2014年03月

2014年03月30日

第86回選抜高校野球大会2回戦

4b82db83.jpg▽第9日(2回戦再試合)
広島新庄0ー4桐生第一

広島新庄山岡、桐生第一山田の両軍エースが15回完投の末引き分けとなり翌日再試合となったこの対戦。

決着戦となった再試合も昨日に続いて両投手が連投で先発、初回に桐生第一が山岡の立ち上がりを攻略しタイムリーで先制するとリードを許した広島新庄も山田を捕らえにかかるも3回に1死1、3塁のチャンスがあったが好機は生かせず、中盤は昨日につづいて両軍エースの投げ合いとなった。

試合は桐生第一が7回に連打と相手の失策絡みで山岡を畳みかけ一挙3得点で突き放すとこのリードを山田が広島新庄打線を3安打で封じ込め2日またぎの熱戦にピリオド、24イニングを投げ切った。
敗れた山田も不運な失点もあったがこちらも24イニング完投。

雨天での中止順延のからみもあり本来休息日だった今日に天候を考慮し15時から行われた再試合、明日は準々決勝が行われ本来なら2日に分けて行う予定も中止順延と再試合分で日程が遅れており、1日4試合で一気に消化し明後日に準決勝、明々後日の4月2日に決勝とノンストップの過密スケジュール。
選手の体調を考慮して導入されている休息日も日程消化のため今大会は設けられず、準々決勝出場の8チームのうち桐生第一を除く7チームは試合日を空けて余裕のあるスケジュールで準々決勝を迎えるが、桐生第一のみは休息日なしで明日も試合。幸い明日は第4試合で組まれているものの既に延長15回を含む2日またぎをしているだけに文字通りの満身創痍、エースの肩の心配と選手の体調面を考えると強行日程を敷いた高野連の旧態依然とした大会運営に疑問を感じてならない。
天候の絡みと阪神球団の公式戦開幕までに明け渡しなどの作業で日程消化が厳しいのもあるが、近年導入された希望枠だの21世紀枠だのレベル相応ではない選抜枠を入れたのも日程間延びの影響もある。
個人的にはトーナメント戦だけに準決勝以前は15回再試合の規定よりも15回終了時でサスペンデッド、翌日16回から再開でええのではと思う。


nakatake_bs at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 野球全般 

2014年03月28日

2年連続開幕戦サヨナラ負け

8回にしょうむないパスボールで逆転されるも9回2死から同点、延長10回にペーニャの移籍後初本塁打で勝ち越すもその裏イニングまたぎの平野佳が試合をしめれなかったのが全て。

勝ちきれなかった流れは最後にしっぺ返しのようにやってきて昨季の千葉での開幕戦を再現するかのようにサヨナラ負け。
ランナー3塁でパスボールと牽制捕球ミスという初歩的な失策が勝負時に致命的なミスが重なったのが敗因、これでは勝ちきれない。

無様な負けを導いた当該選手はなぜ負けたかの猛省と挽回を期待したい。


nakatake_bs at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ 

2014年03月27日

プロ野球順位予想

いよいよら明日、セパ同時開幕で公式戦がスタート!
リーグ優勝を目指し144試合の戦いが始まります。

当ブログのリーグ別順位予想は以下の通り。
パリーグ
1福岡ソフトバンク
2埼玉西武
3千葉ロッテ
4オリックス
5東北楽天
6北海道日本ハム

かなり贔屓と希望的期待を含めてオリは4位。昨季の防御率1位の投手陣。先発、リリーフともに盤石に機能できればと頼みの打線次第。退団した李とバルディリスの穴は大きく得点力はダウンしたがいかに最少失点で逃げ切れるか。数少ないチャンスで主導権を取りリリーフ継投で逃げ切るのが今季のテーマかと思う。

セリーグ
1巨人
2広島
3横浜DeNA
4中日
5阪神
6東京ヤクルト


nakatake_bs at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ | 野球全般

2014年03月23日

オープン戦 オリックスー阪神

7409c160.jpgBs3ー1T


nakatake_bs at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2014年03月22日

オープン戦 阪神ーオリックス

239d83a2.jpgT3ー7Bs


nakatake_bs at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2014年03月21日

オープン戦 オリックスー阪神

2c688e55.jpgBs2ー4T


nakatake_bs at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 観戦 

2014年03月17日

地方巡業

BCリーグの公式戦日程が発表。
6球団を前後期各36試合の計72試合でシーズンが行われ、昨季まで非公式戦で行われていたNPB2軍との試合が今季はBCリーグ側は公式戦として行われることが決定、4月から6月までの前期シーズンで各球団2試合ずつの計12試合が組まれ、NPBからは巨人、広島が各2試合、そしてオリックスがなんと8試合!行われます。

BCリーグ対オリックス戦日程
5月9日 新潟(18時新潟・三条)
5月10日 新潟(13時新潟・三条)
5月11日 富山(13時富山・桃山)
5月27日 信濃(18時長野オリンピックスタジアム)
5月28日 信濃(18時松本)
6月13日 富山(18時30分富山・となみ)
6月14日 石川(18時15分金沢市民)
6月15日 福井(13時敦賀)

球場を見ると1軍公式戦でお馴染みの場所からローカル球場までよりどりですが、BCリーグ出身選手が多数在籍しているのがバファローズ、福井球団出身では前田、森本、西川の3名に昨季はオリ側から育成選手を派遣しその関連の業務提携を締結、信濃には育成の原大と新人の柴田に今季より2軍監督を務める岡本氏が昨季まで指揮していたのも信濃とこの2球団とは関係が太く、また今季か信濃の指揮は元近鉄でメジャーで活躍した大塚晶文氏が監督に就任、コーチ兼任には元青波の竜太郎が在籍しており何かしらの縁がありそう。
他にも昨季在籍していたハモンドがオリ入団前に在籍していた石川に再復帰しており、試合で対戦する機会もあるかも。

その辺を考えると両者のパイプが太いのも頷けられるが、若い選手の刺激要素としてハングリー精神でNPBに挑んでくる独立リーグと交えるのはお互いプラスになるかと思う。


nakatake_bs at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックスバファローズ | 独立リーグ全般