2013年03月

2013年03月30日

2試合連続延長12回サヨナラ犠牲フライ負け

勝ちがなくなった延長12回裏、ボテボテの遊ゴロをショートが悪送球。正直抑えた投手はやってられないだろう。
そして、ロッテの代打に惑わされて代打の代打大松相手にゲームクラッシャー比嘉、案の定デッドボールで傷を致命傷までに広げて見事に負けを確実にして福浦で古川を投入して勝負決する。

昨日の敗けが全く同じの内容、ベンチの右左の拘りすぎ、勝負のヤマで致命的ミスとメンタルの弱さ。それらが一気に表れている負け方だった。

リリーフ投手の層の薄さが引き起こした2試合連続サヨナラ負け。森本、佐藤達の収穫もあったが、やはり相手と対等に投げられる人材が必要。小松ぐらいしか適任者がいないが、ストライクもよう放れない投手よりかはましだろう。



nakatake_bs at 19:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ 

2013年03月29日

開幕戦雑感

ビジターで同点、延長に突入すると投手は球威のあるクラスを優先して起用するが、平野佳−佐藤達とつないで12回表2死から掴み取った勝ち越し点。

ロッテはベンチ入り投手を全て使いきり経験の少ない投手、5投手残していたオリとしてはここで一気に突き放したかったが1点のみ。

結果としてはゲームクラッシャー癖のある制球の悪い比嘉が先頭打者が打たれて最低の立ち上がり、結果左打者まで引っ張り1死1、2塁から吉野を投入して一塁内野安打で満塁、四球で押し出し同点、勝ちがなくなりサヨナラのピンチで中山をつぎこんで角中にセンター犠牲フライで勝負あり。

リリーフ投手の駒不足が決定的な敗因だが球威とまだ安定感優先ならアタマから中山だろうというのと、吉野はアウトコース一辺倒で全て球が外れており明らかに肩が完全に出来上がっていない状態だったように思える。

勿体ない試合の落とし方、延長12回でベンチが慌てふためいて動きすぎたのも敗因。やはりあの場面は同じ結果になっていてでも中山が投げるべき場面だった。



nakatake_bs at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ 

2013年03月28日

ブログ不定期更新移行のお知らせ

3月末をもちまして当ブログを不定期更新に移行することに決めました。

当ブログは遡れば2005年2月開設で今年の2月でまる9年目を迎えました。ようここまで続けれたなというのが一番に感じることですが、ここ数年はマンネリ化が否めないのも事実ですし昨年から更新終了を含めて熟考を重ねた結果、一部カテゴリーのみの更新を残し不定期化ということに決めました。

ラグビーシーズンが終わり、プロ野球の開幕が今週末に控えていますが、時期的にも今が適していると考え今回の決定に至りました。

長年続けてこれたのも読んでいただけた方々がおられたのもひとつの励みでした。本当に長年のご愛読とご支援に感謝が尽きません。ありがとうございました。

改めまして来月以降もお付き合いのほど宜しくお願いします。



nakatake_bs at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々雑感 

2013年03月24日

オープン戦 オリックス−阪神

2cf977ca.jpgBs9−1T



nakatake_bs at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2013年03月23日

オープン戦 阪神−オリックス

45c8675d.jpg開幕2試合目先発有力の東野がマートンに1発食らうが3回3被安打1失点、若干球が高い傾向ながら内容的にも合格点、金子、岸田を欠いている現状では移籍初年度ながら牽引役が求められる。

試合は4回にエラーで出塁しすかさず盗塁を決めた糸井を2塁に置き、2死から竹原がレフトへタイムリーを放ち同点、立ち上がりから打ちあぐねていた岩田をようやく捕えたと思いきや試合通して放った安打はこの1安打だけ。
直後の4回裏、この回から登板の鴨志田が四球でランナーを出し2死までこぎつけコンラッドを追いこんだがアウトローのストレートをライトへ持っていかれ万事休す。

5回以降は古川−平井−松本−森本が各1イニングずつ投げ新たな失点を出さず外国人打者の2発と先発岩田の出来に牛耳られ明日のサンスポあたりが喜びそうなネタを提供したかたちになったが、崩れた試合内容ではなく緊迫した試合運びだったが、いかん捕えきれなかったという内容か。

オープン戦阪神3連戦2試合目は阪神主催試合で京セラドームながらビジター1塁側扱いで行われ、いよいよ明日は公式戦開幕前最後のオープン戦。

1勝1敗で迎えた3連戦最終日、明日は勝敗を意識した試合運び、開幕戦に弾みをつける意味でも勝って千葉へ向かいたい。



nakatake_bs at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2013年03月22日

関西セブンズ

2016年のリオ大会から五輪種目になっている7人制ラグビー、今月末には東京セブンズが行われますが、関西でも4月6日から2日間にかけて関西セブンズ2013が大阪体育大学ラグビーグランド、鶴見緑地球技場(6日のみ)で行われます。

参加チームは以下の通り
●トップウエストA
2012年度所属5チーム
●関西大学Aリーグ
2012年度所属8チーム
●関西トップクラブリーグ
2012年度上位3チーム

全16チームが4チームずつの予選プール戦を行い、各プール上位2チームが7日に行われる決勝トーナメントに進出。トーナメント優勝と敗者トーナメントの2部門で覇者を決めます。

トーナメント優勝チームは5月26日に秩父宮で開催予定のセブンズフェスティバル2013の関西代表としての出場、いわばこの代表をかけた関西地区予選という位置付けの大会という見方もできます。
このような関西リーグのトップチームが参加する大規模な7人制の大会はエキシビション試合を除くと初めて。僅かに一度だけ関西ラグビーまつりで関西大学セブンズが行われたことがありましたが、今回が事実上の初めての試みということでしょうか。

現時点の大会予想としてはやはり7人制経験者がいる織機、ホンダの社会人有利か?



nakatake_bs at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラグビー 

2013年03月21日

関西ラグビーまつり

春ラグビー恒例の関西ラグビーまつりは4月28日に近鉄花園ラグビー場で行われることが判明しました。

7回目を迎えるイベントですが、開催初期にはトップリーグの非公式戦があり、ポカポカした陽気のなかシーズンにむけたものが見れましたが、それも第4回の近鉄を最後に消滅。

ここ数年は早明慶と関西勢の東西対抗戦がつづきましたが、今回のメインカードは14時より関学大−慶大の東西大学対抗戦、先立っての第1試合は関西学生選抜−東海学生選抜が行われます。

ここ数年見ている印象として、こどもや高校OB戦、クラブといった試合は充実しておりラグビーをやる側からみれば花園で試合ができるという環境とラグビーを楽しむ一日になるが、見る側としては公式戦同様の入場料で試合はメインカード1試合だけ(前座でグランドごとに高校や大学の試合はあるが…)
やはり時期的な問題と運営面の問題もあるにしろ、毎日新聞や東大阪市が主催、後援に携わるならばやはり見るという部分の強化が必要では?という部分とやはりメインカードのみは寂しい。先日の和歌山のオールスターのように前座で高校の試合、準メインの大学の試合、メインカードというプロレスの対戦カードのように盛り上げさせるのもひとつの趣向。時期をずらすなり試合時間を減らすなどしながらトップチーム参加でまつりを盛り上げるのは必要かと。

一部のコアな近鉄ファン待望の近鉄−大阪府警の伝統の一戦を是非ともこのまつりで見たいものです(笑)



nakatake_bs at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラグビー | 日々雑感