2010年06月

2010年06月30日

オリックス−東北楽天11回戦

2956e1ee.jpg今夜のポイント
・先発長谷川、5回1失点
・2番手鴨志田、2回無失点。

移籍後初登板の長谷川は中村紀にタイムリー打たれるもゲームをつくり5回1失点で内容を残した。
球数が少し多いかなと思いますが、この内容は次につながりますね。
鴨志田は若干荒れていたもののコースに球威のある球が集めれた。
平野につなぐ中継ぎで使えたら大きい。

打線では赤田がピッチャー返し2本とチーム内で最もラズナーに合っていたのと最終回のバルディリスがうまく川岸のスライダーを合わせれた。そして代走森山がうまく揺さぶってスチールを決めたのは代走として価値あり。


続きを読む

nakatake_bs at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2010年06月29日

オリックス−東北楽天10回戦

d10345ec.jpg初回の後藤の先制3ランのみのスミ3、木佐貫4安打完封。

金子、近藤、山本が不安定な状態がつづく先発ローテのなかで勝ち頭となる8勝目、カムバック的要素もありこの状態でいくとオールスターの監督推薦も有り得るかも?

バックの好守にも助けられたが、緩急ある投球で21時前に試合を終えれたのはよかった。
楽天は…久々に古巣の本拠地で山村登板!
年々少なくなってきた2001年優勝経験者、純粋に懐かしい(笑)





nakatake_bs at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2010年06月28日

秋のテストマッチ

秋のウィンドウマンス(プロリーグなどの公式戦を中断して各国の代表戦を行う期間)に行われる日本代表のテストマッチの日程が決まりました。

今回は先日のパシフィックネーションズで11年ぶりに勝利したサモア代表と実力では日本とそこそこの互角に近いロシア代表を迎えての2試合が行われます。

日程は以下の通り
10月30日 日本代表−サモア代表
11月6日 日本代表−ロシア代表

いずれも14時開始で会場は秩父宮。当然ながらサッカーのキリンカップのようにサモア−ロシアの海外チーム同士の裏カードは行われません。

個人的に、折角日本までお越しになられるサモア、ロシア両代表チームにさらなる実戦の場を提供し3国の関係強化、実戦底上げをするのがホスト国のつとめであり、海外チーム同士の国際試合をすることにより2019年のワールドカップPR活動になったのではないんかな?と思います。

全てをサッカーや他のスポーツを見習えとは思いませんが、日本ラグビー協会もう少し工夫と柔軟の姿勢を見せないと新しいファンどころか昔の頭の堅い体質そのままで終わってしまいます。


まあ予定が合い、近鉄勢が選出されるなら1試合は見たいかな?


nakatake_bs at 23:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ラグビー 

2010年06月27日

大阪ゴールドビリケーンズ元選手らの野球賭博について

先日から報道されている大阪GVの8選手が関与した野球賭博問題。

デイリースポーツが一面で報じ、20人いた選手のうち8選手がそれに関与しえらい衝撃が流れましたが、問題発覚後、球団独自の調査で8選手は解雇、残り12選手だけで当分の間公式戦にのぞむということになりました。

この問題について個人的にやってしまったことについては許せないものの、失ったものの代償は大きい。
大口スポンサーの契約打ち切り、この問題で最も恐れたのはチームそのものの存続危機。
大阪の所属しているJFBLは三重との2球団で構成され、その公式戦の大半をアイランドリーグとの交流戦でまかなわれています。

三重との公式戦については今夜の試合から7月9日の開催分まで5試合行われることは決まりましたが、アイランドリーグとの交流戦はアイランドリーグ側の態度が保留で現在白紙の段階。最悪は全く関与していない三重を巻き込ますかたちまでなりそうな恐れがありますが、個人的には真面目に野球に取り組んでいた残された選手に野球のチャンスを与えてほしい。

一部の不届き者のおかけでチームは危機的の状態になっています。12人しか選手がいない、この問題発覚で投手は2人まで減ってしまい野手も指名打者を入れると控えが1人しかいない状態です。

村上監督があそこまで悲壮な顔で記者会見にのぞんでいたのは長い間見てきたなかで初めてでした。たまに試合を見にいくひとりのファンが言うには生意気かもしれませんが、失ったものは金と信頼。しかし、応援しているファンがいる限り立ち直れるチャンスはあるでしょう。

解雇した8選手の代わりはすぐには見つけられないかもしれませんが、残されたメンバーで夢を掴んでほしい。そのためなら応援してくれる人らは絶対についてくる。



nakatake_bs at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日々雑感 | 独立リーグ全般

2010年06月23日

東京ヤクルト−巨人(神宮)

f6802287.jpg千葉のロッテ−オリックスが早々と中止(中止発表後見事に雨があがり晴れてたらしい)になったので、天気を心配しながら予備カードにしていた神宮のヤクルト−巨人か横須賀の湘南−ヤクルトのイースタンを天秤にかけた結果、高田監督辞任で揺れたものの最下位を脱出したヤクルトを見に7年ぶりに神宮へ。

東京を本拠地とした2球団の対決にしてはスタンドは寂しい限り…。
しかし、球場の雰囲気は関西では完全に消えた野球場の独特な感じと大都会のど真ん中でのんびり見れるのは本来の野球観戦の楽しさです。

試合は4−3でヤクルトが逆転勝ち。
青木がブレーキ、送りバントで送れないなど色々あったものの絶対的ストッパーがいるのは強み、阪神からFAで移籍した藤本は阪神を出て正解のような存在ぶりだった。




nakatake_bs at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 | 野球全般

2010年06月22日

トレード市場その2

その1、その1.5に引き続いての第3弾。

この1週間の間にヤクルト・楽天(鎌田⇔渡辺恒)、西武・ヤクルト(山岸⇔米野)の3球団内で2件のトレードが成立しました。

2件とも出場機会の限られた選手同士の交換ですが、中継ぎ投手を強化したい、左投手を補強したい、捕手を厚くしたいという各球団の思惑が一致した補強となっています。

昨年からトレード期限が7月末まで延び、これまでの緊急補強という色のトレードに加えて将来性や出場機会をにらむ戦力交換も今年になってから増えているような感じがします。

シーズン途中の移籍によって環境が変わりブレイク・再び花が開いたという例は、最近では久保(神)、オリでは赤田、荒金と渋いながらチームに貢献しているだけに、これもトレードがもたらした効果といえますね。



nakatake_bs at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 野球全般 

2010年06月20日

夏季強化試合日程その2

1a8d7490.gif近鉄ライナーズ夏季強化試合日程(近鉄公式未発表)

7月17日 トヨタ自動車−近鉄(17:00 トヨタG)※
7月30日 コカコーラウエスト−近鉄(14:00 網走TF)
8月4日 キヤノン−近鉄(14:00 モイワ)※
8月5日 クボタ−近鉄(15:00 北見)
8月14日 近鉄−NTTドコモ(K.O未定 花園)※2

※追加試合
※2 開催有無不明

北海道へ向かう前にトヨタと一戦交えるようです。
合宿に向けて実戦で得るものもあるだけに、実りのある内容を期待したい。




nakatake_bs at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 近鉄ライナーズ