マイクロチップの義務化に伴い環境省がデータベースを新たに運用することになりました
これまでに当院でマイクロチップを装着した方がご登録いただいていたのは獣医師会のデータベース(AIPO)になります。(動物病院で迷子犬などの確認にはこのデータベースを利用しています)
環境省のデータベースへの登録は自動では行われません。
飼い主様各自で手続きが必要になります。
販売業者以外の飼い主が現在所有している犬や猫については、登録の義務はありませんが、できる限り、環境省のマイクロチップ情報登録へ登録するように検討してください。


トピックス | 公益社団法人 日本獣医師会 (lin.gr.jp)

環境省_犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQ&A [動物の愛護と適切な管理] (env.go.jp)

犬と猫のマイクロチップ情報登録 (aipo.jp)


image20220205