ログ「emie」の気ままな日記

趣味のフライフィッシングと手作り木工の日記です。たまに旅行かな。

ブログ更新も久しぶりになってしまいました。
昨年の9月から私にとっては一大プロジェクト。
あるNPO法人の今年4月オープンに向けての室内家具全般をプロデュース。
DSCF5750
まずは食堂のテーブルと椅子のセットをオープン前の3月中に。
DSCF5758
DSCF5751
そしてローテーブルとエントランス、ベンチ。
DSCF5757
DSCF5756
さらにロッカーとやっと先日終了。
DSCF5752
DSCF5754
企画から設計、製作まで個人でクラフトしたのできつかったなー。
微力ながら納品後、皆さんに喜んで頂き、とても嬉しかったです。
でも施設長曰くまだまだオーダーがあるそうです。
さすがに一寸休憩挟んで秋ぐらいからにしてほしいですねー。(笑)
いい経験になりました。

今回、オーダー頂きまして本当にありがとうございました。
末永くご使用ください。



8月27日5回目となる南アルプスへ、友人と出かけて来ました。
今年も禁漁まで一ヶ月ちょっと、シーズンは早いですねー。
この渓も10年以上通っていますが少しづつ流れが変わっていますね。
それが自然の摂理なんでしょうが何時までもこの自然が残っていて欲しいですね。
あと何年通えるかなーと考えつつ、さてさてどうなりましたでしょうか。

003
朝のうちは長袖シャツ一枚では寒いくらいです。
気温は16度、水温は11度、まあまあ悪くは無いです。

006
今日は何時もより上流からスタートです。
水量は平水より少し少ないぐらいかな。

007
対岸に渡り、すぐにヒット。水溜りみたいなところにドライを浮かべて
下から吸い込むようにでましたー。

008
時間の経過とともに日差しが強く、気温が上がって来ました。

009
水はクリアーで底まで見えます。

014
中々良い感じで出てきます。でも相変わらずバラシも多いですー。
010
天気は晴れでじりじりと暑くなって来ました。
020
いいねー。
016
017
022
本流のイワナはどれもプリプリに太っていて重い重い。
017
何時ものスリット堰堤です。
025
ドーンと下からひったくるように出て来ました。
028
031
これもいいねー。丸々太ってますねー。
035
友人もどんどん釣り上げます。流石です。
037
もうお昼を食べて満足状態。本当にこの渓は裏切らないですねー。
039
042
何時もながらお付き合い頂いた友人に感謝。
本当にイワナは濃いですね。本流から出るのは皆8寸以上。
それもお腹パンパンでベストな状態ですね。9月に入ると上に登るのでしょう。
各堰堤下とかにでかいのが溜まるのでしょうね。
さーラストスパートです。まだまだ行きますよー。



8月5日の釣行記になります。
今年4回目の南アルプスの釣行です。何時もの友人と出かけて来ました。
梅雨明け、一発目で水量が気になりましたがベストな状態でした。
さてさてどうなりましたでしょうか。

014
今回は林道を一時間弱歩いて、沢を100mぐらい下りスリット堰堤から
エントリーしました。

010
開始早々、友人は対岸から見事なヤマトの尺をヒット・・・。

011
流石です。幸先の良いスタートです。

016
私は堰堤下のプールで泳いでいる岩魚を見つけ、ヒット。
ヒョロヒョロですが意外と大きい。
019
天気は申し分なし。爽やかに快適に釣り上がります。

023
時間の経過とともにイワナの活性も上がりだします。

026
アベレージで8寸以上。フライはフライングアントで通しました。

034
この吐き出しでも反応があり、これから上流はパラダイスにーー。

029
こんなのが下からガバッと浮き上がり抱え込むようにドライに出ます。

035
この渓流は景観も最高で水も綺麗。歩くだけでも癒されますねー。

041
良い感じで出ます、出ます。
045
友人はこの先の白泡の巻き返しでヒット。
046
048
本当に気持ち良い流れでベストな水量と水温。
053 - コピー
私にも最後に尺上のヤマトイワナが、嬉しいーー。
007
何時もながらお付き合い頂いた友人に感謝です。
本当にこの渓は裏切らないですね。
今回も大満足な釣行でした。ありがとうございました。


さー次回は。






↑このページのトップヘ