2009年05月

2009年05月30日

中京最終

b3b964ae.jpgある意味金鯱賞より面白そう。


nakatake_bs at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年05月28日

今日の先発メンバー

【オリックス】
1 中 坂口
2 二 森山
3 左 大村
4 三 ラロッカ
5 右 古木
6 一 岡田
7 遊 大引
8 捕 鈴木
9 投 光原

一瞬ウエスタンリーグのオーダーかと思った(苦笑)

何か迫力がないな…。


nakatake_bs at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ 

2009年05月25日

訃報

「バファローズのピッチャー佐野に代わりまして赤堀が入ります。ピッチャー赤堀、背番号19」

「1番セカンド大石、背番号4」…

「1番センター坂口、背番号27、兵庫県出身、神戸国際大学付属高校」

いつも球場で聞けた独特のアナウンス。2軍戦のグランドの外ではきさくに世間話をファンとしていた姿が印象に残っています。

またひとつ近鉄の歴史が消えた…

御冥福をお祈りいたします…合掌。


nakatake_bs at 21:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 近鉄バファローズ 

2009年05月24日

開幕2ヶ月もたず

例の関西独立リーグの分配金未払い&運営会社撤退について。

その直前に大阪球団のサイトを見ると5万円で監督の采配権なるものを販売しますという告知があり、「相当経営がやばい」というのを暗に感じましたが、公に出たときは「やはり」という印象でした。

この未曾有の不況下でスポンサーが集まらず、リーグ全体が吉田投手におんぶに抱っこの状態で実力では最も高い平下らNPB経験者が各チーム1人在籍しているものの『一部』の野球ファンが反応しただけで世間までは取り込むことはできず、観客動員も300人を切った試合もあれば日曜日に500人割れもしばしば。

いわば運営会社がずさんといえばそれまでですが、全く試合告知もされていなかったらこういう方向に向かうのは誰もが感じていただけに旧運営会社のトップの経営センスを疑いたい。

アイランドリーグやBCリーグの地域に比べると関西はNPBが2球団、ラグビー、サッカーなどの多球技、アメフトをはじめとる学生スポーツとスポーツのコンテンツが充実しており、そこに入りこんで「興行」を行うのは並大抵ではなかったのがこの2ヶ月で出た結果である。

来年は三重球団が参入、第2の大阪球団も三重につづいて参入する方向でリーグ拡大するみたいですが、どこの球団も球団経営が緊迫しているだけに今の状態で手を広げると完全に破滅となるだけに、まずは今の球団で残りシーズン戦えるだけはしてほしいですね。

折角関西に独立リーグができたのに1年で潰れるのでは何のためにはじめたのかわからない。
リーグ存続の危機をまず脱却するためにも予定があえば球場に足を運ぶ考えです。


nakatake_bs at 21:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 関西独立リーグ 

2009年05月22日

−阪神1回戦

e5add068.jpgBuffaloes8−3Tigers
○金子(4-3)S加藤大(2-0-7S)●安藤(3-1)

阪神なんば線シリーズ第1ラウンド。
セリーグ在籍経験のある鈴木のインサイドワークと山崎の2本のタイムリーなどでノーデータで安藤を攻略。
日本一から没落をたどった時代の復刻ユニをはおった阪神は7回に3点差から元広島兄弟の片割れがソロ、なおも同点の無死1、3塁のチャンスで味方ファンから罵声を含む歓声で送られた代打の切り札・今岡を起用するも暗黒時代ユニを象徴するかのようなゲッツーでこちらは助けられ、その裏の突き放しにつながった(笑)

最後は大久保で締める予定も塁を全部埋めて加藤大を投入、最後は試合をしめくくるにふさわしいゲッツーで試合を締めた。


nakatake_bs at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

甲子園名物

40961b22.jpgただの騒ぎ屋。
略して痛い人。


nakatake_bs at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月21日

2009−2010 ジャパンラグビートップリーグ公式戦日程

トップリーグ日程表

昨日は近鉄の日程を情報を貰ったと同時に簡易的に載せましたが、今季のトップリーグの日程が出揃いました。
今年はリコーブラックラムズが2年ぶりにTL復帰、近鉄がトップウエスト参戦時代に死闘を演じたホンダヒートが初昇格しこの新たな2チームを入れて昨年同様計14チームでリーグ戦が行われます。

近鉄ライナーズの日程を見ると9月5日に博多の森でコカコーラウエストとビジターで開幕、その後準ホームの長居で九州電力を迎えてのナイター、3節目も豊田スタジアムでトヨタとビジターでのナイターと開幕序盤3試合は全てナイトゲームとなり、花園での開幕戦は第4節にサントリーを迎えて行われます。

今年の日程に関しては昨シーズンに比べると広範囲に試合が組まれていなく、昨年は辺鄙な長崎と正月Uターンラッシュの最終日に組まれた九州は開幕戦だけで土曜ナイターなので博多で夜を楽しんで泊まり翌日帰阪、昨年3試合あった関東も秩父宮1試合。初登場の豊田スタジアムは近鉄で名古屋まで行けるので近距離で試合終了後に最終の21時30分のアーバンライナーや22時台の最終のぞみなど選択肢はあるのでここも問題なし、唯一地方遠征となった金沢は距離的にも行きやすいので問題なしなのと3連休初日のため全く支障なし。

全体的に花園で7試合組まれ、花園以外の準ホームは長居と神戸(ビジター扱い)を含めてホームフランチャイズで13試合中9試合が行われるだけに、個人的にこの日程は移動面と日程面という総合的観点で有利だけに、昨年行った最寄駅が単線無人駅の応援席が陸上競技場のトラックという太田や花園に対してラグビーの聖地を身のほど知らずのように対抗し駅から遠くて設備がイマイチだった熊谷、トヨタの百姓じじいどもと乱闘寸前になった鳴門も今考えるとええ思い出ですね(笑)

でも、一番ええのはやはり花園(笑)

nakatake_bs at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラグビー | 近鉄ライナーズ