ログ「emie」の気ままな日記

趣味のフライフィッシングと手作り木工の日記です。たまに旅行かな。

7月21日の金曜日、三回目となる南アルプスの渓へ
友人と出かけて来ました。
何時もの夜中一時出発、山梨の友人宅経由で現地6時過ぎ
毎年、この時期が一番イワナの活性が良くなるとき・・・。
さてさてどうなりましたでしょうか。
DSC07492
朝は空気が澄んでいて気温も18度と長袖で丁度良い感じ。
DSC07500
梅雨明けして天気は申し分なし。
DSC07498
早朝はまだ活性は上がらず、ドライに出ても食いが浅い。
DSC07502
前回は、この少し上流まで、本番はこれからですね。
ここまでは数本、型は7寸~8寸。
DSC07504
綺麗なイワナですね。8寸弱ですね。
DSC07505
歩いていて本当に気持ち良い。汗もかかず快適、快適。
DSC07506
時間の経過とともにイワナの活性が上がり始め、ここでライズ発見。
ここで3本追加。
DSC07508
お腹はどれもパンパンでしたね。
友人も絶好調、早くも尺岩魚を追加。いいなー。
DSC07509
日差しがまぶしいなー。
DSC07512
段々、イワナの型が良くなって来ました。
DSC07514
不老の滝
DSC07518
DSC07520
DSC07522
スリット堰堤でお昼にします。
もうすでに友人は満足モード。
DSC07523
お昼から、活性がもっと良くなり、伏流水の浅い流れから。
DSC07528
このサイズが連続でポンポン出てきます。恐るべし。
何んといっても水深15cm位のところに定位してます。
DSC07533
DSC07534
もう、9寸ぐらいがアベレージとなり、ニヤニヤ。いいねー。
DSC07541
やはり、毎年、海の日前後が一番いい時期なのでしょうね。
来月に入り、お盆までが最盛期でしょうか。
中々、大釣りは出来ない中で、ここは特別の川ですね。

何時も何時もご一緒する友人に感謝。

まだまだ通いますよー。








先日、納品が完了しましたので。
今回は小さなテーブル、幅60cm、奥行30cm、高さ75cm
すべて折りたためてコンパクトに収納できるように。
設置時には幅50cmのダストボックスが入るようにとの事。
DSC07390
まずは足の加工から。板構造では重くなるので、ほぞを切り組み込みに。
DSC07391
こんな感じで両足と背板になります。長丁番で両足が内側にたためる仕掛け。
DSC07455
これは逆さまですが天板の丁番を取り付け、具合を見てます。
DSC07454
一旦、金具をすべてはずして、塗装に入ります。
ウレタン塗装(クリアー)を三回ほど磨きながら塗ります。
DSC07458
乾燥後、再び組み合わせ完成となりました。
DSC07459
折りたたむとこんな感じです、厚さ6センチほどになります。
このテーブルは作業台になったり、調理台、BBQ時の補助台等
使い道はいろいろありそうですね。

オーナーさん、お待たせ致しました。喜んで頂ければ幸いですね。


7月10日の月曜日、奥日光湯川へ釣行して来ました。
今回は奥さんと二人で釣行。
朝はゆっくり出発、釣行開始9時半ごろ、今日は下界は真夏日の予報。
さてさてどうなりましたか。
DSC07403
湯滝に到着したときには滝つぼに釣り人一人だけ。
DSC07402
前回、釣行時ウェーディングシューズが壊れて、今回は新品履きおろしです。
DSC07406
水量は平水ですね。
DSC07408
流れの中から30cmオーバーのニジマスが・・・・。
丸々太っているので中々寄って来ない、パワーありますね。
DSC07410
ここも何時ものポイント。
DSC07411
8寸強のプリプリのブルック。
DSC07416
続けて本鱒も。いいねー。

DSC07421
長袖で丁度良い感じ。歩いていて気持ち良いなー。
DSC07422
奥さんも気持ち良さそうー。
DSC07434
いつの間にか、しっかり良型のブルック釣ってるし・・・。
DSC07430
小滝にも釣り人無し。ただここは反応があまり良くなかったですね。
DSC07436
気温は24度ぐらいで暑くも無く寒くも無くベスト。
DSC07438
良いブルックだなー。
DSC07446
午後三時過ぎから尚、活性が良くなり、ドライにバンバン反応。
DSC07444
もう言う事なし。文句無く楽しいーーーー。
DSC07453
五時に上がり、湯元温泉の足湯で疲れを取り、三本松のお土産屋さんで
温泉饅頭買って帰路に着きました。
良く釣れ天気にも恵まれ、最高でした。


奥さんに感謝。また8月にも行きましょうねー。













↑このページのトップヘ