2012年04月

2012年04月30日

関西独立リーグ 06ブルズ−神戸S(住之江)

0b68d020.jpgブルズ3−3神戸S

09年の初年度以来のカンドク、2年ぶりの住之江公園。
今季より関西独立リーグに参入した06ブルズを観戦、村上監督、石毛コーチをはじめ選手も大阪GVや昨年までの三重TAに所属した選手など独立リーグを渡り歩いている選手が中心で馴染みの深い名前が集まっていました。

プレーなどをみると内野手の打球処理や投内連携など実戦で積まないと向上しない部分は仕方ないにしろ、昨年までの三重球団を例として比較すると相手のミスを誘い得点に導く、たまに宝くじのように長打が出るという大味な部分はどのチームを見渡しても共通なような気がした。

試合は小雨が振るなか試合開始、試合成立を狙ってか両軍先発がテンポある投球で1時間で5回終了、2時間以内ペースのはずが、ここから両軍がグタグタに乱れ終わってみれば2時間半きっちしの9回終了規定引き分け試合。

運営面で試合開始とともにナイター照明をつけ、ブルズが初回1死とったと同時にスコアボードの表示が全部消え『ナイター照明優先でスコアボード代ケチったか』の疑惑が出そうになったものの恐らく操作をミスったのではという部分とプレー外の指名打者の選手がブルペン横で素振りしてて謎の担架で負傷退場、DH制を敷かず投手の代打でそのまま投手に入った神戸のリリーフ投手が1球1球投げるたびに被っている帽子を飛ばして投げ終えるごとに地面から土を払って被りなおすというテンポの悪さと1塁ベースカバーの際に落とした帽子が気になるのかベースカバーが一呼吸遅れて入ってしまうというカンドク独特のグタグタシーンが見られた。

久々の住之江のナイター、6月にはホームグラウンド花園でホームゲームをする06ブルズ、地元では村上が監督の球団という部分だけが話題になるだけであとはまったく知名度がない状態だけにまた予定があえば観戦したいものです。




nakatake_bs at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 関西独立リーグ 

2012年04月29日

ウエスタンリーグ 阪神−福岡ソフトバンク(甲子園)

ffca30ba.jpg京セラドームの『草野球のような試合』を捨ててまったり前夜に引き続き甲子園。
金曜日から行われているホークスとの3連戦最終日、阪神は昨年夏の甲子園を沸かした新人の歳内がプロとして甲子園のマウンドを初登板初先発、7番に投手を断念し野手転向した一二三がスタメンと甲子園開催を狙った起用がみられました。

ホークスは2軍調整がつづく左腕の神内、球威あるストレートで6回までノーヒット投球、7回に初安打を許し降板となったが、交代の際にふてぶてしい態度をみせかつてのM川投手を彷彿するかのような態度、かつて京セラドームのベンチを破壊寸前のお行儀の悪さは健在だった。

試合はホークス1点リードの9回表2死に鳴尾浜の大魔神と化した久保田が登板、大歓声のなか打者1人を仕留めるとその裏、ホークスの外国人投手のカストロから四球で出したランナーを居場所が完全にない林威助が同点タイムリーを放ち、勝ちに飢えている虎ファンを喜ばしなおも2死3塁まで攻め立てたが、最後は上体だけで投げ込み典型的な決め球の変化球がなくノーコン、クイックができないカストロが辛くもサヨナラを許さず規定により9回打ち切り。

育成選手を多く抱える両球団だけに馴染みの薄い名前が多かったが、このようなメンバーだこそ純粋な2軍戦らしくよかったと思います。
また今年度から阪神球団が試合前に従来の選手の握手会に加えサイン会や先着プレゼントなどのファンサービスを充実させ、2軍戦ならではのイベントが組まれ集客を呼びこめたのは阪神とはいえ評価できるしオリックスをはじめ他球団との2軍戦の比較などにもつながるのではと思う。

次回の甲子園は明後日1日からオリックス3連戦、3試合とも12時30分試合開始予定。



nakatake_bs at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2012年04月28日

ウエスタンリーグ 阪神−福岡ソフトバンク(甲子園)

b0913540.jpgT4−0H

京セラドームを7回で見切って17時開始ナイターで行われた連休初日夜の部。

阪神先発はルーキー時に巨人から白星を挙げたりとマスコミにまつりあげられた記憶のある秋山、ホークス打線の中核である2軍調整中の4番多村、5番田上とどう対戦するかが第3者視点のポイントでした。

試合はホークス先発川原の荒れながらの投球から阪神が相手のエラーがらみで2点先制、このあと両軍決め手なく早いテンポで試合が進み迎えた8回裏、阪神がまたしても相手のエラーがらみとそのランナーを還す駄目押しで、9回秋山がそのままホークス打線をしとめて2軍戦では珍しい完封、ホークスは育成選手を多数連れてきたが、打ちあぐねて凡打の山に終わった。

昨日から始まった今季の甲子園でのウエスタン戦。ネット裏でまったり野球が快適に楽しめるという意味では1軍戦キャンセルしていくメリットあり。

ネット裏以外は無人のナイターもなかなかのものでした。




nakatake_bs at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

オリックス−埼玉西武2回戦

0dfda3b2.jpg草野球かのような内容、スコアディングポジションにランナーを背負っている場面で後逸、ランナー1人生還、満塁から押し出しと次打者に放たれた打球がライト由田が横っ飛びで球をつみにいくも着地寸前で捕球をこぼして、満塁走者一掃のタイムリー、内野がアウトと勘違いして中継ポイントができておらず、慌てたカットマンの大引がライトからの中継のバックホームを悪送球というおまけもついた。

そして極め付けはヘルマンの投手ゴロの西から李へ送球した球がワンバウンドになり李とヘルマンが交錯気味になり両者塁上で睨み合い。
両軍ベンチからすぐに援軍が駆けつけ、1塁ベース付近で人だかり。

一昨年からいろいろと因縁がある両チーム、今季初のバトルは睨み合いと渡辺監督と季節外れのサンタクロースのいでたちの麻雀賭博が大好きな近鉄OB土井氏だけがエキサイトしあまりにもスカ気味、光山と山田の両軍主力は温存という結果に終わった。

試合はどうでもええ。



nakatake_bs at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2012年04月26日

フランス選抜来日シリーズ

日本代表、6月に仏国選抜と2試合

過去にフランス学生選抜が来日した記憶がありますが、6月に秩父宮で2試合。
エディージャパンにとってはフランス国内リーグ選抜クラスのメンツと対戦できるのは貴重。

第2戦は6月24日、予定変更して見に行こうかな(笑)



nakatake_bs at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラグビー 

2012年04月25日

春の招待試合その2&移籍関連

194383c4.jpg5/20 豊田自動織機−東海大(14時瑞穂)※名古屋市ラグビー祭
5/27 トヨタ自動車−豊田自動織機(14時瑞穂)※愛知県ラグビー祭
6/3 ホンダ−ヤマハ発動機(13時鈴鹿SG)※三重県ラグビー祭
6/9 立命大−近大(未定 皇子山)※滋賀県ラグビー祭
6/10 神戸製鋼−NTTドコモ(14時神戸ユニバー)※兵庫県ラグビー祭
6/10 トヨタ自動車−ホンダ(14時熊野市山崎運動公園)※熊野市ラグビーフェスティバル
6/10 マツダ−中国電力(14時CW広島)※広島ラグビー祭
6/17 近大−京産大(14時45分枚方市陸上競技場)※枚方ラグビーカーニバル
7/1 朝日大−京産大(未定 長良川)※岐阜県ラグビー祭

その1につづいて追加発表した日程のメインカードのみ掲載(ラグビーマガジン6月号から引用)


続きを読む

nakatake_bs at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラグビー 

2012年04月21日

オリックス−北海道日本ハム5回戦(神戸)

e6c6ae27.jpg近藤の序盤3回の立ち上がりで勝負あり。
相手を楽にさす点の取られ方と打線がうまく引っ掛かって5安打、李大浩の出会い頭の1発だけ。

岡田のストレスをあげるだけの効果で連敗、投手陣の乱調と打線の早打ち、タダ券ばらまき層だけが目立つ試合だった。



nakatake_bs at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦