ホークスからしかけたようですが、大村はチーム事情で5番打たされたり複数年契約を拒否られたりと居場所がなくなりつつあっただけに、慣れ親しんだ古巣大阪でいつもの大村らしいプレーを期待しています。大村加入で外野の層は厚くなり若手の坂口、小瀬の起爆剤にも期待。

村松は正直シーズン終盤で小瀬に出場機会を奪われたかたちで、CSも結局は途中出場のみ。
天然芝でのプレーを求めてFA移籍も球団統合で神戸の試合が半減し近年は22試合開催だっただけに不運としか言いようがなかったですね。
5年ぶりの福岡復帰、ダイエーV2戦士がチーム再建の切り札なるか!?

個人的にこのトレードは両者のこれからのことを考えると良かったんじゃないかと・・。傍目から見れば美味しいでしょうけど(笑)、左翼or右翼坂口、中堅大村という守備範囲の広い外野シフトが組めるのは大きいです。

nakatake_bs at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ 

2008年10月29日

ドラフト前夜

毎年、当ブログではドラフト前日になると指名予想をしていたのですが今年は指名予想が全く読めないのでやりません(笑)

分離ドラフトから再び一体化となった今年のドラフト、注目選手が少なく不作ともいわれていますが、果たして結果は!?

バファローズのポイントとしては中継ぎ投手、あとは毎年言われている捕手と内野手かな?
新聞では大学や社会人の投手が上位指名に挙がっていますが、吉川やユウキを切っただけに即戦力投手の複数指名はほぼ間違いないでしょうね。


nakatake_bs at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ 

2008年10月27日

前半戦終了

トップリーグは日曜日に第6節残り4試合が行われ、前年度リーグ3位で今季はイマイチ調子が上がらないトヨタ自動車が今シーズン開幕5連敗の13位九州電力24−26で敗れるという波乱が起こり、中位グループが混沌とした状態で約1ヶ月の中断期間に入りました。
中断期間中は日本代表がアメリカ代表を迎えてのテストマッチが2試合行われ、近鉄ライナーズからはルーク・トンプソンがスコッド入りしております。

改めて順位表を見ると、東芝三洋電機が勝ち点1東芝が上回っているものの6連勝で上位2位をキープ。両チームの対戦は年明けの最終戦、それまでに両チームを止めるチームは現れるのかも来る後半戦の楽しみのひとつです。
3位には神戸製鋼がいて4位のサントリーから10位のトヨタまでは最大勝ち点10差の数珠繋ぎ。そのなかには近鉄が9位に入っているのですが、順位的は上位をうかがえる面白い位置についているだけに上位を叩くことができればひと波乱も起こすことができるだけに、チームとしての目標はまずはリーグ残留ですが後半戦は順位争いを演じているチームとの直接対決が連戦で組まれているだけに楽しみです。

正直2連勝からの3節ヤマハ戦から6節三洋戦までの4連戦はさすがに全部負ける覚悟はしていましたが、4試合で計4の勝ち点をボーナスポイントで加算できたのは今の順位で折り返しできたのはかなり効いていますね。さすがに試合内容を振りかえるときりはないですが(苦笑)、後半1発目は勝ち点で1上回っている8位サニックスとの直接対決。中断期間中にはワールドとの練習試合もありじっくりチームの課題修正を行って欲しいものです。

第6節終了時 順位表



nakatake_bs at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ラグビー | 近鉄ライナーズ

2008年10月25日

トップリーグ第6節 vs三洋電機(太田)

49260d40.jpg三洋電機44−8近鉄

前半15分過ぎまでは何とかもちこたえたが、開始直後は精彩を欠いていたトニー・ブラウンが復調、例のキックと固すぎる三洋ディフェンスに阻まれ、ターンオーバーからの素早く蹴り出すハイパウンドには正直お手上げ。

近鉄は最後まで攻めるラグビーを展開するも三洋の固い守りと鋭いマークでBKが後ろに追いやられ、挙句は日本代表のNO8龍コリニアシなどの地面に叩き潰されるほどの鋭いタックルで万事休す。

何とか後半1トライ返しノートライ負けは免れるも相変わらずラインアウトが安定せず、またもや致命的なミスが続出。

この試合でトップリーグは約1ヶ月の中断期間に入り全日程の約半数を消化。
今回群馬で得た収穫は相手の三洋がベストメンバーを敷いてきたことで、トップレベルと対戦したことでしょうか。
6試合目にして初めて勝ち点をあげずの敗戦だが、まあ昨日は胸を借りるという観点から考えて悲観的な内容ではなかったです。

さて次は長崎・・・今度はパスで(笑)


NEXTGAME
トップリーグ第7節
福岡サニックスブルース−
近鉄ライナーズ
11月30日 12:00 長崎・かきどまり陸上競技場


nakatake_bs at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 近鉄ライナーズ 

2008年10月23日

迷走 WBC監督問題

人選振り出しに…星野氏WBC監督「固辞」(スポニチ)

ぶっちゃけあの五輪の後ということもあり誰もなり手がないでしょうね。
前回王者なだけに五輪のような無様な敗戦の場合は監督に全部責任が来るだけに。

イチローの声を借りればこの迷走茶番劇をみると優勝を目指しているとは思えない。
個人的には今年の日本シリーズ優勝監督(現時点でナベQ、原、落合)か自分で監督を名乗り出しているバレンタインでええんちゃうか?と思います。
正直3位以内を目指すなら少なくとも松坂、イチロー、城島、井口、岩村、黒田、岡島の日本人メジャーの招聘は必要、それに対戦相手のメジャー勢の情報などを考えるとやはりバレンタインかな・・?

今ふっと思いついた首脳陣・・監督バレンタイン、作戦兼ヘッド野村克也、投手コーチ小宮山、バッテリーコーチ古田。

どやろか?


nakatake_bs at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々雑感 

2008年10月22日

村上監督誕生!

大阪球団の監督決定!

この一報を聞いた時は驚きましたねえ!
元々この独立リーグは来年始まったら見たいなとは考えていましたけど、改めてみてもパのカラーが濃いメンツですね!

監督     村上 隆行
投手コーチ 石毛 博史
打撃コーチ 西浦 克拓

主に使用する予定の本拠地はどうやらこの球場だそうですが、ここでプロの試合となると厳しいですね(苦笑) 南港中央ぐらいが丁度ええんちゃうかな?

とにかく来年どんなものか見てみたいと思います。
近鉄2軍以来の気軽に見に行ける野球が大阪に誕生です!



nakatake_bs at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 関西独立リーグ | 近鉄バファローズ

2008年10月21日

目指すは“日本版レイズ”

大石監督レイズを教科書に“常勝軍団”復活だ(スポニチ大阪)
球団統合4年目でAクラスとあり宮内もかなりご機嫌ですな。
今日から秋季練習が開始だそうですが、あんまり目立ったネタがないですね。




nakatake_bs at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ