2014年02月10日

一連の報道について

近鉄花園ラグビー場の売却報道について現時点では近鉄、東大阪市ともに公式なアナウンスがないだけに何ともいえません。
ただ現状のラグビー場の施設面を考えるとこれから恒久的に花園にラグビー場を維持すると考えると近鉄だけでは支え切れるのかというと行政など地域の協力も不可欠。

ライナーズの選手をはじめラグビー関係者にも寝耳の水状態で全く突発的に発生した今回の報道ですが、個人的にはきな臭いものも感じるがガセくさいものも感じる。
ただ近鉄は2004年に同じスポーツ事業だったバファローズをオリックスに譲渡し藤井寺球場を閉鎖し土地を売却した前例とその同じ時期に花園ラグビー場存続問題と当時成績が下降線だったライナーズの処遇も一時期囁かれただけにその話が蒸し返されずにこのまま闇に戻ってもらいたい。


nakatake_bs at 23:46│Comments(0)TrackBack(0) 日々雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔