8/21に京都で開催された近畿地区獣医三学会にて、当院の坂口先生が「CT検査により高度に石灰化した多量の椎間板物質を脊柱管内に認めた椎間板ヘルニアの2症例」という発表をし、日本小動物獣医学会長賞を受賞いたしました。
1661162776789 (002)