nakatanラーメン日記

都内を中心としたラーメン食べ歩き日記だぉ(^O^)v

竹屋@中野

\◎o◎/ !!
おょよょよょん
『竹屋』が中野にオープンですか~
本店や系列店には何度も行ったことある好きなお店なのでうれすぴぃ~

d1c1c393.jpg

壁|≡ヾ(*゜▽゜)ノ にゃん♪
突入でっす

65287843.jpg

(/.^)/
店内はカウンター9席と 2人テーブルが2つで 券売機制
入口は段差がありますにぃ~??
到着時外待ち3人で 少し待って入店でした~

95d1b6ba.jpg

(´∀`)ゞ
数年振りの『竹屋』系ですが 以前は【つけ麺】をよく食べていたんですよにぃ~
今回もやっぱり【つけ麺】かにゃ~

e08e9151.jpg

∵∴( ̄ー+ ̄)∴∵
と思いましたが 確か辛いのは食べたことなかった気がするので 辛いのにしました~{笑}

54d8a316.jpg

【つけ麺】
並盛380g(茹で上がり610g)
大盛475g(茹で上がり760g)
特盛570g(茹で上がり915g)
特大盛665g(茹で上がり1055g)

【らあめん】
並盛285g(茹で上がり430g)
大盛380g(茹で上がり570g)
特盛475g(茹で上がり715g)

50円引きで極小盛
つけ麺は特大盛よりさらに多くもできる
太麺と普通の麺が選べる
味の濃さや油加減や麺の硬さの調節や 苦手な具(メンマ・ネギ等)は他の具と交換も可能


6f155655.jpg

【つけ麺】並盛の普通の麺
一番辛い「6辛」で{笑}
いかにも辛そうな見た目ですにぃ~

286e215b.jpg

水で締められた麺は歯ごたえがあり 食べていて心地よさがあります

dc13c77d.jpg

唐辛子系の刺激的な辛さで 一般的には激辛な部類に入りそうですが
辛いだけでなく 魚粉的な鮮烈な魚介風味もあり バランスのよい旨辛テイストになっています
さらっとしたタイプのつけ汁ですが麺ともピッタリ合っていておいすぴぃ~でっす

d31e1859.jpg

チャーシューは薄切りタイプで お口の中でとろける感じ
チャーシュー増しにしたいかも~
卓上には「濃くする」と書いてあるタレ・ラー油・お酢・こしょう・おろしにんにく・唐辛子・割りスープがあり 最後にスープ割りしようかと思いましたが…
割りスープが近くになかったのでやめて そのまま飲んじゃいました~{笑}
そのままでもおいすぴぃく飲めまっす
ご飯入れてもおいすぴぃそ~だぉ


ヽ(´∇`)ノ
いやぁ~ 『竹屋』うれすぴぃ~にゃん
また行こう

【14話】内臓戦隊 内臓ピンク

‐登場人物‐
主人公「」
社長『』

‐あらすじ‐
内臓戦隊 内臓ピンクをやることになった?主人公(38歳 男性 彼女無し独身)
敵殲滅作戦開始らしい…




608c6d10.jpg

『くそぅ…ココもやられてるぞ!』

「・・・」

『やつらめ…ゆ、許せん…』

「・・・」

『行くぞ!』

「行くんすか?(行きたくない…)

『ああ!』

「どこに行くんすか?(帰りたい…)

『敵の所に決まってるだろ!』

「どこにいるんすか?(めんどくさい…)

『世田谷区だ!』

「世田谷区?」

『ああ!そうだ!すでにやつらによって占拠されたエリアがあると言ったろ!それが世田谷区の一部なんだよ!』

「そ、そうなんすか?」

『事態は深刻だ…やつら、そこを拠点に全国展開を狙っているらしい…』

「ぜ、全国展開?なんか言い方変じゃないっすか?」

『戦車も奪われた、手打ちうどどん作戦は準備不足…今の我々にはやつらにまともに対抗できる武器はない…しかし…しかし!しかしだ!我々は内臓戦隊なのだ!行かなくてはならぬ!』

あの~ 今日は用事があって帰りたいな~ なんて…

『覚えているか?』

「えっ?」

『決めゼリフだよ~』

「えっ?」

『内臓戦隊の決めゼリフだよ~』

「えっ…確か…俺の尻?俺のケツ?ケツが…なんでしたっけ?」

『ピンクくん!君は内臓戦隊内臓ピンクとしての自覚はあるのかね!「俺のケツ肉 苦しゅうない」でしょうがあああ!』

「あっ、そうでしたね…(思い出したくなかったよ…)

『早く!』

「えっ?」

『早く!』

「えっ?」

『練習だよ~!早く言って!』

「えっ…い、言うんすか!(言わせるなよ…)

『俺のケツ肉苦しゅうない!さあ早く!』

お、俺のケツ肉苦しゅうない…

『もっと大きな声で!』

「いやっ、ちょっ、無理ですって!」

『何を言ってるんだ!練習もせずに本番上手くいくと思っているのか!』

「いやっ、そ、そうじゃなくて…」

『自分なりにポーズを決めて大きな声で言うんだ!俺のケツ肉苦しゅうない!』

「ちょっ!」

c8f812d5.jpg

「や、やめっ!ここ駅前ですからっ!」

『ハァ…ハァ…』

「落ち着いてくださいよ~!不審な目で見られてますって!」

『ハァ…ハァ…』

「そ、それに今ここで俺のケツ肉苦しゅうないなんて大きな声で言ったら、内臓戦隊だって正体がバレちゃうかもしれませんよっ」

『た、確かに…』

「と、ところで、なぜ板橋本町に集合なんすか?世田谷区と関係ないっすよね?」

『う、うむ…』

「何かいい作戦でも?」

『い、いや…私が間違えただけだ…場所を…単純に…』

「は、はい?」

『私が間違えただけだ…』

「えっと…つまり…本当は世田谷区に行くのに、間違えて板橋本町に集合って言っちゃったんすか?」

『ああ…そうだよ…』

「どんな間違いなんすか~」

『し、しつっこいな~!き!君は人のミスをせ、責めるのかね!なんだなんだなななんなんだよ~!』

「えっ?」

『もももももういい~!ピンクくんなんて嫌いだ~!帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ~!』

「きっ!キレてる~!」

『ハァ…ハァ…ハァ…』

(しかし帰るチャンス!)社長!申し訳ございませんでした!帰ります!」

『ハァ…ちょっ!ピッ!ピッ!ピッ!』

『・・・』

『行ってしまった…』













339f94f0.jpg

「昨日寝たの遅かったから眠かったんだよね~」

「最初から今日は早く帰ってやろうと決めてたけど、うまく帰るタイミングがあってよかった」

「それにしてもどうやったら世田谷区と板橋本町を間違えられんだよ」

「バスも座れてよかったし」

「・・・」

「社長、これから一人で世田谷区に行くのかな?」

「行かないだろうな~」














0634d24e.jpg

『旅はいいものだな…』

『私の心を癒してくれる』

『列車に揺られ』

『車窓』

『向こうに見える大きな山は、なんて山だろう』

『山田かもしれん』

『ふふふ』

『そんなわけないか』

『ふふふ』

『都会ではなかなか見ることのできない広い空』

『ああ、ちっぽけなミスを気にしているようじゃ、私もまだまだだな…』

『・・・』

『いや、いいだろ…』

『世田谷区と板橋本町を間違えたくらい』

『くそっ』

『腹が立ってきた』

『あのピンクやろう』

『・・・』

『いかんいかん』

『怒ってもしょうがない。ミスをして落ち込んで勢いで勝手に旅に出てしまった私の問題だ…』

『腹が立ったら今度は腹が減ってきた』

『気分はカップ焼きそば』

『しかし電車の中にカップ焼きそばはない』

『そういえば、昔はカップ焼きそばの湯切りの時に麺まで全部捨ててしまうというミスがあったが、最近のカップ焼きそばは進化してるな、麺がこぼれないようになっている』

『しかし…』

『お湯を注ぐ前にソースを入れてしまうというミスは未だにあるわけだが…』

『かやく入れ忘れとか』

『湯切りした後に具材がフタにベターっとついていたりな…』

『・・・』

『カップ焼きそばにチョイ足しレシピなんてのを見たが、私としてはそれより、お湯を注ぐ前にソースを入れてしまった時の対処レシピを教えて欲しいものである』

『自宅であればソースやら他に調味料があるだろうが、それらが無い状況では、やはりスープありソースラーメン風にして食べるしかないのか?』

『だとしたら、お湯の量はどのくらい入れたらいいのだ?』

『規定の分量のお湯を入れたら味が薄かろう?』

『あ~、しまった!お湯を注ぐ前にソースを入れちゃったよ!と気づいて、ソースラーメン風にすることを決意した時に』

『どのくらいのお湯を注ぐべきなのか…』

『そして、どのくらいの情熱を注ぐべきなのか…』

『ふっ』

『実は私はそんな時のために醤油を持ち歩いている』

2c9e56a2.jpg

『あ~ しまった!お湯を注ぐ前にソースを入れちゃったよ!しかし醤油がある!ソースラーメン風ウィズ醤油!』

『食べたいのはソース味であって醤油味ではない。だから醤油焼きそばにするのは却下。ソースラーメン風だと味が薄い。そこに醤油を入れれば塩分が多少ではあるが強まる。それにラーメンといったら醤油でしょ~。ベースがソース味でありながら、醤油を入れることによってラーメンの要素も加わる。いわゆる』

『一石二鳥ってやつだ』

『・・・』

『おいすぴぃ~かはともかくなのだが…』

4ee77654.jpg

『あっ…』

『・・・』

『そもそもソースを持ち歩けばいいのか』

『・・・』

『ソーっスよね…あは…』

『それに気づいただけでもこの旅は有意義なものである!さすが私だな!日々成長している!』

『そして、仕事ができる男だ!』

『・・・』

『だったらいい加減カップ焼きそばくらいちゃんと作れるようにならないとな…』

『何十回失敗してるんだ?今までに…』

『いや、失敗を恐れないその姿勢こそ評価すべきだ!』

『失敗は成功の…』

『あれ…?失敗は成功の…何だっけ?』

『友?』

『失敗は成功の友?』

『ん~』

『よく分からん!』

『失敗よりさ…』

『おっぱいのがいいよな…』

『しかもいっぱい!』

5adefbe5.jpg

『焼きそばもいいが、高崎といったらパスタが市民のソウルフードらしい』

『私もたまには食べるよ、パスタ』

『食べるなーら』

『カルボナーラ』

『ふふふ』

『ボロボロのボロネーゼ…』

『そりゃねーぜ』

『ふふふ』

『ペペロンチーノのお皿も』

『ペロペロ~』

『ふふふ』

『私の得意なパスタは…』

『電子レンジで麺を茹でられるやつがあるんだよ』

『麺と水と塩を容器に入れて、レンジで、本来の茹で時間プラス5分』

『コチン』

『いや、コはいらないな、チンだよチン』

『湯切りしたら、後はお好みのソースと和えたりするわけだ…』

『それで、私の得意なパスタは何かって?』

『ナポリタン』

『ではなく』

『湯切りする時に麺全部』

『こぼしたん』

『ふふふ』

『食べられなかった』

78832d43.jpg

『いかんいかん、日常を忘れる旅なのだ!』

『こぼしたんのことも、ピンクやろうのことも、明日の仕事のことも忘れてしまおう!』

『明日の仕事はサボリだ!』

『仕事サボって、ナポリタン食べるぞー!』

『あっ…』

『仕事サボってナポリタン』

『略して』

『サボリタン』

『ふふふ』

『サボリタン』

『ふふふ』

『サボリタンで』

『こぼしたん』

『ふふふ』

『なんだか気持ちが明るくなってきたぞ』

『心にあかりを灯したん』

『ふふふ』

『あかりをつけましょボンゴレに~♪』

『ふふふ』

『しかし気分はやっぱりカップ焼きそばなんだよな~』

『群馬だからペだよな~』

eafa0586.jpg

‐続く‐

謎ラー






image

image






81ff190f.jpg






image






image






image

image

image

image

image






c88b93e7.jpg






dad8a357.jpg

c42fd914.jpg






image





14dfed67.jpg






4e6af0e8.jpg

d9a1b66b.jpg






d9dbf73e.jpg

1ef2d69d.jpg






9f38bbf7.jpg

4d5c55d8.jpg






image

image

image

image






image






image






image

image






image






image

image

image






image






b9719d5e.jpg

3638b3a2.jpg






image





image






image






84747413.jpg






b68b2b5b.jpg

db30d8b3.jpg






ad3adf5f.jpg

5e167e1f.jpg






aa734ad0.jpg

b32c87e9.jpg






image

image

どうげんぼうず@新中野

\~_\
半月振りの外ラーだぉ

f494a936.jpg

(/.^)/
新中野の『どうげんぼうず』に突入でっす

3be9fdd8.jpg

4c3c2d14.jpg

be297a82.jpg

\^o^ゝ
ランチパスポートメニュー【辛さば】を「ぶち辛」で発注でっす
紙エプロンを出してくれるのがうれすぴぃ~にゃん

image

鶏ガラ・サバ節・ドライトマト・香味野菜の塩ベース清湯スープに韓国産と日本産の唐辛子をブレンドした辛味油なんですか~

image

じわじわホットな辛味という感じで 食べやすい辛さですにぃ~
麺はボコボコとした縮れで モチモチ食感

image

image

なかなか大きなチャーシューがまたおいすぴぃ~でっす

image


春日亭【カップ麺】

image
(/.^)/
『油そば専門店 春日亭』の【鳥豚油そば】のカップ麺でっす
image
鳥豚油的な風味がしましたが 油そばなので すぐさまいろいろとアレンジ
もはや元の味は不明なカップ油そばになったった{笑}
image
昔ありましたが 油そばをカップ麺で出すなら生麺タイプにしてほしいにゃ~
しかも 過去にはなかった大盛・特盛タイプで
以前の記事
記事検索
コメンチョ
チョラックバック
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ